ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964107 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

白峰二山(北岳・間ノ岳)

日程 2016年09月18日(日) 〜 2016年09月19日(月)
メンバー SatoshiW
天候
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
9/17に奈良田に前泊
大きな無料駐車場有り
土日・休日は5:30から広河原行きのバスが奈良田から出てます
料金は往路・復路ともに1130円でした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間17分
休憩
10分
合計
5時間27分
S広河原・吊り橋分岐06:5308:33大樺沢二俣08:4311:07八本歯のコル12:20北岳山荘
2日目
山行
7時間7分
休憩
1時間42分
合計
8時間49分
北岳山荘05:0905:40中白根山07:01間ノ岳07:29中白根山08:04北岳山荘08:4909:43北岳10:0110:14両俣分岐10:25北岳肩ノ小屋10:4311:06小太郎尾根分岐11:12草すべり分岐11:57白根御池小屋12:1813:58広河原・吊り橋分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八本歯のコルに向かうルートには残念ながら雪渓は無し
完全に雪渓がなくなってしまうのはかなり珍しいと肩の主人が言っとりました
暴風雨が直撃しコース全般滑りやすかった
暴風で体が浮かされることもあるほどだったので稜線まで出ると注意が必要
普段ならそこまで危険ではない稜線上も風のせいで危険になっていました
その他周辺情報登山後には奈良田からすぐの湯島の湯というところでお風呂入りました
入浴料金は550円
かけ流しの硫黄泉で山並みを見ながら入る檜の露天風呂でした
このお湯は飲むこともできます
露天風呂を囲むように紅葉が植えており紅葉の頃来ればさぞ綺麗だったろうと残念な思いでした
これで入浴料550円は安い
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス カメラ シュラフ シュラフカバー テント一式 ティッシュ ゴミ袋 アイゼン ピッケル
備考 雪渓無かったからアイゼン、ピッケル意味なし!

写真

奈良田にある西山ダム内の小島
いい味出してます
2016年09月17日 17:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田にある西山ダム内の小島
いい味出してます
ダムにかかってるつり橋を渡ると書いてある奈良田の七不思議
不思議だ…
2016年09月17日 17:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムにかかってるつり橋を渡ると書いてある奈良田の七不思議
不思議だ…
北岳固有種キタダケトリカブト
2016年09月18日 08:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳固有種キタダケトリカブト
登り路で見つけた道しるべ
どっちに行けばいいんだろう…
2016年09月18日 10:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り路で見つけた道しるべ
どっちに行けばいいんだろう…
八本歯のコル近くからコルと頭
頭は行かなかったのでまたの機会に
2016年09月18日 11:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコル近くからコルと頭
頭は行かなかったのでまたの機会に
八本歯のコルから北岳山荘へ向かうトラバース道の一部
通るよりも見るほうが怖い
2016年09月18日 11:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルから北岳山荘へ向かうトラバース道の一部
通るよりも見るほうが怖い
北岳山荘入り口
テント箔を予定してたんですがあまりの暴風雨のため小屋に寝る場所を借りました
素泊まり4,800円也
かなりしっかりした山荘でしたよ
2016年09月18日 12:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘入り口
テント箔を予定してたんですがあまりの暴風雨のため小屋に寝る場所を借りました
素泊まり4,800円也
かなりしっかりした山荘でしたよ
北岳山荘から間ノ岳へ行く縦走路途中にある中白根山3,055m
wikipediaの"日本の山一覧 (3000m峰)"では
「北岳と間ノ岳の間に位置する」とされ除外されている山
悲しい…
2016年09月19日 06:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘から間ノ岳へ行く縦走路途中にある中白根山3,055m
wikipediaの"日本の山一覧 (3000m峰)"では
「北岳と間ノ岳の間に位置する」とされ除外されている山
悲しい…
2
間ノ岳直前にあるケルン
結構ドデカい
2016年09月19日 06:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳直前にあるケルン
結構ドデカい
間ノ岳3,190山頂
奥穂と同じ日本3番目の標高
2016年09月19日 07:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳3,190山頂
奥穂と同じ日本3番目の標高
1
で、間ノ岳山頂にある三角点
ここでは「相ノ岳」と漢字が違います
2016年09月19日 07:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、間ノ岳山頂にある三角点
ここでは「相ノ岳」と漢字が違います
北岳3,194m
日本2番目の標高です
稜線が暴風雨の中北岳山頂だけは穏やかでした
景色こそ絶望的な天気だったけどどっしりと広い山頂で風もなく素晴らしかった
2016年09月19日 09:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳3,194m
日本2番目の標高です
稜線が暴風雨の中北岳山頂だけは穏やかでした
景色こそ絶望的な天気だったけどどっしりと広い山頂で風もなく素晴らしかった
4
んで、北岳山頂にある三角点
ここでは「白根岳」となっています
2016年09月19日 09:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んで、北岳山頂にある三角点
ここでは「白根岳」となっています
下山時に通った白根御池
結構立派な池でした
2016年09月19日 11:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に通った白根御池
結構立派な池でした
白根御池小屋
これまた立派な建物
2016年09月19日 11:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋
これまた立派な建物
無事広河原に到着
2016年09月19日 13:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事広河原に到着
帰りに寄った湯島の湯
550円で贅沢気分
2016年09月19日 15:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに寄った湯島の湯
550円で贅沢気分
撮影機材:

感想/記録

本当は白根三山縦走のオーソドックスなルートである広河原〜北岳〜間ノ岳〜農鳥〜奈良田と行きたかったのですが、天候に恵まれず暴風雨となり1日目に行く予定だった北岳をスルーして北岳山荘へ逃げ込みました。そのため2日目に北岳へ行ったあと折り返して農鳥に向かい下山するとなると時間が厳しく、結局北岳山荘から間ノ岳往復後に北岳に上り下山というルートに変更しました。あの悪天の中俺の予定していたルートに行った人もわずかではありますがいました。悔しい…
訪問者数:781人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ