ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939587 全員に公開 ハイキング中央アルプス

空木岳(快晴だったら…)

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー KITAROU
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駒ヶ根ICから数十分 林道終点を利用
20台近く停められますが、6時前にはほぼ満車でした。
林道はだいぶ荒れていますが乗用車でも走行可能です。ただ、車高が低い車はやめた方が無難かも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜マセナギ
 急登もなく歩きやすい道です。
大地獄〜小地獄
 岩場・鎖場の連続ですが、それほど危険度は感じませんでした。
分岐〜(駒石)〜山頂
 花崗岩の崩れた砂の道です。ただし、疲れた足には堪えました。
山頂〜(空木平)〜分岐
 避難小屋まではゴロゴロした石の多い沢筋のような道
 分岐までは土の道を少し上っていきます
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

林道終点の駐車場
まだガスっています
2016年08月13日 06:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の駐車場
まだガスっています
登山口
2016年08月13日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
ショートカット道
多少時間は稼げますが急登です
2016年08月13日 15:23撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカット道
多少時間は稼げますが急登です
ヤマホトトギスは登山口近くから沢山見かけます
2016年08月13日 06:11撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマホトトギスは登山口近くから沢山見かけます
歩きやすい道が続きます
2016年08月13日 06:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続きます
センジュガンビ
2016年08月13日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンビ
池山・空木岳分岐の水場
2016年08月13日 07:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山・空木岳分岐の水場
太陽が出てきました
2016年08月13日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が出てきました
1
標高はハシゴと階段で稼ぐ感じです
2016年08月13日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高はハシゴと階段で稼ぐ感じです
これは何?
2016年08月13日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何?
いよいよ地獄ゾーンに入ります
2016年08月13日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ地獄ゾーンに入ります
一番長い鎖場
2016年08月13日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番長い鎖場
1
駒岩山頂が見えてきました
2016年08月13日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒岩山頂が見えてきました
1
木曽駒方面が雲の間に少しだけ
2016年08月13日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒方面が雲の間に少しだけ
山頂遠景
2016年08月13日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂遠景
空木駒峰ヒュッテ(山頂まで走って5分だそうです)
ジュース300円
食事はありません
2016年08月13日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木駒峰ヒュッテ(山頂まで走って5分だそうです)
ジュース300円
食事はありません
山頂です
2016年08月13日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です
木曽駒方面(ガス)
2016年08月13日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒方面(ガス)
南駒が岳方面(ガス)
2016年08月13日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒が岳方面(ガス)
空木平への下山道
2016年08月13日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木平への下山道
空木平への下山道沿いには様々な花が咲いていました。
2016年08月13日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木平への下山道沿いには様々な花が咲いていました。
避難小屋
2016年08月13日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
1
コバイケイソウが花を咲かせずに枯れていました
花の時はすごいでしょうね
2016年08月13日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウが花を咲かせずに枯れていました
花の時はすごいでしょうね
撮影機材:

感想/記録

 名古屋から比較的楽に行ける3000m級の山で歩きがいのあるものとして空木岳を選択。以前から狙っていはいたが日帰りは厳しいかなと迷っていた。
 山の日を避け、相変わらずのサタデイ登山です。それも3週連続となりました。

 駐車場へは空木岳登山口への標識を頼りに車を進めた。到着したらほぼ満車状態で、幸運にたまたま空いていたところに停められた。タクシーも2台ほど来ているなど、人気の高さが窺えた。
 道はさすが百名山。傾斜も緩く歩きやすい道が続いており、標高は階段とハシゴで稼ぐような感じだった。
 登山道周辺には多くの花が咲いており、山頂までの前半はカニコウモリの花が群生し、後半は空木平を含めて様々な花が咲いていました。
 地獄と呼ばれる場所もそれほど危険は感じなかったが、痩せ尾根など注意が必要な場所はいくつかありました。
 歩き始めて3時間ほどたつと急に足が重くなり、胃がむかつくなど、心が折れそうになった時に分岐に到着し、残り1時間と知ったことで再び歩き始めたが、分岐の後は森林限界を超えて景色も良く、駒石や山頂も望めるなどテンションは上がっていくのだが足がなかなか進まない。こんな状態がずっと続く事になり、解消したのが下山して分岐をだいぶ過ぎた辺りだったので、多分高山病になっていたのではないかと。(認めたくはないけど)こんな高度で高山病になったのではこれから登れる山が限られてしまう。( ;∀;)

 山頂には駐車場の車の割には人は少なく、期待していた景色も山頂付近は晴れていたものの周りはガスっていたため、ほとんど見ることは叶いませんでした。
 それでも、登山中には結構な登山者とすれ違ったが、どうやら木曽駒からの縦走者だったようで、縦走路の感想を聞いたところかなりアップダウンが厳しく、膝が痛くなってしまったと話していた。
 本当は今回も空木岳から木曽駒へ縦走をもくろんでいたのだが、予算と天気予報の関係で日帰りとしたものの、正解だったようです。次回は体調を整えて天気の良い時を選んでチャレンジしてみたい。

 空木平へは道とは言えないような石のゴロゴロした沢筋のようなところを下っていく。花を期待したのだが、途中の道には花畑のように沢山咲いていたが、避難小屋周辺はほぼ何もなかった。

 結構な時間歩き続けていたため、疲れてはいたが、快調に下山していたとき、残り20分という所で木の根に足をつまずかせて見事にスライデイングしてしまった。幸い土と木くずのふかふかした道だったため擦り傷で済んだが、最後の最後まで気を抜いてはいけないということですね。
訪問者数:296人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ