また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > greenriver128さんのHP > 日記
2019年10月08日 19:02未分類全体に公開

備忘録:登山のエネルギー供給 その2

100kcalを取るために必要な重量。
ラード11g、バター14g、チョコレート19g、凍り豆腐19g、カレールー21g、ビスケット23g、キャラメル24g、インスタントラーメン24g、ココア25g、砂糖6g、スパゲッティ28g、精米29g、プロセスチーズ30g、コンビーフ38g、食パン38g、もち44g、コンソメ50g、ハム50g。でもラードやバターは食べたくない。カレールーも。やっぱりビスケットか?
▲織鵐僖質、脂質は消化吸収のためにエネルギーを使うので体が温まる。
E仍海任蓮△い弔發茲蠎鮨譴い垢襪掘脱水気味になる。筋肉の回復も阻害して、脂肪が増えやすくなる。でも、1日の登山が終わったときはビールは飲みたいので、無視しよう。自由と幸せが一番大事だ!!
1Lの水分摂取では4.5gの塩分摂取が必要。塩分摂取は、体温調節でも重要。
ヅ仍海任蓮⊃紊茲螢好檗璽張疋螢鵐が適している。でも美味しくない。
Ε泪奪スの6割以上の運動では、乳酸が増え、心拍数が増え、体温調節能を低下させて、体温が必要以上に上昇するので、登山では乳酸を産生させないようにゆっくり歩くのが良い。でも、樹林帯でゆっくり歩くのはつまらない。
Х豈嬶未多いと体温調節能が優れている。
普通、体重の7%が血液量。持続性競技のトップアスリートは、その倍の血液量がある。つまり、血液貯留の筋肉量増やして、水と塩分とって血液量を増やすのが大事なのね。
寒いときの体温維持は、運動するのが一番。良く分かる。
筋肉量を増やして基礎代謝量を上昇させると寒さに強くなる。よく見かける白人か?

つまり・・・サラリーマンには、タバタトレーニングが最適か?
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ