ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6932193
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
奥秩父

VR 赤岩尾根から両神山

2024年06月16日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
08:57
距離
12.9km
登り
1,556m
下り
1,565m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
7:12
休憩
1:41
合計
8:53
5:18
51
スタート地点
6:09
6:27
28
6:55
6:56
79
8:15
8:22
5
8:26
8:27
25
8:52
8:56
8
9:04
9:04
23
9:27
9:27
21
9:48
9:52
5
9:58
9:58
14
10:12
10:12
19
10:30
10:41
10
10:51
10:51
11
11:02
11:22
8
11:30
11:31
3
11:34
11:34
14
11:48
11:53
20
12:13
12:18
4
12:23
12:26
5
12:31
12:48
18
13:07
13:11
26
13:36
13:40
35
14:15
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
甲府から入山だと軽自動車で¥590?トンネルにかかります。
コース状況/
危険箇所等
バリエーションルートなので、自己責任です。P 1583が核心、私はソロでしたが正直ビレイヤーがいると安心して登れました。アプローチシューズなどの岩に適した靴がおすすめかもしれません。私はアプローチシューズでした。
その他周辺情報 バッジを買いに、両神山温泉薬師の湯へ。バッジは良心的な¥450!😆
とりあえず日窒の建屋の脇から赤岩岳を目指します💪
2024年06月15日 05:23撮影 by  XQ1, FUJIFILM
6/15 5:23
とりあえず日窒の建屋の脇から赤岩岳を目指します💪
ウツギのシーズンですね、たくさん咲いてます😊
2024年06月15日 05:23撮影 by  XQ1, FUJIFILM
2
6/15 5:23
ウツギのシーズンですね、たくさん咲いてます😊
急登を登るとコルが見えてきました。
2024年06月15日 06:13撮影 by  XQ1, FUJIFILM
6/15 6:13
急登を登るとコルが見えてきました。
赤岩峠到着です。お参りして、ハーネスなど装着です。
2024年06月15日 06:15撮影 by  XQ1, FUJIFILM
1
6/15 6:15
赤岩峠到着です。お参りして、ハーネスなど装着です。
なかなか急です😵
2024年06月15日 06:42撮影 by  XQ1, FUJIFILM
6/15 6:42
なかなか急です😵
上がると大ナゲシが見えます。
2024年06月15日 06:45撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
4
6/15 6:45
上がると大ナゲシが見えます。
赤岩の横顔も見えますね
2024年06月15日 06:45撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 6:45
赤岩の横顔も見えますね
さあ本番開始😤
2024年06月15日 06:47撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 6:47
さあ本番開始😤
良き良き😆
2024年06月15日 06:55撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
3
6/15 6:55
良き良き😆
赤岩岳頂上からの風景
2024年06月15日 06:56撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
4
6/15 6:56
赤岩岳頂上からの風景
ハイ、安全第一で行きます
2024年06月15日 06:56撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 6:56
ハイ、安全第一で行きます
白い三角が登山口の日窒鉱山。かなりの高低差で真下に見えます。
2024年06月15日 06:59撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 6:59
白い三角が登山口の日窒鉱山。かなりの高低差で真下に見えます。
アップ
2024年06月15日 06:59撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 6:59
アップ
2024年06月15日 07:15撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 7:15
ビレイヤーがいれば直登も楽しそう。右は100メートルくらいの崖で、ソロでは怖すぎるので少し戻って左から巻きます。
2024年06月15日 07:16撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 7:16
ビレイヤーがいれば直登も楽しそう。右は100メートルくらいの崖で、ソロでは怖すぎるので少し戻って左から巻きます。
ロープがあって分かりやすい
2024年06月15日 07:16撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 7:16
ロープがあって分かりやすい
このくらいあれば安心安全です😊
2024年06月15日 07:19撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 7:19
このくらいあれば安心安全です😊
核心のp1583が見えてきた!
2024年06月15日 07:29撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 7:29
核心のp1583が見えてきた!
カンテを行くなら左側、私はソロなので右側へ少し降ります
2024年06月15日 07:32撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 7:32
カンテを行くなら左側、私はソロなので右側へ少し降ります
降りてきて足元の乏しいトラバースを振り返ったところ
2024年06月15日 07:34撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 7:34
降りてきて足元の乏しいトラバースを振り返ったところ
コメツツジかな?
2024年06月15日 07:37撮影 by  XQ1, FUJIFILM
2
6/15 7:37
コメツツジかな?
さて核心部、残置ロープがありますがとりあえず使わず。ソロですがいざとなればと思ってロープも持ってきています。だけど、なんとか突破できそうと判断してロープ無しで登り始めます。
2024年06月15日 07:35撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 7:35
さて核心部、残置ロープがありますがとりあえず使わず。ソロですがいざとなればと思ってロープも持ってきています。だけど、なんとか突破できそうと判断してロープ無しで登り始めます。
登った1583を上から見下ろすとこんな感じです。見下ろしやすく西側に移動して撮影してるので、登った終了点は左に10-15メートル左です。
2024年06月15日 07:41撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 7:41
登った1583を上から見下ろすとこんな感じです。見下ろしやすく西側に移動して撮影してるので、登った終了点は左に10-15メートル左です。
p1583のカンテを見下ろしてみます
2024年06月15日 07:46撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
3
6/15 7:46
p1583のカンテを見下ろしてみます
山深い!
2024年06月15日 07:46撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
3
6/15 7:46
山深い!
メタボチェッカー到着。ホールドはよく探せばわかると思います。顔の高さにハーケン一つあるので、きつい人はスリングなど使えるかも
2024年06月15日 08:43撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
3
6/15 8:43
メタボチェッカー到着。ホールドはよく探せばわかると思います。顔の高さにハーケン一つあるので、きつい人はスリングなど使えるかも
p3到着。両神山ビーク方向に雲が出てきました。
2024年06月15日 08:46撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 8:46
p3到着。両神山ビーク方向に雲が出てきました。
p2
2024年06月15日 08:53撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 8:53
p2
7メートルくらいの登り。ガバホールドが多いので登りやすい
2024年06月15日 08:58撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 8:58
7メートルくらいの登り。ガバホールドが多いので登りやすい
登ってきた道
2024年06月15日 09:01撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 9:01
登ってきた道
2024年06月15日 09:03撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:03
八丁峠に降りる前に祠がありました。無事に通れたお礼を伝えます🙏
2024年06月15日 09:19撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:19
八丁峠に降りる前に祠がありました。無事に通れたお礼を伝えます🙏
八丁峠到着、ハーネスとヘルメットも外します。しかしこの後通り過ぎる登山者ほぼ全員がヘルメット被っていたので、被り続けていた方が良かったです😅
2024年06月15日 09:26撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:26
八丁峠到着、ハーネスとヘルメットも外します。しかしこの後通り過ぎる登山者ほぼ全員がヘルメット被っていたので、被り続けていた方が良かったです😅
最初はなだらかな鎖
2024年06月15日 09:34撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:34
最初はなだらかな鎖
だんだん急になってくる
2024年06月15日 09:36撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 9:36
だんだん急になってくる
そして傾斜は増す一方😅
2024年06月15日 09:47撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:47
そして傾斜は増す一方😅
長い鎖を終えるとここです
2024年06月15日 09:51撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:51
長い鎖を終えるとここです
西岳到着
2024年06月15日 09:57撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 9:57
西岳到着
2024年06月15日 09:58撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 9:58
降りて…
2024年06月15日 10:08撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 10:08
降りて…
登るを繰り返します😂
2024年06月15日 10:10撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 10:10
登るを繰り返します😂
ここは長い2段鎖
2024年06月15日 10:21撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 10:21
ここは長い2段鎖
東岳到着。テーブルとベンチが1セットあります。あと30分くらいで頂上ですが、流石に疲れて一旦休憩。
2024年06月15日 10:31撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 10:31
東岳到着。テーブルとベンチが1セットあります。あと30分くらいで頂上ですが、流石に疲れて一旦休憩。
それからアップダウンを繰り返してようやく頂上到着!😄この頃にはガスががかかって展望はなくなりました。
2024年06月15日 11:06撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 11:06
それからアップダウンを繰り返してようやく頂上到着!😄この頃にはガスががかかって展望はなくなりました。
頂上を通り過ぎて、レコでたくさん人が通ってそうな日窒鉱山の方へ降りるルートを探しに来ましたが、こんな怖い看板があったので大人しく来た道を引き返します😱。踏み跡を期待していましたが、見た感じ獣道レベルの道さえないです。
2024年06月15日 11:13撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
2
6/15 11:13
頂上を通り過ぎて、レコでたくさん人が通ってそうな日窒鉱山の方へ降りるルートを探しに来ましたが、こんな怖い看板があったので大人しく来た道を引き返します😱。踏み跡を期待していましたが、見た感じ獣道レベルの道さえないです。
2024年06月15日 11:49撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 11:49
帰りの鎖場、人が真下に見えます。落石が起きやすいのでそ〜と降ります。
2024年06月15日 12:46撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 12:46
帰りの鎖場、人が真下に見えます。落石が起きやすいのでそ〜と降ります。
八丁峠に戻りました。あともう一踏ん張り😮‍💨
2024年06月15日 13:08撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/15 13:08
八丁峠に戻りました。あともう一踏ん張り😮‍💨
林道の終点まで降りてきました。駐車場があって10台くらい停めれます。少し降りるとまた5台停めれるスペースも。
2024年06月15日 13:39撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 13:39
林道の終点まで降りてきました。駐車場があって10台くらい停めれます。少し降りるとまた5台停めれるスペースも。
エゾタツナミソウ?ツートンが可愛らしい🤗
2024年06月15日 13:51撮影 by  XQ1, FUJIFILM
2
6/15 13:51
エゾタツナミソウ?ツートンが可愛らしい🤗
横からも
2024年06月15日 13:52撮影 by  XQ1, FUJIFILM
2
6/15 13:52
横からも
下山完了です!お疲れさまでした😄
2024年06月15日 14:16撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 14:16
下山完了です!お疲れさまでした😄
帰り道、朝、暗いときには見えなかった赤岩岳を見つけました。その名の通り赤い岩頭。
2024年06月15日 14:22撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/15 14:22
帰り道、朝、暗いときには見えなかった赤岩岳を見つけました。その名の通り赤い岩頭。
2024年06月16日 08:57撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
1
6/16 8:57
2024年06月16日 08:57撮影 by  OPPO Reno5 A, OPPO
6/16 8:57
お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:162人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら