ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 811375 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

鍋割山(大倉-二俣-後沢乗越-鍋割山-鍋割峠-コシバ沢-寄)

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー dekogodishitetsu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
06:01新宿発小田急-渋沢着
渋沢-大倉 バス
寄-新松田 バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
2時間5分
合計
7時間52分
S大倉バス停07:4708:37黒竜の滝08:56二俣09:0409:23林道終点09:2909:55後沢乗越09:5911:07鍋割山11:1111:09鍋割山荘12:4112:49オガラ沢分岐12:5013:03鍋割峠13:0713:59寄コシバ沢14:04釜場ノ平14:0514:50後沢出合14:5114:59水源の森・公衆トイレ15:27宇津茂公衆トイレ15:2815:32寄自然休養村管理センター15:3515:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鍋割山の山頂手前から泥濘が積雪に、山頂から小丸方面および雨山方面ともに積雪
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 チェーンアイゼンは有効

写真

まだまだ林道
2016年02月11日 08:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ林道
有名なやつ
2016年02月11日 08:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なやつ
良い天気だけどちょっと肌寒い。
2016年02月11日 08:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気だけどちょっと肌寒い。
二俣。まだまだ先は長い。
2016年02月11日 08:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣。まだまだ先は長い。
ボランティアの水運び。ヤマノススメに倣って大きいのを運ぶとのこと。自分も2Lを2本ザックに入れた。
2016年02月11日 09:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボランティアの水運び。ヤマノススメに倣って大きいのを運ぶとのこと。自分も2Lを2本ザックに入れた。
ここから本格的に登り始める。
2016年02月11日 09:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的に登り始める。
渡渉箇所は水量も少ないし、橋を渡るより浅いところを歩いた方が楽だった。
2016年02月11日 09:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉箇所は水量も少ないし、橋を渡るより浅いところを歩いた方が楽だった。
富士山の頭が覗く
2016年02月11日 10:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の頭が覗く
日陰部分に雪が見えてきた。
2016年02月11日 10:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰部分に雪が見えてきた。
もうちょっと
2016年02月11日 10:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと
あれが目的の山頂と思われる。
2016年02月11日 10:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが目的の山頂と思われる。
枝がうねうねしてて思わす撮影。
2016年02月11日 10:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝がうねうねしてて思わす撮影。
泥濘と凍結で滑る。
2016年02月11日 11:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘と凍結で滑る。
山頂到着。富士山が綺麗。先週の金時山よりしっかり見えていて、ちょっと悔しい。
2016年02月11日 11:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。富士山が綺麗。先週の金時山よりしっかり見えていて、ちょっと悔しい。
3
うどんいただきます。
2016年02月11日 11:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うどんいただきます。
3
雨山方面に進むと雪がかなり残っている。経験者向けでヤバそうなら引き返すことって書かれていたが、自分達は経験者になるのだろうか。
2016年02月11日 13:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山方面に進むと雪がかなり残っている。経験者向けでヤバそうなら引き返すことって書かれていたが、自分達は経験者になるのだろうか。
先は真っ白。
2016年02月11日 13:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先は真っ白。
どうやら滑落注意ってなっている方に進めとのこと。足跡はあるから大丈夫なんだろうけど。
2016年02月11日 13:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら滑落注意ってなっている方に進めとのこと。足跡はあるから大丈夫なんだろうけど。
道らしくない細い道。踏み跡が雪に残っているのでついていく。
2016年02月11日 13:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしくない細い道。踏み跡が雪に残っているのでついていく。
山と高原地図では破線ルートらしいがこちらは道がない。沢に降りずに沿って下ればいい模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図では破線ルートらしいがこちらは道がない。沢に降りずに沿って下ればいい模様。
THE・谷って感じ。
2016年02月11日 13:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
THE・谷って感じ。
1
ようやく登山道に降りた。
2016年02月11日 13:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山道に降りた。
下からだとこんな注意書きでした。
2016年02月11日 13:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からだとこんな注意書きでした。
1
まだまだ先は長い。
2016年02月11日 14:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ先は長い。
休憩ポイント
2016年02月11日 14:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ポイント
朽ちて落っこちた梯子
2016年02月11日 14:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちて落っこちた梯子
こちらの梯子はきれい。
2016年02月11日 14:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの梯子はきれい。
なかなか距離が進まない。
2016年02月11日 14:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか距離が進まない。
適当な感じの渡渉パターン。どうやら水の量とかに応じて渡れそうなところで渡れってことらしい。堰に間で渡ることだけ分かった。
2016年02月11日 14:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当な感じの渡渉パターン。どうやら水の量とかに応じて渡れそうなところで渡れってことらしい。堰に間で渡ることだけ分かった。
渡渉パターンの指示その2。適当に渡ればいいというのは分かってきた。
2016年02月11日 14:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉パターンの指示その2。適当に渡ればいいというのは分かってきた。
分からんので橋の方に
2016年02月11日 14:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分からんので橋の方に
何度目かの渡渉
2016年02月11日 14:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度目かの渡渉
成長の森ってどこ?
2016年02月11日 14:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成長の森ってどこ?
鹿よけフェンスが何か所かあったけど、どれも扉が壊れてました。
2016年02月11日 14:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿よけフェンスが何か所かあったけど、どれも扉が壊れてました。
こっちから登ろうとすると注意書きがあるんですね。
2016年02月11日 14:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちから登ろうとすると注意書きがあるんですね。
1
電話ボックス
2016年02月11日 15:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電話ボックス
やっと人里に降りた気分。真っ直ぐ続く舗装路が綺麗。
2016年02月11日 15:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと人里に降りた気分。真っ直ぐ続く舗装路が綺麗。
1
早咲きの桜が咲いてました。
2016年02月11日 15:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早咲きの桜が咲いてました。
撮影機材:

感想/記録

ヤマノススメで鍋割山で鍋焼きうどんを食べに行く回が公開されたのでうどん食べに行こうってことで、2人で行くことになった。前日に決まったのでコースなど全部お任せ。
個人的には先週予想外の雪と寒さだったので、冬の低山向けにウェアリングの調整と軽く雪歩きの慣らしのつもり。メリノシャツ+薄手フリース+アルファジャケットの組み合わせは風に弱い、保温性も少し不足するのでナノパフで安定してしまうように思ったが、せっかくだから山で使いどころのなさそうなノースウォールジャケットを使うことに。ナノパフも持っていく。
水運びは作品に倣って大きい容器を持って行くといっていた。鍋割山しか行かないし時間の余裕はあるのでのんびりと進むことにした。自分は普段プラティパスで2L弱持っているのを、今回は置いてきていて余裕あり。それぞれ4L運んだが、ペットボトルが使い古されて潰れてて、3割減くらいになってそうだ。
水が重いといって相方の歩みが遅かったが、特にきつい上りもないし、歩きやすい道が続くので問題はなかった。途中からは視界も少し開けてきて気分も良い。周りを見ると、ちゃんと山登ろうって格好で、水も運んでいる人が多かったので、これは時期的なものだろうか。
山頂手前からぬかるみがあり、雪も少し積もってきた。今更チェーンアイゼンつけるのも面倒だったので滑らないように注意して歩いた。山頂はかなりの部分が真っ白。水をタンクに移して、うどんを注文。場所はそこそこ開けた雪の上にマット敷いて確保。富士山もよく見えていたが、わざわざ先週富士山を近くで見るために金時山に行って見られなかった身としては、昼過ぎの遅い時間になってもこれだけ見えるのはちょっと悔しい。
帰りは寄に下りるという話だったので、チェーンアイゼンをつけて雪が多い西側に向かっていった。雨山峠に向かうと思ってたが、鍋割峠で直接南に降りるという。僕の手持ちの地図には道が見えなかったが、大和高原地図には破線でルート指定されているというので信じて降りることにした。しかし結構急だし雪は残ってるし、道幅ないしでペースは上がらず、コースタイムの35分は無理だろうと思った。沢に降りても岩がごろごろしてるし倒木やら流木やらで歩きにくい。雪ももうなさそうだったのでチェーンアイゼンを外した。
地図上でルートに合流してからは一応登山道らしくなったものの、渡渉地点が多くどれも明確にどこを渡れという風ではなかったので、向こう岸の標識を目印になんとなく歩いた。なかなか距離は減らないし人とも全く出会わないしが、標識は多くはっきりしているので、ここまでのことを考えると安心して歩けた。
橋まで降りるとあとは舗装路で平坦だしバス停までは一直線。ちょうどバスが来たので乗って帰った。

ウェアリング的にはキャプ2ジップ+コフィシエントでちょい寒いくらい。薄手ソフトシェル1枚重ねたらちょうどよいくらいだったのでノースウォールジャケットは明らかに過剰。キャプ+フリースの代わりにベースを厚手の1枚に替えてノースウォールならまだありだったかも。キャプ2に直接ノースウォールは汗処理に問題がありそう。アルファジャケットの活用のためにも厚手のベースはやっぱりほしいな。靴はローカットじゃなくミドルカットにしたので十分。靴下も厚手にしたし。パンツはマウンテンストライダーの下をブレスサーモウールの一番厚いのだったが暑すぎることはなかった。

感想/記録

ヤマノススメ原作(七十七合目)に鍋割山が出てきたので、鍋割山に行きました。
風はなくて天気もよく、鍋焼きうどんおいしいし、富士山もきれいに見えて、雪道歩きもできて、楽しい山行でした。

■大倉 → 鍋割山
積雪はなく、山頂付近の道はぬかるんでいました。
水4Lを歩荷してみました。なかなかきつかったです。
前回来たときより30分ほど多くかかりました。

■鍋割山 山頂
鍋割山荘の鍋焼きうどんをいただきました。とてもおいしい。
苦労していいことありました。

山頂には雪が残っており、東側は雪はあまり残っていませんでした。
富士山のよく見える西側は20cmくらいの積雪でした。
鍋割山は今回で4度目でしたが、いままでで一番よく富士山が見えました。

■鍋割山 → 鍋割峠
西側斜面のため、20cmくらいのシャーベットのような雪が鍋割峠まで続いていました。
前日に購入したチェーンアイゼンをさっそく使いました。

■鍋割峠 → 寄コシバ沢
山と高原地図では破線となっているルート。
道は狭く、そして急で、あまり踏まれていないためか、地面もやわらかく滑りやすい。
とても歩きにくい道でした。
積雪は少なく、途中でチェーンアイゼンを外しました。

■寄コシバ沢 → 寄
ここからは山と高原地図では実線となっているルート。
登山道という雰囲気ではなく、寄沢沿いに河原を歩く。何度か対岸に渡渉する場面もある。
河原もとても歩きにくい。
寄ロウバイ園にも寄ろうかと考えていたが、遅い時間だったので断念しました。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ