ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959657 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

柏原新道〜針ノ木岳〜針ノ木峠

日程 2016年09月09日(金) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー Otiudo
天候9日
午前:晴れ(雲量2~3)
午後:晴れ(雲量4~5)
10日
午前:晴れ(雲量6~7)
アクセス
利用交通機関
バス
■行き
竹橋〜扇沢・爺ヶ岳
毎日あるぺん号(バス)

■帰り
扇沢駅〜大町温泉郷(バス)
大町温泉郷〜信濃大町駅(バス)
信濃大町駅〜バスタ新宿(バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間43分
休憩
1時間38分
合計
11時間21分
S柏原新道登山口04:3505:43ケルン(柏原新道)07:00水平岬07:33富士見坂07:55種池山荘08:2009:33岩小屋沢岳09:4310:07新越山荘10:2011:04鳴沢岳11:1412:00赤沢岳12:1514:00スバリ岳14:1015:00針ノ木岳15:1515:56針ノ木山荘
2日目
山行
2時間43分
休憩
12分
合計
2時間55分
針ノ木山荘07:0008:58大沢小屋09:1009:55扇沢駅
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目は前半がコースタイムより早めに着けましたが、
やはり後半は体力が落ちてくるのでコースタイムより掛かってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
■扇沢〜新越山荘
 危険箇所無し

■新越山荘〜針ノ木岳
 岩場多い、PTで行くならヘルメットあった方がいいかも
その他周辺情報大町温泉郷
入浴700円(割引券有り →500円)
休憩・食事スペースあり
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 着替え1日分 タオル3枚 ハイドレーション 水筒 行動食2日分 昼食1日分 ツェルト レインコート 救急道具 バーナーセット
共同装備 なし
備考 着替え靴下を入れ忘れた

写真

朝焼けの大町
2016年09月10日 05:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの大町
針ノ木岳?と巻雲
2016年09月10日 06:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳?と巻雲
1
登山道で一番好きなアングル
2016年09月10日 07:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道で一番好きなアングル
1
画面中央に富士山が見えます
2016年09月10日 07:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面中央に富士山が見えます
1
パノラマ
2016年09月10日 08:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ
種池より更に奥にいったところにある池
生き物はいるのでしょうか
2016年09月10日 08:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種池より更に奥にいったところにある池
生き物はいるのでしょうか
いちご?
2016年09月10日 08:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちご?
日陰から日向へ
2016年09月10日 08:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰から日向へ
立山連峰と剣岳
2016年09月10日 08:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山連峰と剣岳
2
雲の流れが面白かったので一枚
2016年09月10日 09:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の流れが面白かったので一枚
1
中央に富士山が見えます
巻層雲の流れが良かったです。
ウィンドプロファイラ見て上層の空気の流れを答え合わせしたい
2016年09月10日 09:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に富士山が見えます
巻層雲の流れが良かったです。
ウィンドプロファイラ見て上層の空気の流れを答え合わせしたい
手前の石との対比が良かったので
2016年09月10日 09:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の石との対比が良かったので
2
風が巻いています
2016年09月10日 09:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が巻いています
3
巻雲?がいい感じ
2016年09月10日 09:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻雲?がいい感じ
2
誰かが置いていった消防車
2016年09月10日 09:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かが置いていった消防車
2
滑昇する雲
これからガスってきます
2016年09月10日 09:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑昇する雲
これからガスってきます
新越山荘
2016年09月10日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新越山荘
自分の他に4人いました
同じ方向からの人は居ませんでした
2016年09月10日 12:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の他に4人いました
同じ方向からの人は居ませんでした
1
赤沢岳からの黒部湖
2016年09月10日 12:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢岳からの黒部湖
スバリの途中から振り返ると・・・
2016年09月10日 13:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバリの途中から振り返ると・・・
2
スバリ岳
ここまでの登りはキツかった
2016年09月10日 14:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバリ岳
ここまでの登りはキツかった
1
黒部湖
ダムは見えませんでした
2016年09月10日 14:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖
ダムは見えませんでした
穂高連峰がキレイに見えます。
この後すぐに曇ってしまいました
2016年09月11日 06:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰がキレイに見えます。
この後すぐに曇ってしまいました
2
お世話になった針ノ木山荘
土曜日に泊まったのですが、30人程でした。
普通の土日だったからでしょうか
2016年09月11日 06:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった針ノ木山荘
土曜日に泊まったのですが、30人程でした。
普通の土日だったからでしょうか
これから下山
2016年09月11日 06:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下山
1
針ノ木雪渓の沢にいい感じの苔が
2016年09月11日 08:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓の沢にいい感じの苔が
撮影機材:

感想/記録
by Otiudo

上高地〜親不知を繋ぐ旅

■既に繋いでいる道
・上高地〜烏帽子小屋
・種池山荘〜五龍岳

今回は種池山荘と烏帽子小屋を繋ぐ為の旅その1でした。
ここは1回で繋ごうとすると、
結構な日数が掛かってしまうので分割することにしました。
まずはその第1段として、扇沢をグルっと周るコース。

登山計画を建てていた1週間前では新越山荘で一泊するのんびりコースでした。
ですが日が近くなるにつれて日曜日の天気が怪しくなっていきました。

登山バスが結構早めで4時に登山口に到着。
流石に夏至は過ぎて結構経つのでまだ辺りは真っ暗。
南西の空にはオリオンが輝いていました。
朝食のおにぎりを食べて準備をし、ヘッドランプを付けたまま出発。

登り始めは比較的のんびりと歩き、休憩も割りと多めに取りました。
それでも前回の山行から体重を5kg減らしたのが功を奏したのかコースタイム通り。

種池山荘に着いてから計画を再計算。
ガンバって10時に新越山荘に付ければ、
15時には針ノ木山荘に到着できることが判明。
てなわけで種池山荘では栄養補給だけして新越山荘へ突貫。

新越山荘へ歩いていると、
全くというほど人とすれ違わない・・・
ので、音楽を流しながら歩きました(邪道ですが^p^

ちなみに種池〜針ノ木岳までですれ違った人の人数は、
・ソロ 2回
・2人組 1回
・3人組 1回
・4人組 1回
の5パーティだけでした。
また、全て対面からなので、
メジャールートだけど爺ヶ岳方面の方が有名すぎって事ですね。

新越山荘へは10時ちょっと過ぎに到着。
予約はしているがキャンセルしたいと相談したところ、
嫌な顔ひとつせず、しかも針ノ木山荘へまでの相談まで乗ってくれました。
女将さんいい人すぎです、感謝m(_ _)m

新越山荘〜針ノ木岳までは想像していたよりも岩場が多くありました。
傾斜は緩いのですが、毎度鎖やロープがあるわけではないので注意。
長野県のヘルメット装着推奨エリアに入っていなかったので私は持っていきませんでしたが、
特に2人以上のパーティの方は必須だと思います。

途中、ケーブルカーの真上を通る箇所があり、
個人的にはとても楽しみにしていました。
なにかこう、一般人には来れない高みにいるような感覚です。
石碑やケルンがあるのかなと思っていたのですが、
とくに何もありませんでした(´・ω・`)

スバリ岳に到達した時点で既に14時。
また体力も無いので山荘に着くのは恐らく16時超えそうなので、
携帯電話で連絡入れておきました。
自分はソロなので、遭難しても気付いてくれる人がいません。
山小屋に予約を入れておくことは、
遭難した事に気付いてくれるキッカケになるので毎回入れることにしています(ここ重要)

針ノ木山荘についたのはほぼ16時。
さすがに12時間の山行はキツすぎました。
前回ブナ立尾根〜野口五郎岳の10時間をあっさり抜きました。
ですが10時間程がやっぱり限界かなと思います^^;



今回は天候に恵まれ、秋空の透き通った山を楽しめました。
景色もいいし、風も空気も気持ちいい。
アルプス登山はこれだからやめられないですね

訪問者数:193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ