ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919328 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

御在所トレーニング

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー tomoyaya2
天候曇時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 針金 ロールペーパー 携帯 タオル ナイフ ポール

写真

鈴鹿スカイライン、トンネル手前の裏道駐車場に車を停め、中道登山口まで徒歩で移動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイライン、トンネル手前の裏道駐車場に車を停め、中道登山口まで徒歩で移動
1
中道駐車場に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道駐車場に到着しました。
2
ロープウェイケーブル下に到着、まだロープウェイは動いてません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイケーブル下に到着、まだロープウェイは動いてません。
1
ケルンがコース脇にずらり(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンがコース脇にずらり(笑)
1
おばれ岩に到着、相変わらず倒れそうで倒れない(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おばれ岩に到着、相変わらず倒れそうで倒れない(笑)
2
5合目からの眺望、なにも見えん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目からの眺望、なにも見えん。
地蔵岩です。真下から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩です。真下から
2
途中のざれ場、いつも見える裏道も全然見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のざれ場、いつも見える裏道も全然見えない。
2
木の根っこポイント、木がかわいそうやな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根っこポイント、木がかわいそうやな〜
2
キレットです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットです。
2
8合目、絶景ポイントなのに真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目、絶景ポイントなのに真っ白
2
国見尾根はわずかに見えた。揺るぎ岩も確認できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見尾根はわずかに見えた。揺るぎ岩も確認できます。
鹿だな、それともだれか食べたかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿だな、それともだれか食べたかな
富士見台からもとうぜんこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台からもとうぜんこんな感じです。
1
美しい、癒されます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい、癒されます
裏道口から国見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道口から国見岳
1
頂上レストラン「アゼリア」です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上レストラン「アゼリア」です
1
ちょっと寄り道して、八大竜王神社でお水をいただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道して、八大竜王神社でお水をいただきました。
2
ピークに到着、やった〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに到着、やった〜!
2
ピークから雨乞岳、やっぱりこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから雨乞岳、やっぱりこんな感じ
今日は天気も悪く、人もまばらです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は天気も悪く、人もまばらです
1
帰りは裏道から、仙人の岩た見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは裏道から、仙人の岩た見えます。
この木の若葉、すごくいい香りがします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木の若葉、すごくいい香りがします。
拡大するとこんな葉です。
だれかこの木知ってますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大するとこんな葉です。
だれかこの木知ってますか?
藤内壁出合、藤内壁も見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内壁出合、藤内壁も見えず
1
雨上がりの裏道はすごくいい香りが漂ってます。癒される〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりの裏道はすごくいい香りが漂ってます。癒される〜
2
うわぎの耳、今日はだれも登ってないな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわぎの耳、今日はだれも登ってないな〜
2
藤内小屋へ到着、ここからは楽ちんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋へ到着、ここからは楽ちんだ
1
最後の砂防堤に到着、天気はいまいちだが楽しめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の砂防堤に到着、天気はいまいちだが楽しめました。
2

感想/記録

アルプス前のトレーニングで、地元御在所岳にテン泊装備で行ってきました。

天気が崩れるかもしれないので早めに登って、早めに下ってこようと早朝に出発。
鈴鹿スカイライン、トンネル手前の裏道駐車場が空いていたので、そこに車を止め、中道駐車場まで歩いていきました。
(中道駐車場に止めると、帰りスカイラインを登るのがいやなので(笑))
中道駐車場のところは、工事しているので、道路の下をくぐり登山口へ。

のぼりはじめはやっぱりつらい。
20kgのザックはズシっと足に負担をかけ、いきなり息があがります。
最初から急登なのでめちゃくちゃしんどかったです。

でも4合目くらいまでくると、体が慣れてきて御在所のパワーも頂いて、体も次第に楽になってきました。

負ばれ岩に到着しました。
ソロでしたが、一応写真ポイントなので写真に収め、

5合目、最初の絶景ポイントに到着!
しかし、なにも見え~ん!!
ガスガスでした。(笑)

次第に天気もさらに怪しくなり、雨がパラパラ。
カッパを着るか微妙な強さでしたが、また止むだろうと思ってそのまま行きました。
そして地蔵岩、ここもとりあえずいつもと違う角度で写真に収め、6合目のキレットへ到着。
ザックが重いのでバランスに注意しながら下ります。
(ここはアルプスの練習になります。少しの区間ですが)

7合目〜8合目の急登ですが、いままで3週間もトレーニングしていたおかげもあってそれほど苦ではなかったです。
8合目鎖場を越えたところの中道一番の絶景ポイント、しかし、ここも真っ白でなにも見えんでした。

9合目の富士見台からもガスだけしか見えず、そのまま頂上へ向かいます。

頂上へ行く前に、八大竜王神社に立ち寄りました。
ここの竜王様のお水はありがたいお水ということで、お水を頂き、元気がでたとこで、頂上へ。

天気のせいか三角点には人もまばらでした。
そして、本当の頂上である奥のピークへ。
いつもなら、雨乞岳が見えるのですが、ここは心の眼で想像しながら(笑)お昼を食べました。

帰りはスキー場を下り、裏道へ。
20kgのザックは、下りでの足の負担がすごい。
しかし、めちゃくちゃ鍛えられます。

国見峠から藤内壁出合までの区間は森のような感じなのですが、この日は雨が少し降って、雨上がりの霧がかかった状態で、森の香りが通常よりすごかったです。

いろんな植物や木の香りがして、とても癒されました。
まさに、森林浴だなと思いました。

なかでも写真にも写しましたが、めちゃくちゃ香りのいい葉がありました。
まるで天然アロマとでもいいましょうか、緑の古い葉からはなかったですが、若い赤い葉っぱは本当にいい香りでした。

ずっと香りを嗅いでいたので、下からきた登山者からは変な人と思われたかもしれません。(笑)

癒しの森を抜けたあとは、藤内壁出合ですが、藤内壁は見えず、クライマーの方はみれませんでした。(こんな日に登っている方はいないかもしれませんが)

つぎにうさぎの耳にきました。
うさぎさんもなんか霧のせいかいつもよりおとなしくかんじましたね。(笑)

ここからの土石流跡のコースは岩の段差が少なくすごく下り易いです。
そして藤内小屋に到着。少し前に縦走テン泊装備の若いグループが小屋でかなり疲れた様子で休憩していました。
みんなアルプスに行くのか、自分と同じように頑張っているな〜と、なんか同じ仲間がいるようでうれしくなってきました。

このあとは距離は長いが、高低差は少ないので、サクサクと下りていきました。

しかし、かなりのガスの濃さで、御在所初めての登山者さんからコースが良くわからないということでコースを教えましたが、いつもは分かりやすいコースでもやはり分からなくなるんだなと勉強させられました。

そして鈴鹿スカイラインへ到着。
やはり下り口に車を停めておくと楽だ。(笑)

4回のトレーニング登山を終え、来週はアルプス。がんばろう!

トレーニングとはいえ、御在所はいいお山です。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ