ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001472 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

晩秋の南八ヶ岳 山頂は冬支度を始めたようです。

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー ARAQ
天候快晴!
7時30分の行者小屋で0度、山頂部は陽射しが差すも強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸 八ヶ岳山荘駐車場(500円/1日)
駐車券でコーヒー1杯サービス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
2時間54分
合計
10時間56分
S美濃戸06:0306:42やまのこ村06:49美濃戸山荘06:5007:49中ノ行者小屋跡07:5208:31行者小屋08:5509:47文三郎尾根分岐10:0210:13赤岳10:1610:17竜頭峰10:2110:21赤岳10:4110:47赤岳頂上山荘10:5311:11赤岳天望荘11:1211:14地蔵の頭11:1811:24二十三夜峰11:2911:36日ノ岳11:4511:45鉾岳11:4911:51石尊峰12:0212:06横岳(三叉峰)12:1512:17無名峰12:2512:29横岳(奥ノ院)12:5012:56台座ノ頭12:5713:10硫黄岳山荘13:31硫黄岳13:3614:08赤岩の頭14:41ジョウゴ沢14:45大同心沢(大同心ルンゼ)分岐14:50赤岳鉱泉15:1015:43堰堤広場16:18美濃戸山荘16:23赤岳山荘16:59八ヶ岳山荘16:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・美濃戸から美濃戸口は車道歩き、美濃戸口から行者小屋まで南沢コース、アップダウンの少ないハイキングコース
・行者小屋からは文三郎尾根を登る。最初の樹林帯を登ると、後は岩場の登り、雪が残っていて滑りやすいところがあるので注意
・赤岳から横岳、硫黄岳は岩稜帯をあるく。文三郎尾根ほどではないがところどころ雪が残っているので、ここのスリップ注意
・硫黄岳から赤岳鉱泉は樹林帯の下り
・硫黄岳から美濃戸までは北沢コース。のんびりとしたハイキングコース、凍結箇所があるので要注意

いつもながらの縦走コース。今回は今週降った雪が薄らと残り、ところどころ滑りやすくなっていた
滑り止めは無くてもいいが、あった方が安全
ただ、例年に比べると南沢、北沢コースの凍結箇所もなく、冬が遅い感じ?
今後、積雪、凍結とコンディションが冬山に近づいていくので、そろそろ冬山装備での入山が必要か

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1 35L
ストック 1
水筒 2 2L+1L
ヘッドランプ 1 単4×3
ナイフ 1
コンパス 1
地図 1 山と高原地図
ストーブ 1
ガスカートリッジ 1
ライター 1
コッヘル 1
カトラリー 1 スプーン、フォーク
食糧
携行食
帽子 1
個人装備品
数量
備考
グローブ 1
レインウェア 1
フリース 1
ミドルウェア 1
着替え アンダー、靴下、下着
タオル 1
GPS 1
ファーストエイドキット 1
予備電池 1 単3/単4
エマージェンシーシート 1
ツェルト 1
ゴミ袋 2
携帯電話 1
健康保険証/運転免許証

写真

2時半頃、美濃戸口の八ヶ岳山荘に到着
仮眠の後、6時出発
少々寝不足...
2016年11月05日 06:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時半頃、美濃戸口の八ヶ岳山荘に到着
仮眠の後、6時出発
少々寝不足...
美濃戸までは車道を進む
2016年11月05日 06:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸までは車道を進む
美濃戸山荘
2016年11月05日 06:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘
美濃戸山荘からは南沢コースへ
2016年11月05日 06:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘からは南沢コースへ
樹林帯のハイキングコース
2016年11月05日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯のハイキングコース
1
赤獄神社の石碑
美濃戸山荘と行者小屋のちょうど中間点
2016年11月05日 07:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤獄神社の石碑
美濃戸山荘と行者小屋のちょうど中間点
標高2000mくらいから薄らとした残雪
2016年11月05日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000mくらいから薄らとした残雪
シラビソの林を抜けると
2016年11月05日 08:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの林を抜けると
枯沢にでる
正面には横岳
2016年11月05日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯沢にでる
正面には横岳
再びシラビソの林へ
2016年11月05日 08:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びシラビソの林へ
シラビソの林を抜けて枯沢に出ると行者小屋はもうすぐ
2016年11月05日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの林を抜けて枯沢に出ると行者小屋はもうすぐ
8時30分、行者小屋に到着
気温0度、寒い...
2016年11月05日 08:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時30分、行者小屋に到着
気温0度、寒い...
冬でも水が出ているのはありがたい
2016年11月05日 08:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬でも水が出ているのはありがたい
休憩の後、赤岳を目指す
2016年11月05日 09:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩の後、赤岳を目指す
文三郎尾根の最初は樹林帯
2016年11月05日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の最初は樹林帯
樹林帯を抜けると長い階段ルートの始まり
2016年11月05日 09:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると長い階段ルートの始まり
横岳から硫黄岳
2016年11月05日 09:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳から硫黄岳
1
中岳と阿弥陀岳
2016年11月05日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳
1
うっすらとした積雪
登りは滑り止めなしでも問題なかったが、下りは滑り止めがあった方が安心か
2016年11月05日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらとした積雪
登りは滑り止めなしでも問題なかったが、下りは滑り止めがあった方が安心か
阿弥陀への分岐前、最後の階段
2016年11月05日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀への分岐前、最後の階段
阿弥陀への分岐
ここからは岩稜帯の登り
2016年11月05日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀への分岐
ここからは岩稜帯の登り
ところどころ雪が残っているが、
2016年11月05日 10:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ雪が残っているが、
岩場に足を掛けられるので特に気にならない
2016年11月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に足を掛けられるので特に気にならない
龍頭峰分岐を越えると山頂まであとわずか
2016年11月05日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍頭峰分岐を越えると山頂まであとわずか
10時30分、赤岳山頂に到着
19回目の登頂、年内に20回に到達できるか?
2016年11月05日 10:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時30分、赤岳山頂に到着
19回目の登頂、年内に20回に到達できるか?
3
阿弥陀岳
2016年11月05日 10:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
2
くっきりと富士山
2016年11月05日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くっきりと富士山
4
権現岳とその向こうに南アルプスの山々
2016年11月05日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳とその向こうに南アルプスの山々
2
これから歩く横岳、硫黄岳への縦走路
2016年11月05日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く横岳、硫黄岳への縦走路
青空!
しばらく景色を堪能するも風が冷たい
2016年11月05日 10:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空!
しばらく景色を堪能するも風が冷たい
1
頂上山荘
間もなく小屋閉めか?
2016年11月05日 10:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘
間もなく小屋閉めか?
頂上山荘のある北峰から南峰
2016年11月05日 10:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘のある北峰から南峰
横岳、硫黄岳への縦走にスタート
まずは展望荘への下り
2016年11月05日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、硫黄岳への縦走にスタート
まずは展望荘への下り
いやらしい雪のつき具合
スリップ注意1
2016年11月05日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやらしい雪のつき具合
スリップ注意1
展望荘から赤岳
2016年11月05日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望荘から赤岳
地蔵の頭から日ノ岳
2016年11月05日 11:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から日ノ岳
振り返って赤岳
2016年11月05日 11:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って赤岳
日ノ岳への登り
東側は残雪なし
2016年11月05日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳への登り
東側は残雪なし
日ノ岳ルンゼの登り
2016年11月05日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳ルンゼの登り
日ノ岳を越えて鉾岳
2016年11月05日 11:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳を越えて鉾岳
鉾岳は西側に回り込み岩稜帯をトラバース
2016年11月05日 11:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾岳は西側に回り込み岩稜帯をトラバース
雪が残っているがこの辺は特に問題あく歩けた
2016年11月05日 11:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が残っているがこの辺は特に問題あく歩けた
石尊峰手前で東側へ
2016年11月05日 11:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊峰手前で東側へ
石尊峰のピークから赤岳と富士山
2016年11月05日 12:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊峰のピークから赤岳と富士山
1
三叉峰
桝添尾根との分岐
2016年11月05日 12:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉峰
桝添尾根との分岐
三叉峰のピークから赤岳
2016年11月05日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉峰のピークから赤岳
横岳はもうすぐ
2016年11月05日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳はもうすぐ
12時30分、横岳に到着
2016年11月05日 12:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時30分、横岳に到着
横岳からの赤岳
2016年11月05日 12:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳からの赤岳
1
横岳山頂から下り
残雪注意、クサリ伝いに注して下る
2016年11月05日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂から下り
残雪注意、クサリ伝いに注して下る
カニのヨコバイ
雪があるが岩を掛けられるので、こんな感じの場所の方がコワくない
2016年11月05日 12:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイ
雪があるが岩を掛けられるので、こんな感じの場所の方がコワくない
カニのヨコバイを越えると、後はのんびりとした稜線歩き
2016年11月05日 12:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイを越えると、後はのんびりとした稜線歩き
硫黄岳山荘
この辺はいつもながら風が特に強い
2016年11月05日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘
この辺はいつもながら風が特に強い
硫黄岳への登り返し
2016年11月05日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登り返し
13時30分、硫黄岳に到着
2016年11月05日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時30分、硫黄岳に到着
爆裂火口壁!
2016年11月05日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口壁!
硫黄岳を過ぎて赤岩の頭の分岐
2016年11月05日 14:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳を過ぎて赤岩の頭の分岐
1
赤岳からの稜線を一望
下山するのが勿体ない...
2016年11月05日 14:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳からの稜線を一望
下山するのが勿体ない...
日が短くなってきているので下山はサクサクと
赤岳鉱泉のアイスキャンディーも工事が進んでいる様子
2016年11月05日 15:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が短くなってきているので下山はサクサクと
赤岳鉱泉のアイスキャンディーも工事が進んでいる様子
1
15時30分でだいぶ太陽は低い位置に
2016年11月05日 15:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時30分でだいぶ太陽は低い位置に
美濃戸山荘
2016年11月05日 16:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘
17時ちょうど、日が沈む前に八ヶ岳山荘到着
1日好天に恵まれ絶景を堪能。満足、満足!
2016年11月05日 16:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時ちょうど、日が沈む前に八ヶ岳山荘到着
1日好天に恵まれ絶景を堪能。満足、満足!
撮影機材:

感想/記録
by ARAQ

11月最初の週末
今週半ばから天気予報を確認し、絶好の山行日和

金曜の夜までいろいろ悩んだ結果、昨年の12月以来の赤岳に決める

久々の赤岳は絶好のコンディション!
樹林帯の紅葉は既に終わってしまっているが、稜線部に出ると青空と南八の山々の展望が広がる
遠くに見える富士山、北アルプス、南アルプスの山頂はもう白くなっていた
いつもより歩くペースは遅く、シャッターを押す回数は多い

秋と冬の狭間の季節、稜線部の風は冷たく、薄らと雪が残っているところも
冬山装備の人もチラホラと
今後の天気次第だが、あと1、2週間もすると冬山シーズンの始まりか?

ここ数年、定番化しているが年末最後に赤岳、
今年最後にもう一度登りたい
訪問者数:183人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ