また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 819786 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

4次調査 古城山・高洞三角点・釜ヶ谷山・ピストン縦走(仮称:美濃忍道)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ 気温5〜15° 水の消費多い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 はじかみ林道の大桑城登山口駐車場。
 トイレあり。
 10台ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間15分
休憩
1時間29分
合計
9時間44分
Sスタート地点 はじかみ林道P08:5909:13古城山09:1909:27伝「馬場」10:02杉坂峠10:08安政石仏10:1410:59平井坂峠11:0211:2354番鉄塔11:3111:49高洞11:5212:52やまびこ小屋直近鉄塔12:5913:46釜ヶ谷山13:5814:39やまびこ小屋直近鉄塔14:4915:03やまびこ小屋から二番目の鉄塔15:1315:43高洞手前休息15:4915:52高洞16:0554番鉄塔16:0916:1353番鉄塔16:25平井坂峠16:3117:23杉坂峠17:31ヘッデン休息17:3618:11伝「馬場」18:21古城山18:2418:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 地図上に道が記載されていない尾根をゆく。
 刊行物、インターネット上にもこの尾根を歩いた記録が見つからない。
 しかし、道らしき構造もある。
 伊吹北尾根・カオレ渓谷〜平家〜面谷・小津権現〜花房に比類する数少ない奥美濃ロングトレイルのような気もするのに何も記録がない・・・
 【何か情報を持つ方のカキコミを期待しています。】
 私有地を通る。場合によっては一連の記録を非公開にすることがある。

 当然、整備されておらず、倒木・張り出した枝などでケガをしたり、道に迷ったりすることもあるかもしれない。
 ルーファイは、必要。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゲルフジA3 Wソックス 速乾ズボン 速乾シャツ フリース ゴアジャケット キャップ タオル スペアヤッケ グローブ テーピング(アキレス腱痛) 薬箱 ガムテ RS マッチ 双眼鏡 地図 コンパス 高度計 ナイフ 食料(キノコタケノコ・チョコ・ラムネ) アクエ500×5(4本隊長運搬・1本隊員運搬・全量消費) ロープ 移植ゴテ ヘッデン カメラ

写真

釜ヶ谷と今日往復する尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ谷と今日往復する尾根
4
古城と今日往復する尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古城と今日往復する尾根
2
今日行く尾根のはるか先に釜ヶ谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日行く尾根のはるか先に釜ヶ谷
1
人形杉の下にも石仏
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形杉の下にも石仏
5
今日来た尾根 かなたに古城山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日来た尾根 かなたに古城山
2
焦る夕暮れの尾根。「オレはどこでも生きれる!」と開き直り気持ちを安定させるんだとか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焦る夕暮れの尾根。「オレはどこでも生きれる!」と開き直り気持ちを安定させるんだとか・・・
6
からの夜景。カメラの性能が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からの夜景。カメラの性能が・・・
4

感想/記録

 一連の「推理戦国シリーズ」大桑城編のとりあえずの終章?らしい・・・
 これまでの調査で判明した古城山〜釜ヶ谷の「仮説 軍用道」を繋ぎピストン縦走してみる。
 ピークを巻くトラバース道、土橋、堀切、曲輪、石仏・・・
 いろいろ楽しかったようだ。
 己で推理し、ルーファイし、見つけた道を走り・歩いてみる。
 スケールのデカイ遊びをする小5になった。
 楽しみだ・・・

 ※1時間早く出ればヘッデンの出番はなかった。
 ※地図上に道の無いところを暗闇の中、ヘッデンと記憶と推理で進むことができるアンタはすごいが、イレギュラーだと思う。
 ※みやまの森公園〜伊自良湖周回まで入れると30キロくらいで標高差2000くらいのトレランコースになる・・ような気がする。
  「山県さくらちゃん」の新展開企画としてはどうだろうか・・・・

 作図:隊長

EK値
24.98+1450/100+1394/100/2=46.45>日帰りとしては非常にきつい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年2月9日
 山県市で行われた大桑城シンポジウムを見る。

 大河ドラマ「麒麟が来る」と3月20日?の山県インター開業をテコに観光、ひいては過疎化も何とかしたいというイベント。

 “根に挟まれた階段状曲輪は百済寺のように山中の宿坊を配した寺院との共通構造であり、またその曲輪が石垣で補強されていることから、土岐氏の城となる前は宗教施設であったという仮説、∀山兒瓩隆儔算城との共通点をいう説、1杼按倉との関係で斎藤道三に対抗したのではないか、ゆえに守護所を枝広館(現岐阜公園)からかなり離れた山県氏の山中に移した、という(船田合戦延長戦)説が紹介された。

 ,硫樟發力声圓麓賀県立大学教授の中井均という人だが、戦国期の寺は、浅井氏小谷城の六坊のように、過去帳などで領民を管理する役所的な役割も果たしており、むしろ自然な説であると感じた(仏教が葬式仏教になるのは江戸以降)。宗教と距離を置いた立場の織豊期城郭の方が特別なのである。
 また、古城山は金華山などから見ると山頂部が凸状に突出しており目を引くので、宗教的なアイコンになった可能性はあると考える。

 の説は我々の仮説とほぼ一致するが、論者は一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員の石川美咲という人(自分で自分のことをカワイイといっていたwww)で、「古文書」による研究が主体であり、船田合戦や朝倉氏ー徳山氏ー土岐氏の関係に若干触れてはいたが、この道について紹介してみたところ、「知りませんでした、ありがとうございます」とのことだった。
 この辺越美を藪漕ぎして歩いてみるとイロイロ面白いものがあるが、職員(公務員?)の立場では自由に研究できないのであろうか?
 福井から遠いし・・・
 なお、この大桑城ー美濃忍道ー岩佐街道ー猫峠ー蠅帽子峠経由で一乗谷まで道らしい尾根を使い行くと、距離にして200キロ弱、累積標高が10000mほどになった。(我々の足では藪漕ぎもあり、テント担いで4日ほどかかった。)
 尾根街道ばかりではなく、もっと平地を使い、馬を乗り継げは、何とか1日くらいで移動できた気がする。(徳山ー(美濃峠・冠山峠・檜尾峠・高倉峠)−一乗谷はもっと近かった)

 \發亮綸世蓮大桑城の階段状曲輪が城下町のある南側ではなく北斜面にあることだが、の説と考え併せ、越前に通じる蠅帽子峠・温見峠につながる岩佐街道(現国道418)に向いて曲輪があると考えると、それも弱点ではなくなる気がする。

 素焼きなどは見つかるが、いまだ金鶏が見つからない本日 追記。
 
 

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:989人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/24
投稿数: 3595
2016/2/29 7:14
 おはようございます fuararunpuさん
 歴史探訪、独自の調査が少しずつ深まってきているような。この長い尾根は何かの道になっていたのか?想像が膨らんできます。今後の探索によってどんな見解が出るのか?楽しみです。それにしてもこの長さを歩く?走る?お二人の持久力は練習のたまものですね。
登録日: 2012/8/22
投稿数: 2324
2016/2/29 11:59
 Re: おはようございます fuararunpuさん
sireotokoさん こんにちは

 ここを歩いた記事がどこにもありません。
 道三に内通し、大桑城攻略の糸口を作ったとされる青波集落と大桑城下だった大桑集落がはじかみ林道開通により最近になって和解した・・とか以前ミニ城備え付けのノートか何かに書いてあった気がします。古い謂れがあるのかもしれませんね・・・・
登録日: 2012/12/25
投稿数: 7294
2016/2/29 14:41
 初物大好き
fuararunpuさん、こんにちは

ピストンした標高図が大桑城の形に見えました。
いやはやお疲れ様です。
シリーズ完結おめでとうございます。
次回シーズン2楽しみですね。
この距離できたら、OZループも行けそうですね。
登録日: 2012/8/22
投稿数: 2324
2016/2/29 17:44
 Re: 初物大好き
higurasiさん コメ多謝です。

 確かにゲームのラスボスに向かう道のようですね。
 当初、「地図にない戦略の道発見」とはしゃいでいましたが、何度も通るうち不思議な、不気味な気持ちもなりました。
 道のように見えるのに、人通りの形跡は無く、倒木や枝で、ツキを喰らったりする、猪のペイントでズボンが黄色くなる・・・のに石仏などの明確な旧跡もある・・・
 情報の無さゆえの不気味さと言うか・・・
 OZループ上も土橋様構造など人跡があり楽しいですよ・・・きっと・・・
登録日: 2014/3/19
投稿数: 732
2016/2/29 22:08
 隊長はすでに遊びのプロ!
わたくしも是非、石垣の謎を紐解いてみたいですなあ。
知能と体力を屈指しての25キロ。すごいデス

岐阜は昔から越前と密通していたので、まだまだ謎は深まるでしょうね。
ループ完成への道のりは続く。。。

DD
登録日: 2012/6/23
投稿数: 3134
2016/2/29 22:37
 繋いでしまいましたね
fuararunpuさん
こんばんは
とうとう完結しましたね。
道なき道を行く気分はどんなものなんでしょう。
私なんかまず無理でしょうがワクワクしちゃいますね。しかし末恐ろしい隊長であります❗
登録日: 2012/8/22
投稿数: 2324
2016/2/29 22:47
 Re: 隊長はすでに遊びのプロ!
 DDさん 道中点々とある石仏は江戸期のもののようで、88箇所的な宗教の道になったのかもしれませんね。それ以前は荷牛馬も通った実用の道を尾根に通す必要があり、その必要は、隊列の両側面からの攻撃を可及的に避け、護衛を前後だけにしても守れる・・ため道だった・という仮説を熱心に提唱していましたね。
 石垣は、道の補強なのか座禅修行の場所なのか・転用なのか・・・
・・なにも資料がないのが自由でいいですね。
登録日: 2012/8/22
投稿数: 2324
2016/2/29 22:51
 Re: 繋いでしまいましたね
 kazu97さん 「道」はある・・と思っています。
 我々の主観だけではなく、標高差1400ですが、決して強くもない我々の足で(アスファルトを全く踏まず、整備もされていないのに)平均移動速度時速3キロがでるということは・・・客観的に「道」である間接的な証拠だと思っています。
 いくらググっても何も出てこない・・のも不気味なのです。
登録日: 2012/5/22
投稿数: 956
2016/3/2 22:12
 総仕上げ
で25km歩いたり走ったりしちゃいますか

小5隊長が出来ちゃうのもスゴイことなんでしょうけど、fuararunpuさんがそれに付き合えるって事に毎回驚きを禁じえません

隊長、将来が楽しみですね〜 何になりたいとか既にあるんですかね?
登録日: 2012/8/22
投稿数: 2324
2016/3/3 19:00
 Re: 総仕上げ
 lowriderさん そーいえば、貴殿には一番長く見ていただいているような気がします。
 たくさん褒めていただいて良い影響に感謝です。

 いくつか「何になる」は、あるようですね。
 はっきりとは言いませんが、「目的を絞れば、時間・補給・戦力の分散が防げる」「開き直りは目的を絞ること(に近い)」と小説やマンガの影響で言ってますね。
 今回も宝探しが目的で、ところどころ休んでは地面を突いています・・・



・・・と、ここまで書き込んで、私も褒めていただきふと思ったことを・・・

 彼の周りで「暗殺教室」なるマンガがはやっているそうなので見てみました・・・
 子供たちは、「私だけを大切にして、向き合って、生き残る方法を教えて!!親や教員の安定志向・タテマエ・見栄・現実逃避はイラナイ、それは、個々の子供を大切にしていることにはならない・・・」と言いたいのかも知れないなぁ・・・と思いました。
(相手を(暗)殺するということは、殺した側は生き残るということです。そして、「みんな仲良く」という教員は、その子だけを見ているわけではなく、当然、その子に「他を押しのけても生き残れ」と教えているわけでもありません)
 彼らは、世界を理解し始める年長の頃に3・11があり、物心付き始める昨年は、ISの「処刑」を見ることもできた世代です。
 敗戦から続き、バブルの頃絶頂に達した「表面的なほのぼの」な文化(日本人に再び戦意を起こさせないため・・という説もありますが・・)に冷めた視線を持っているような気がします。

 そんなことは関係なく、非常に好き嫌いが激しく自分で採った物しか納得しない故、低山で、「生き残る・獲物・考え方」を教えてきましたが、それも時代だったかもしれない。
 親子ですが、少なくともチームで行動するがゆえの「組織的」な一体感はある、と思っています。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ