ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 878789 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霧島・開聞岳

韓国岳

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー wataq
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR  鹿児島中央駅-国分
バス 国分-丸尾
バス 丸尾-えびの高原
丸尾のバス停が少し離れていてわかりずらかったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
1時間18分
合計
3時間38分
Sえびの高原09:0609:17韓国岳登山口09:1809:21硫黄山自然探勝路分岐09:52韓国岳五合目09:5410:25霧島山11:0111:26韓国岳五合目11:2711:49硫黄山自然探勝路分岐12:03えびのエコミュージアムセンター12:1212:14えびの高原12:4312:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは危険箇所はありません。

写真

えびの高原から登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えびの高原から登ります。
最初は舗装道路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は舗装道路
ミヤマツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマツツジ
2
硫黄岳は立ち入り禁止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳は立ち入り禁止
2
整備されれた階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備されれた階段
振り向けばえびの高原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向けばえびの高原
大きな石で歩きにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな石で歩きにくい
大浪池が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大浪池が見えてきた
山頂まではすぐそこ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではすぐそこ
百名山70座目の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山70座目の山頂
3
広い山頂はたくさんの人が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い山頂はたくさんの人が
高千穂と新燃岳、この稜線も素敵です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂と新燃岳、この稜線も素敵です。
こっちに降りようと思いましたが暑くてピストンで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちに降りようと思いましたが暑くてピストンで
1
桜島はうすーく見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜島はうすーく見えました。
1
名残惜しいが下山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいが下山です。
全面ピンクになることがあるらしいですが、それでも綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全面ピンクになることがあるらしいですが、それでも綺麗です。
1

感想/記録
by wataq

開聞岳を終えた後、鹿児島市内で一泊し霧島山に備えました。
霧島山は韓国岳から高千穂の縦走もいいな〜と思っていましたが
新燃岳が入山規制のため今回は韓国岳だけで計画

朝の移動は鹿児島中央駅からは電車で国分まで移動し
バスで国分まで行き乗り換え、そしてえびの高原まで移動します。

本来は、大浪池登山口から登ろうと思っていましたが
今いち体調がすぐれず、標高差の少ないえびの高原に変更しました。

えびの高原でバスを降り準備を整え登り始めます。
最初は硫黄山の付近までは舗装された道、これ結構足がやられます。
硫黄山はガスが出ているそうで立ち入り禁止、そのまま山頂を目座します。

最初は木々の中を歩きますがすでにセミが鳴いていて夏模様
風が抜けず暑い急な登りが続きますが歩き易い道

5合目を過ぎるとガレ石の急登少し歩きづらいですが景色が広がり
楽しめて登れました。

登山道沿には何合目と書かれた標識が多く目印になって歩きやすい
8合目を過ぎたあたりから大浪池が見えてきて山頂もあと少し

9合目に至ってはほぼ山頂、大きな岩を少し上がると山頂
山頂には沢山の人がいましたが広さが充分あってゆっくり休憩

山頂から見える景色は素晴らしく名山にふさわしく
特に新燃岳越しに見える高千穂は秀逸で、本当なら、、、と言う思いが
また、大浪池から宮崎方面、遠くは桜島など360度の眺望は素晴らしいの一言!

しばし、山頂を堪能し下山、大浪池に降りようか迷いましたが
今回はピストンで下山を決め下山

下山後は足湯で疲れを癒しまたバスに揺られて帰りました。

これで九州の百名山は祖母山と宮之浦岳また計画を立てましょう!
訪問者数:242人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 セミ 高原 ピストン ガレ 目印
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ