ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6890013
全員に公開
ハイキング
丹沢

金剛山・阿夫利山・ムギチロ・入道丸・大平山 秋山温泉から

2024年06月06日(木) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
09:04
距離
18.3km
登り
1,575m
下り
1,578m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:17
休憩
0:47
合計
9:04
7:57
14
スタート地点
8:11
8:11
42
8:53
8:54
30
9:24
9:24
15
9:39
9:42
14
9:56
9:57
8
10:05
10:05
13
10:18
10:18
29
10:47
10:48
13
11:01
11:01
9
11:10
11:15
30
12:05
12:24
36
13:00
13:01
42
13:43
13:44
3
13:47
13:54
17
14:11
14:13
41
14:54
14:54
59
15:53
15:53
68
17:01
ゴール地点
天候 薄晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
金剛山から金波美峠分岐までは踏み跡薄く、急登でした。
綱子峠から大平山経由で林道までは登山道がありませんでした。
今までの山行で一番道に迷いました。
秋山温泉の上の駐車場から出発です。
4,50台位は駐められそうですが、観光バスでも駐めるのでしょうか?
2024年06月06日 07:56撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 7:56
秋山温泉の上の駐車場から出発です。
4,50台位は駐められそうですが、観光バスでも駐めるのでしょうか?
この階段は登って左に行きます。
2024年06月06日 08:06撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 8:06
この階段は登って左に行きます。
ここが金剛山の登山道です。
手前の舗装道路を右に入っても同じ所に出ます。
2024年06月06日 08:09撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 8:09
ここが金剛山の登山道です。
手前の舗装道路を右に入っても同じ所に出ます。
電気柵とあるので緊張しました。
閉めるのがチェーンなので一苦労しました。
2024年06月06日 08:14撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 8:14
電気柵とあるので緊張しました。
閉めるのがチェーンなので一苦労しました。
金剛山山頂
2024年06月06日 08:55撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 8:55
金剛山山頂
2024年06月06日 08:55撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 8:55
登山道の様子
2024年06月06日 09:17撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:17
登山道の様子
井戸沢ノ頭
2024年06月06日 09:24撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:24
井戸沢ノ頭
2024年06月06日 09:24撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:24
阿夫利山山頂
2024年06月06日 09:43撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:43
阿夫利山山頂
2024年06月06日 09:43撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:43
高見山山頂
2024年06月06日 09:56撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:56
高見山山頂
2024年06月06日 09:56撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 9:56
石尊山山頂
2024年06月06日 10:04撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:04
石尊山山頂
2024年06月06日 10:04撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:04
2024年06月06日 10:05撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:05
2024年06月06日 10:05撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:05
金波美峠
2024年06月06日 10:20撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:20
金波美峠
登山道の様子
2024年06月06日 10:20撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:20
登山道の様子
大船小船
2024年06月06日 10:47撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:47
大船小船
登山道の様子
2024年06月06日 10:47撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 10:47
登山道の様子
池ノ上
2024年06月06日 11:02撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 11:02
池ノ上
大タギレ
2024年06月06日 11:11撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 11:11
大タギレ
登山道の様子
2024年06月06日 11:12撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 11:12
登山道の様子
急登です。
2024年06月06日 11:45撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 11:45
急登です。
この鉄塔の下で昼食を食べました。
2024年06月06日 12:05撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:05
この鉄塔の下で昼食を食べました。
大室山
2024年06月06日 12:05撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:05
大室山
この階段を下りて来ました。
2024年06月06日 12:25撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:25
この階段を下りて来ました。
巌道峠
2024年06月06日 12:24撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:24
巌道峠
登山道の様子
2024年06月06日 12:31撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:31
登山道の様子
ムギチロ
2024年06月06日 12:58撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:58
ムギチロ
2024年06月06日 12:58撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:58
このお地蔵さんは、丹沢山や権現平にも居ました。
とても愛嬌がありますね。
2024年06月06日 12:58撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 12:58
このお地蔵さんは、丹沢山や権現平にも居ました。
とても愛嬌がありますね。
途中一箇所だけあった山ツツジ
2024年06月06日 13:39撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 13:39
途中一箇所だけあった山ツツジ
平野山山頂
2024年06月06日 13:43撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 13:43
平野山山頂
2024年06月06日 13:48撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 13:48
平野峠
2024年06月06日 13:48撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 13:48
平野峠
左右に登山道がありますが、真ん中の尾根行きます。
2024年06月06日 13:54撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 13:54
左右に登山道がありますが、真ん中の尾根行きます。
左側の登山道にピンテが沢山付いていますが、右側の登山道を行きます。
2024年06月06日 14:00撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:00
左側の登山道にピンテが沢山付いていますが、右側の登山道を行きます。
登山道の様子
2024年06月06日 14:09撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:09
登山道の様子
入道丸山頂
2024年06月06日 14:11撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:11
入道丸山頂
2024年06月06日 14:11撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:11
入道丸の三角点
2024年06月06日 14:12撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:12
入道丸の三角点
私は間違えてこの登山道に入ってしまいましたが、行き止まりでした。
この手前にある鉄塔の下を潜って行くのが正解です。
よく見るとピンテが付いていました。
2024年06月06日 14:30撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:30
私は間違えてこの登山道に入ってしまいましたが、行き止まりでした。
この手前にある鉄塔の下を潜って行くのが正解です。
よく見るとピンテが付いていました。
綱子峠です。
左側に行きたいところですが、大平山に行くには真っ直ぐ尾根を進みます。
ここから今日の山行の核心でした。
2024年06月06日 14:52撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 14:52
綱子峠です。
左側に行きたいところですが、大平山に行くには真っ直ぐ尾根を進みます。
ここから今日の山行の核心でした。
右側が巻き道に見えますが、間違いです。
このルートは巻き道ぽいルートが2,3箇所あります。このような巻き道ぽい所に出くわしたら、迷わず左側の尾根道を行って下さい。
2024年06月06日 15:43撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:43
右側が巻き道に見えますが、間違いです。
このルートは巻き道ぽいルートが2,3箇所あります。このような巻き道ぽい所に出くわしたら、迷わず左側の尾根道を行って下さい。
大平山山頂
2024年06月06日 15:53撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:53
大平山山頂
2024年06月06日 15:53撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:53
大平山の三角点
2024年06月06日 15:53撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:53
大平山の三角点
この鹿柵沿いに行こうと思ったら大きな間違いでした。
この手前の赤テープのところを下って行くのが正解です。
2024年06月06日 15:59撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:59
この鹿柵沿いに行こうと思ったら大きな間違いでした。
この手前の赤テープのところを下って行くのが正解です。
この赤テープの所を下って行くのが正解です。
10メートル位踏跡がありますが、後は滑りやすいゲキ下りです。
転げ落ちるかと思いました。
2024年06月06日 15:11撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 15:11
この赤テープの所を下って行くのが正解です。
10メートル位踏跡がありますが、後は滑りやすいゲキ下りです。
転げ落ちるかと思いました。
めげずにひたすらこの尾根を下って行くと安寺沢川に出ます。
川を渡るポイントを見つけるのも大変なのですが、何とか川に下りてポイントを見つけて渡ると別荘の所に出ます。
2024年06月06日 16:01撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 16:01
めげずにひたすらこの尾根を下って行くと安寺沢川に出ます。
川を渡るポイントを見つけるのも大変なのですが、何とか川に下りてポイントを見つけて渡ると別荘の所に出ます。
登山道はおろか踏跡も全くないので、ヤマレコでコース設定した方位を見ながらやっとこさでこの別荘みたいなところにたどり付きました。
ストリートビューでみたら廃屋みたいになっていましたが、実際は人が住んでいました。
2024年06月06日 16:35撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 16:35
登山道はおろか踏跡も全くないので、ヤマレコでコース設定した方位を見ながらやっとこさでこの別荘みたいなところにたどり付きました。
ストリートビューでみたら廃屋みたいになっていましたが、実際は人が住んでいました。
秋山温泉駐車場に到着です。
今までの山行で一番道に迷いました。
その度にヤマレコが警告してくれたので、なんとか下りて来ることが出来ました。
ヤマレコが調子が悪かったので、入れ直したら地図上のポイントに近づくと地名をアナウンスしてくれる様になり、びっくりです。
2024年06月06日 17:00撮影 by  SO-41B, Sony
6/6 17:00
秋山温泉駐車場に到着です。
今までの山行で一番道に迷いました。
その度にヤマレコが警告してくれたので、なんとか下りて来ることが出来ました。
ヤマレコが調子が悪かったので、入れ直したら地図上のポイントに近づくと地名をアナウンスしてくれる様になり、びっくりです。

感想

このルートは、以前ヤマレコで大平山に登った方のルートをコピーして山行しました。
大平山からの下りは登山道無し、踏跡全くなし、安易に他の方の山行を真似るのが如何に無謀かということがよく分かる山行でした。
ちなみに1人もすれ違いませんでした。

ヒルについて
登山道が湿っていたので、心配しましたが、一匹も見かけませんでした。
私はこれまで1回もヒルを見たことがありません。
その理由は
・常に単独山行
・登山日の前日が晴天でないと絶対登山しない
・出発時と昼食休憩時にディート入りの虫除けスプレーを登山靴、靴下、ズボンに振りかける
・ヒルが私のフェロモンが嫌い
なのでしょうか?

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:63人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら