ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 882889 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 真教寺尾根-赤岳鉱泉-赤岩の頭-オーレン小屋-桜平

日程 2016年05月26日(木) 〜 2016年05月27日(金)
メンバー yoshi0000
天候晴れー雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美し森 ハイランドパーク駐車場に駐輪
8時に到着 平日だからか、ぽつぽつしか駐車車両なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
1時間1分
休憩
2分
合計
1時間3分
宿泊地07:2707:58夏沢鉱泉07:5908:18桜平08:1908:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

県界尾根への道標
2016年05月26日 08:30撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県界尾根への道標
1
分かりやすい道です。
2016年05月26日 08:47撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりやすい道です。
1
赤岳が見えてきました。突き抜けるような青空です。
この後、県界尾根の入り口付近に落し物をしたことに気づき、戻って回収。
2016年05月26日 08:59撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が見えてきました。突き抜けるような青空です。
この後、県界尾根の入り口付近に落し物をしたことに気づき、戻って回収。
2
途中、真教寺尾根へトラバースできる道があったため、こちらへ行くことにしました。ここで予定どおり県界尾根にいっていればよかったのでしたが・・・
2016年05月26日 09:32撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、真教寺尾根へトラバースできる道があったため、こちらへ行くことにしました。ここで予定どおり県界尾根にいっていればよかったのでしたが・・・
1
真教寺尾根途中からの富士山です。
2016年05月26日 10:07撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺尾根途中からの富士山です。
2
実際はもっときれいだったのですが・・うまく撮れませんでした。
2016年05月26日 10:32撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実際はもっときれいだったのですが・・うまく撮れませんでした。
眼前に赤岳がみえてきました
2016年05月26日 11:18撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前に赤岳がみえてきました
2
2300mくらいから尾根の登りとなります。
2016年05月26日 11:40撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2300mくらいから尾根の登りとなります。
1
この先、鎖場の連続です。200m以上、ほぼ岩場の登りとなります。垂直に近いような部分もあります。
2016年05月26日 12:52撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、鎖場の連続です。200m以上、ほぼ岩場の登りとなります。垂直に近いような部分もあります。
4
ここまで歩いてきた稜線を振り返ります。
2016年05月26日 13:34撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで歩いてきた稜線を振り返ります。
2
赤岳から、横岳方向へ行くはずが、気がついたら阿弥陀岳のほうへ。雲行きも怪しくなってきました。
2016年05月26日 13:50撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳から、横岳方向へ行くはずが、気がついたら阿弥陀岳のほうへ。雲行きも怪しくなってきました。
3
横岳・・・
2016年05月26日 14:01撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳・・・
1
赤い水です。
2016年05月26日 15:06撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い水です。
撮影機材:

感想/記録

今回は、1日目(県界尾根ー赤岳ー横岳ー硫黄岳)2日目(阿弥陀岳ー真教寺尾根)
の予定が、1日目に竜頭峰付近で阿弥陀岳方面の踏み跡に入ってしまい、目的の主稜線とは違う方向へ。もともと県界尾根を登っていたのを落し物を探しに戻り、その拍子につい真教寺尾根の方に行ってしまったのがそもそもの間違いでした。竜頭峰での確認も甘かったですが、ちょっと低血糖気味で頭も働いていなかったのかもしれません。
1日目の夜から雨で、2日目の朝は雨は弱くなったものの、ガスが強く、夜中にかなり強く降っていたことと、お腹も痛くなったこともあり早々に桜平から下山しました。主要な山頂をまったく踏んでいないという地味な日程となりましたが、これはこれで仕方がないかと...いろいろ反省点の多い山行となりました。
真教寺尾根はゆるい登りの部分もありますが、尾根の直登で(急登というほどではないのですが)じわじわ削られたあと、最後に長めの岩場が待っているのが体力的(筋力的?)にちょっとつらかったです。
全体を通して登山道には残雪はまったくありませんでした。遠望で沢に雪渓が残っているのはいくつか見えましたが。
また、1日目はほぼ他の登山者の方とは会いませんでした。行者小屋付近で休んでいる女の方と、行者風の方(?)、赤岳鉱泉での2人組みの男性、くらいでした。

GPSログ:GARMIN OREGON600
荷重:14kg
040007000
訪問者数:615人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 急登 鎖場 GPS 雪渓 直登 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ