ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954884 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳(赤岳ー横岳ー硫黄岳)硫黄岳山荘泊

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー imaji(CL), その他メンバー3人
天候1日目:ガスのち晴れ 2日目晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘の駐車場(1日500円)
6時半に八ヶ岳山荘に着いたらそこから先は満車となって進めませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間6分
休憩
1時間59分
合計
9時間5分
S八ヶ岳山荘07:1508:04美濃戸山荘08:1010:10行者小屋10:3011:50赤岳12:4014:06横岳(奥ノ院)15:03硫黄岳山荘15:1715:33硫黄岳16:0216:20宿泊地
2日目
山行
3時間17分
休憩
1時間12分
合計
4時間29分
宿泊地07:1807:30硫黄岳07:5008:02赤岩の頭08:0409:00赤岳鉱泉09:2910:41美濃戸山荘11:0211:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
文三郎尾根は急な階段の後に岩場。午前中は下山者が多いので時間に余裕を持った方がいいです。
赤岳から横岳は鎖場が多いけど怖いと感じるようなところは特になし。
硫黄岳から赤岳鉱泉への下りはすぐに樹林帯に入り難所はなし。
その他周辺情報この日の硫黄岳山荘は布団一人1枚の割り当てで食事も美味しくとても快適。
何よりトイレにウォシュレットが付いているのには驚きました!
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
共同装備 GPS カメラ

写真

これでスタートから50分のロス
2016年09月03日 07:14撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでスタートから50分のロス
1
今年は南沢へ
2016年09月03日 08:07撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は南沢へ
1
陽が差し込む樹林帯を進みます
2016年09月03日 08:22撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が差し込む樹林帯を進みます
1
コケがきれい
2016年09月03日 09:40撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケがきれい
1
行者小屋は大賑わい
2016年09月03日 10:16撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋は大賑わい
1
文三郎尾根をしばらく登ると階段の連続
2016年09月03日 10:53撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根をしばらく登ると階段の連続
1
いやあ、きついきつい
2016年09月03日 10:59撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやあ、きついきつい
3
鉄階段にはマムートのロゴ
2016年09月03日 11:19撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄階段にはマムートのロゴ
1
あと一息
2016年09月03日 11:42撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息
1
ようやく赤岳山頂!
しかしガスで眺望は。。。
2016年09月03日 12:27撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく赤岳山頂!
しかしガスで眺望は。。。
2
鎖につかまり慎重に
2016年09月03日 12:55撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖につかまり慎重に
1
横岳に向かう中、段々ガスが晴れてきた
2016年09月03日 13:45撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳に向かう中、段々ガスが晴れてきた
1
青空も出てきました
2016年09月03日 13:59撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も出てきました
3
横岳の主峰、奥ノ院に到着
2016年09月03日 14:19撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の主峰、奥ノ院に到着
2
少し残ったガスが幻想的
2016年09月03日 14:23撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し残ったガスが幻想的
2
今回のお宿、硫黄岳山荘に到着
2016年09月03日 14:55撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のお宿、硫黄岳山荘に到着
1
チェックインを済ませて硫黄岳へ
2016年09月03日 15:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェックインを済ませて硫黄岳へ
1
3年前は全く見えなかった爆裂火口
2016年09月03日 15:39撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年前は全く見えなかった爆裂火口
3
赤岳も全貌を現した
2016年09月03日 15:44撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳も全貌を現した
3
山小屋へ戻って乾杯!
2016年09月03日 16:27撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋へ戻って乾杯!
3
豪華な夕飯!北岳山荘のカレーの後だけに尚更感激(笑)
杏仁豆腐に醤油をかけてしまったのはご愛敬(^^;
2016年09月03日 17:07撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪華な夕飯!北岳山荘のカレーの後だけに尚更感激(笑)
杏仁豆腐に醤油をかけてしまったのはご愛敬(^^;
6
翌朝布団の上から
2016年09月04日 05:29撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝布団の上から
3
日の出と同時にガスが。。。
2016年09月04日 05:30撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出と同時にガスが。。。
2
朝食も美味しくいただきました
2016年09月04日 06:04撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食も美味しくいただきました
4
食後に部屋へ戻ると雲海とお日様
2016年09月04日 06:48撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後に部屋へ戻ると雲海とお日様
2
硫黄岳山頂へ登ると阿弥陀岳の隣に甲斐駒と仙丈ケ岳が覗いてました。
2016年09月04日 07:33撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂へ登ると阿弥陀岳の隣に甲斐駒と仙丈ケ岳が覗いてました。
3
深い青と山のシルエットをしっかりと目に焼き付けて。。。
2016年09月04日 07:40撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い青と山のシルエットをしっかりと目に焼き付けて。。。
1
硫黄岳からすんなりと赤岳鉱泉へ下山
2016年09月04日 09:23撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳からすんなりと赤岳鉱泉へ下山
1
そして美濃戸山荘へ
2016年09月04日 10:41撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして美濃戸山荘へ
1
美濃戸山荘で牛乳(250円)
2016年09月04日 10:46撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘で牛乳(250円)
1
赤岳山荘の前に咲いていたコスモス
2016年09月04日 11:09撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘の前に咲いていたコスモス
1
八ヶ岳山荘でゴール
2016年09月04日 11:48撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘でゴール
1
撮影機材:

感想/記録
by imaji

3年前に真っすぐ立てないほどの強風のため硫黄岳で敗退した八ヶ岳に再挑戦。
1日目に硫黄岳から硫黄岳山荘に泊まって2日目に横岳、赤岳と回る計画でしたが、2日目の天気予報が思わしくなかったので、逆回りにして晴れ予報の1日目に赤岳を登るルートに変更しました。

朝、赤岳山荘に車を停めるつもりが、6時半に八ヶ岳山荘に着いたら赤岳山荘が満車のため、そこから先は通行止め。やむ無く八ヶ岳山荘からのスタートとなり小1時間プラスになりました。
行者小屋までが長く感じたけど文三郎尾根に入ったら、長い階段や岩場が現れて退屈することはありません。しかし、いつの間にかガスが立ち込めて上の視界はなくなり、ようやく到達した赤岳山頂からは眺望なし。
昼食を済ませたら賑わう山頂をあとに横岳へ向けて下ります。
噂に聞いた鎖場や岩場をを楽しみながら進むと次第にガスが晴れてきて、横岳に着く頃には一面に青空が広がりました。そこから硫黄岳山荘で受付を済ませたら天気のいいうちにと硫黄岳まで20分弱。
広い山頂は風が涼しく快適。3年前は見えなかった爆裂火口も眼下に広がり、文三郎尾根から歩いてきた稜線が一望できました。

それから硫黄岳山荘に戻って生ビールで乾杯。食事も美味しくトイレにはウォシュレットまで付く至れり尽くせりの山小屋でした。
翌日は硫黄岳経由で下山するだけなので2番目(6時)の朝食。
天気予報は外れてこの日も快晴の中で小屋を後にしました。
硫黄岳山頂では遠くのアルプスの山々を目に焼き付けていよいよ下山。このルートはちょっと歩くとすぐに樹林帯に入り、あとは難所もなく1時間ちょっとで赤岳鉱泉に到着。休憩挟んで沢をさらに1時間下れば美濃戸山荘です。

次に来るときは赤岳鉱泉のステーキを食べて北八ヶ岳を縦走したいと思いました。
訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/12
投稿数: 9
2016/9/8 14:35
 お天気に恵まれましたねー(^^)
いいお天気になってよかったですね!眺望があると気分もあがります!
山小屋の生ビールが最高だよねー!
登録日: 2010/8/21
投稿数: 16
2016/9/9 7:20
 Re: お天気に恵まれましたねー(^^)
ほんとにラッキーでした!
眺望とビールがあれば疲れも吹っ飛ぶよね(^-^)/

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 ガス 鎖場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ