また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

最終更新:recokun

高さ日本第2位の南アルプス盟主


北岳は日本百名山の一座であり、山体すべてが山梨県に属します。標高は3193mで富士山に次ぐ高峰です。
火山ではなく海底の隆起によって誕生した山で、現在も上昇を続けています。
山名の由来は、白根三山の最北に位置することに因みます。白根三山は南アルプス北部にある連山で、北岳、間ノ岳、農鳥岳を指し、その間の中白根山と西農鳥岳も含みます。


 "広河原:レリーフ(左より名取運一、ウェストン、天野久)"
遥かな山に雪が残る姿は人々を魅了し、文学作品にも登場します。
古くは「古今和歌集」で詠まれ、「平家物語」では平重衡が護送中に北岳を見たとされる描写があります。
山岳信仰について明確に伝えられていませんが、1795年に山頂に大日如来が奉納されました。
開山は明治4年で、芦安村の行者であった名取直江が登山道を作り、山頂、白根御池、夜叉神峠に甲斐ヶ根神社を建立したとされています。この時に拓かれた道は、ほどなく廃道となりました。
また明治35年には、イギリス人宣教師のウェストンが大樺沢(おおかんばさわ)より登頂し、著書にて北岳を世界中に紹介しました。

日本アルプスの大展望


 "山頂より:富士山"

 "山頂より:甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳などを望む"
山頂からの眺望は素晴らしく、雲海に浮かぶ富士山は格別です。
北方には甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳の秀峰が間近に見えます。遠くは八ヶ岳、北アルプスも望めます。翻っての展望は、間ノ岳、農鳥岳、更に連綿と続く南アルプスです。

組み合わせ可能な沢筋と尾根筋


 "北岳山荘テント場"
最短ルートは広河原からの入山ですが、それでも歩行時間は長く、標高差は1600m以上です。1泊以上の行程を組めば無理がなく、美しいアーベントロートや星空、御来光も堪能できます。

広河原への県道はマイカー規制が実施されています。バスかタクシーの利用が必要で、運行期間は毎年6月下旬から11月上旬です。また、中学生以上は片道200円の「南アルプスマイカー規制協力金」を支払います。


 "左俣コース:雪渓"

 "左俣コース:丸太の梯子"
広河原からの登山道は複数あります。
大樺沢を詰める道は、何度か橋を渡りながら進みます。大樺沢二俣は分岐で、そのまま沢沿いに進むと左俣コースです。晩夏まで雪渓が残り、状況によってはアイゼンが必要です。また「北岳バットレス」と呼ばれる標高差600mの大岩壁が徐々に現れ、その迫力には圧倒されます。八本歯のコル手前は丸太の梯子が続き、気が抜けません。
大樺沢二俣で右俣コースを選択すると、沢筋を離れます。広い尾根道を通り、北岳肩の小屋を経て登頂することができます。


 "草スベリ"
一方で、白根御池小屋を経由するルートは樹林の中を進みます。
小屋より先は、大樺沢二俣へ向かう道と「草スベリ」という急登に分かれます。草スベリは背の高い草が茂るルートで、お花畑が楽しめます。

貴重な固有種に出会える


 "タカネマンテマ"

 "キタダケソウ"
山域は高山植物が豊富で、タカネビランジ、ミヤマハナシノブ、「ウリ坊」の愛称を持つタカネマンテマなど、南アルプス特産の花が咲き競います。
また「キタダケ」を冠する植物は10種類以上自生しています。特にキタダケソウは北岳のみに生息し、絶滅危惧種に指定される貴重な花です。山頂南東の斜面は群生地で、見頃は6月下旬です。

エキスパートルートも人気


 "積雪期の池山吊尾根"

 "北岳バットレス:岩峰「マッチ箱」"
北岳のみならず、白根三山を経て奈良田に下りるルートや、塩見岳を踏む縦走も人気です。
冬季は夜叉神峠から入山し、池山吊尾根からの登頂が一般的です。ただし、バリエーションルートで上級者向きです。森林限界以上の雪山登山の技術、経験、そして重装備に耐える体力が必要です。
また、北岳バットレスは南アルプスの代表的な岩場で、多くのクライマーを惹きつけています。

モデルコース


1日目:5時間44分/4.4km
北岳登山口(広河原)(33分)→白根御池分岐(141分)→白根御池小屋(131分)→小太郎尾根分岐(39分)→北岳肩の小屋
2日目:4時間9分/5.3km
北岳肩の小屋(45分)→北岳(36分)→八本歯のコル(75分)→大樺沢二俣(73分)→白根御池分岐(20分)→北岳登山口(広河原)
登山口 広河原インフォメーションセンター
基本情報
標高 3193.2m
場所 北緯35度40分28秒, 東経138度14分19秒
・日本の第2高峰で、南アルプス最高峰。
【山小屋】
・北側に北岳肩の小屋 http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=1730
・南側に北岳山荘 http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=1731
山頂
展望ポイント 360度の大展望、富士山とご来光、山頂直下でキタダケソウ(6月下旬〜7月初旬)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193メートルの山。赤石山脈(南アルプス)北部に位置し、富士山に次ぐ日本第2位の高峰である
富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、火山でない山としては日本で最も高い。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山を構成する。「南アルプスの盟主」とも呼ばれる名峰であり、登山者からも飛騨山脈(北アルプス)の槍ヶ岳、穂高岳、剱岳などに並んで人気を誇る。野呂川 (早川の支流) の源流の山であり、山体は他の県と接しておらず山梨県内に含まれる。全山古生層の堆積岩から成る。山体の東側斜面は北岳バットレスと呼ばれる岩壁があり、登攀対象ともなっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • ☃ 雪山 3泊4日 甲斐駒・北岳
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    厳冬期に挑む日本第2位の高峰「北岳」。 アプローチの不便さから比較的敬遠されがちですが、それだけに山頂へ達した時の充実感は満点。他人のトレースを当てにせず、自力で山頂を目指せる気力と体力・技術力を持ったパーティーにおすすすめです。
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    南アルプスの縦走と言えばまずは”ここ!” スタンダードな縦走コースながら、変化に富んだ飽きのこないルートは満足度も高くおすすめです。 固有種の高山植物も一見の価値あり。
  • 中級 1泊2日 甲斐駒・北岳
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    日本で2番目に高い山へ。バットレスの荒々しい風貌と咲き乱れる高山植物を楽しむ変化に富んだ山行です。

「北岳」 に関連する記録(最新10件)

甲斐駒・北岳
  55     49 
2020年06月27日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  101    28 
satoo, その他1人
2020年06月06日(2日間)
東海
    2 
2020年04月13日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  69     169  1 
2020年03月20日(2日間)
甲斐駒・北岳
  14   7 
Fumiya2012, その他1人
2020年02月08日(3日間)
甲斐駒・北岳
  49     80  2 
2020年01月11日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  127     139  2 
2020年01月02日(2日間)
甲斐駒・北岳
  97     164  4 
2020年01月02日(3日間)
甲斐駒・北岳
  75    13 
2020年01月01日(3日間)
ページの先頭へ