ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937695 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳☆今夏2回目☆表銀座

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー climbracer
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間38分
休憩
11分
合計
5時間49分
S中房温泉11:0011:00中房温泉登山口11:26第1ベンチ11:47第2ベンチ12:11第3ベンチ12:37富士見ベンチ13:01合戦小屋13:0613:55燕山荘14:0114:41大下りの頭16:01小林喜作レリーフ16:49大天井ヒュッテ
2日目
山行
4時間40分
休憩
24分
合計
5時間4分
大天井ヒュッテ06:0006:00ビックリ平06:00赤岩岳07:00西岳07:33ヒュッテ西岳07:4508:37水俣乗越08:4310:13ヒュッテ大槍10:1911:04槍ヶ岳山荘
3日目
山行
40分
休憩
10分
合計
50分
槍ヶ岳山荘08:0008:20槍ヶ岳08:3008:50槍ヶ岳山荘
4日目
山行
40分
休憩
10分
合計
50分
槍ヶ岳山荘09:0009:20槍ヶ岳09:3009:50槍ヶ岳山荘
5日目
山行
4時間3分
休憩
7分
合計
4時間10分
槍ヶ岳山荘07:0007:06飛騨乗越07:44飛騨沢千丈乗越分岐08:40槍平小屋08:4709:24滝谷避難小屋10:16白出小屋11:07新穂高温泉駅11:09中崎山荘 奥飛騨の湯11:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉。燕岳への登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉。燕岳への登山口。
合戦小屋。そこそこの賑わい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋。そこそこの賑わい。
合戦小屋から少し登ると槍の穂先が出現!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋から少し登ると槍の穂先が出現!
燕山荘に到着。右後方に燕岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着。右後方に燕岳。
表銀座を大天井に向かって進む。振り返って見た燕山荘(右)と燕岳(左)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座を大天井に向かって進む。振り返って見た燕山荘(右)と燕岳(左)。
1
表銀座。進行方向の右側に槍の雄姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座。進行方向の右側に槍の雄姿。
表銀座。行く手に大天井岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座。行く手に大天井岳。
1
大天井岳と槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳と槍ヶ岳。
槍のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍のアップ。
宿泊地の大天井ヒュッテが見えてきた。右上のピークが牛首展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊地の大天井ヒュッテが見えてきた。右上のピークが牛首展望台。
大天井ヒュッテ。学生のとき以来、おおよそ35年ぶり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテ。学生のとき以来、おおよそ35年ぶり。
1
牛首展望台からの大天井岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首展望台からの大天井岳
牛首展望台から見た槍・穂高の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首展望台から見た槍・穂高の稜線。
1
穂高のアップ。左から前穂、吊尾根、奥穂、ジャンダルム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高のアップ。左から前穂、吊尾根、奥穂、ジャンダルム。
1
槍のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍のアップ。
1
日の入り後の槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の入り後の槍。
1
しつこく槍のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく槍のアップ。
1
2日目。喜作新道を歩き始めると、すぐにビックリ平という稜線に出る。裏銀座方面の展望が素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。喜作新道を歩き始めると、すぐにビックリ平という稜線に出る。裏銀座方面の展望が素晴らしい。
1
槍の少し近づいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の少し近づいた。
1
楽しい稜線歩きを続けると、あっという間にヒュッテ西岳が現れた。前穂・奥穂・ジャンも迫力あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩きを続けると、あっという間にヒュッテ西岳が現れた。前穂・奥穂・ジャンも迫力あり。
2
ヒュッテ西岳で小休止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ西岳で小休止。
ヒュッテ西岳から槍に向かいます。まずは水俣乗越に向かって急降下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ西岳から槍に向かいます。まずは水俣乗越に向かって急降下。
水俣乗越。ここからは東鎌尾根の上りとなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越。ここからは東鎌尾根の上りとなる。
東鎌尾根を上ってヒュッテ大槍に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東鎌尾根を上ってヒュッテ大槍に到着。
1
槍ヶ岳山荘。地味にTJARの横断幕。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘。地味にTJARの横断幕。
槍ヶ岳山荘を通過し、上高地に向かうTJARの選手。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘を通過し、上高地に向かうTJARの選手。
選手の後ろ姿。軽装です。これで三大アルプスをつないで日本海から太平洋まで縦断。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
選手の後ろ姿。軽装です。これで三大アルプスをつないで日本海から太平洋まで縦断。
1
この方は選手ではない。応援のひと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方は選手ではない。応援のひと。
槍ヶ岳からの日の出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳からの日の出。
2
山荘から見た槍の山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘から見た槍の山頂。
1
槍ヶ岳山荘。650人を収容する要塞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘。650人を収容する要塞。
下山日。飛騨乗越に向かう途中で振り返る。名残惜しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山日。飛騨乗越に向かう途中で振り返る。名残惜しい。
1
笠ヶ岳がでかい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳がでかい。
1
飛騨乗越。槍平に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越。槍平に向かう。
西鎌尾根の稜線越しに水晶岳(右)と鷲羽岳(左)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根の稜線越しに水晶岳(右)と鷲羽岳(左)。
1
笠のアップ。いつか行くよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠のアップ。いつか行くよ。
2
千丈分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈分岐点。
千丈分岐点にFIRST AID KIT。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈分岐点にFIRST AID KIT。
槍平小屋のテント場。広くて明るく気持ちよさそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋のテント場。広くて明るく気持ちよさそう。
2
橋から見た滝谷の流れ。水量は多くはないが、勢いが強い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から見た滝谷の流れ。水量は多くはないが、勢いが強い。
林道にある穂高平小屋。もうすぐ新穂高温泉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にある穂高平小屋。もうすぐ新穂高温泉。

感想/記録

毎年恒例となった槍ヶ岳山荘へボランティアに行ってきた。
今回は、表銀座からの入山。
天気がよく、絶えず槍を眺めながらの楽しい稜線歩きだった。
昨年の裏銀座も素晴らしかったが、槍はどこから見ても美しい。

今年は2年に一度のTJAR(トランス・ジャパン・アルプス・レース)が開催される年。
選手の通過を見守りながら、無事にゴールの太平洋にたどり着くことを祈った。

3日間の活動を終え、下山は槍平から新穂高温泉。
展望がほとんどなく、歩いて楽しいコースではないが、距離が短いのが最大の利点かと思われた。

6年連続の槍。今後も通い続けたい。



訪問者数:115人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ