ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886314 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

鎌ヶ岳 馬の背尾根

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー
 asncyd(CL)
, その他メンバー6人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
近鉄湯の山駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
1時間39分
合計
6時間18分
S湯の山パーキングセンター08:4708:53寿亭08:5609:02馬の背尾根登山口09:1209:59湯ノ峰11:05馬ノ背尾根分岐11:10白ハゲ11:21カズラ谷分岐11:2911:45尾根分岐11:4711:50岳峠11:5611:59鎌ヶ岳12:5013:56弥一ヶ岳14:0714:46長石谷登山口14:5214:59三峯園15:0115:05蔵之助15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
湯の山バス停・・・三岳寺登山口8:53・・・10:00湯の峰・・・11:00白ハゲ・・・12:05鎌ヶ岳頂上12:45・・・14:00弥一ヶ岳・・・14:50三つ口登山口・・・3:15バス停
コース状況/
危険箇所等
6年ぶりの鎌ヶ岳・馬の背尾根のコースを散策した。日曜日に係らず行きかう登山者は殆どいない。馬の背尾根とあって、ヤセ尾根とコルの連続で、木の根っこを歩く登山道である。白ハゲからやっと鎌ヶ岳らしくアルペン的な雰囲気が出てきた。頂上直下が岩稜帯であるが、御在所の藤内沢の様な荒々しさもなく、やや調子はずれである。下山は長石尾根を取ったが、登山者の多いコースであり、上部は可成り荒れている。御在所の中道と変わらないほどの荒れようである。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 ロープ(20m) ツエルト

写真

撮影機材:

感想/記録
by asncyd

昨年7月に入会した元気な会員たちと自主山行で鎌ヶ岳に登ってきた。天気の暑くなく上々の登山日和で、尾根の下から心地よい風が吹き上げて汗ばんだ体を癒してくれる。馬の背尾根の登山は本当に久々で三岳寺から馬の背に入るところで迷ってしまった。僅か5分だが、GPSがあるため難なく馬の背に乗った。馬の背尾根は本当に静かな尾根で、出会った登山者は登りでは一組だけ。同行してくれた会員も経験が浅いため所々で地図読みや地形の解説を織り交ぜながらの往路であった。いよいよ白ハゲあたりから鎌ヶ岳らしくなってきた。
頂上直下の岩場を参加者が喜んで登ってくれた。こんどは是非とも一の谷本谷や藤内沢にもチャレンジしたいとの声も聴かれた。頂上の岩場で昼食を摂った後、下山は長石尾根としたが、可成り荒れたコースにビックリした。6年前はこんなに荒れていなかったが、やはり昨今の登山ブームの煽りなのかと感じた。下山は予定通り3時ごろにバス停に到着。ちょうど湯の山温泉でイベントにガチ会って観光客が一杯であった。
余談だが、湯の山温泉に到着したばかりのことだが、至る所に警察車両が一杯。機動隊員がサミットを終えて帰るところであった。若い警察官ばかりで自分の息子達の世代ばかりで見ているだけでも気持ち良さを体感できた。誰かが「こんなに警察官がいるなら、今日は遭難しても安心だね!」と。
訪問者数:490人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

GPS コル ヤセ尾根 馬の背 山行 クリ 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ