ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816829 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

赤城山(地蔵岳-長七郎山-小地蔵岳-駒ヶ岳-黒檜山)

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー yamamossan
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
おのこ駐車場に駐車しました。前日の雨の影響で路面の凍結箇所は有りませんでしたが、例年この時期は冬タイヤかチェーン等の滑り止めが必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
1時間27分
合計
6時間40分
Sあかぎ広場前バス停07:3607:37おのこ駐車場07:3807:42大洞駐車場07:4908:32地蔵岳08:3508:50八丁峠登山口09:0609:16小沼水門09:1709:40長七郎山09:4410:04小地蔵岳10:0810:20鳥居峠10:2910:38覚満淵10:45駒ヶ岳大洞登山口10:50おのこ駐車場10:5410:55あかぎ広場前バス停11:00駒ヶ岳大洞登山口11:0211:52駒ヶ岳11:5512:02大タルミ12:0312:31黒檜山大神12:5512:58赤城山13:02黒檜山展望台13:04赤城山13:0613:36猫岩13:3713:45黒檜山登山口13:4913:53黒檜山登山口駐車場13:58赤城神社駐車場14:03赤城神社14:07赤城神社駐車場14:0814:15おのこ駐車場14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に積雪、凍結箇所と岩や地面が露出している場所等様々です。前爪付きアイゼンとピッケル、ダブルストックが有れば間違いありませんが、チェーンスパイクとストックでokな人も居ます。何が必要と言うより、何のトレーニングをしたいかで考えるのもアリかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

いつもは黒檜山から周回するのですが、今回は時間調整のため地蔵岳からスタートします。
2016年02月21日 07:45撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは黒檜山から周回するのですが、今回は時間調整のため地蔵岳からスタートします。
1
地蔵岳への登り途中、大沼と黒檜山、駒ヶ岳を振り返ります。黒檜山には雪雲が掛かっています。
2016年02月21日 08:35撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳への登り途中、大沼と黒檜山、駒ヶ岳を振り返ります。黒檜山には雪雲が掛かっています。
3
地蔵岳に到着しました。ここから八丁峠へ降ります。
2016年02月21日 08:36撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳に到着しました。ここから八丁峠へ降ります。
1
地蔵岳からの下り。小沼の奥に長七郎山、その左に小地蔵岳が見えます。
2016年02月21日 08:40撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳からの下り。小沼の奥に長七郎山、その左に小地蔵岳が見えます。
1
八丁峠に到着。長七郎山へ向かいます。
2016年02月21日 08:54撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠に到着。長七郎山へ向かいます。
1
氷結の小沼。例年は歩いて渡りますが、今年は暖冬傾向なので用心して沼沿いのルートを行きます。
2016年02月21日 09:19撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷結の小沼。例年は歩いて渡りますが、今年は暖冬傾向なので用心して沼沿いのルートを行きます。
2
長七郎山へ到着。北側に大量の雪雲で、長七郎山を通過する時が一番風が強いタイミングでした。
2016年02月21日 09:42撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長七郎山へ到着。北側に大量の雪雲で、長七郎山を通過する時が一番風が強いタイミングでした。
1
長七郎山から見る荒山方面は雪雲の影響は受けていない様子です。
2016年02月21日 09:44撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長七郎山から見る荒山方面は雪雲の影響は受けていない様子です。
2
長七郎山から小地蔵岳へ向かいます。尾根状にプチ雪庇が出来ています。
2016年02月21日 09:46撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長七郎山から小地蔵岳へ向かいます。尾根状にプチ雪庇が出来ています。
1
小地蔵岳に到着しました。次は鳥居峠へ向かいます。
2016年02月21日 10:09撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小地蔵岳に到着しました。次は鳥居峠へ向かいます。
1
鳥居峠へは、小地蔵岳から直接降るルートを取りました。
2016年02月21日 10:21撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居峠へは、小地蔵岳から直接降るルートを取りました。
1
鳥居峠へ到着しました。覚満淵をへて駒ヶ岳へ向かいます。
2016年02月21日 10:31撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居峠へ到着しました。覚満淵をへて駒ヶ岳へ向かいます。
1
氷結の覚満淵。木道に出るまでラッセルになる事もありますが、昨日の雨で雪は締まっていました。
2016年02月21日 10:37撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷結の覚満淵。木道に出るまでラッセルになる事もありますが、昨日の雨で雪は締まっていました。
1
駒ヶ岳登山口から駒ヶ岳へ向かいます。
2016年02月21日 11:03撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳登山口から駒ヶ岳へ向かいます。
1
駒ヶ岳山頂に近づくにつれ雪雲が掛かり始めます。
2016年02月21日 11:49撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂に近づくにつれ雪雲が掛かり始めます。
3
駒ヶ岳に到着しました。前橋方面は晴れています。
2016年02月21日 11:54撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳に到着しました。前橋方面は晴れています。
2
黒檜山へ向かいます。黒檜山の山頂は雪雲の中です。
2016年02月21日 12:10撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜山へ向かいます。黒檜山の山頂は雪雲の中です。
2
黒檜山に到着しました。ガスで展望ナシです。
2016年02月21日 13:00撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜山に到着しました。ガスで展望ナシです。
1
北ピークの展望台。晴天なら谷川連峰や上州武尊が見えますが、今日はガス〜。
2016年02月21日 13:03撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ピークの展望台。晴天なら谷川連峰や上州武尊が見えますが、今日はガス〜。
2
黒檜山からの下り。大沼と地蔵岳の眺め。
2016年02月21日 13:39撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜山からの下り。大沼と地蔵岳の眺め。
黒檜山登山口に下山です。赤城神社に御参りし駐車場へ。
2016年02月21日 13:48撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒檜山登山口に下山です。赤城神社に御参りし駐車場へ。
1

感想/記録

上越国境付近の山を検討していたけど、生憎の冬型気圧配置で荒れ模様の週末。

こんな時は稜線になんか出ないで、適当な滝でアイスが良いのですが、残念ながらビレイパートナーも捕まらず久しぶりの単独。と言う訳で無理せず荒れた時の定番、赤城山へ。

朝、おのこ駐車場に駐車し見上げる黒檜山は雪雲の中です。冬型の気圧配置の時、黒檜山には上越国境から流れてきた雪雲が掛かります。特に朝はその傾向が強く現れますが、時間が経つと雪雲が晴れる事が結構有ります。

いつもは黒檜山-駒ヶ岳-小地蔵岳-長七郎山-地蔵岳と周回するのですが、今回は時間調整と言うことで逆コースの地蔵岳から回る事にしてみたものの、結局雪雲は晴れず帰る頃にようやく雪雲が晴れ、黒檜山頂が見えました。

今回いつもと逆コースを取って見た感想ですが、やはり先に黒檜山から登った方が急登を楽しめるので、満足感が高いように思えます。

また、小地蔵岳から鳥居峠へは直接降るルートとしてみましたが、これも鳥居峠から小地蔵岳に登ればラッセルの急斜面で良いトレーニングになるように思えます。

赤城山は冬山を始めたシーズンは毎週の様に通った冬のホーム山域で、首都圏から近い割には毎年ちゃんと雪がある貴重な山だと思います。

冬型気圧配置の場合でも、黒檜山から南西方向に向かって冬型の影響が和らぎます。黒檜山が吹雪きでも鍋割山は晴天と言う具合なので、登るピークを選ぶ事で難易度調節が出来るのも素晴らしいと思います。
訪問者数:401人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ