ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985129 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

快晴のジャンダルム 1泊2日テント泊

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー kou2
天候1日目 超快晴
2日目 超快晴
アクセス
利用交通機関
バス
■往路
新宿⇒松本 バス(3,500円)
松本⇒上高地 バス(2,450円)
■復路
上高地⇒沢渡 バス(1,250円)
沢渡⇒松本 山友の車
松本⇒新宿 バス(3,500円)

※日曜日の夕方、中央道は必ず渋滞します。バス利用の際は時間に余裕をもって。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
10分
合計
7時間40分
S上高地バスターミナル07:2007:30岳沢湿原・岳沢登山口09:00岳沢小屋09:1011:10天狗のコル12:40ジャンダルム14:30穂高岳15:00穂高岳山荘
2日目
山行
5時間50分
休憩
1時間0分
合計
6時間50分
穂高岳山荘07:3008:10穂高岳09:10紀美子平09:3010:20前穂高岳11:0013:00岳沢小屋14:00岳沢湿原・岳沢登山口14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1日目
■上高地⇒岳沢
・・・危険個所なし。観光客、とくに外国人の方多し。

■岳沢⇒天狗のコル
・・・第3お花畑までは問題なし。それ以降はガレザレ地獄。
   マークはしっかりつけてくれておりましたのでルートは明瞭
   落石させない為にかなり気を遣いながら歩かなければいけません。
   登山道から外れたところでしたが突然落石が!
   幸いけが人は出ませんでしたが…かなり大きな石だったのでビックリ!!

■天狗のコル⇒ジャンダルム
・・・この先はほぼ岩との戦いとなります。とくに難しいとかろはありませんが
   疲労の蓄積が一番怖いかな。ある程度の体力と岩登り経験があれば問題なし
   西穂側からのジャンダルム登頂では難しいところはありません

■ジャンダルム⇒奥穂高岳
・・・難所ロバの耳とウマノセの登場です。
   ロバの耳は長い崖登りですが特に問題はありません
   ウマノセは両脇切り立った断崖を歩きます。
   どちらに落ちてもただではすみません。
   テクニックよりもハートが必要かもしれません。
   重い荷物を持っているときは特に注意が必要。
2日目
■奥穂⇒前穂
・・・吊尾根を行きます。やや長めの下りの鎖場がありますがとくに問題ありません
   前穂直登も難しいところはありません。
   西穂から奥穂、上高地からもっと奥の山々まで見晴最高の稜線です。
■紀美子平⇒上高地
・・・重太郎新道を降ります。初っ端に長い下りの鎖がありますが
   とくに問題ありません。
   右手に西穂から奥穂までの稜線が、振り向くと前穂が!
   樹林帯に入るまで絶景を楽しみながらの下りです。
その他周辺情報お食事処高橋
松本駅から徒歩3〜4分
ソースかつ丼(950円)が絶品!!

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ
備考 今回、荷物を極限まで減らすためにバーナーなどの調理器具や食器、また下山後の着替えなどは持っていきません。

写真

いつものバスタ新宿より松本行きのバスに乗り込みます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものバスタ新宿より松本行きのバスに乗り込みます!
5:30
松本バスセンターから上高地行きのバスに乗車
7:10 上高地到着 
相変わらず多くの登山者でにぎわってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:30
松本バスセンターから上高地行きのバスに乗車
7:10 上高地到着 
相変わらず多くの登山者でにぎわってます。
天気は快晴
静かな朝の河童橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は快晴
静かな朝の河童橋
今日目指す穂高の山々が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日目指す穂高の山々が美しい
7:30
岳沢登山口到着
こちらへ来る登山者は私だけ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:30
岳沢登山口到着
こちらへ来る登山者は私だけ??
空は快晴
穂高の稜線を眺めながら登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は快晴
穂高の稜線を眺めながら登って行きます
1
今日はあそこを歩きます!!
テンションあがります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はあそこを歩きます!!
テンションあがります。
1
9:00
岳沢小屋到着
ここでハイドレーションに水を補給。
戦闘準備を整えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:00
岳沢小屋到着
ここでハイドレーションに水を補給。
戦闘準備を整えます。
天狗のコルへむけて出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルへむけて出発します。
第3お花畑の標識を見落としました。
この辺までは普通の登山道とかわりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3お花畑の標識を見落としました。
この辺までは普通の登山道とかわりません。
お花畑を過ぎたころから足場が悪くなります。
落石に注意して歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑を過ぎたころから足場が悪くなります。
落石に注意して歩きます。
1
このルート
とにかく石を落とさないように歩くのに神経使います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート
とにかく石を落とさないように歩くのに神経使います。
1
天狗のコルまであと少し。
結構な急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルまであと少し。
結構な急登です。
1
振り向くとこんな感じ。
これを石を落とさずに下山・・・って出来るのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くとこんな感じ。
これを石を落とさずに下山・・・って出来るのかな?
1
昔の避難小屋跡地・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の避難小屋跡地・・・?
1
11:10
天狗のコル到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10
天狗のコル到着
稜線の向こう側に笠ヶ岳が見えます
思わず声がでるほどの絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の向こう側に笠ヶ岳が見えます
思わず声がでるほどの絶景
1
さて、いきなり壁が現れましたが・・・
さっそく登って行きましょ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、いきなり壁が現れましたが・・・
さっそく登って行きましょ。
1
振り向くと西穂の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと西穂の稜線
3
独りで心細いですが・・・
目印を頼りに進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独りで心細いですが・・・
目印を頼りに進んでいきます。
1
けっこうな崖のようですが・・・
鎖は・・・ないのね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうな崖のようですが・・・
鎖は・・・ないのね。
2
この壁には鎖がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この壁には鎖がありました。
1
振り向くと荒々しい稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと荒々しい稜線
2
登ったり下ったり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ったり下ったり
1
目の前にジャンダルム登場!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前にジャンダルム登場!!
2
憧れのジャンダルムに挑みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れのジャンダルムに挑みます
1
慎重に〜慎重に〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に〜慎重に〜
1
三点支持〜三点支持〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三点支持〜三点支持〜
3
12:40
ジャンダルム登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40
ジャンダルム登頂
4
逢いたかった天使!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逢いたかった天使!!
5
快晴のジャン
360度見晴最高!!テンションMAX!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴のジャン
360度見晴最高!!テンションMAX!!
5
遠くに槍まで見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに槍まで見えます
2
では、奥穂に向かって進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、奥穂に向かって進みます
振り返るとジャンダルム!!
奥穂側からみるとかっこいいですね!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとジャンダルム!!
奥穂側からみるとかっこいいですね!!
2
また壁を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また壁を登ります。
2
目の前に現れたのはロバの耳!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に現れたのはロバの耳!!
2
けっこうな崖です。
登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうな崖です。
登ります。
1
高い崖ですが、手掛かり足がかりはあるので難しくはないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高い崖ですが、手掛かり足がかりはあるので難しくはないです。
1
ロバの耳の頂上から槍が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳の頂上から槍が
2
この先はもう一つ難所が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先はもう一つ難所が
3
ウマノセ登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノセ登場
2
トラバースできません。
両サイド崖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースできません。
両サイド崖です。
2
この上を通ります。
もちろん歩けないので四つん這いで進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上を通ります。
もちろん歩けないので四つん這いで進みます。
3
ザックの重みに体が振られたら・・・と思うとちょっと冷や汗
伸長に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックの重みに体が振られたら・・・と思うとちょっと冷や汗
伸長に進みます。
2
振り返るとジャン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとジャン
2
目の前に奥穂高
難所は越えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に奥穂高
難所は越えました
2
14:30
奥穂高登頂〜。。。
ここまでくれば一安心〜。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:30
奥穂高登頂〜。。。
ここまでくれば一安心〜。。
1
さて、テント場は空いているか?
不安をかかえながら穂高山荘へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、テント場は空いているか?
不安をかかえながら穂高山荘へ向かいます。
1
15:00
穂高山荘到着
テント受付をします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00
穂高山荘到着
テント受付をします
テントはヘリポートの上の段
見晴の良い場所に設営
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントはヘリポートの上の段
見晴の良い場所に設営
1
テントの中から穂高が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントの中から穂高が見えます。
夕日で染められた北アルプスの山々
槍・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日で染められた北アルプスの山々
槍・・・
2
夕暮れ時
涸沢岳に登ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れ時
涸沢岳に登ってきました
なんと美しい景色
このとき涸沢岳は私一人きり・・・
もったいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと美しい景色
このとき涸沢岳は私一人きり・・・
もったいない。
2
笠ヶ岳の向こうに夕日は沈んでいきます。
素敵な1日でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の向こうに夕日は沈んでいきます。
素敵な1日でした。
2
2日目 5:30
東の空が明るくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目 5:30
東の空が明るくなってきました。
1
富士山が見えます。
テンションあがります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えます。
テンションあがります
3
北アルプスの山々に朝日が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの山々に朝日が
2
なんとも素晴らしい景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとも素晴らしい景色
7:20
出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:20
出発します。
まずは奥穂を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは奥穂を目指します
今日も素晴らしい快晴!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も素晴らしい快晴!!
1
遠くに富士山まで見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに富士山まで見えます
涸沢を見下ろします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢を見下ろします
見晴最高の稜線歩き
最高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴最高の稜線歩き
最高
1
9:00
紀美子平到着
ここでしばし休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:00
紀美子平到着
ここでしばし休憩
来てよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来てよかった
1
すばらしい絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい絶景
ジャンダルム
素敵な山でした。一生の思い出です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
素敵な山でした。一生の思い出です。
1
紅葉も見頃は終わっているようですが
それでも美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も見頃は終わっているようですが
それでも美しい
また来ます。
さよなら穂高・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来ます。
さよなら穂高・・・
松本駅より徒歩3分
お食事処高橋にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本駅より徒歩3分
お食事処高橋にて
ソースかつ丼(950円)
絶品でした!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソースかつ丼(950円)
絶品でした!!
1

感想/記録
by kou2

天気予報では週末快晴が約束されている。

こんなことは滅多にない。

8月に予定していたジャンダルムでしたが雨の為断念していました。

例年ならもう岩も氷つく季節。

今年は無理だとあきらめていたけど

これなら行ける!!

ということで急遽高速バスに乗り込み松本へ。



憧れのジャンダルム登頂

快晴の北アルプスの山々

来てよかった!!

最高の思い出となりました。


次は西穂から歩いてみたい。


また来ます。


山に感謝。



訪問者数:360人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ