ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932205 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

タカネビランジ満開の鳳凰三山を歩く

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月05日(金)
メンバー kotakky, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜叉神峠登山口に駐車(夜叉神の森に泊した)
広河原に下山しバスで戻った
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間45分
休憩
1時間20分
合計
7時間5分
S夜叉神峠登山口06:0507:24夜叉神峠小屋07:3309:06杖立峠09:1510:05火事場跡10:42苺平11:2211:50南御室小屋12:1213:10薬師岳小屋
2日目
山行
6時間20分
休憩
1時間18分
合計
7時間38分
薬師岳小屋06:1206:22薬師岳06:2306:55鳳凰山07:0707:28鳳凰小屋分岐08:12アカヌケ沢の頭08:1808:29地蔵ヶ岳08:4209:00アカヌケ沢の頭09:50高嶺10:0310:56白鳳峠11:2413:30白鳳峠入口13:3513:50広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤抜沢の頭から先は道が少し細くなり岩場の下りもある。
白鳳峠からは標高差約900mを一気に下りけっこうきつい。
その他周辺情報芦安に日帰り入浴施設がある
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

夜叉神峠登山口  
道路の両側の緑色に舗装された部分が駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠登山口  
道路の両側の緑色に舗装された部分が駐車場
一晩お世話になった夜叉神の森  
蕎麦が美味しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一晩お世話になった夜叉神の森  
蕎麦が美味しい
登山口で登山届を提出して出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口で登山届を提出して出発
歩きやすい峠道を夜叉神峠へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい峠道を夜叉神峠へ
夜叉神峠  
白峰三山は山頂部が雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠  
白峰三山は山頂部が雲の中
延々登りが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々登りが続く
1時間半ほど歩いてやっと杖立峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間半ほど歩いてやっと杖立峠
うっそうとした針葉樹の森を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっそうとした針葉樹の森を登る
オヤマノリンドウはまだ蕾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノリンドウはまだ蕾
ミヤマバイケイソウは緑色の花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマバイケイソウは緑色の花
開けた場所に出た   
火事場跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所に出た   
火事場跡
苔の道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の道を行く
南御室小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋到着
南アルプス天然水が湧き出ている  
4℃しかなくとても冷たい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス天然水が湧き出ている  
4℃しかなくとても冷たい
2
小屋周辺は花の宝庫  
ヤナギラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋周辺は花の宝庫  
ヤナギラン
3
ホソバトリカブト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバトリカブト
3
カイタカラコウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カイタカラコウ
2
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
ヤマオダマキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ
高校生グループがテントを張っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高校生グループがテントを張っていた
森林限界に飛び出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に飛び出す
いきなりタカネビランジのお出迎え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりタカネビランジのお出迎え
3
タカネビランジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ
4
こっちは白花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは白花
3
これは濃いピンク  
満開だ〜(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは濃いピンク  
満開だ〜(^O^)/
4
大岩を乗り越え薬師岳小屋へ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を乗り越え薬師岳小屋へ下る
面白い岩穴があった  
ビバークできそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い岩穴があった  
ビバークできそう
1
今日の宿泊地  
薬師岳小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿泊地  
薬師岳小屋到着
1
薬師岳小屋全景  
山小屋っ!という感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋全景  
山小屋っ!という感じ
1
小屋前にはモニュメントが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前にはモニュメントが
翌朝  
薬師岳山頂から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝  
薬師岳山頂から
1
出た出た出た!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た出た出た!
2
素晴らしいっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしいっ!
5
富士山もぼんやり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もぼんやり
1
北岳の山腹に鳳凰の影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の山腹に鳳凰の影
3
仙丈ヶ岳も浮かんできた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳も浮かんできた
1
薬師岳山頂部全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂部全景
1
観音岳に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳に向かう
2
ミヤマホツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマホツツジ
2
トウヤクリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
4
観音岳まであと少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳まであと少し
1
大岩ゴロゴロの観音岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩ゴロゴロの観音岳山頂
1
観音岳から甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳から甲斐駒ヶ岳
3
地蔵岳に向け下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳に向け下る
2
こんな岩陰にもタカネビランジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩陰にもタカネビランジ
1
白砂青松の世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂青松の世界
鳳凰小屋分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋分岐
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
1
タイツリオウギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイツリオウギ
ホタルブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
タカネビランジとミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジとミネウスユキソウ
1
ホウオウシャジンめっけ!  
鳳凰山の固有種
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジンめっけ!  
鳳凰山の固有種
3
鳳凰山を代表する花の共演!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰山を代表する花の共演!
2
赤抜沢の頭から正面に地蔵岳を見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭から正面に地蔵岳を見る
3
一旦下って賽の河原  
お地蔵さんがいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下って賽の河原  
お地蔵さんがいっぱい
1
地蔵岳オベリスクへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳オベリスクへ
1
てっぺん直下まで到達  
もう無理〜 諦めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てっぺん直下まで到達  
もう無理〜 諦めます
オベリスク基部の地蔵群
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスク基部の地蔵群
1
赤抜沢の頭から高嶺に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭から高嶺に向かう
1
割れ目にミヤマダイモンジソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割れ目にミヤマダイモンジソウ
ホウオウシャジンではなくヒメシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジンではなくヒメシャジン
1
高嶺への登り返しがきつそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺への登り返しがきつそう
高嶺直下はハイマツの尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺直下はハイマツの尾根
岩場の高嶺山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の高嶺山頂
高嶺の下りは岩場が連続  
濡れていて滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺の下りは岩場が連続  
濡れていて滑りやすい
岩場が終わるとガレが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が終わるとガレが続く
ガレが終わるとハイマツの海を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレが終わるとハイマツの海を下る
樹林帯に入るとすぐに白鳳峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入るとすぐに白鳳峠
白鳳峠からしばらくガレ場の下りが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鳳峠からしばらくガレ場の下りが続く
1
ガレ場がやっと終わり樹林帯へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場がやっと終わり樹林帯へ
ここはシラビソの森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはシラビソの森
シラビソの森を延々と下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの森を延々と下る
レンゲショウマが咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲショウマが咲いていた
4
ハシゴも出てくる急降下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴも出てくる急降下
雨が降り出し雨具着用
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降り出し雨具着用
やっと林道が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと林道が見えた
ここが白鳳峠登山口  
落石除けのフェンスがあるほど急峻な地形に登山道が付けられている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが白鳳峠登山口  
落石除けのフェンスがあるほど急峻な地形に登山道が付けられている
1
南アルプス林道を広河原に向け歩く  
雨も上がって蒸し暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス林道を広河原に向け歩く  
雨も上がって蒸し暑い
広河原到着  
無事登山行程終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原到着  
無事登山行程終了
バスで夜叉神峠に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで夜叉神峠に戻る

感想/記録

鳳凰山と言えばタカネビランジの花。ちょうど見ごろの時期で、ちょっと早いがホウオウシャジンも見たいので1泊2日での縦走とした。
昨日甘利山を歩いたその足で夜叉神峠へ。夜叉神の森に宿泊し気合を入れて登山開始。
さすが有名な山だけあって広い道が夜叉神峠まで続いている。1時間ちょっとで夜叉神峠へ。小屋前の展望場所からは白根三山がよく見えた。ちょっと雲が出てきている。
ここから少し平坦の道となった・・と思ったらいきなり急登となった。杖立峠まで約400mを延々登る。樹林帯で花もなく我慢のしどころだ。やっと着いた杖立峠は尾根の先のようなところで展望も何もなし。ちょっと休んで先に向かう。勾配は緩やかになったが相変わらず樹林帯の登りが続く。
登り切ったところが苺平。開けた場所を予想していたが樹林の中のただの平坦部だった。昨日登った甘利山からの道が合流しているが難路らしい。ここで大休止して昼食を摂る。
あとは緩やかに下っていくと30分ほどで南御室小屋に着いた。小屋脇に湧き出している水はとても冷たくて美味しかった。小屋周辺には花が多くここでも大休止。高校生グループがテント泊の準備をしていてにぎやかだった。
登山道は小屋裏に続いておりいきなり急登が始まるがそれも少しで緩くなり、木々が低くなってくると突然森林限界の飛び出した。そこはもう砂払岳の直下で花崗岩の岩と砂礫が広がっていた。
お目当てのタカネビランジもあちこちに咲いていて大感激。濃いピンク色から白花まで個体によって色が違う。誰かが植えたようなかんじだがこれも自然のなす姿だ。
花々を眺めながら砂払岳を下ると今夜の宿薬師岳小屋に着いた。ザックを下ろして手続きをしていると突然の雨。あと10分遅れたら大変だった。
雨は2時間ほどで止んだので薬師岳まで行ってみる。小屋から10分ほど、それもサンダル履きで着いてしまった。が、ガスっていて何も見えずすぐに戻った。

0時ころに目が覚め、外に出てみると満天の星だった。朝は期待できそうだ。

そして4時に置き、今度はちゃんと靴を履いて薬師岳に向かう。東の空が少し赤くなってきている。
山頂で待つことしばし、太陽が顔を出した。ご来光だ。雲海の向こうでゆっくり高度を上げていく。少しづつ明るくなり、富士山や八ヶ岳も見える。もう感激。反対を向くと、北岳が赤く染まっている。山腹には鳳凰山の影ができ、これまた素晴らしい眺めだった。
満足して小屋に戻り朝食。支度して出発しまた薬師岳に登る。さっきより日が高くなって周りの山々もよく見える。展望を楽しみながら最高峰の観音岳に向かう。日差しも強く朝なのに暑いくらいだ。
ところが、観音岳山頂に着くころにはもう雲が出始めてきた。地蔵岳も雲に隠れがちになっている。急いで地蔵岳に向かうが観音岳からの下りは思いのほか長かった。
赤抜沢の頭に登り返す。ここでもう一つのお目当ての花、ホウオウシャジンを見つけた。細い葉と垂れた先に付く花。鳳凰山でしか見られない花に出会えてまたまた大感激。
ザックをデポして地蔵岳に向かう。下り切ったところが賽の河原で何体ものお地蔵さまが真っ白の砂礫の中に立っている信仰の場所だ。目の前には地蔵岳のオベリスクが立ち上がっている。
登れるところまで登ってみようと、はじめガレた場所を登っていくと小さな祠があった。連れはここで待機し自分だけさらに登ってみる。けっこうなクライミングとなったが、突端の岩峰の基部で断念。下りの方が怖かった。

とにかくこれで三山縦走は完了し、あとは下るだけ。と思って赤抜沢の頭から高嶺に向かったが、ここの登り返しが一番の急登できつかった。周りも完全にガスって何も見えず。高嶺からの下りも激下りでおまけに岩が濡れて滑るので大変だった。激下りが終わると今度はガレ場が続き歩きにくい。ハイマツの海から樹林帯に入ったところが白鳳峠だった。
ここで昼食を摂り、大休止として広河原までの大下りに備える。
白鳳峠からしばらくガレた下りが続く。不安定な石が多く捻挫しないよう慎重に歩く。ガレが終わり樹林帯を下っていくと下に行くほど急になりハシゴも現れた。おまけに雨まで降って来た。樹林帯だから大丈夫と思ってそのまま歩いていたら急に強くなりあわてて雨衣を着込む。登山道もやや泥状になり滑る。こんな時の急降下の登山道は本当に歩きにくい。我慢して淡々と下っていくとやっと林道が見えた。雨も上がり林道に出て雨衣を脱ぐとホッとした。

林道を歩いて広河原に到着。行程すべて無事終了した。会いたかった花々に出会え、満足の山行だった。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ