ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775528 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

御荷鉾山:絶景かな絶景かな、半袖隊長、お手軽東西ピークハント

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー yamabeeryu, その他メンバー10人
天候sun快晴sun
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
【往路】地元駅06:55train07:07新宿駅run西武新宿駅07:24train08:02所沢駅08:07train08:26飯能駅08:28train09:12西武秩父駅

西武秩父駅からは今宵の宿舎の送迎バスにて移動
西武秩父駅10:00bus11:30西御荷鉾山登山口⇒13:00投石峠(東御荷鉾山登山口)⇒15:45群馬県上野村(旅館民宿不二野家)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間18分
休憩
1時間9分
合計
3時間27分
S西御荷鉾山登山口11:2812:00西御荷鉾山12:3012:30西御荷鉾山登山口12:4813:05投石峠13:54東御荷鉾山14:1514:55投石峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
13:04 投石峠
13:34 釜伏山
13:54 東御荷鉾山
15:40 宿舎
コース状況/
危険箇所等
★コース状況
 御荷鉾山の稜線に沿って走るスーパー林道の登山口を起点とすれば、東西御荷鉾山とも極めて簡単に山頂を往復できる。
 (西⇒往復45分、東⇒往復1時間30分)
 短時間で登れる割には、山頂からの眺望に優れている山として人気がある。
 標高の高い西御荷鉾山の方が山頂部が東西に細長く広がり、南北とも眺望が得られるので、グループで行くなら「東より西」にすべし。

【危険箇所danger
投石峠(東御荷鉾山)の取付直後がかなりの急坂だが短い。
それ以外は初心者コース。  

★渡渉箇所wave:なし。
★残雪状況snow:なし。
★泥濘状況shoe:なし。

☆半袖 タイム:最初から最後まで。
★半袖 出会い指数:ゼロ。
☆半袖 驚かれ指数:2名(大塚山歩会の)。
★入山者run
 西御荷鉾山で男性ソロ1名とすれ違ったのみ。
その他周辺情報★登山ポストpostoffice:なし
★駐車場parking:西御荷鉾山登山口(少なくとも50台?、無料、非舗装)
★トイレtoilet:西御荷鉾山登山口(簡易トイレ)
★コンビニ24hours:なし
 【注】西上州に入るとコンビにはない(下仁田駅周辺を除く)ので事前準備が肝要。
★下山後温泉spa:寄らず。
★飲食店restaurant:元祖立ち喰い お花畑そば店
http://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11019329/
★宿泊先sleepy:旅館民宿不二野家(群馬県上野村)
http://fujinoya.jyoushu.com/

☆大塚山歩会
http://members.jcom.home.ne.jp/0123470501/index.html
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます<(_ _)>
秩父鉄道芝桜駅です。
秩父に来たらここの駅そば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます<(_ _)>
秩父鉄道芝桜駅です。
秩父に来たらここの駅そば。
4
天ぷらそば370円也。
「秩父ニ来タラ忘レズニ・・・」
出汁・天ぷら共に現場での手作り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天ぷらそば370円也。
「秩父ニ来タラ忘レズニ・・・」
出汁・天ぷら共に現場での手作り。
16
今日は西武秩父駅から今宵の宿の送迎バスに便乗。
29人乗りマイクロバス。
左に座っているのが宿の主。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は西武秩父駅から今宵の宿の送迎バスに便乗。
29人乗りマイクロバス。
左に座っているのが宿の主。
2
西御荷鉾山の南(中央)登山口。
広い無料駐車場あり。
正面に見えるが西御荷鉾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西御荷鉾山の南(中央)登山口。
広い無料駐車場あり。
正面に見えるが西御荷鉾山。
4
ここが登山口。
今日は大塚山歩会10名に同行。
杉林の中を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが登山口。
今日は大塚山歩会10名に同行。
杉林の中を進む。
3
杉林を抜けるとカヤトの中の階段道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林を抜けるとカヤトの中の階段道。
2
背後には秩父〜奥多摩の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後には秩父〜奥多摩の山並み。
3
頂上の片隅に不動明王。
剣が添えられている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の片隅に不動明王。
剣が添えられている。
5
ゆっくり歩いて約30分で山頂。
東西に細長くグループ登山での休憩にも最適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり歩いて約30分で山頂。
東西に細長くグループ登山での休憩にも最適。
4
2009年以来6年ぶりの山頂。
その時もお手軽ピストンだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2009年以来6年ぶりの山頂。
その時もお手軽ピストンだった。
16
お手軽な割には山頂からの展望は素晴らしい。
南側に広がる秩父・奥多摩・奥秩父の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お手軽な割には山頂からの展望は素晴らしい。
南側に広がる秩父・奥多摩・奥秩父の山並み。
4
雲取山・飛竜山・和名倉山・笠取山(左から)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山・飛竜山・和名倉山・笠取山(左から)。
9
武甲山(左)と大持山か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山(左)と大持山か?
10
手前に二子山。
中央に両神山・・・ギザギザが凄い!
奥には甲武信ヶ岳を中心に奥秩父の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に二子山。
中央に両神山・・・ギザギザが凄い!
奥には甲武信ヶ岳を中心に奥秩父の山々。
14
左の三角錐は金峰山?
であれば、右は小川山に連なる峰々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の三角錐は金峰山?
であれば、右は小川山に連なる峰々。
5
城峰山(手前)。
山頂展望台が分かる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城峰山(手前)。
山頂展望台が分かる。
7
引いてみた。
城峰山の右には父不見山。
奥は武甲山(右)から堂平山・笠山への山並みか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引いてみた。
城峰山の右には父不見山。
奥は武甲山(右)から堂平山・笠山への山並みか?
4
北方に目を転じると・・・浅間山。
山頂を雲が巻いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方に目を転じると・・・浅間山。
山頂を雲が巻いている。
12
中央に妙義山。
奥は四阿山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に妙義山。
奥は四阿山?
6
鼻曲山(左)と浅間隠山(右)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鼻曲山(左)と浅間隠山(右)。
3
榛名山。
谷川岳は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榛名山。
谷川岳は雲の中。
5
子持山。
右奥の武尊山も雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山。
右奥の武尊山も雲の中。
3
赤城山。
その奥には肉眼では日光連山も見えていたが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山。
その奥には肉眼では日光連山も見えていたが・・・。
5
足下には駐車場とマイクロバス。
奥の建物は廃業したゴルフ場クラブハウス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下には駐車場とマイクロバス。
奥の建物は廃業したゴルフ場クラブハウス。
5
今日の食料。
但し食べたのは🍙二個のみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の食料。
但し食べたのは🍙二個のみ。
12
景色を堪能したので秩父の山を見ながら下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を堪能したので秩父の山を見ながら下山。
下りは15分もかからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは15分もかからない。
1
尾崎喜八の碑を見学。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾崎喜八の碑を見学。
『父不見御荷鉾山も見えず神流川
星ばかりなる万場の泊り』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『父不見御荷鉾山も見えず神流川
星ばかりなる万場の泊り』
3
投石峠から東御荷鉾山に取り付く。
最初のみどえりゃあ急坂だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投石峠から東御荷鉾山に取り付く。
最初のみどえりゃあ急坂だ。
1
まずは杉林をテクテク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは杉林をテクテク。
一ヶ所だけ両神山方面が見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ヶ所だけ両神山方面が見渡せる。
2
巻いていた道は稜線に乗ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻いていた道は稜線に乗ると・・・
1
疎林の中の緩やかな坂を辿る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林の中の緩やかな坂を辿る。
ゆっくり歩いて約50分で山頂。
西と違い東の山頂は狭い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり歩いて約50分で山頂。
西と違い東の山頂は狭い。
5
大塚山歩会の皆様と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大塚山歩会の皆様と。
16
南側は秩父・奥多摩・奥秩父の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は秩父・奥多摩・奥秩父の山並み。
4
城峰山。
奥は堂平山・笠山のライン?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城峰山。
奥は堂平山・笠山のライン?
3
武甲山に大持山(右)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山に大持山(右)。
3
雲取山(左)と飛龍山(右)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山(左)と飛龍山(右)。
6
ど〜んと中央に和名倉山。
左に飛龍山、右に笠取山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど〜んと中央に和名倉山。
左に飛龍山、右に笠取山。
7
奥から手前に甲武信ヶ岳、両神山、二子山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥から手前に甲武信ヶ岳、両神山、二子山。
4
金峰山から小川山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山から小川山?
1
下山前に正規山頂写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山前に正規山頂写真。
11
15分ほど滞在し下山へ。
正面は西御荷鉾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほど滞在し下山へ。
正面は西御荷鉾山。
1
尾根筋下りを終え山腹を巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋下りを終え山腹を巻く。
ヨッコラショ(@_@)
本日最大の障害物。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨッコラショ(@_@)
本日最大の障害物。
2
最後の激下り。
おっと(@_@)
でも転倒ではなく撮影中(^з^)-☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の激下り。
おっと(@_@)
でも転倒ではなく撮影中(^з^)-☆
2
足元が落ち葉で埋まりズボズボ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元が落ち葉で埋まりズボズボ。
2
投石峠から。
端正な西御荷鉾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投石峠から。
端正な西御荷鉾山。
1
マイクロ・バスに戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイクロ・バスに戻りました。
今宵の宿は旅館民宿不二野家(上野村)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今宵の宿は旅館民宿不二野家(上野村)。
4
マイルーム。
テレビ付き六畳一間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイルーム。
テレビ付き六畳一間。
7
お風呂は外の建物にある。
場合に拠っては建物内の内湯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お風呂は外の建物にある。
場合に拠っては建物内の内湯。
4
自慢の岩風呂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自慢の岩風呂。
9
大した運動量ではなかったが・・・。
まぁまぁ、一杯。
クマ肉・イノシシ肉(⇒焼き肉)、シカ肉(⇒刺身)が並ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大した運動量ではなかったが・・・。
まぁまぁ、一杯。
クマ肉・イノシシ肉(⇒焼き肉)、シカ肉(⇒刺身)が並ぶ。
14
同席の前橋さん・川越さんと会話が弾み・・・
チョーシに乗って冷酒一本。
これが翌日の苦戦の要因に
お疲れさんどしたm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同席の前橋さん・川越さんと会話が弾み・・・
チョーシに乗って冷酒一本。
これが翌日の苦戦の要因に
お疲れさんどしたm(__)m
16

感想/記録

【プロローグ】
 拙者にとて、御荷鉾山に登るのは2009年10月以来の二度目である。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-400508.html

 今回は、もともと御荷鉾山を歩く予定は全くもってなかったのだが、帳付山に登るため観光案内所も含めてあれこれ調べた結果、上野村の民宿に前泊することにした。
 では、その日(土曜)はどうしよう?何処に行こう?と、民宿の主人と相談した。
「行く前に父不見山に登りたいのですが・・・。」
「そりゃあ、無理だ。6時間ぐらい掛かっちまって、ウチに来れなくなる。」
「宿の周りに、登れる山はありますか?」
「高反山だったら、3時間かな?。ところで、どこから来るんだい?」
「東京です。」
「だったら、西武秩父駅に9時半にお出でよ。ちょうど団体さんを迎えに行くから。」
「いいんですか!?その後はどうされるんですか?」
「御荷鉾山に行くんだよ。何度も利用している団体だから、世話人には断りを入れておくから大丈夫だよ。」

 こんな経緯から、突如として、大塚山歩会の方々(10名)の御荷鉾山山行に付いて歩くことになった。
 ☆大塚山歩会ホームページ
  http://members.jcom.home.ne.jp/0123470501/index.html
 【大塚山歩会】
 話を聞いた時には、東西御荷鉾山を縦走するんだ・・・とその時は思っていた。
 ところが、西武秩父駅前で民宿の主人と落ち合い、挨拶したところ、時間的な制約もあって、東西御荷鉾山をそれぞれピストン山行するのだと言う。
 ちょっとガッカリしたが、大塚山歩会の皆さんが集合されたところで「ははぁ〜ん」と合点承知之助。
 皆さんの平均年齢は70歳前後ではないか・・・と思われた。
 それは無理は禁物ですね。
 拙者は、パーティーの最後尾を歩くことに決めた。

 大塚山歩会の方々は好い方ばかりだった。
 突然の異端児の参加者に対しても「○○さん」(⇒決して半袖さんではなく、本名です)と気軽に接して頂いた。
 特に世話人を務めていらっしゃるFさんにはお気遣い頂き有り難い限り。

 翌日は妙義山の中間道を歩きに行かれたため、早朝出立した拙者はご挨拶も出来ずに失礼したのが残念。

【御荷鉾山は絶景かな】
 山行の様子は写真にある通りで、特に難しい箇所はなく、ピストンしても大して時間は掛からない。
 その割には山頂からの眺望は秀逸。
 当日はこれ以上は望めないほどの青空が広がり、秩父・奥多摩・奥秩父・上信国境の山並みを心行くまで楽しんだ。

【反省会も絶好調!】
 夕食の席は、残念ながら大塚山歩会のご一行とは別に、単独で泊まっていた前橋さん(登山客)と川越さん(長期出張客)とご一緒だった。
 前橋さんは、オオナゲシを登って来られたとのことで、月に1〜2度の山歩き。
数ヶ月前に一度泊まった時に供されたクマ肉を食べたくて、二度目の来訪となったそうだ。
 
川越さんは地質調査の仕事を専門にされ、現場に居つくことが多く、長期滞在することが多いとのこと。
 今回もあるプロジェクトの調査のため滞在されているそうだ。

 お二人の今の仕事や環境から来る話題が楽しい・・というか、目から鱗のよう内容が多くて・・・また三人の年齢が近いと言うこともあって、明朝早いのに10時まで粘っていました(⇒開宴は6時前ですから)。
 でも、話題の詳しい内容を書けないのが・・・残念です。

★御荷鉾山(みかぼやま):1287m
 関東100名山・日本100低山・ぐんま100名山⇒二度目

お疲れさんどした<(_ _)>
訪問者数:475人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 763
2015/12/8 13:20
 秩父・奥多摩もいいですね〜
その他メンバー10人って なにごとかと思いましたが
なるほどと 納得しました(笑)
お写真見てたら 僕も行きたくなりました!
そろそろ いい季節になりましたねー
でも いきなり「半袖さん」は さすがに ないかな(笑)
日曜日のレポも 楽しみにしてます!
登録日: 2012/1/15
投稿数: 909
2015/12/8 16:00
 登山日和♪
yamabeeryuさん、こんにちは

とっても眺めの良いお山ですね〜 しかも絶好の
登山日和ですね

隊長のレコには、素敵な出会いのある山行が多いですね〜
お宿も素敵だし、なんだか登山+旅番組を見ているみたいで和みます
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/8 18:45
 cyberdocさん
そういう事情なのです・・・
どうやって帳付山に行って日暮れまでに戻ってくるか・・・を考えた結果、偶然にも大先輩の方々とコラボすることになりました。

先輩方の人生訓(世間話とも言う)を聞きながら歩く山道も新鮮でした

  隊長
登録日: 2010/12/30
投稿数: 845
2015/12/8 18:47
 そういう手もあったんですね
宿の送迎利用、そんな手もあったんですね。その手を翌日利用。

当方にとって西御荷鉾山は忘れえぬ山です。
関東100が半ばに達した2年前の夏、仕事で右膝半月断裂。その後初めて行った山です。登り初めて15分で痛くなり、登山を諦めかけたところ、隊長に「復活の日を待ち望んでおります!」、yamahiroさんに「是非とも頑張って下さい!」と励まされ、なんとか山に登れるまでになりました。
隊長の励ましのお言葉がなければ今の自分はないと思ってます。

その節は、本当に有難うございました。

お疲れ様でした。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/8 18:52
 DuckyMomoさん
そんなに標高は高くはありませんが、よい位置にあるので、南北とも眺望はバツグンですよ
しかも快晴・微風・・・富士山こそ見えねども、のんびりランチに最適かと思います。

お宿には宿泊客との記念写真がたくさん飾ってありました。
ご主人は周囲の山を熟知されており、何でも相談に乗っていただけますよ。
クラブツーリズムや毎日旅行者の登山ツアーでも利用されており、「登山界の名門宿」かもしれません。
一方で、一人でも気軽に利用できますからね

人口減少で悩んでいる上野村にあって、元気な拠点として、今後も活躍してほしいと願っていますよ

  隊長
登録日: 2014/3/27
投稿数: 792
2015/12/8 18:56
 軽めの初日
yamabeeryuさん、こん○×は(^o^)/
その他メンバー10人を見てビックリッ  なるほどそういうことだったんですね。

yamabeeryuさんにとってはノンビリピストン2本だったと思いますが、そのかわりに絶景を堪能されたようで  もし縦走されていたら+1.5時間ぐらいなのでしょうか(・・?

日曜日の山行、「翌日の苦戦の要因」を楽しみにお待ちしてます

mamepapa dog
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/8 19:03
 mtkenさん
上野村にはタクシー業者がいないのです。

電車・バス事情を考えると
.泪ぅー▲譽鵐織ー宿の送迎い劼燭垢虔發
の四つから選択するしかないんです。

この場合、,和仂欒亜↓い麓殺行為。
観光協会に聞いてみたら「不二野家」と「すりばち荘」だったら、時と場合に拠っては頼めるかも・・・と聞いて、不二野家に電話しました。
すると「何処へでも行くよ!」とご主人の元気な声。
もっとも、初日も二日目も有料ですけどね。
でも、レンタカーよりは安かったです。

そうでしたねぇ・・・そんな♪時代も♪あったねぇ〜と、いつか♪話せる♪日が来るわ♪
でもあっさりと関東百では先を行かれてしまいました

元気が一番

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/8 19:08
 mamepapaさん
地図をご覧頂いたお分かり頂けますが、西から東に縦走しても、恐らく15分ほど追加になるだけだと思います。
ただ、宿のご主人は時間的な制約(日暮れや夕食=宴会時間も含めて)を考慮されていたようで、より、安全なピストン山行にされたようです。

翌日の苦戦の原因は・・・レコ上ではさらりと触れることに致します。
お会いする機会があれば、お望み次第で、詳しくご説明致します
聞きたくないかも

  隊長
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1273
2015/12/8 22:02
 巌
yamabeeryuさん、こんばんは。

素晴らしい展望です。
御荷鉾山は今年こそ行こうと思いつつ、来年になってしまいました。

巌。
つい最近飲んだお酒です。西上州の帰りに買って帰りました。
おいしかったですね。

翌日の話が気になります。
登録日: 2011/10/15
投稿数: 2153
2015/12/8 22:32
 なあんだ ニアミスですね
うちは麓の神流川の下久保ダムに居ました。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/9 8:54
 sat4さん
sat4さんの御荷鉾山であれば、万場付近の国道から登り始め、東西御荷鉾、オドケ、赤久縄を経て国道に降る超ロングコースでしょうか?
もしくは山を越えて、反対側に下ってしまうとか(@_@)

バス車中で大塚山歩会の方々の会話で、巌の名前が飛び交っていたのです。
されば拙者も☆彡と一本空けたのですが、元々、日本酒には弱い拙者、翌日の腹部の不調に直結したようです。
隣席の前橋さんは、軽く三本も空けていました(゜o゜;)

半袖隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/9 8:57
 match1128さん
山頂からは、取り分け目立つ湖やダムはありませんでしたm(_ _)m

ピークばかり見てましたから(^∇^)

半袖隊長
登録日: 2013/8/29
投稿数: 933
2015/12/9 20:29
 いい山旅ですね。
 半袖隊長、こんにちは。楽しいレポートですね。
 人生の先輩たちと登る、一興ですね。それにしても、宿のご飯が美味しそうです。熊、猪、鹿の3つが揃う食卓、食いしん坊の私としてはいくら食べても飽きなさそうです。
 一人で行くのは結構心苦しいが、友などと2人で参加して人生の先輩たちに会ってみたいと思いました。こういう経験って、本当に財産だなと思います。

 楽しいレポートありがとうございました。次の日のレポートも楽しみにしております。aideieiでした。
登録日: 2012/4/30
投稿数: 3333
2015/12/10 7:39
 半袖でない半袖隊ですね
隊長がグループ山行とは驚きました
こんなにゆっくり歩いて疲れたのではないですか
またグループ山行をしたくなったら、渋描き隊にどうぞ

翌日の苦戦話を楽しみにしています

hamburg
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/10 12:37
 aideieiさん
ひょんなことから参加することとなったバスツアー。
人生の先輩の雑談を拝聴しながら、最後尾をてくてく歩いて来ました。
拙者もあと●●年経てば同世代に・・・その時、同じように歩けるかなぁ。

夜は夜で、同年代の方々と食卓を囲み、住所・職業などまるで異なりますから、あれこれ伺う話は新鮮でしたよ。

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7721
2015/12/10 12:39
 hamburg渋描き隊長
そうなんです・・・
渋描き隊長もグループ山行時は同じような歩き方なのかなぁ・・・なんて考えて歩いていましたよ。

苦戦話は・・・蓋をして置いた方が賢明のようか・・・

  隊長

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ