ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886684 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

人気(ひとけ)のない唐松岳

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー shinmon0711
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゴンドラ駅 アダム横の駐車場に駐車 ゴンドラ稼働時期は600円だが、今は無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間35分
休憩
37分
合計
10時間12分
Sスタート地点05:2808:07八方池山荘08:1408:36石神井ケルン08:3708:44八方山08:4508:59八方池10:00扇雪渓10:0510:18丸山10:2111:33唐松岳11:5112:08唐松岳頂上山荘12:0912:31丸山13:08八方池13:0913:21八方山15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
扇雪渓に向かう途中で左斜面を巻く際に雪渓トラバースを嫌ってコースアウト
藪漕ぎ、岩登りでやっと稜線に
コース状況/
危険箇所等
残雪トラバースは踏抜き転倒注意 一部瓦礫落下で崩壊している部分あり
その他周辺情報大池山荘は開店休業的
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

八方尾根の民宿街も朝もやの中
2016年05月29日 05:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方尾根の民宿街も朝もやの中
3
兎平駅
2016年05月29日 06:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎平駅
3
気球が見える 少し霧が晴れてきた
2016年05月29日 07:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気球が見える 少し霧が晴れてきた
3
五竜方面
2016年05月29日 07:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜方面
2
五竜方面
2016年05月29日 08:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜方面
2
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯縄山
2016年05月29日 08:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯縄山
2
五龍方面
2016年05月29日 08:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五龍方面
2
長野千曲方面
2016年05月29日 08:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野千曲方面
2
白馬三山
2016年05月29日 08:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山
2
大池 一部溶け出している
2016年05月29日 08:58撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池 一部溶け出している
2
大池越しの白馬三山
2016年05月29日 08:58撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池越しの白馬三山
3
雪渓上は涼しい
2016年05月29日 10:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓上は涼しい
1
まっすぐでも良いが、右に行き稜線にでても良い 夏道はまっすぐ
2016年05月29日 11:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっすぐでも良いが、右に行き稜線にでても良い 夏道はまっすぐ
1
唐松岳山頂山荘
2016年05月29日 11:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂山荘
2
3人ほど作業中
2016年05月29日 11:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3人ほど作業中
1
劔立山
2016年05月29日 11:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
劔立山
3
ピーク
2016年05月29日 11:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク
5
不帰方面
2016年05月29日 11:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰方面
4
唐松沢
2016年05月29日 11:16撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松沢
2
ピーク
2016年05月29日 11:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク
7
ピークからの劔立山
2016年05月29日 11:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークからの劔立山
3
白馬方面
2016年05月29日 11:35撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面
3
五竜方面
2016年05月29日 11:36撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜方面
4
唐松沢
2016年05月29日 11:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松沢
2
剱岳 また今年も行こう!
2016年05月29日 11:43撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳 また今年も行こう!
4
ピークから眺める山荘
2016年05月29日 11:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから眺める山荘
毛勝三山かな
2016年05月29日 11:45撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山かな
行きで巻こうとしてはまった雪渓 大したことなさそうだけどちょうど夏道上にクラックが入っていたんだよねー
右のトラロープ方面から稜線へ出るのが正解
2016年05月29日 12:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きで巻こうとしてはまった雪渓 大したことなさそうだけどちょうど夏道上にクラックが入っていたんだよねー
右のトラロープ方面から稜線へ出るのが正解
白馬方面
2016年05月29日 13:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面

感想/記録

本日の目標は人の居ない唐松岳。ゴンドラとリフトで上ってしまえばなんということはない山(標高差800m超)なのだが、混みあうのは勘弁。ゴンドラが休止期間中の今は八方大池山荘までのアクセスが徒歩のみになる。
昨夜のうちに白馬まで移動。深夜の八方尾根旅館街は静かで気を使った。ゴンドラの駐車場へ車を停めて車中泊。
4時に起きる予定がいつの間にかアラームをoffにしていた、が、奇跡的に4時40分に起床。
準備をして5時28分出発。なのだが、まず道がいまいち分からない。あまり考えずに駐車場からゲレンデ斜面を直登開始。ゴンドラ路線を見つつ地図を見つつトレースのありそうなところを歩く。
リーゼン小屋の方にトラバースして基本的には牧場?になるだろう囲いがされている部分を歩く。作業用の林道もあるので。行きは肥やしの袋が置いてあったが、帰りにはすでに撒かれていた。
6時47分兎平駅到着 休止 7時4分出発
8時8分八方大池山荘到着 自販機がある 動いているか検証しないといけないのでしょうがない(笑)ので人柱として200円のコカコーラを買う。さっそく文明のエイド・観光資源に頼ってしまった。
山荘はclosedと看板が出ていたが、私の気配を見たのか小屋番がそそくさとopenにしてくれた。今日はじめて見る人間。が、特に山荘には寄らず(すいません)。8時14分出発。
大池8時59分。上から眺めるだけ。
9時22分左から巻いていく夏道が雪上のトラバースでなおかつクラックが入っている。これを避けようと高巻こうとして失敗。藪漕ぎとガレ場クライミングにはいるはめに。何とか稜線まで登ってそこにトレース発見。なんのことはない、残雪期はすべて稜線沿いのトレースが正解ということだ。同じように「☓」やロープで閉鎖されているコースがあるが、そこに進んだ方がよい場合もあるしそうでない場合もある。なかなか難しい。
10時6分2361m地点。
このあたりから残雪多し。が、ウィペットとツボ足で問題なし。カップルとすれ違う。今朝大池山荘を発ってピークに行ったとのこと。
10時51分2554m地点。少しへこたれる。糖分不足のようなのでチョコ食べる。
11時18分唐松山荘分岐。ここで荷物デポ。山頂へ。山荘では3人ほどが作業中。
11時33分山頂到着。写真を撮ってまったり過ごす。劔立山の眺めがよい。白馬三山も美しい。途中の道中にも確認したが、白馬鑓温泉へのコルの乗越す部分やその後の道が上からはっきり見て取れた。雪がなくなって小屋が建つ前に行こう。11時53分山頂出発。
残雪は緩んでいてアイゼン不要。一応ウィペットを一番短くしてダガーポジションで構えて下る。
13時8分八方大池。登ってくる男子とすれ違う。ゴンドラが動いていないのを知らずに来てようやくここまでたどり着いたとのこと。ピークまで行くと帰りには日が暮れてしまうだろう。
外人二人とすれ違う。明らかにコットンのポロシャツとショーツ。どこに行くんだ?
13時26分1973m地点。大休止。食事とコーヒー。ヘリが白馬岳方面に飛んで行く。遭難? 13時54分出発。
14時5分山荘。14時41分兎平駅。このあと朝にすれ違ったカップルに追いつく。下りが足にきているよう。もちろん自分も。15時23分リーゼン小屋。ここの自販機は動いていない。15時40分駐車場到着。
獲得標高2000m、往復22kmはなかなかつらい行程だった。が、予想通りゴンドラが動いていないので静かな山行を楽しめた。
訪問者数:840人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ