ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885240 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山〜宝永山(富士宮口より周回)

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー funa84
天候曇り(高曇り) 山頂風速3〜4m/S位か
スタート時約8℃ 山頂約5℃ 下山時約13℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新東名・新富士ICより40〜50分位。
富士宮口5合目に大きな駐車場あります。
売店はオープンしてませんが、トイレは使えました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山はまだ「危険・立ち入り禁止」となってます。
富士山も今年は雪が非常に少なかったです。

富士宮5合目〜剣ヶ峰
8合目上から雪渓ありました。ここからアイゼン使用。9合5勺まで夏道利用可です。
富士宮山頂より剣ヶ峰まで雪ありアイゼン使用。夏道も出ておりなくても可。

お鉢巡り
剣ヶ峰からの下りトラバースは傾斜ありアイゼン必要でした。他は緩やか。

御殿場口山頂〜宝永山〜富士宮5合目
下山口よりアイゼン使用しました。7合5勺の小屋近くまで雪渓が断続的につながっており利用できました。左手に御殿場口登山道を見ながら下るので安心感ありました。
以後夏道。7合5勺より〜7合目〜宝永山と道はザレザレ。下りだったので足に負担少なく感じました。広々としてるので視界が効かないときは注意必要と思いました。

過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

夜明け前スタート。
下界の夜景が見えます。
2016年05月28日 04:20撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前スタート。
下界の夜景が見えます。
1
6合目。
まだ山開き前です。
2016年05月28日 04:29撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目。
まだ山開き前です。
ほとんど夏道。
一部雪あり。
2016年05月28日 05:16撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど夏道。
一部雪あり。
1
宝永山の全容が見えてきた。
背後は愛鷹山?
2016年05月28日 06:21撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山の全容が見えてきた。
背後は愛鷹山?
8合目上から富士宮山頂近くまで雪渓がつながった。
2016年05月28日 07:17撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目上から富士宮山頂近くまで雪渓がつながった。
9合目付近。
2016年05月28日 07:30撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目付近。
1
9合5勺上あたり。
雪渓を登り夏道に出て右上の鳥居をくぐれば富士宮山頂。
2016年05月28日 08:08撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合5勺上あたり。
雪渓を登り夏道に出て右上の鳥居をくぐれば富士宮山頂。
2
富士宮山頂。
雪は少ない。
2016年05月28日 09:08撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮山頂。
雪は少ない。
1
剣ヶ峰。
左側の稜線が登山道。
雪もあるが夏道も出てました。
2016年05月28日 09:13撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。
左側の稜線が登山道。
雪もあるが夏道も出てました。
黒っぽいお鉢。
2016年05月28日 09:24撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒っぽいお鉢。
1
剣ヶ峰へ到着。
2016年05月28日 09:35撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰へ到着。
1
山頂標柱。
高曇りで青空が見えないのは残念だが視界はあった。
2016年05月28日 09:40撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標柱。
高曇りで青空が見えないのは残念だが視界はあった。
1
剣ヶ峰より富士宮山頂方面。
2016年05月28日 09:40撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰より富士宮山頂方面。
シルエットのように山が見えます。
八ヶ岳〜奥秩父方面。
2016年05月28日 09:42撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルエットのように山が見えます。
八ヶ岳〜奥秩父方面。
お鉢巡りへスタート。
最初の下りトラバース。
2016年05月28日 09:50撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢巡りへスタート。
最初の下りトラバース。
トラバース直下より剣ヶ峰を見上げる。
傾斜あります。
2016年05月28日 09:56撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース直下より剣ヶ峰を見上げる。
傾斜あります。
内部の平原より剣ヶ峰。
2016年05月28日 10:43撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部の平原より剣ヶ峰。
1
南アルプス方面。
先々週はあちらからこちらを眺めてたな。
2016年05月28日 10:55撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
先々週はあちらからこちらを眺めてたな。
八ヶ岳方面。
2016年05月28日 10:56撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面。
山中湖〜道志方面。
2016年05月28日 10:57撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖〜道志方面。
1
富士吉田口山頂。
2016年05月28日 11:26撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士吉田口山頂。
1
富士吉田口登山道。
登ってくる人が見える。
2016年05月28日 11:29撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士吉田口登山道。
登ってくる人が見える。
須走口の鳥居。
眼下に山中湖。
2016年05月28日 11:35撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口の鳥居。
眼下に山中湖。
2
富士吉田側より見る剣ヶ峰と火口壁。
お鉢へ滑り込むスキー(?)トレースが見える。
2016年05月28日 11:52撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士吉田側より見る剣ヶ峰と火口壁。
お鉢へ滑り込むスキー(?)トレースが見える。
富士宮山頂へ戻った。
2016年05月28日 12:01撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮山頂へ戻った。
手前の御殿場口より下山開始。
ここでアイゼン装着。
2016年05月28日 12:06撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の御殿場口より下山開始。
ここでアイゼン装着。
1
7合5勺付近まで雪渓が断続的に続き、その先に宝永山が続く。
2016年05月28日 12:42撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合5勺付近まで雪渓が断続的に続き、その先に宝永山が続く。
雪渓を離れて左側の登山道からすぐで7合5勺の小屋がありました。ここからザレザレの登山道。
2016年05月28日 13:26撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を離れて左側の登山道からすぐで7合5勺の小屋がありました。ここからザレザレの登山道。
宝永山へ向かいます。
遠くから見れば富士山のエクボ。近くでは大きく美しい造形です。
2016年05月28日 13:51撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山へ向かいます。
遠くから見れば富士山のエクボ。近くでは大きく美しい造形です。
1
宝永山は赤い溶岩が多いです。
2016年05月28日 14:10撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山は赤い溶岩が多いです。
宝永山山頂より富士山頂方面。
ここからの眺めは素晴らしいです。
2016年05月28日 14:12撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山山頂より富士山頂方面。
ここからの眺めは素晴らしいです。
1
山頂の方位盤。
2016年05月28日 14:14撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の方位盤。
1
火口の底。
陥没があるので登山道を離れないように、と小屋に書いてありました。
2016年05月28日 14:33撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口の底。
陥没があるので登山道を離れないように、と小屋に書いてありました。
宝永火口。
2016年05月28日 14:52撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永火口。
2
火口を登りつめるとお中道に合流。
2016年05月28日 14:53撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口を登りつめるとお中道に合流。
富士宮6合目へトラバース。
2016年05月28日 14:55撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮6合目へトラバース。
1
5合目駐車場へ戻った。周回完了。
売店付近はほぼ満車。他は空いてました。
観光の方が多かったです。
2016年05月28日 15:22撮影 by E-PL5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目駐車場へ戻った。周回完了。
売店付近はほぼ満車。他は空いてました。
観光の方が多かったです。
1

感想/記録
by funa84

残雪の山が目的でこの時期の富士山を登るのですが、今年は他の山と同じく雪は少なかったです。他の山の選択もありましたが年に1度くらいは登っておきたかったので。

少ないとはいえ上部はしっかり雪あります。アイゼンは必要です。
雪は締まっておりアイゼンがしっかり効きました。滑落と落石に注意必要です。

お鉢巡りで上から見えた宝永山がきれいに見えたので行ってみることにした。
何か所か切れてるが雪渓が宝永山のほうへ続いており視界も利いたので。
それに登りと同じ雪渓を下るのも面白みに欠ける。

3回目の宝永山ですがこの時期は初めてです。
味気ない富士山の他の登山道に比べて変化があり、独特な火口風景楽しめました。
遠回りして正解でした。疲れましたが。

訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 雪渓 ザレ 滑落 落石 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ