ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826749 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー ippatupon
天候高曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
3/12 新宿07:30〜白馬八方12:50
白馬八方バス停から八方ゴンドラまで無料シャトルバス利用
(インフォメーションセンター前。長野、新宿行きの真向かいのバス停から)
ゴンドラリフトアダム〜アルペンクワッド〜グラートクワッド 八方池山荘泊
3/13 グラートクワッド〜アルペンクワッド〜ゴンドラリフトアダム
白馬八方16:30〜新宿21:40
※さわやか信州号新宿〜白馬八方往復8700円
※白馬アルペンライン往復2900円3日間有効
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
40分
合計
6時間21分
S八方池山荘06:4807:07石神井ケルン07:1107:18八方山07:1907:36八方池08:45扇雪渓08:55丸山09:0510:13唐松岳頂上山荘10:2410:45唐松岳10:4911:17唐松岳頂上山荘11:1911:54丸山11:5512:05扇雪渓12:33八方池12:3912:49八方山12:55石神井ケルン12:5613:09八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全般的にトレースはありますが、BCスキーヤーやスノボーダーが登山道をなぞるように足跡を残していますが、下手信用してトレースしようとすると、つぼ足状態になるので、注意が必要です。
・鞍部となるやせ尾根が2か所と頂上山荘の尾根に出る直下は注意が必要です。一人歩くのがやっとで踏んでも締まりにくい感じです。岩を手掛かりにすると安心です。
・これからは更に雪解けが進んでいくのでポッカリ穴が空いている周囲は慎重に。
その他周辺情報【八方の湯】
白馬八方バスターミナルの前。入館料800円
そんなに大きな施設ではありませんが、取り敢えず一汗流したいという人にオススメ。
http://hakuba-happo-onsen.jp/happo/
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) GPS 保険証 携帯 サングラス タオル ストック カメラ

写真

アルペンリフトアダム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペンリフトアダム
1
これは……どっちだっけ???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは……どっちだっけ???
2
グラートクワッド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グラートクワッド
1
『八方アルペンライン』通し券2900円三日間有効 ゴンドラとリフト2つを乗り継いで八方池山荘へ行きます。
2016年03月12日 14:39撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『八方アルペンライン』通し券2900円三日間有効 ゴンドラとリフト2つを乗り継いで八方池山荘へ行きます。
2
『八方アルペンライン』通し券裏面
2016年03月12日 14:42撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『八方アルペンライン』通し券裏面
1
山荘の夕食 バイキング形式です。結構家庭的な惣菜で盛り沢山です。
2016年03月12日 18:04撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の夕食 バイキング形式です。結構家庭的な惣菜で盛り沢山です。
2
振り返り朝日と山荘とリフト乗り場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り朝日と山荘とリフト乗り場
5
徐々に山並みが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に山並みが見えてきました。
2
おおぅ、素晴らしい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおぅ、素晴らしい〜
1
石神井ケルン(八方山ケルン)
2016年03月12日 14:05撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石神井ケルン(八方山ケルン)
2
なんともふんわりとこんもりと真っ白な真綿のようです。
2016年03月13日 07:04撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんともふんわりとこんもりと真っ白な真綿のようです。
1
五竜岳から鹿島槍の稜線
2016年03月13日 07:04撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳から鹿島槍の稜線
3
五竜岳アップ まだ五竜菱は見られませんでした。
2016年03月13日 07:04撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳アップ まだ五竜菱は見られませんでした。
4
第三ケルン バックは不帰機銑曲
2016年03月13日 07:13撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三ケルン バックは不帰機銑曲
2
雲海をバックに八方ケルン
2016年03月13日 07:20撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海をバックに八方ケルン
4
白馬連峰展望図
2016年03月13日 07:25撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬連峰展望図
2
穏やかなコースのようですが、結構起伏がありやせ尾根、やせトラバースと気がぬけません。
2016年03月13日 07:31撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかなコースのようですが、結構起伏がありやせ尾根、やせトラバースと気がぬけません。
1
こんな雪原に自分だけのシュプールを残してみたいものですね。最近BCに憧れてま〜す。
2016年03月13日 07:44撮影 by HDR-AS200V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな雪原に自分だけのシュプールを残してみたいものですね。最近BCに憧れてま〜す。
1
お〜、テント泊 こんなところで一夜を過ごすなんて羨ましい〜 でもテント禁止だよな
2016年03月13日 07:50撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、テント泊 こんなところで一夜を過ごすなんて羨ましい〜 でもテント禁止だよな
4
滑れるものなら滑ってみた〜い 年寄りの冷や水w
2016年03月13日 08:37撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑れるものなら滑ってみた〜い 年寄りの冷や水w
2
こっちでもテント泊 目の前がこの景色 贅沢過ぎます。
2016年03月13日 08:37撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちでもテント泊 目の前がこの景色 贅沢過ぎます。
2
丸山ケルン
2016年03月13日 08:58撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山ケルン
2
フワフワ モフモフ サラサラ パフパフ???
2016年03月13日 09:09撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フワフワ モフモフ サラサラ パフパフ???
3
不帰剣三峰
2016年03月13日 09:33撮影 by HDR-CX430V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰剣三峰
2
あと少しターゲットは目の前 でも風が強い寒すぎる〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しターゲットは目の前 でも風が強い寒すぎる〜
1
唐松岳頂上にて画面左側の剣岳と記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上にて画面左側の剣岳と記念撮影
7
撮影機材:

感想/記録



初日は、午後1時前に白馬八方バス停に到着、そこからゴンドラアダムの最寄りバス停へシャトルバス(※)を利用して出発。勿論歩きでも全然近いので道順が分かればその方が早いですね。
ゴンドラ乗り場でまず乗車券を購入『白馬アルペンライン』往復を購入、有効期限三日間。ゴンドラとリフト二つを乗り継いで八方池山荘駅に到着、目の前が八方池山荘です。だから登山者、スキーヤー、スノボーダーが飲食、休憩、宿泊と利用出来ます。
※無料 30分間隔 一周30分位 内回り、外回りあり 利用はゲレンデ利用者のみ 期間限定です。今回は『八方ゴンドラ』で下車しました。

まず唐松岳へ登るには、このゲレンデを通過しなければなりません。
小生にとって初めての『白馬八方尾根スキー場』は、自分にとってショックの連続でした。ゴンドラ乗り場前のゲレンデがとてつもない斜度でこれ中級者用?? ゴンドラに乗りながらゲレンデを眺めても小生のような初級者が滑れるレベルではないということ、さらに中級レベルが登山で言うところの急登(いや崖?)と言うレベル、あんなとこ滑っちゃダメじゃん危険すぎ、でも皆さんスイスイ滑ってました。自分的には来シーズンBCスキーデビューしようかと思っていたのですが、完全にノックアウト状態です。おまけに帰りのバスで隣に座られた初老の方がスキー歴40年で毎年八方へ滑りに来ているとイキイキと話をされ新雪が積もった朝一に一番高いところから直滑降で滑り降りるのを楽しみにしていると、「スピードはどれくらい?」と聞いたら「70キロくらいかなっ」って淡々と言ってました。ホントかよ、生身の人間がそんなスピードで可能なのか? ちょっと半信半疑ではあるものの日本を代表するゲレンデであり、長野オリンピックの舞台ともなった場所だけにダブルノックアウトでした。
昨今バックカントリースキー(BC)っていうのが流行っているようで小生の冬山の幅も広がろうというもの、唐松岳へ行く道中にも結構スキーヤー、スノーボーダー達とすれ違い話しかけたりしていろいろ情報を得ましたが、いや〜凄いホントにスゲー、半分ビビりながらも憧れは止まぬ山行でした。
訪問者数:475人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ