ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855246 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

日帰百名山 21 GWまさかの新雪の白馬岳(猿倉〜)

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
6分
合計
4時間49分
S猿倉荘06:4407:20白馬尻荘07:2108:07岩室跡08:0808:56避難小屋09:42白馬山荘09:4310:02白馬岳10:0410:16白馬山荘10:1710:36避難小屋10:48岩室跡11:04白馬尻小屋11:05白馬尻荘11:33猿倉荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線は強風20m、見事にペットボトルの水が凍ります。
ゴールデンウィーク初日29日のパウダー新雪で、白馬岳山荘の吹きだまりで1m以上でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

見事にゴールデンウィーク初日の白馬岳は、大荒れの天気で白馬山荘付近は新たに降雪があった模様です。
 白馬岳は、槍ヶ岳とともに北アルプスで登山者の人気を二分している山である。南北に連なる後立山連峰の北部にあって、長野・富山両県、実質的には新潟を加えた3県にまたがっている。
 後立山連峰概説に記したように、この山の東面・信州側は急峻で、それに比して比較的緩い西面・越中側とで非対称山稜を形造っている。しかし信州側は山が浅く、四カ庄平をひかえて入山の便がよいため登山道も多く、白馬大雪渓を登高するもの(猿倉より所要6時間弱)と、栂池自然園から白馬大池を経るもの(所要5時間40分)がその代表的なものである。
2016年04月30日 06:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事にゴールデンウィーク初日の白馬岳は、大荒れの天気で白馬山荘付近は新たに降雪があった模様です。
 白馬岳は、槍ヶ岳とともに北アルプスで登山者の人気を二分している山である。南北に連なる後立山連峰の北部にあって、長野・富山両県、実質的には新潟を加えた3県にまたがっている。
 後立山連峰概説に記したように、この山の東面・信州側は急峻で、それに比して比較的緩い西面・越中側とで非対称山稜を形造っている。しかし信州側は山が浅く、四カ庄平をひかえて入山の便がよいため登山道も多く、白馬大雪渓を登高するもの(猿倉より所要6時間弱)と、栂池自然園から白馬大池を経るもの(所要5時間40分)がその代表的なものである。
1
今回は先週開通した。日本三大雪渓の入口の猿倉登山口からスタートです。ゴールデンウィーク初日のこちらも雨が雪に変わったみたいで、日陰には新雪が見られました。足止めをくらった人もこちらに宿泊したみたいで、みなさん大賑わいの猿倉荘でした。
2016年04月30日 06:41撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は先週開通した。日本三大雪渓の入口の猿倉登山口からスタートです。ゴールデンウィーク初日のこちらも雨が雪に変わったみたいで、日陰には新雪が見られました。足止めをくらった人もこちらに宿泊したみたいで、みなさん大賑わいの猿倉荘でした。
2
林道に出てすぐに雪道でスキーの跡が見られました。白馬尻小屋手前から沢沿いは雪渓が始まっていて、すぐにゲレンデに到着。ここから、二手に分かれます。アルピニスト登山家は主稜線を、バックカントリースキーヤーは大雪渓を目指します。
2016年04月30日 07:14撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出てすぐに雪道でスキーの跡が見られました。白馬尻小屋手前から沢沿いは雪渓が始まっていて、すぐにゲレンデに到着。ここから、二手に分かれます。アルピニスト登山家は主稜線を、バックカントリースキーヤーは大雪渓を目指します。
1
2013年4月27日には、雪崩に9人が巻き込まれ、3人死亡。 2011年4月29日には10人が巻き込まれ、3人死亡された大雪渓ですが、注意しながら慎重に進みます。
2016年04月30日 07:22撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2013年4月27日には、雪崩に9人が巻き込まれ、3人死亡。 2011年4月29日には10人が巻き込まれ、3人死亡された大雪渓ですが、注意しながら慎重に進みます。
2
傾斜がきつくなる1800m付近から、アイスが現れアイゼンを装着。風が強いおかげでパウダーの吹きだまりと、デブリ、クラスト、アイスのミックスでルートファンディングに苦戦、その上雪崩の危険と強風のオマケつきです。
2016年04月30日 07:54撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜がきつくなる1800m付近から、アイスが現れアイゼンを装着。風が強いおかげでパウダーの吹きだまりと、デブリ、クラスト、アイスのミックスでルートファンディングに苦戦、その上雪崩の危険と強風のオマケつきです。
1
2200m付近で厳しい傾斜の大雪渓の道のりが終わり、お花畑地帯に突入です。二ヶ月後にはたくさんの高山植物が咲き乱れるでしょうが、今日は強風が乱れくるっていました。
2016年04月30日 08:27撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2200m付近で厳しい傾斜の大雪渓の道のりが終わり、お花畑地帯に突入です。二ヶ月後にはたくさんの高山植物が咲き乱れるでしょうが、今日は強風が乱れくるっていました。
2
ここからの杓子岳(しゃくしだけ)がカッコイイです。飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,812mの山。長野県と富山県にまたがる。白馬三山の一角です。
2016年04月30日 09:00撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの杓子岳(しゃくしだけ)がカッコイイです。飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,812mの山。長野県と富山県にまたがる。白馬三山の一角です。
3
いよいよテント場がある白馬岳頂上宿舎に到着、白馬山荘も拝めます。
ここからがハイライトで、稜線は体感で風速15m〜20mほどの暴風で大苦戦のはじまりです。
2016年04月30日 09:26撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよテント場がある白馬岳頂上宿舎に到着、白馬山荘も拝めます。
ここからがハイライトで、稜線は体感で風速15m〜20mほどの暴風で大苦戦のはじまりです。
1
ゆいいつ風がよけられる建物の脇で身支度を整えて、完全防備でピークハントに向かいます。杓子岳もアゲインスト半端ない!!
2016年04月30日 09:26撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆいいつ風がよけられる建物の脇で身支度を整えて、完全防備でピークハントに向かいます。杓子岳もアゲインスト半端ない!!
3
白馬山荘の頭上に目指す白馬岳が現れました。
写真では表現が表せないですが、稜線が広いこちらでも、厳冬期並みの暴風なので、十分注意してアタックします。
2016年04月30日 09:34撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘の頭上に目指す白馬岳が現れました。
写真では表現が表せないですが、稜線が広いこちらでも、厳冬期並みの暴風なので、十分注意してアタックします。
2
標高2932m白馬岳登頂\(^o^)/
この特大エビ半端ない状態の標識じゃん!!
2016年04月30日 10:01撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2932m白馬岳登頂\(^o^)/
この特大エビ半端ない状態の標識じゃん!!
4
もちろん剱岳、立山も拝めました。
マジ激寒いです。ペットボトルの水が凍ってしまい飲めません。
2016年04月30日 10:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん剱岳、立山も拝めました。
マジ激寒いです。ペットボトルの水が凍ってしまい飲めません。
2
白馬大池方面も登山者見られませんでした。
ウルトラマンみたいに登頂3分で下山開始です。
2016年04月30日 10:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池方面も登山者見られませんでした。
ウルトラマンみたいに登頂3分で下山開始です。
1
日本最大の収容人数をほこる山小屋。白馬山荘。その規模は、山小屋とは思えないほど巨大である。1906年に開設された、宗教登山に由来しない山小屋としては日本最古の山小屋でもある。
2016年04月30日 10:09撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最大の収容人数をほこる山小屋。白馬山荘。その規模は、山小屋とは思えないほど巨大である。1906年に開設された、宗教登山に由来しない山小屋としては日本最古の山小屋でもある。
3
暴風の中の今日のベストショットです。
夏には二年連続で剱岳と立山三山縦走しています。今年もできますように。もっと体力づくりをしなくては・・・
2016年04月30日 10:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風の中の今日のベストショットです。
夏には二年連続で剱岳と立山三山縦走しています。今年もできますように。もっと体力づくりをしなくては・・・
3
毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。
2016年04月30日 10:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。
3
剱岳は飛騨山脈北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山および新日本百名山に選定されている。立山とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。
2016年04月30日 10:20撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳は飛騨山脈北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山および新日本百名山に選定されている。立山とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。
1
白馬連峰に点在する白馬村村営山白馬岳頂上宿舎です。
安心して宿泊できる村営の山小屋はアルピニストたちの憩いの場です。100張りのテント場がおススメです。
2016年04月30日 10:24撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬連峰に点在する白馬村村営山白馬岳頂上宿舎です。
安心して宿泊できる村営の山小屋はアルピニストたちの憩いの場です。100張りのテント場がおススメです。
2
流石にゴールデンウィークです。登山者40名ぐらい、バックカントリー40名ぐらいとお会いできました。みなさん全員とのお話は困難でしたが、おのおの自分自身と格闘していらっしゃいました。
2016年04月30日 10:38撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石にゴールデンウィークです。登山者40名ぐらい、バックカントリー40名ぐらいとお会いできました。みなさん全員とのお話は困難でしたが、おのおの自分自身と格闘していらっしゃいました。
2
お疲れさまでした。
最後までどうもありがとうございます。
やっぱり第二駐車場は満車状態でした。
2016年04月30日 11:34撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした。
最後までどうもありがとうございます。
やっぱり第二駐車場は満車状態でした。
2
八方尾根では菜の花が満開でした。二時間前まで寒さに震えながら山頂にいたとは思えないほど、下界は穏やかな陽気で家族連れが暖かく迎えてくれました。お天気はまた下り坂みたいです。次はどの百名山に行こうかな(・o・)
2016年04月30日 11:54撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方尾根では菜の花が満開でした。二時間前まで寒さに震えながら山頂にいたとは思えないほど、下界は穏やかな陽気で家族連れが暖かく迎えてくれました。お天気はまた下り坂みたいです。次はどの百名山に行こうかな(・o・)
2
撮影機材:

感想/記録

見事にゴールデンウィーク初日の白馬岳は、大荒れの天気で白馬山荘付近は新たに降雪があった模様です。
 白馬岳は、槍ヶ岳とともに北アルプスで登山者の人気を二分している山である。南北に連なる後立山連峰の北部にあって、長野・富山両県、実質的には新潟を加えた3県にまたがっている。
 後立山連峰概説に記したように、この山の東面・信州側は急峻で、それに比して比較的緩い西面・越中側とで非対称山稜を形造っている。しかし信州側は山が浅く、四カ庄平をひかえて入山の便がよいため登山道も多く、白馬大雪渓を登高するもの(猿倉より所要6時間弱)と、栂池自然園から白馬大池を経るもの(所要5時間40分)がその代表的なものである。
今回は先週開通した。日本三大雪渓の入口の猿倉登山口からスタートです。ゴールデンウィーク初日のこちらも雨が雪に変わったみたいで、日陰には新雪が見られました。足止めをくらった人もこちらに宿泊したみたいで、みなさん大賑わいの猿倉荘でした。
林道に出てすぐに雪道でスキーの跡が見られました。白馬尻小屋手前から沢沿いは雪渓が始まっていて、すぐにゲレンデに到着。ここから、二手に分かれます。アルピニスト登山家は主稜線を、バックカントリースキーヤーは大雪渓を目指します。
2013年4月27日には、雪崩に9人が巻き込まれ、3人死亡。 2011年4月29日には10人が巻き込まれ、3人死亡された大雪渓ですが、注意しながら慎重に進みます。
傾斜がきつくなる1800m付近から、アイスが現れアイゼンを装着。風が強いおかげでパウダーの吹きだまりと、デブリ、クラスト、アイスのミックスでルートファンディングに苦戦、その上雪崩の危険と強風のオマケつきです。
2200m付近で厳しい傾斜の大雪渓の道のりが終わり、お花畑地帯に突入です。二ヶ月後にはたくさんの高山植物が咲き乱れるでしょうが、今日は強風が乱れくるっていました。
ここからの杓子岳(しゃくしだけ)がカッコイイです。飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,812mの山。長野県と富山県にまたがる。白馬三山の一角です。
いよいよテント場がある白馬岳頂上宿舎に到着、白馬山荘も拝めます。
ここからがハイライトで、稜線は体感で風速15m〜20mほどの暴風で大苦戦のはじまりです。
ゆいいつ風がよけられる建物の脇で身支度を整えて、完全防備でピークハントに向かいます。杓子岳もアゲインスト半端ない!!
白馬山荘の頭上に目指す白馬岳が現れました。
写真では表現が表せないですが、稜線が広いこちらでも、厳冬期並みの暴風なので、十分注意してアタックします。
標高2932m白馬岳登頂\(^o^)/
この特大エビ半端ない状態の標識じゃん!!
もちろん剱岳、立山も拝めました。
マジ激寒いです。ペットボトルの水が凍ってしまい飲めません。
白馬大池方面も登山者見られませんでした。
ウルトラマンみたいに登頂3分で下山開始です。
日本最大の収容人数をほこる山小屋。白馬山荘。その規模は、山小屋とは思えないほど巨大である。1906年に開設された、宗教登山に由来しない山小屋としては日本最古の山小屋でもある。
暴風の中の今日のベストショットです。
夏には二年連続で剱岳と立山三山縦走しています。今年もできますように。もっと体力づくりをしなくては・・・
毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。
剱岳は飛騨山脈北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山および新日本百名山に選定されている。立山とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。
白馬連峰に点在する白馬村村営山白馬岳頂上宿舎です。
安心して宿泊できる村営の山小屋はアルピニストたちの憩いの場です。100張りのテント場がおススメです。
流石にゴールデンウィークです。登山者40名ぐらい、バックカントリー40名ぐらいとお会いできました。みなさん全員とのお話は困難でしたが、おのおの自分自身と格闘していらっしゃいました。
お疲れさまでした。
最後までどうもありがとうございます。
やっぱり第二駐車場は満車状態でした。
よろしかったら前回の常念岳周回の山行も御覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-853925.html
アクセスランキングベストスリー
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-836978.html
訪問者数:930人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/1
投稿数: 103
2016/5/4 8:01
 70座制覇祈ってま〜〜す。
karasawa246さん、おはようございます。唖然で〜〜す
karasawa246さんのレコは常に注意していないと、どんどん百名山制覇数が増えて追いつけません。
自分は1500m程度の登山で筋肉痛です 。それでも高尾山(599m)から1000mUPしました
70座制覇祈ってま〜〜す。
登録日: 2014/4/25
投稿数: 10
2016/5/10 11:53
 Re: 70座制覇祈ってま〜〜す。
いつもありがとうです。
これからが良い登山シーズンスタートですね。
お互い無理をせずに楽しみましょう。
山は逃げませんから。
ではまたよろしくです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ