ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909736 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木岳_北アルプス_07

日程 2016年07月02日(土) 〜 2016年07月03日(日)
メンバー ramisuke
天候7/2(土)小雨のち晴れ+強風、夕刻から雨
7/3(日)本降りの雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アルペンルート扇沢から周回

駐車場情報
爺ケ岳登山口の駐車場は、
7/2(土)5時に10台ほど駐車中、7/3(日)9時に数台駐車中
扇沢市営第一駐車場は、
7/2(土)5時に15台ほど駐車中、7/3(日)9時に25台ほど
他は、殆ど駐車なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間6分
休憩
2時間26分
合計
12時間32分
Sスタート地点04:5605:04柏原新道登山口06:25ケルン(柏原新道)06:37駅見岬06:3807:34水平岬08:10富士見坂08:45種池山荘09:3511:13岩小屋沢岳11:2211:50新越山荘12:2713:05鳴沢岳13:1314:05赤沢岳14:1615:38スバリ岳15:5716:04小スバリ岳16:32針ノ木岳16:4317:28針ノ木小屋
2日目
山行
2時間18分
休憩
2分
合計
2時間20分
針ノ木小屋06:4007:59大沢小屋08:0108:56扇沢駅09:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<扇沢(爺ケ岳登山口)ー種池山荘:柏原新道>
整備十分、問題ありません。大変歩きやすいです。

<種池山荘ー赤沢岳>
整備十分、問題ありません。歩きやすいです。
7/2現在、数か所、雪が残っていました。軽アイゼンは不要。

<赤沢岳ースバリ>
整備されていますが、ザレ、ガレがあります。
1ケ所崩れていて危ない場所があります。気を付けてください。
強風時、体力と時間を要します。

<スバリー針ノ木>
整備されています。強風時、風がかなり当たります。

<針ノ木ー針ノ木小屋>
整備されています。
7/2現在、雪が2か所残っていますが、ステップが
切られています。軽アイゼン不要です。

<針ノ木雪渓>
紅ガラはありません。落石に気を付けてください。
詳細は小屋に問い合わせください。

<大沢小屋ー扇沢>
整備良好ですが、雨天時は登山道が川になっています。
また、本降りの雨だと、普段は水がない沢も水が流れていて
渡渉が必要です。
その他周辺情報温泉多数。
個人的には上原の湯が好きです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント泊に必要なもの一式

写真

今日はボッカ練習に行ってきます。
扇沢市営第一駐車場はガラガラで意外でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はボッカ練習に行ってきます。
扇沢市営第一駐車場はガラガラで意外でした。
3
数時間後に、あそこを歩くのかあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数時間後に、あそこを歩くのかあ。
扇沢から爺への柏原新道は、大変よく整備されていて歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢から爺への柏原新道は、大変よく整備されていて歩きやすいです。
1
はあ、ついに雨が降ってきた・・・カメラはしまおう。
時々ハクサンボウフウが咲いていて、嬉しかったです(セリ科が好きです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はあ、ついに雨が降ってきた・・・カメラはしまおう。
時々ハクサンボウフウが咲いていて、嬉しかったです(セリ科が好きです)
雨具を着ようかどうしようか悩んでいるうちに、天気は回復。樹林帯の中だったので、どうにか雨具を着ないで歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨具を着ようかどうしようか悩んでいるうちに、天気は回復。樹林帯の中だったので、どうにか雨具を着ないで歩けました。
1
もうすぐ種池山荘です。ここまで、ずーっとゴゼンタチバナが足元で咲いていました。ほかには、マイヅル、シモツケ、ベニバナイチゴなど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ種池山荘です。ここまで、ずーっとゴゼンタチバナが足元で咲いていました。ほかには、マイヅル、シモツケ、ベニバナイチゴなど。
あちらは、目的地の針ノ木です。標高2700mから上の雲は取れないのかな?
まあいっか、ごはんを食べよう(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらは、目的地の針ノ木です。標高2700mから上の雲は取れないのかな?
まあいっか、ごはんを食べよう(笑)
ご飯を食べてのんびりしている間に針の木の雲が取れました。
よし、種池出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯を食べてのんびりしている間に針の木の雲が取れました。
よし、種池出発!
4
種池テン場、いつ見ても、真っ平ら(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種池テン場、いつ見ても、真っ平ら(笑)
1
このように、融けていくのかあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このように、融けていくのかあ
爺を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺を振り返ります
1
雪が融けたばかりのところには、ショウジョウバカマがたくさん咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が融けたばかりのところには、ショウジョウバカマがたくさん咲いていました
種池から岩小屋沢岳の間は、数か所残雪があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種池から岩小屋沢岳の間は、数か所残雪があります
棒小屋乗越付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒小屋乗越付近
すみれは、全くわかりません・・・
キバナノコマノツメとのことです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すみれは、全くわかりません・・・
キバナノコマノツメとのことです!
1
ミヤマキンポウゲとシナノキンバイがたくさん咲いていて、足元が真っキンキンでまぶしかったです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲとシナノキンバイがたくさん咲いていて、足元が真っキンキンでまぶしかったです(笑)
2
シラネアオイ科シラネアオイ、美しいですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ科シラネアオイ、美しいですね!
5
サンカヨウって、かわいくって好きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウって、かわいくって好きです
2
鹿島槍を眺めて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍を眺めて、
爺を振り返って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺を振り返って、
剱を眺めて、歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱を眺めて、歩いています。
鹿島槍、五竜を振り返ります。五竜って、かっこいいですねえ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜を振り返ります。五竜って、かっこいいですねえ。
1
ついに、雲が取れました!立山、剱!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに、雲が取れました!立山、剱!
2
ハクサンシャクナゲのつぼみ?なんか違うぞ!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲのつぼみ?なんか違うぞ!?
開くと、こうなります。葉っぱなのかしら?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開くと、こうなります。葉っぱなのかしら?
山肌が素敵です。棒小屋沢と奥小沢の間の尾根です。向こうには、柏原新道が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌が素敵です。棒小屋沢と奥小沢の間の尾根です。向こうには、柏原新道が見えます。
1
初めて黄色い花を「美しい」と感じました。このシナノキンバイの群生は素晴らしかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて黄色い花を「美しい」と感じました。このシナノキンバイの群生は素晴らしかったです。
1
北アルプスって感じですねえ(北アルプスなのだから、当たり前か!?)黒部渓谷を眺めています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスって感じですねえ(北アルプスなのだから、当たり前か!?)黒部渓谷を眺めています。
1
岩小屋沢岳2630m、背景は剱岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳2630m、背景は剱岳です。
3
下廊下を歩いた時のことを思い出します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下廊下を歩いた時のことを思い出します
1
岩小屋沢岳出発、次は、新越山荘経由、鳴沢岳へ。モーレツな風で、寒いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳出発、次は、新越山荘経由、鳴沢岳へ。モーレツな風で、寒いです。
ハクサンシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
新越山荘が見えました。久しぶりー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新越山荘が見えました。久しぶりー。
1
アオノツガザクラ、ツガザクラもたくさん咲いていました。わかいいですよねえ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ、ツガザクラもたくさん咲いていました。わかいいですよねえ。
新越山荘、7/1から営業中。お水を分けてもらいながら、休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新越山荘、7/1から営業中。お水を分けてもらいながら、休憩。
1
新越山荘出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新越山荘出発
鳴沢岳への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴沢岳への登り
鳴沢岳2641m、背景は黒部別山。一晩雨が降ったら、下の廊下なんぞ歩けるわけがないなあと改めて感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴沢岳2641m、背景は黒部別山。一晩雨が降ったら、下の廊下なんぞ歩けるわけがないなあと改めて感じます。
2
鳴沢岳から針ノ木、奥は北ノ俣岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴沢岳から針ノ木、奥は北ノ俣岳。
7
越中沢、スゴ、間山、薬師
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越中沢、スゴ、間山、薬師
1
トロリーバスの真上1、黒部川が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロリーバスの真上1、黒部川が見えます
1
トロリーバスの真上2、扇沢が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロリーバスの真上2、扇沢が見えます
1
赤沢岳への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢岳への登り
赤沢岳山頂p2677.8m、背景は龍王、獅子。この写真を1枚撮るのが精一杯の強風。すべてザックにしまい、防寒着を着て、耐風姿勢で前進。新越山荘に戻るか、かなり悩みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢岳山頂p2677.8m、背景は龍王、獅子。この写真を1枚撮るのが精一杯の強風。すべてザックにしまい、防寒着を着て、耐風姿勢で前進。新越山荘に戻るか、かなり悩みました。
3
スバリ岳2752m、背景は黒四ダム、ほんとに激しい強風です。足場の良くないところは風が少し弱まるまで待って歩いています。スバリの少し種池側、ザレの危険個所があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバリ岳2752m、背景は黒四ダム、ほんとに激しい強風です。足場の良くないところは風が少し弱まるまで待って歩いています。スバリの少し種池側、ザレの危険個所があります。
4
針ノ木、あと少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木、あと少し
2
赤沢を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢を振り返って
2
針ノ木岳p2820.6m、背景はガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳p2820.6m、背景はガス
3
山頂はイチゲ、シオガマ、イワベンケイ、オダマキなど咲いていましたが、強風のため撮影はできず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はイチゲ、シオガマ、イワベンケイ、オダマキなど咲いていましたが、強風のため撮影はできず
1
山頂直下のオダマキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のオダマキ
1
あっ、ガスが切れた!歩いて来た尾根を眺めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ、ガスが切れた!歩いて来た尾根を眺めます
2
スバリを眺めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバリを眺めます
2
君は若そうだね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
君は若そうだね。
1
驚かさないように待っているのに、なにゆえ動いてくれない??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
驚かさないように待っているのに、なにゆえ動いてくれない??
7
蓮華、きっとコマクサが満開でしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華、きっとコマクサが満開でしょうね
はあ・・・だからね、登山道を私も歩きたいわけ。君も歩きたいわけですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はあ・・・だからね、登山道を私も歩きたいわけ。君も歩きたいわけですね。
鹿島槍からの尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍からの尾根
3
針のテン場、さて、どこに張れば風が弱いでしょうねえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針のテン場、さて、どこに張れば風が弱いでしょうねえ
3
小屋到着、この日(7/2土)宿泊されていたのはお二人?三人?だったようですよ。テントは1張。意外と人がいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋到着、この日(7/2土)宿泊されていたのはお二人?三人?だったようですよ。テントは1張。意外と人がいません。
1
テントからの夕景、不動岳。ぼんやりしているのは、雨が降っているからです。
翌日は明け方から本降りの雨。写真はありません。
今日も目を通してくださり、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントからの夕景、不動岳。ぼんやりしているのは、雨が降っているからです。
翌日は明け方から本降りの雨。写真はありません。
今日も目を通してくださり、ありがとうございました。
2

感想/記録

みなさん、こんにちは。
夏山に向けてボッカ訓練をしようというわけで、
テント装備で歩いて来ました。

風が強くて大変でしたが、予想通りの天気で景色がよく、
楽しませてもらいました。

種池から針ノ木まですれ違う人もいなかったので、考え事を
しながら歩いていました(大半は考え事どころか、暴風と格闘しています)

10年ほど前に、友人と下の廊下を歩こう!と計画して、
室堂→立山→剱沢(泊)→剱→仙人新道→仙人温泉(泊)→
仙人谷ダム・・・・・・・下の廊下→黒四ダム
を歩いたことがあります。
仙人温泉の夜、本降りの雨でした。翌日は小雨でした。
友人と「下の廊下は無理だろう」と言いながらもダムまで行き、
十字峡方面へ歩き出してみました。半月峡付近で、ちょっとした沢は
やはり全て滝になっているのだと実感し、欅平へ下ることにしました。
そしたら、折尾谷の砂防ダムの中のトンネルが天井付近まで冠水、
歩いて来た仙人温泉に戻ろうにも、すでに仙人谷の橋は水没。
結局は、阿曽原温泉のテン場で停滞でした。
温泉があったことが救いでしょうか。

阿曽原温泉小屋の方に扇沢へ戻る方法を聞いてみました。
「明日の昼前にはたぶん水が引くよ。
自分たちなら、それを待って下の廊下を歩いて扇沢に戻るなあ」
と意見を聞かせてくれました。
実際、そのようにしました。

今回、黒部別山を眺めながら歩き、改めて
「本降りの雨の後に歩けるわけがない、他の道だってそうだ」
と、考えました。

ご安全に!
訪問者数:565人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/17
投稿数: 1614
2016/7/10 1:25
 室堂→立山→剱沢(泊)→剱・・・・下の廊下→黒四ダム
こんばんは^^

10年前のコースいいーす。
今回のコースもかなり良いコースだと思いますが、天気がヤバシでしたね。
テン場は風から逃れられました?
しかし、こんな日に良く行きますね。

スバリあたりはかなり怖い感ありますね。
お気をつけアレ。
登録日: 2011/6/20
投稿数: 161
2016/7/10 19:11
 おつ
天気が一日早まったので、このコースで良かったね。
逆だったら・・・
蓮華に行けずに残念、コマクサ満開だったと思うよ。

黄色いのはキバナノコマノツメです。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 467
2016/7/10 22:09
 Re: 室堂→立山→剱沢(泊)→剱・・・・下の廊下→黒四ダム
ブルスカさん、今日もお仕事でしたか?お疲れ様です。
こちらも先週は、
7:00に家を出る→7:50から勤労、
21時すぎに仕事の片付け開始→22:30に晩酌開始
という毎日でした。

相方はご飯を作るのは好きではない様子ですが、
こちらが作らなくても何も言わないので助かります。
ゴミ捨て、洗い物をやってくれるので、ありがたい。

10年前のコース、いいでしょー。
たしか、雲切新道という名前だったと思いますが、
あれが開通した年でした。
仙人温泉、ぜひまた行ってみたいです。

今回テントを張った場所は、小屋の人に選定してもらいました。
せっかく私の1張だけなのですから、「一番風があたらない場所」を
選んでいただいたわけです。快適でしたよ(笑)
登録日: 2014/8/17
投稿数: 467
2016/7/10 22:14
 Re: おつ
kriskyさん、先日は相談にのってくださりサンキューでした!
結局、この向きの、このコースにしてみました。
あわてて五竜の雪の状態を調べる時間はありませんでした。

日曜日の雨は覚悟していましたが、うっかりまあまあだったら
蓮華に行こうと思っていたので、それだけは残念。

今回、軽アイゼンが歩きにくくて、「はあ、アイゼンにすればよかった」
と思いました。雪渓の下りは落石が怖いでしょ、だから急ぐでしょ、
軽アイゼンって、おぼつかないかんじがイマイチだったのかも!?
登録日: 2011/6/20
投稿数: 161
2016/7/11 0:20
 Re[2]: おつ
針ノ木雪渓の下りはしっかりしたアイゼンが良いって書かなかったっけ?
何処の雪渓にしても下りはガツガツ走れるようにジャストフィットのアイゼンが良いと思うのでした、もしくはノーアイゼンで滑り下るか・・・
まぁ、無事で何より。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 467
2016/7/11 6:59
 Re[3]: おつ
あれ?そうだったっけ?
ああ、急かしくて読みとばしてしまったのかも。

雪渓は落石が怖いので、少々苦手です。

サンキューです。
登録日: 2014/6/13
投稿数: 226
2016/7/11 9:22
 風と雨大変でしたね。
おそコメごめんなさい。
写真ちびっと見ていたけどコメントする余裕がなかった。

まあこの天気の中よく行ったですね。
もう少し天気いいのかと思ったけど、北アルプス周辺は雨雲レーダーで青かったものね。赤沢ー針の木の道を考えると風の通り道はきつかったろうな。
初日の累計登高差きついねー。あの稜線は下って登り返しが意外と大きいからね。よく頑張りました。
夏は最初機械で上がっちゃうからガッツリの上りは初日の最初の2−3時間がきついくらいでしょうね。後は長時間長距離のきつさでしょうか?

いずれにしろこちらはへなちょこですので極力軽量化に努めてご迷惑をおかけしないようにしまーす。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 467
2016/7/12 22:01
 Re: 風と雨大変でしたね。
55akiraさん、こちらこそ返信が遅くなり失礼いたしました!
勤労三昧です。

針ノ木は、天気はだいたい予想通りでした。
風は、もうちょっと楽かなあと思っていたので考えが浅かったねえ。

登り返しに弱いので、近所の里山で「無駄に周回してみたり」
「無駄に枝道調査したり」して、訓練しておきます!
いちばん手っ取り早いのは、富士山なんだけどねえ。
遠いし、真夏は混んでそうですよね。
だから、近所で訓練だな、よし。

55akiraさんは海ですよね。
私も日本海へ年中行事の海水浴に行ってきます!
登録日: 2010/7/31
投稿数: 34
2016/8/3 0:59
 良いコースですね
ramisukeさん、こんばんは。おそコメで失礼します。
私もこのルートを7月に歩きました。静で良いコースですよね。
ramisukeさん花をよくご存じですねぇ、羨ましい。黒部の谷もいつか歩いてみたいです✋
登録日: 2014/8/17
投稿数: 467
2016/8/9 7:23
 Re: 良いコースですね
dobonさん、コメントありがとうございます!
針の木ー種池は、すごくメジャーな観光地にあるのに、意外と
誰もいませんよね。景色もいいのに(笑)

花は、さっぱりわかりません。
好きな花から、年に3つ程度ずつ覚えています。
去年は、カンチコウゾリナとミヤマコウゾリナの見分け方を
覚えたはずが、すでに忘れています(苦笑)

下の廊下は、今年は雪が少なかったから歩ける日数が長いかも
しれませんね。仙人温泉、ご飯がおいしいのでお楽しみに。

ご自宅から親不知、あと2行程とのこと、がんばって下さいね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ