ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809717 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳南陵

日程 2016年02月06日(土) 〜 2016年02月07日(日)
メンバー kenzo(SL), yachimayu(食事), tomonori_smg(気象), PikkuMyy(CL), dskdsk(食事)
天候2016/2/6(土)曇り晴れ間あり
2016/2/7(日)晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場(無料):舟山十字路
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間53分
休憩
37分
合計
5時間30分
S舟山十字路07:3008:22旭小屋08:3409:30(休憩)09:4511:19立場岳11:30青ナギ11:4012:40無名峰13:00P1-P2間のコル
2日目
山行
5時間47分
休憩
43分
合計
6時間30分
P1-P2間のコル06:5010:00阿弥陀岳10:2311:20不動清水11:3012:10御小屋山12:30(休憩)12:4013:00美濃戸口・舟山十字路分岐13:20舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

●2016/2/6
舟山十字路 駐車場入口
2016年02月06日 07:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●2016/2/6
舟山十字路 駐車場入口
●駐車場には数台駐車可。少し手前のもう少し広い部分にも駐車可。
2016年02月06日 07:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●駐車場には数台駐車可。少し手前のもう少し広い部分にも駐車可。
1
●旭小屋。閉まっています
2016年02月06日 08:22撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●旭小屋。閉まっています
1
●旭小屋横のトイレ。使用可
2016年02月06日 08:22撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●旭小屋横のトイレ。使用可
●旭小屋から急登を登り尾根に上がる
2016年02月06日 10:19撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●旭小屋から急登を登り尾根に上がる
●立場山
2016年02月06日 11:19撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●立場山
1
●樹林帯の合間より見える阿弥陀
2016年02月06日 11:35撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●樹林帯の合間より見える阿弥陀
1
●青ナギ
2016年02月06日 11:42撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●青ナギ
2
●テン場から阿弥陀が見える
2016年02月06日 12:50撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●テン場から阿弥陀が見える
1
●幕営
2016年02月06日 14:15撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●幕営
2
●2016/2/7
阿弥陀岳山頂(出発〜山頂まで写真撮る余裕なし・・・)
2016年02月07日 10:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●2016/2/7
阿弥陀岳山頂(出発〜山頂まで写真撮る余裕なし・・・)
4
●赤岳
2016年02月07日 10:09撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●赤岳
3
●赤岳がかっこいい
2016年02月07日 10:15撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●赤岳がかっこいい
2
●快晴がとても嬉しい
2016年02月07日 10:14撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●快晴がとても嬉しい
●御小屋山。下山は御小屋尾根より
2016年02月07日 12:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●御小屋山。下山は御小屋尾根より
●だんだん雪も少なくなる
2016年02月07日 13:11撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●だんだん雪も少なくなる
撮影機材:

感想/記録

山岳会メンバーと阿弥陀岳南陵へ。
初の冬季バリエーションであり、パーティーの皆様に連れていってもらった山行でした。

2016/2/6(土)
・舟山十字路〜旭小屋:平坦な登山道。雪は少ない。
・旭小屋の裏手の斜面を上がり尾根に乗る。沢のツメのよう。雪が少ない為、所々凍っており、雪のある場所を選んで進む。今回は斜面の西寄りを選択した模様。
・旭小屋〜立場山:降雪はあるが、トレースがはっきりしており、なだらかな登り。
・青ナギ:トレースがあったため問題なく通過。東側の斜面を見て「滑りたい」とワクワクするCL。
・無名峰:青ナギの後のなだらかなピーク。阿弥陀岳が見渡せる。P1は気付かず通過。

●幕営
・P1-P2間のコルで幕営(先行1パーティのテントを見て、今越えたのがP1と把握)
・風下側の斜面を切り崩し、6テン設営(1時半程度で完成)。トイレ3基も完備。
・ソロの方含め、全部で6張。大盛況。
・石狩鍋が美味しかった。雑炊を食べ損ねたことが心残り。

2016/2/7(日)
●出発〜P2〜P3〜P4〜山頂
・ガチャ類、ヘルメット、アイゼンを装備し出発。
・全員の準備がスムーズだったため、10分前倒し、6:50幕営地出発。この10分が大きな差となることを後ほど痛感する。
・P2:尾根を避け西側を巻いて進む。
・P2〜P3取り付き:片足分程の足場のトラバース。雪は少ない(もふもふではない)が岩肌は見えない程度。黒い細い鎖が見えていて、アイゼンのひっかけに要注意。取り付きでは、この鎖orリングボルトからのスリングにセルフをとった。
・P3:先行パーティの最後2人が登り始めるところだった。セルフを取って準備&待つ。
2パーティーに別れて登攀。
1:PikkuMyy−yachimayu−smg
2:kenzo−dsk1126
PikkuMyyちゃんリード。取り付きにはリングボルトあり。2ピッチだと思っていたが、先行パーティに合わせ、途中でピッチを切ったらしき(25mくらいか)。kenzoさんはスノーバーで支点確保。2ピッチ目終了は、右側の木にスリングをかけて。
・3ピッチ目は草付きが混じり、バイルが刺さらず焦る場面も。SLの言うとおり草が見えるということは土が近い為、刺さらなくて当たり前。
・自身は2番手でタイブロック使用で登る。
・P3登り切った直後の尾根上は雪庇側に行かないよう注意を受ける。気は抜けない。
・P4:少し急な登り程度。雪が付いていたため問題なく通過。
・山頂直下:kenzoさんにロープが必要か聞かれたが問題無さそうだったため、ロープ無しで通過。所々ダガーポジション使用だが、「壁」というほどの斜度は感じず。

●山頂
・数パーティーおり、大盛況。晴天の中、富士山も良く見えた。

●下山
・もふもふと急斜面を下る。不動清水以降はなだらかな登山道。気温も上がり、暑いくらいだった。

<感想・反省点>
・寝不足と極度の緊張の為、パーティーのスピードを下げてしまう。終始気遣ってスピード調節してくれたCL、SLに感謝。
・テン場でも一足先に床に就かせてもらう。夕食の後片付け、水作りに参加せず、申し訳ありませんでした。
・最初は興味本位だったアイスクライミングだが、やっておいて良かった。が、やはり登りが遅く3番手のsmgちゃんを待たせてしまう。申し訳ない。
・登攀部での待機はとても冷える。今回のような好天でも指先・足先が冷えて固まってくることを実感した。(ポケットにカイロを入れておけば良かった)
・ザックのウエストベルトの位置が悪く、ガチャ操作に戸惑う。狭い位置(下半身を動かせない姿勢)でも操作できるよう要修正。(というか、なんでチェストハーネス持っていかなかったんだ、自分(泣)←アルパイン慣れしていない)


今回、当日までに様々なことがあった。
結果として、パーティーの皆のおかげで無事に下山できたが、個人的には色々な反省が残った。
また、技術的に足りない部分も浮き彫りになった良い経験だった。
柔軟に対応できるようメンタルを鍛えねば。
皆様、本当にありがとうございました!
訪問者数:604人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ