ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 810210 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳

日程 2016年02月10日(水) [日帰り]
メンバー yoshikuma
天候雪後曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧料金所駐車場。
午前8時過ぎに到着したときは私の車も入れて2台。
下山時は3台でした。平日の大雪のときはさすがに少ないですね。
近鉄湯ノ山温泉駅より上は橋の工事の為通行止めになっています。スカイラインの方へ迂回し、グリーンホテルを少し過ぎたところを左に曲がって迂回して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:27 御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)
8:30 中道登山口
8:31 中登山道口
9:04 武平峠・三ッ口谷・表道分岐
9:09 表道登山口(武平峠分岐)
9:15 表道登山口
10:41 武平峠
11:40 天指岩
12:31 御在所岳
12:42 御在所山 一等三角点
12:56 レストランアゼリア
13:08 御在所山上公園駅
13:20 大黒岩
13:42 鷹見岩
コース状況/
危険箇所等
駐車場から表道を使い武平峠まで
武平から御在所岳山頂、一の谷新道は全く踏跡はありませんでした。
雪の深さはくるぶしから股下まで、岩に乗ったと思ったら次はずぼってはまります。
アイゼンをたびたび引っ掛けましたので、丈夫なゲイターを履いたほうがよさそうです。
一の谷は下山で利用しましたが、全く雪の下の状況がわかりません。
木の根なのか岩なのかで歩き方が変わりますのでご注意して下さい。
一箇所人が落ちないようにトラロープを崖際に張っているところがありますが(私がいつも苦手にしているところです)、すべってこけたらロープの下を潜り、難なく下まで落ちますので注意してください。
その他周辺情報グリーンホテル670円
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ザックカバー 毛帽子 ネックウォーマー 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル上下 ズボン ソフトシェル ダウン 替えの靴下 冬用グローブ グローブ予備 登山靴 アイゼン スパッツ ピッケル ストック 行動食 非常食 コッヘル バーナー 保温ボトル 飲料 ライター ヘッドランプ 予備電池 時計 スマートフォン ナイフ コンパス 地図 ラジオ ティッシュ 救急用品(常備薬) ツエルト 健康保険証 運転免許証 財布

写真

四日市は晴れていましたが菰野町に入ると雪が舞いだし、湯の山温泉街は結構な積雪でした。
ここまで来るのにスタッドレス、チェーンは必須です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日市は晴れていましたが菰野町に入ると雪が舞いだし、湯の山温泉街は結構な積雪でした。
ここまで来るのにスタッドレス、チェーンは必須です。
2
一晩で多いところは膝ぐらい積もったと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一晩で多いところは膝ぐらい積もったと思います。
3
穴の開いた橋。雪がかぶってどこに穴が開いているのかわかりません。隅のほうに足をやり慎重に渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴の開いた橋。雪がかぶってどこに穴が開いているのかわかりません。隅のほうに足をやり慎重に渡ります。
3
武平までの途中。まだ雪の深さは足首辺りまで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平までの途中。まだ雪の深さは足首辺りまで。
2
橋なのかただの板なのかわからない箇所があったので一度スカイラインに出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋なのかただの板なのかわからない箇所があったので一度スカイラインに出てきました。
上は雪が横から降っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上は雪が横から降っています。
2
武平まで2時間近くかかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平まで2時間近くかかりました。
1
鎌も風が強そうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌も風が強そうです
1
ここからひどいと腰までもぐります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからひどいと腰までもぐります
2
だーれもいません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だーれもいません
武平から御在所に向います。
小さな雪屁ですが踏み抜けば落ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平から御在所に向います。
小さな雪屁ですが踏み抜けば落ちます。
3
ズボッと落ちたり、岩にガリってやったりの繰り返し。だんだん膝が痛くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズボッと落ちたり、岩にガリってやったりの繰り返し。だんだん膝が痛くなってきました。
あしを上げるのがだんだんしんどくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あしを上げるのがだんだんしんどくなってきました。
深さはすね辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深さはすね辺り
1
晴れていれば樹氷もきれいでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば樹氷もきれいでしょうね
3
琵琶湖の方からどんどん雪雲が流れてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖の方からどんどん雪雲が流れてきます
3
鎌の上にもどす黒い雲。たぶん今日は鎌にいった人はいないかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌の上にもどす黒い雲。たぶん今日は鎌にいった人はいないかな?
3
一応証拠を残しときますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応証拠を残しときますw
6
鎌さん最近のぼったらんね〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌さん最近のぼったらんね〜〜
3
かすかな足跡発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかな足跡発見
2
これは私の足跡
イエティじゃないですよw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは私の足跡
イエティじゃないですよw
すぼすぼいきます
御在所や鎌ではスノーシューやワカンは使いにくいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぼすぼいきます
御在所や鎌ではスノーシューやワカンは使いにくいですね
鎌はかっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌はかっこいい
4
日が当たると暖かい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たると暖かい
1

感想/記録

本当は雨乞岳を目指していましたが、武平峠に着く前にあきらめましたw
普段のコースタイムの倍かかり、このまま雨乞岳に向えば6時間かかる計算。即効目的地を御在所に変更しましたが、時間が倍かかることは代わりませんでした。
御在所岳は何回も登っているのでおおよそのコースはわかります。新雪が積もり下の状況がわからないので、慎重に下山しました。
訪問者数:475人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ