ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 956077 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

穂高岳<上高地〜重太郎〜穂高岳〜ザイテン〜パノラマ>

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー ta_ka
天候1日目:晴れのち曇り
2日目:晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス
行きも帰りも「さわやか信州号」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間47分
休憩
59分
合計
9時間46分
S上高地バスターミナル05:4205:55河童橋07:57岳沢小屋08:2711:48紀美子平12:0514:25南稜の頭14:3014:48穂高岳14:5515:28穂高岳山荘
2日目
山行
6時間25分
休憩
45分
合計
7時間10分
穂高岳山荘06:0406:34ザイテングラート07:37涸沢ヒュッテ08:0011:18徳澤園11:3012:15明神館12:2513:14上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とても整備されています。道迷いもないでしょう。
鎖場、梯子、高度感のある箇所はありますが、ある程度の経験者であれば注意して通れば大丈夫だと思います。
その他周辺情報■利用した水場
岳沢小屋:1リットル100円
穂高岳山荘:1リットル200円(宿泊テント泊無料)
涸沢ヒュッテ:無料
徳澤園:無料
■日帰り入浴
上高地アルペンホテル、600円(税込)
受付は午後2時まで
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

上高地に来たらやっぱり撮ります!河童橋からの一枚(*^_^*)
今回の目的地、奥穂高〜吊尾根〜前穂高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地に来たらやっぱり撮ります!河童橋からの一枚(*^_^*)
今回の目的地、奥穂高〜吊尾根〜前穂高
岳沢小屋から焼岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋から焼岳方面
1
岳沢小屋、大変綺麗です。
これから厳しいコースを歩くので、しっかりと準備します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋、大変綺麗です。
これから厳しいコースを歩くので、しっかりと準備します。
2
重太郎新道から西穂の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道から西穂の稜線
1
雷鳥広場の文字、雷鳥はいませんでした(´・ω・`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥広場の文字、雷鳥はいませんでした(´・ω・`)
吊尾根からジャンダルム方面でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根からジャンダルム方面でしょうか
1
穂高岳山荘の朝、雲海の写真です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の朝、雲海の写真です。
2
涸沢ヒュッテから。この景色が最高でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテから。この景色が最高でした!
3

感想/記録
by ta_ka

単独行になっておりますが、岳沢小屋までは先輩2名と同行
先輩2名:天狗沢〜ジャンダルム〜奥穂高岳
私(単独):重太郎新道〜吊尾根〜奥穂高岳
二日目は3名で行動

「さわやか信州号」で上高地に到着!
天気予報は、1日目は晴れ、2日目は曇りのち雨。
夜行バスはほとんど眠れず・・・まぁ自分の場合、車中泊でもほぼ寝られないので、寝不足なのはいつもの事か・・・(^_^;)

河童橋から吊尾根を見て「あそこまで行くのかぁ〜よっしゃ!」と気合十分。
岳沢小屋で準備を整えて、先輩2名と別れます。
先「じゃあ、奥穂高山荘で合流しよう!気をつけてね」
ta「はい。お互いに気をつけて行きましょう!」

重太郎新道、まずは樹林帯を九十九折に登って行きます。
暫くいくと最初の鎖場が出現。
ここからは梯子があったり、だんだん急になっていきます。
ザックも重いし、こりゃーしんどい(>_<)
でも景色は最高です!
休みながら少しずつ登って行くと、なんとか紀美子平に到着!
前穂高岳に登る予定だったけど、ガスガスだしパス!
いやー、本当はバテバテでキツカッタだけ・・・
紀美子平でお昼食べて、次は吊尾根です。
あと2時間ぐらいで穂高岳だし、まぁ〜なんとかなるっしょ。
はい、ここから本当の戦いが始まりました。
重太郎新道でヘバッタ身体に、容赦ないアップダウン。
なめてました吊尾根。ごめんなさい。
そんな中、先輩から電話。
先「ジャンダルム着いたよ!そっちはどう?」
ta「おー、すごいですね。やりましたね。こちらはかなりバテバテです・・・」
ジャンダルムに到着した先輩、コースタイム的には、こちらが早く山頂に到着するのでは?との話でした。
しかし、厳しい道のりは続きます。うー、全然進まない・・・
それでもちょっとずつ、少しずつ、歩いて行きます。

また先輩から電話。
先「お疲れ様。こっちは穂高岳に着いたよ、もう少しかな?」
ta「おめでとうございます。こちらは、たぶんまだだと思います。」
先「オッケー、少し山頂にいるけど慌てないで来てね。会えなかったら小屋で合おう」
そんなやりとりをして、5分ぐらいしたら山頂が見えました!この時は嬉しかったなぁ(*^_^*)
最後の力を振り絞り、山頂に向けて歩いていきます。
そして先輩2名と山頂で会えました!
この時はもうなんだか疲れ果てて、登頂の喜びよりも安堵感が強かったと思います。

ここから穂高岳山荘までは30分。
たまにガスが晴れると山荘の赤い屋根が見えました!
しかし、なんという事でしょう。山荘の手前には意地悪く急な下り、鎖、梯子があるのです。
「さすが穂高岳、生半可じゃないぜ・・・」

そしてなんとか、初日のゴールとなる山荘に無事到着!
テント場は混雑していて、最上階です。この石段も最高にしんどかった!
テントを張り終えると、外で横になって仮眠。
缶ビールで乾杯!うまい・・・うますぎる。
疲れ果てていて、家から持ってきた酒は一口も飲まずに寝ました。
とても良く寝ました。ぐっすり寝ました。

翌朝、晴れてて良い感じです。
疲れた身体で、ザイテングラートを下って涸沢へ。
涸沢からの景色は最高!

上高地までは横尾経由ではなく、パノラマコースを選択。
屏風のコルまでの登りが結構きつい!
それでもやはり、景色は良かったです。槍ヶ岳が見えました。

徳澤園に到着して本当に安心しました。
この徳澤園は、お洒落で良い雰囲気ですね。
食べなかったけど、カレーも美味しそうでした。機会があったら食べたい。
上高地アルペンホテルで入浴して、上高地食堂で、地ビールととんかつ定食。

いつも以上に写真が少ないのは本当にバテバテだったからです(^_^;)

実は昨年、荒天により重太郎新道で途中敗退となったルートでした。
それを今回、無事に歩き通す事が出来ました。
あと15分程で紀美子平、という所での撤退でした。
あの悔しさがあったからこそ、今回の嬉しさは格別です。
厳しくも楽しい穂高岳、また行きたいです。
訪問者数:110人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ