ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902840 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

羅臼岳 知床連山に魅了される

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー kotatti
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
50分
合計
7時間30分
Sホテル地の涯05:1005:20木下小屋06:30弥三吉水 天場06:50極楽平07:30銀冷水 天場07:40大沢07:5008:30羅臼平08:4009:00岩清水09:40羅臼岳直下の岩場09:50羅臼岳10:0510:30岩清水10:50羅臼平11:00大沢11:10銀冷水 天場11:1511:30極楽平11:4011:55弥三吉水 天場12:40木下小屋12:40ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
18日に羅臼岳の頂上を目指しましたが、銀冷水を過ぎ、大沢の雪渓に差しかかったところでブリザード状態の冷たい雨が吹き付けてきて前へ進むことを諦め断念。
翌19日に再チャレンジして、無事登頂することができました
コース状況/
危険箇所等
大沢の雪渓 朝の早い時間帯に通過し、先行者が少ない場合はアイゼンがあったほうが良い。山頂付近にも2カ所の短い雪渓がありました。
アイゼンが無くても対応は出来ますが、あったほうが楽に登れます。
ただし、状況は日々変わります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

毎年6月に北海道の山へ行くことにしている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎年6月に北海道の山へ行くことにしている
2
釧路空港は低気圧で霧に覆われて、羽田引き返しか新千歳に変更する可能性のある条件付きのフライト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釧路空港は低気圧で霧に覆われて、羽田引き返しか新千歳に変更する可能性のある条件付きのフライト
2
なんとか釧路空港に行ってくださいね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか釧路空港に行ってくださいね!
3
上空はとっても良いお天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空はとっても良いお天気
3
AirDoに乗ったらコレ、お気に入りの「じゃがばたスープ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AirDoに乗ったらコレ、お気に入りの「じゃがばたスープ」
1
北海道初日は雄阿寒から登るつもりだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道初日は雄阿寒から登るつもりだった
1
雄阿寒登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄阿寒登山口
1
雨で山容も見えず、せめて登山口だけでもと撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨で山容も見えず、せめて登山口だけでもと撮影
1
滝見台から太郎湖からの流れる滝が見事だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見台から太郎湖からの流れる滝が見事だった
2
羅臼に登るべく地の涯ホテルの駐車場で車中泊した
曇りなので、なんとか登れるかと思った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼に登るべく地の涯ホテルの駐車場で車中泊した
曇りなので、なんとか登れるかと思った
2
ホテル脇を通り抜けるとすぐに木下小屋が見える
車は狭いけど5台ぐらいは置けそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテル脇を通り抜けるとすぐに木下小屋が見える
車は狭いけど5台ぐらいは置けそう
1
この時点では小屋開きされていませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点では小屋開きされていませんでした
1
登山者名簿に記入して入山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者名簿に記入して入山
1
40分ほどで大きな岩が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分ほどで大きな岩が見えてきました
1
オホーツク展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク展望
1
オホーツク海が見渡せます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オホーツク海が見渡せます
1
どんよりと曇っており
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんよりと曇っており
1
強めの風も吹いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強めの風も吹いていた
1
あれは羅臼岳の山頂か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは羅臼岳の山頂か?
1
650m岩峰、山頂まで5km
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
650m岩峰、山頂まで5km
1
雪の重みか、斜めに這える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の重みか、斜めに這える
1
このあたりは緩やかな登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは緩やかな登山道
1
水量豊富、でもこのあたりは要煮沸
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量豊富、でもこのあたりは要煮沸
1
ゆるやかに登って行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかに登って行く
1
極楽平をゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平をゆく
1
行く先の羅臼岳は・・・雲に覆われてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く先の羅臼岳は・・・雲に覆われてます
2
しばらく平坦な極楽平を通過してゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく平坦な極楽平を通過してゆく
1
行く手は真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手は真っ白
1
小さな雪渓を何度か横切っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな雪渓を何度か横切っていく
1
仙人坂、山頂まで3km
あともう少しで銀冷水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人坂、山頂まで3km
あともう少しで銀冷水
1
銀冷水に到着
ここから後半戦、大沢の雪渓に入って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀冷水に到着
ここから後半戦、大沢の雪渓に入って行きます
1
携帯トイレブース
携帯トイレが必須です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯トイレブース
携帯トイレが必須です
2
ここまでは、まだ何とか登れると思っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは、まだ何とか登れると思っていました
1
登山道から大沢の雪渓に出てみると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から大沢の雪渓に出てみると
1
ものすごいブリザード状の雨風が吹き荒れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ものすごいブリザード状の雨風が吹き荒れる
2
あまりに雨風がきつくて、お先も真っ暗。
この日はここで登頂断念!
撤退。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりに雨風がきつくて、お先も真っ暗。
この日はここで登頂断念!
撤退。。
5
極楽平で振り返ってみたが、やはり今日は登れそうにない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平で振り返ってみたが、やはり今日は登れそうにない
2
下界の天候は落ち着いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界の天候は落ち着いていました
1
北海道にまで来て撤退とは結構こたえます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道にまで来て撤退とは結構こたえます
2
小屋開きの準備で小屋主さんがいらっしゃった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋開きの準備で小屋主さんがいらっしゃった
1
明日こそはと望みをつなげます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日こそはと望みをつなげます
3
翌朝、再チャレンジ
今日は合い間の日の晴れ予報なので、なんとか山頂まで行きたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、再チャレンジ
今日は合い間の日の晴れ予報なので、なんとか山頂まで行きたい
2
木下小屋の前で名簿に記入して入山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木下小屋の前で名簿に記入して入山
2
曇りではあるが、風は強くない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りではあるが、風は強くない
1
山頂も見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も見える
2
頭上注意です。4回ぐらい頭を打ちました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上注意です。4回ぐらい頭を打ちました
1
極楽平、今日はなんとか晴れて欲しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平、今日はなんとか晴れて欲しい
1
大沢の雪渓に出ました
風も雨もなく青空が広がっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢の雪渓に出ました
風も雨もなく青空が広がっている
2
雪渓の後半は結構斜度があると思ったのでアイゼン装着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の後半は結構斜度があると思ったのでアイゼン装着
4
先行者の方はキックステップで
早朝は踏み跡がほとんどないので大変そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者の方はキックステップで
早朝は踏み跡がほとんどないので大変そう
3
アイゼン装着したので前に出ることに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン装着したので前に出ることに
1
羅臼岳の山頂部が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳の山頂部が見えてきました
2
今日はこのまま晴れて欲しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこのまま晴れて欲しい
1
雪渓がなだらかになってくると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓がなだらかになってくると
1
羅臼平到着
ここでアイゼン外して装備を整えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼平到着
ここでアイゼン外して装備を整えます
1
おお、羅臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、羅臼岳
7
こちらは三峰方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは三峰方面
2
弥三吉のレリーフ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥三吉のレリーフ
1
羅臼の自然に捧げた木下弥三吉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼の自然に捧げた木下弥三吉
1
羅臼岳の上空は青空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳の上空は青空
3
ヒグマ対策のフードロッカー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒグマ対策のフードロッカー
2
人間の食べ物を味わったヒグマは食性が劇的に変わるそうで、テントに食物を置いていると襲われるそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間の食べ物を味わったヒグマは食性が劇的に変わるそうで、テントに食物を置いていると襲われるそうです
1
このお天気の状態で山頂に居たかった・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このお天気の状態で山頂に居たかった・・・
1
山頂部は岩場です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は岩場です
2
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
3
露に濡れてとても綺麗です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露に濡れてとても綺麗です
2
三ツ峰、サシルイ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峰、サシルイ岳方面
4
岩清水にきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩清水にきました
1
そのまま飲んじゃいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま飲んじゃいました
3
振り返ると、キバナシャクナゲのお花畑
ここは花の百名山でもある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、キバナシャクナゲのお花畑
ここは花の百名山でもある
1
サシルイ岳をバックに群生するキバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サシルイ岳をバックに群生するキバナシャクナゲ
3
キバナシャクナゲが宝石をちりばめたように見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲが宝石をちりばめたように見えました
1
北海道の青い空はいつも気持ちがいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道の青い空はいつも気持ちがいい
4
三ツ峰、サシルイ岳から硫黄山へかけての稜線も魅力的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峰、サシルイ岳から硫黄山へかけての稜線も魅力的
8
硫黄山方面のパノラマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山方面のパノラマ
3
岩清水を過ぎると2カ所の雪渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩清水を過ぎると2カ所の雪渓
1
雪渓を登れば岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を登れば岩場
1
この岩場を通過するといよいよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場を通過するといよいよ
1
羅臼岳 1,661mに登頂です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳 1,661mに登頂です!
11
昨日撤退しただけに感無量
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日撤退しただけに感無量
23
山頂部は狭い岩場の上でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は狭い岩場の上でした
2
三角点と標識を一緒にパチリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点と標識を一緒にパチリ
1
羅臼方面から強い風が吹きつける
ゴジラ岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼方面から強い風が吹きつける
ゴジラ岩
2
まめパン食べて、ガスが晴れるのを待つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめパン食べて、ガスが晴れるのを待つ
2
一瞬、山頂のガスが晴れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、山頂のガスが晴れた
2
宇登呂とオホーツク海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇登呂とオホーツク海
6
三ツ峰、サシルイ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峰、サシルイ岳
4
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
2
羅臼平に戻ると山頂は霧の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼平に戻ると山頂は霧の中
1
大沢の雪渓を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢の雪渓を下ります
1
下りは尻セードで一瞬でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは尻セードで一瞬でした
3
所々凍っているので気を付けないと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々凍っているので気を付けないと
1
サシルイ岳から硫黄岳方面はガスも無くいいお天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サシルイ岳から硫黄岳方面はガスも無くいいお天気
1
眼下に知床五湖
ヒグマもそっちのほうに降りているのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に知床五湖
ヒグマもそっちのほうに降りているのかな?
1
あの三角は硫黄山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの三角は硫黄山?
2
オッカバケ岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オッカバケ岳?
1
羅臼岳の山頂も晴れたようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳の山頂も晴れたようです
1
下山。木下小屋についた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。木下小屋についた
2
またいつかのんびりと縦走したい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またいつかのんびりと縦走したい
3
羅臼岳、良い山でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼岳、良い山でした
4
足を延ばしてカムイワッカ湯の滝にきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を延ばしてカムイワッカ湯の滝にきた
1
硫黄山の熱でお湯が流れる滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山の熱でお湯が流れる滝
5
上に行くほど熱くなってゆく滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に行くほど熱くなってゆく滝
3
昔は結構上まで行けたんですけど、ここまで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は結構上まで行けたんですけど、ここまで
2
「懲りずにまた来いよ」
また来ますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「懲りずにまた来いよ」
また来ますね!
7
今回登れなかった斜里岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回登れなかった斜里岳
3
こんどは斜里岳を目指そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんどは斜里岳を目指そう
2
北海道の山は素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道の山は素晴らしい
7

感想/記録

当初の計画では雄阿寒、羅臼、斜里、雌阿寒を3泊4日でピークハントする予定でした。
しかし、あいにくの低気圧による悪天候で、結局登れたのは羅臼岳のみ。

大沢の長めの雪渓や頂上付近2か所の短い雪渓は結構斜度があり、結構、登りごたえのある山でした。それに羅臼岳のみならずサシルイ岳、オッカバケ岳、硫黄山へと続く稜線はつんつんと三角の連なりがとても恰好よく、ここだけを味わって知床連山を縦走するのもとても魅力的に思いました。
遠く本州の自宅で、羅臼、斜里、阿寒と3座ひとまとめにして考えていた自分を恥じました。

羅臼岳は他の山にはない緊張感を強いられます。
それは登山中にヒグマに出会ったらどうしようという緊張感。
前回の空木岳の山行でツキノワグマに遭遇しました。体長1mぐらいのコグマが横切ったけれど、まじかにみると野生の迫力があります。
今年はクマの出没で何かと世間が騒がしいし、ここはヒグマの生息地で、さすがに登山中にヒグマに出会ったらどうしようという不安がありました。
ヒグマの体格はツキノワグマの倍以上あると言うし、怖いだろうなぁと。。


18日の土曜日の夜、地の涯ホテルの駐車場の端に車を停めて、車中泊しました。
初日は銀冷水を過ぎて、大沢の雪渓のところで嵐のような雨風にさらされ、進むのを断念。撤退しました。

いったん下山して、斜里の町や斜里岳、オシンコシンの滝などの写真をとりながらドライブして再び地の涯ホテルの駐車場に戻って2泊目の車中泊。
シュラフは持って来ていたし、ホンダのFit だけに後席を倒すと何とか足を延ばして寝ることが出来て不都合は有りませんでした。

翌朝、再び羅臼岳を目指しました。
低気圧が停滞していて、晴れるとしたら今日だけ。せめて斜里岳と羅臼岳のどちらかは登りたかったので、前日撤退した羅臼岳へ再チャレンジすることにしました。

この日は前日とは違い、風がほとんどなかったのが幸いでした。
風さえ無ければ多少の雨でも山頂まで行くつもりでいました。

登山者名簿を見ると、先行者の方は3時台にもう登り始めているとのことで驚きました。自分は5時台なので先行者のクマ除け効果はもうないと思って、最初は時折、ピーピー笛を吹きながら歩き始めました。今の時期、ヒグマに出会うとしたら標高の低い、極楽平あたりまでだろうと思ったからです。
しばらくすると4時台出発の別の先行者の方に追いつき、少し安心しました。

大沢の雪渓に出ると、風も無く、見上げると青い空が広がっており、今日は行けると嬉しくなってきました。

銀冷水を過ぎて大沢の雪渓に出るのですが、ここで道が分からなくなる方が大勢いるようですが、登山道をそのまま進むよりも、思い切って雪渓に出て真っ直ぐ登るのが正解です。回り道をしなくて済みます。

名簿によると先行者が一人しかいないことになり、斜度も結構あるように見えたのでアイゼンを装着。踏み跡がほとんどない早朝ということもあり、アイゼンを装着して良かったと思いました。

羅臼平へ着くと三峰やサシルイ岳の麗しい姿が現れ、硫黄岳方面への縦走がとても魅力的に思えてきました。羅臼平のお花畑をはさんで反対側は目指す羅臼岳。山頂部にややガスがかかるものの青い空にそびえる山容は威風堂々たるものでした。

キバナシャクナゲが一面に群生するお花畑を楽しみながら山頂へ歩を進めると岩清水に到着。冷たい雪解け水で顔を洗い、振り返るとサシルイ岳をバックにキバナシャクナゲのお花畑がなんとも幻想的な光景でした。

山頂部には2カ所の雪渓があり、ここも出口が分かりづらいですが、無事通過して、岩場にさしかかるといよいよ羅臼岳の山頂が近くなります。岩場をこなして乗り越えて行くと羅臼岳の山頂。

あいにく山頂では物凄い風が吹いており、天気は良くなかったけれど、一瞬、ガスが晴れ、雨風もやみ視界が開けました。
眼下にオホーツク海や宇登呂方面の街並み、正面のサシルイ岳から硫黄岳の稜線を眺めることができて、国後島方面は相変わらずガスの中で見えなかったけれども、この一瞬の眺望で満足し、下山することにしました。


3泊4日で雄阿寒、羅臼、斜里、雌阿寒の4座を登るつもりで北海道へやってきたけれど、悪天候で登れたのは羅臼岳のみとなりました。
百名山の3座をひとまとめで一気に登ろうとして計画を立てて来ましたが、この羅臼岳が連なる知床連山は、ここの山域だけでも十分すぎる魅力がありました。

次に知床に来たならば、硫黄山から知床円別岳、オッカバケ岳、サシルイ岳を縦走し、羅臼岳でゴールする旅にして、この知床の山を存分に味わいたいなぁと思いました。
訪問者数:774人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ