また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 969502 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

涸沢ヒュッテから上高地まで

日程 2016年08月10日(水) [日帰り]
メンバー
 hy1
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
33分
合計
5時間19分
S涸沢ヒュッテ06:2406:44Sガレ07:34本谷橋08:09横尾岩小屋跡08:26横尾 (横尾山荘)09:14新村橋(パノラマ分岐)09:1509:26徳澤園09:4210:24徳本口(徳本峠分岐)10:36明神館11:17河童橋11:2611:29無料トイレ11:34上高地バスターミナル11:4111:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:22 スタート(0.00km) 06:22 - ゴール(16.52km) 11:43
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

感想/記録

(前日からの続き)

翌日は下山。5時間16kmを歩いて、ゴール。最初の1時間は、よく整備された登山道。そのあとはひたすらフラットな林道。途中、西村くんは3度もソフトクリームを食べた。もはや登山ではない。家族連れで、またはデートで来るべき場所。そんな道をくたびれた汗臭いオッサン3名で歩く。ちょっとツライ。

上高地で、サトルさんたちと合流。
国内最難関コースはやっぱり伊達じゃなかったらしい。
ヒマラヤに10回登ったというリーダーは相変わらず冷静だったけれど、他の2人は、少し興奮気味。
再会第一声の

「楽勝だったゼ」

から、聞けばハンパないエピソードがぽろぽろこぼれてくる。
特にサトルさんは極度の緊張を強いられるジャンダルムを通過したところで、その解放感と疲労から、山の上で20分ほどぶっ倒れていたらしい。
恐ろしい話だが、無事帰ってきてしまえば、それも笑い話だ。

楽しい話は、尽きない。
しかし、別れの時は来る。
なんと楽しい3日間だっただろう。

「いい人たちだったね」
「そうだね」
「また会いたいよ」
「うんうん」
「でも、サトルさん、寡黙ではなかったね」
「そう?」
「だって楽しい話をたくさん聞かせてくれたじゃん」
「あれは、我々に気を遣って話してくれたんだよ」
「そりゃそうだろうけど」
「亀ちゃんは自分が話したいときにしか話さないでしょ。やっぱり正反対」
「ぐぬぬ」
「反射でしゃべってるよね。脳まで達してないでしょ」
「そう言われると、ノーとは言えないけど」
「…そういうのって、どういうリアクションを求めてるわけ?」

どういうリアクションって…
また誘って。

(了)
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ