ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970969 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

長石谷から鎌ヶ岳、御在所岳縦走

日程 2016年09月30日(金) [日帰り]
メンバー yamanyanco
天候晴れ後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所岳、中道登山口に駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
1時間0分
合計
6時間16分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)09:1409:15中道登山口09:20長石谷登山口09:2310:21犬星大滝10:2711:28岳峠11:32鎌ヶ岳11:4912:19武平峠12:2012:50天指岩12:5613:19御嶽大権現13:2613:37御在所岳13:4013:40御在所山 一等三角点13:4213:53御在所山上公園駅13:5413:58第一ケルン 裏道登山道九合目14:03富士見岩14:48キレット14:5114:55地蔵岩15:03おばれ石15:1115:27中道登山口15:3015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天指岩以降は足のケイレンの為、ペース落ちています。
コース状況/
危険箇所等
長石谷:特に雨で増水していた為か、川を何度も石伝いやジャンプで渡る必要あり。岳峠が近くなると、ガレ場の急登。
鎌ヶ岳〜武平峠:鎌ヶ岳からはう回路で降りたが、ここ1、2カ月でう回路の荒れ方が進んだ様子。三ッ口谷分岐からは従来通りで、多少、岩場はあるが、特に危険個所無し。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ

写真

今日はバイク。遠慮して駐車場では無く、道路端のスペースにとめました。
2016年09月30日 09:15撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はバイク。遠慮して駐車場では無く、道路端のスペースにとめました。
湯の山に少し降りたところにある登山口。ここで登山届提出しました。
2016年09月30日 09:18撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山に少し降りたところにある登山口。ここで登山届提出しました。
1
いつもより三滝川が水量多かった様な。渡る場所探しました。
2016年09月30日 09:23撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもより三滝川が水量多かった様な。渡る場所探しました。
長石谷と長石尾根の分岐。
2016年09月30日 09:28撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷と長石尾根の分岐。
堰堤をトラバースしてう回するが、マーキングが多すぎて、どれを頼りにすればよいか迷いました。
2016年09月30日 09:33撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤をトラバースしてう回するが、マーキングが多すぎて、どれを頼りにすればよいか迷いました。
小さい滝が連続。
2016年09月30日 09:38撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい滝が連続。
1
長石谷は大きな岩も多く、荒れ気味。
2016年09月30日 09:50撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷は大きな岩も多く、荒れ気味。
長石谷に流れ込んでくる滝も多数。
2016年09月30日 09:56撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷に流れ込んでくる滝も多数。
川岸の岩壁になっている箇所もあり。
2016年09月30日 10:09撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川岸の岩壁になっている箇所もあり。
滝の横の水が無いところを登ります。
2016年09月30日 10:13撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の横の水が無いところを登ります。
犬星大滝に到着。
2016年09月30日 10:31撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬星大滝に到着。
長石谷では一番立派な滝。
2016年09月30日 10:27撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石谷では一番立派な滝。
2
滝壺の下流の溜まりに魚が。イワナの稚魚?
2016年09月30日 10:28撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺の下流の溜まりに魚が。イワナの稚魚?
犬星大滝は祀られているらしい。
2016年09月30日 10:24撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬星大滝は祀られているらしい。
犬星大滝を過ぎると、水量減って、ガレガレに。
2016年09月30日 10:32撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬星大滝を過ぎると、水量減って、ガレガレに。
ヘビさんも出現。
2016年09月30日 10:35撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビさんも出現。
水が無くなり、笹に覆われたガレ場に。
2016年09月30日 11:19撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が無くなり、笹に覆われたガレ場に。
鎌ヶ岳山頂が見えた!
2016年09月30日 11:24撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂が見えた!
1
やっと岳峠。結構かかりました。
2016年09月30日 11:28撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと岳峠。結構かかりました。
岳峠の標識。
2016年09月30日 11:29撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠の標識。
鎌ヶ岳山頂まであと少し。
2016年09月30日 11:29撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂まであと少し。
2
雲母峰。
2016年09月30日 11:29撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲母峰。
2
山頂への急登。
2016年09月30日 11:31撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への急登。
岳峠を振りかえる。後ろの県境尾根、結構きつそう。
2016年09月30日 11:33撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠を振りかえる。後ろの県境尾根、結構きつそう。
鎌ヶ岳山頂到着。
2016年09月30日 11:38撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂到着。
1
山頂の祠。正面、塗りなおしたようです。
2016年09月30日 11:38撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠。正面、塗りなおしたようです。
1
鎌ヶ岳山頂から御在所岳
2016年09月30日 11:39撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂から御在所岳
2
四日市方面。雲が次第に出てきています。天気どの位もつのだろうか。
2016年09月30日 11:46撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日市方面。雲が次第に出てきています。天気どの位もつのだろうか。
鎌ヶ岳山頂からはう回路で武平峠に向かいます。
2016年09月30日 11:48撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂からはう回路で武平峠に向かいます。
う回路のトラバースも、以前より崩壊が進んいる。
2016年09月30日 11:51撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う回路のトラバースも、以前より崩壊が進んいる。
ガレガレの下りを降りてきました。
2016年09月30日 11:54撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレの下りを降りてきました。
三ッ口谷分岐。ここから歩き易くなりました。
2016年09月30日 11:54撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷分岐。ここから歩き易くなりました。
1
でも、写真の様な岩場の間を抜けたりしないといけません。
2016年09月30日 12:16撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、写真の様な岩場の間を抜けたりしないといけません。
武平峠が真下に。
2016年09月30日 12:21撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠が真下に。
御在所岳への登り。最初はガレています。
2016年09月30日 12:24撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳への登り。最初はガレています。
木に覆われ、日光を遮ってくれます。
2016年09月30日 12:35撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に覆われ、日光を遮ってくれます。
白と黒のキノコが並んで生えていました。
2016年09月30日 12:37撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白と黒のキノコが並んで生えていました。
県境尾根の後半は岩場連続。
2016年09月30日 12:45撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根の後半は岩場連続。
天指岩越しに鎌ヶ岳振り返る。
2016年09月30日 12:52撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天指岩越しに鎌ヶ岳振り返る。
1
御嶽神社見えてきました。
2016年09月30日 12:55撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社見えてきました。
ここで急登終わり。
2016年09月30日 13:02撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで急登終わり。
県境尾根道終点。
2016年09月30日 13:08撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根道終点。
第2ケルン。
2016年09月30日 13:14撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ケルン。
登っている途中から見えていた、御嶽神社到着。
2016年09月30日 13:20撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っている途中から見えていた、御嶽神社到着。
長者池。
2016年09月30日 13:29撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者池。
御在所岳山頂。小雨降っていました。
2016年09月30日 13:39撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂。小雨降っていました。
1
先程歩いてきた御嶽神社は雲隠れ。
2016年09月30日 13:41撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程歩いてきた御嶽神社は雲隠れ。
山上レストラン、アゼリア。
2016年09月30日 13:54撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上レストラン、アゼリア。
雨が止まないので、中道に急ぎます。
2016年09月30日 14:00撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が止まないので、中道に急ぎます。
ここから中道。
2016年09月30日 14:02撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから中道。
最初の岩場の登り
2016年09月30日 14:11撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の岩場の登り
8合目。景色は×。
2016年09月30日 14:18撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目。景色は×。
キレット。小雨の中、誰もいなかったので、楽に登れました。
2016年09月30日 14:48撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット。小雨の中、誰もいなかったので、楽に登れました。
キレットの上から登って来た岩場振り返る。降りるとなると怖いです。
2016年09月30日 14:52撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの上から登って来た岩場振り返る。降りるとなると怖いです。
地蔵岩。
2016年09月30日 14:57撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩。
おばれ岩。
2016年09月30日 15:06撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おばれ岩。
ロープウェイのゴンドラ。天気悪いので誰も乗っていませんでした。
2016年09月30日 15:15撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイのゴンドラ。天気悪いので誰も乗っていませんでした。
裏道分岐。
2016年09月30日 15:18撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道分岐。
中登山道登山口到着!
2016年09月30日 15:28撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中登山道登山口到着!
駐車場に残っている車は僅かでした。
2016年09月30日 15:29撮影 by DMC-LX5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に残っている車は僅かでした。

感想/記録

ここ1週間、雨がちの天気だったが、天気予報で午前中だけだが晴れる予報だったので、初めての長石谷から鎌ヶ岳のコースと、鎌ヶ岳、御在所岳2座登りに行く事に。
 長石谷はいつも登っている三ッ口谷と比べ、川渡も多く、距離も長いので、ややレベル高い印象。その為か、誰も登って無く、プライベートマウンテン状態。でも、鎌ヶ岳山頂は平日にも関わらず、賑わっていました。鎌ヶ岳山頂では落ち着かなかったので、休憩もそこそこに、武平峠に降りる。武平峠から御在所岳への登りも途中までは順調だったが、天指岩あたりから、右ひざの筋肉のケイレン(コムラ返り)発生。こむら返りに訊くと聞いて購入した、漢方薬の芍薬甘草湯(但し、市販薬)を飲むが効果なし。以降、こむら返りに耐えながらゆっくり歩くことになり、一気にペースダウン。更に、天気の悪化が思っていた以上に早く、御在所山頂からは小雨。本降りになる前に早く降りねば、と気も焦り、痛みで動けない時以外は休憩もせず、山頂を後に中道を降りる。
中道は、8合目までは登ってくる人とすれ違ったが、以降は、これまた、プライベートマウンテン状態に。おかげで、キレットも、足の痛みで止まりながら、ゆっくりと通過する事が出来た。キレット以降は傾斜も多少緩くなり、足へのダメージも減ったので、ほぼいつものペースで中登山口まで下山した。
訪問者数:254人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ