ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951278 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

住吉谷・七曲がり・六甲最高峰・東六甲縦走路・宝塚

日程 2016年08月27日(土) [日帰り]
メンバー buntyan
天候往路:JR住吉駅前〜(住吉台くるくるバス)〜エクセル東BS
帰路:阪急電車宝塚駅
アクセス
利用交通機関
電車バス
晴れ時々曇り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
30分
合計
7時間11分
Sエクセル東バス停11:0911:28石切道 分岐11:34五助ダム11:3511:49打越峠分岐13:17本庄橋跡13:2313:27本庄堰堤北側の分岐14:07一軒茶屋14:1514:21六甲山14:2514:39一軒茶屋14:48石の宝殿14:4915:09水無山15:1015:45船坂峠16:16大平山16:34大谷乗越16:3717:13譲葉山17:24岩倉山17:36塩尾寺17:4218:20宝塚温泉ナチュールスパG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
エクセル東BS〜五助堰堤
自動車1台ずつすれ違いできる道幅の道路が続きますが、凸凹道なので一般の乗用車は通行できません。
五助堰堤〜本庄橋跡
この区間は住吉谷道を進みます。ハイキングには快適な山道です。所々に急な階段もありますが、山歩きでは通常のコースです。途中で魚屋道に合流します。
本庄橋跡〜六甲最高峰
本庄橋跡を進むと七曲がりにさしかかります。七曲がりは急登もあり、息を整えて登りましょう。七曲がりという位ですから九十九折れの道が続き最後の丸太階段を越えると最高峰下の一軒茶屋に到着します。
六甲最高峰(標高932m)は最近北方向の樹木が伐採され見通しが良くなりました。最高地点から阪神間の眺望はみえませが、少し南側に下った所からの眺望は見ごたえがあります。
六甲最高峰〜東六甲縦走路分岐点
最高峰から一軒茶屋に戻り、自動車が通る舗装道路を約10分進むと道路左脇に分岐点があります。素通りして行くハイカーもいるようです。分かりにくいので、よく注意しましょう。
東六甲縦走路分岐点〜大谷乗越
総体的に下りますが、所々に登り坂もあります。全山縦走の時この登りが辛いです。大谷乗越は急な下り階段です。一歩々々慎重に下りましょう。
下り切ったら県道82号線を横断して先の山道に入ります。
大谷乗越〜塩尾寺(えんぺいじ)
緩やかなアップダウンで快適に下っていきます。塩尾寺上の砂山権現から古い花崗岩のガレ道を下り切ったら塩尾寺前に到着です。
塩尾寺〜宝塚
急な舗装道路が膝に堪えます。紅葉ケ丘の住宅地に下り、塩谷川の左岸沿いに下っていくと今回のゴール(ナチュール・スパ)に到着しました。
その他周辺情報ナチュール・スパ宝塚のHP→http://www.naturespa-takarazuka.jp/
みなと観光バス→http://www.kobe-minato.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ランニングキャップ ポリエステルTシャツ コンプレッションシャツ(Tシャツ下に着用) ハーフパンツ ロングタイツ(ハーフパンツ下に着用) 靴下 ザック ウエストバッグ 昼ご飯(コンビニのおにぎり2個) 飲料(ポカリスエット1ℓとお茶500cc1本は前日から冷凍+途中で500?お茶ペットボトル2本購入) GPSロガー(eTrex 30x) 携帯(スマホ+ガラケー) モバイルバッテリー 時計 タオル ストック カメラ (入浴後の着替え=ズボン・下着パンツ・ポロシャツ・ 靴下) ミンティア(清涼菓子)

写真

くるくるバスのエクセル東BSをスタートしました。
2016年08月27日 11:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くるくるバスのエクセル東BSをスタートしました。
1
エクセル東BSから住吉谷方向へ行くと幅広い道に樹木が生い茂っていました。
2016年08月27日 11:11撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エクセル東BSから住吉谷方向へ行くと幅広い道に樹木が生い茂っていました。
白鶴美術館方面から歩いて来るとここに合流します。
2016年08月27日 11:14撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鶴美術館方面から歩いて来るとここに合流します。
1
今日は快適な天気です。秋の雲が浮かんでいました。
2016年08月27日 11:27撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は快適な天気です。秋の雲が浮かんでいました。
4
五助堰堤下の分岐点。これから進む住吉谷・石切道・打越山方面のいずれかに進めますが、今回は住吉谷方面に進むことにしました。
2016年08月27日 11:28撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤下の分岐点。これから進む住吉谷・石切道・打越山方面のいずれかに進めますが、今回は住吉谷方面に進むことにしました。
1
五助堰堤上の河原。板橋を設置してあります。どなたかが設置してくれたのでしょうね。感謝々々!
2016年08月27日 11:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤上の河原。板橋を設置してあります。どなたかが設置してくれたのでしょうね。感謝々々!
1
板橋から上流を撮りました。
2016年08月27日 11:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板橋から上流を撮りました。
1
気持ち良い山道です。
2016年08月27日 11:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良い山道です。
1
こんな標識がいたるところにあって迷うことはありません。
2016年08月27日 11:48撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな標識がいたるところにあって迷うことはありません。
今年春に保久良梅林に観梅登山をした時、黒五谷から下ってきたらここに出ました。
2016年08月27日 11:50撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年春に保久良梅林に観梅登山をした時、黒五谷から下ってきたらここに出ました。
1
昔の有馬道標識が近年発見されたそうです。
2016年08月27日 12:22撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の有馬道標識が近年発見されたそうです。
2
これが旧有馬道の石標。1938(昭和13)年の阪神大水害で流され行方不明になっていたものが約70年ぶりに発見されたそうです。
2016年08月27日 12:23撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが旧有馬道の石標。1938(昭和13)年の阪神大水害で流され行方不明になっていたものが約70年ぶりに発見されたそうです。
1
最高峰まで2.8km。
2016年08月27日 12:29撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰まで2.8km。
1
青々としたイロハカエデ。秋には色づくことでしょう。
2016年08月27日 12:46撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青々としたイロハカエデ。秋には色づくことでしょう。
1
住吉川を石伝いに渡りました。
2016年08月27日 13:14撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉川を石伝いに渡りました。
1
本庄橋跡に到着。川には木板がかけられていますが、昭和50年頃まで「本庄橋」と刻まれた石橋が架けられていました。
2016年08月27日 13:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡に到着。川には木板がかけられていますが、昭和50年頃まで「本庄橋」と刻まれた石橋が架けられていました。
1
さぁ〜!七曲がりへ進みます。
2016年08月27日 13:28撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ〜!七曲がりへ進みます。
1
道脇にクマザサが現れました。最高峰ももうすぐかな?
2016年08月27日 13:46撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道脇にクマザサが現れました。最高峰ももうすぐかな?
1
もう一息かな、と思いきや。
2016年08月27日 13:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一息かな、と思いきや。
1
七曲がりの八合目でした。まだまだみちは長い。
2016年08月27日 13:58撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲がりの八合目でした。まだまだみちは長い。
1
がけ崩れした所にはしっかりした橋が架けられていました。
2016年08月27日 14:01撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がけ崩れした所にはしっかりした橋が架けられていました。
2
山道が舗装道路になったら・・・
2016年08月27日 14:03撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道が舗装道路になったら・・・
1
最高峰下の一軒茶屋に到着しました。
2016年08月27日 14:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰下の一軒茶屋に到着しました。
1
最高峰直下から阪神間を撮影しました。
2016年08月27日 14:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰直下から阪神間を撮影しました。
1
阪神間を通常撮影。
2016年08月27日 14:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪神間を通常撮影。
4
最高峰の標識(標高932m)
2016年08月27日 14:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰の標識(標高932m)
2
三角点をタッチ。
2016年08月27日 14:22撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点をタッチ。
1
最高峰地点が米軍から開放される前の頂上ケルン。
2016年08月27日 14:27撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰地点が米軍から開放される前の頂上ケルン。
一軒茶屋前の広場から・・・宝塚方面に進みました。
2016年08月27日 14:40撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋前の広場から・・・宝塚方面に進みました。
芦屋市・西宮市境の鉢巻山トンネルをくぐって・・・
2016年08月27日 14:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦屋市・西宮市境の鉢巻山トンネルをくぐって・・・
2
東六甲縦走路分岐点。ここから山道を宝塚方面に下ります。
2016年08月27日 14:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東六甲縦走路分岐点。ここから山道を宝塚方面に下ります。
1
一時クマザサを藪漕ぎ
2016年08月27日 15:03撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時クマザサを藪漕ぎ
1
このあたりが水無山の三角点だと思うのですが。取りあえずそれらしき石を撮影しました。縦走大会ではこんな余裕はありません。
2016年08月27日 15:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが水無山の三角点だと思うのですが。取りあえずそれらしき石を撮影しました。縦走大会ではこんな余裕はありません。
1
この標識のそばに踏み跡があったので、入って行っても三角点はありませんでした。
2016年08月27日 15:11撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識のそばに踏み跡があったので、入って行っても三角点はありませんでした。
1
土砂崩れ跡。左に迂回路がありました。
2016年08月27日 15:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂崩れ跡。左に迂回路がありました。
船坂峠
2016年08月27日 15:44撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂峠
1
東六甲縦走路分岐点から1時間25分かかって、大平山の関電施設取付道路に到着。
2016年08月27日 16:15撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東六甲縦走路分岐点から1時間25分かかって、大平山の関電施設取付道路に到着。
1
取付道路を約10分進むと・・
2016年08月27日 16:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付道路を約10分進むと・・
1
右に山道方面階段。
2016年08月27日 16:22撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に山道方面階段。
1
急な大谷乗越の階段を下ります。
2016年08月27日 16:34撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な大谷乗越の階段を下ります。
1
県道82号線を横断し先の山道に入ります。
2016年08月27日 16:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道82号線を横断し先の山道に入ります。
1
やっと塩尾寺に到着。
2016年08月27日 17:37撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと塩尾寺に到着。
1
塩尾寺からの下り、宝塚・川西方面を望みます。
2016年08月27日 17:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩尾寺からの下り、宝塚・川西方面を望みます。
3
甲子園大学の学舎の横を下ると
2016年08月27日 18:05撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲子園大学の学舎の横を下ると
1
紅葉ケ丘の住宅地。塩谷川に沿って下れば
2016年08月27日 18:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ケ丘の住宅地。塩谷川に沿って下れば
1
今回のゴール、ナチュール・スパ宝塚に到着しました。温泉で汗を流した後のビールは最高!生ビールセット¥500−
2016年08月27日 18:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のゴール、ナチュール・スパ宝塚に到着しました。温泉で汗を流した後のビールは最高!生ビールセット¥500−
2
ナチュール・スパ宝塚を出たらあたりはすっかり暗くなっていました。武庫川に架かる宝来橋を渡るとすぐそこは阪急電車宝塚駅。
2016年08月27日 19:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナチュール・スパ宝塚を出たらあたりはすっかり暗くなっていました。武庫川に架かる宝来橋を渡るとすぐそこは阪急電車宝塚駅。
1
阪急電車宝塚駅から帰途に就きました。
2016年08月27日 19:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪急電車宝塚駅から帰途に就きました。
1

感想/記録

今年の「KOBE六甲全山縦走大会」の参加抽選に申し込んだので、先週・先々週の六甲山系山行きに続き、距離を伸ばして今回も縦走路を歩きました。
縦走路全コースは熟知しているのですが、分割縦走して自分自身の体に表れる脚筋肉や膝への負担は毎回違うことがわかってきました。
須磨浦公園から宝塚までの全縦を完遂するにはまだまだトレーニングにを重ねなければいけませんね。
訪問者数:187人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ