また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > s_horiさんのHP > 日記
2020年09月29日 15:41装備・道具全体に公開

デジタルカメラの引退

私は登山の際に、山行スタイルごとに、以下の4つのデジタルカメラを使い分けている。
NIKON D7500(レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G、AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR)
Canon G1X MarkII
FUJIFILM XQ1
NIKON COOLPIX W300

実際には、3点支持の必要がないなどイージートレイルのハイキングのときは △修谿奮阿離魯ぅングのときは◆▲薀鵐縫鵐暗仍海里箸は、これらにかかわらず雨天のときはい鮖藩僂靴討い襦

このうちのXQ1について、この度、ズームレバーが壊れてしまったため引退させることにした。
XQ1は、2/3インチセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラで、現在では1インチ以上のセンサーも当たり前となっているが、当時としてはコンデジの主流であった1/2.3インチの次元から抜け出す大型センサーの先駆的な存在だった。また、起動やAFの速さ、絞り優先とシャッタースピード優先モードの操作性の良さなど、使い勝手も非常に良い製品だった。
私は、1日の山行で400〜800枚ほど写真を撮影するが、XQ1では購入から6年あまりで35,400枚を撮影してきた。
単焦点カメラとしては今後も使えなくもないが、最近はボタンの感度の低下や背面の液晶画面のドット抜けなども現れていたので、天寿を全うしたといえると思う。

これまでこのカメラは、数多くの様々な美しい景色を記録してくれた。感謝の気持ちでいっぱいだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:278人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ