また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > Y0M0YAMAさんのHP > 日記
2019年06月12日 22:36山スキー全体に公開

2018/2019 山スキー振り返り

印象的な山行から今シーズンの振返りを

【五竜岳 DUO 12月後半 】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1683769.html
雪の少ないシーズン序盤、雪がありそうだからという理由で五竜へ
遠見尾根の尾根上を避けてトラバースしたのはミスだった
藪藪、段差も多くて余計時間がかかった
最終的にはホワイトアウトでお互いを見失いなんとか合流できたが敗退を決意、
今後の課題が見つかった山行
しかし遠見尾根からの景色は最高だった、五竜岳武田菱、鹿島槍ヶ岳、いつかは登って滑りたい山と出会えた

【八甲田大岳 DUO 1月冬休み】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1696838.html
初めての八甲田エリア、開始からひたすらに雪深い激ラッセル
立派な冬季小屋は非常にありがたかった
大岳山頂への登りはラッセルとは真逆の岩の露出した夏道、
風も強いし下りスキーは岩スキー、板が傷だらけ
パウダーもたんまりで逆に滑らない、降りすぎも考えものだった

【燧ヶ岳 DUO 1月前半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1702791.html
初めての尾瀬エリア、1月は檜枝岐方面でクロスカントリーコースが整備されており、アプローチが比較的容易、
それでもアプローチは長くて寒い新雪ラッセルだった
厳冬期の尾瀬はひたすら静かで澄み切った空気だった

【高妻山 SOLO 2月前半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1721540.html
去年の乙妻山に引き続いて今年は高妻山、
尾根の取り付きはカチカチの急斜面で痺れた
標高はそこまで高くないものの高妻山への尾根歩きは高度感があってアルパイン感あり
乙妻山への縦走を狙ったがたんまり降った雪に雪崩の危険を感じ冷静に中断を決めた
悔しさは残ったがこの判断ができたのは良かった

【槍ヶ岳 SOLO 2月中旬】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1733605.html
厳冬期槍ヶ岳は2017/2018にもやったが、その時はパックスノーで滑りは散々だった
2月中旬、降雪の翌日晴れといったパウダーチャンスをゲット
正月終わりとは違って人の少ない真の厳冬期槍ヶ岳を楽しめた
パウダー滑走は爽快そのもの、これこれ!これがやりたかった!といった感じだった

【焼山・火打山 SOLO 2月後半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1739794.html
火山レベルが引き下がり規制解除された焼山へ
前日まで高温が続いたのでパウダーは死んだと思いきやしっかり残っていた
コンディションが良かったので焼山東面を滑り込み、火打山へ登り北面ルンゼを滑走した
これだけでも充実した山行になったが体力に余裕があったからもう一度焼山へ登ろうかと思った笑
北面台地を元気よく歩き回った今シーズンのベストソロ山行だ

【八海山 DUO 3月前半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1752469.html
仲間の先輩さんの復帰山行で降雪後の入道岳へ
高温とヒドンホールを警戒しながら安全に山行を終えてまた二人でやっていける自信がついた 
この週は各地で雪崩事故が発生し、今後も安全第一で取り組む意識が高まった

【黒部源流2泊3日 SOLO 3月中旬】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1763584.html
初めての泊まり山スキー、例年の雪の少なさからオートルートを狙っていたが
今シーズンは3月に降雪が多くこの日も膝ラッセル黒部源流への参考に切り替えた
降雪後の冬らしい、人に会わない、ひたすらの山深さを堪能できた
最後、水晶岳は雪の状態が悪く登頂はできなかったが今後の目標は見つかった

【オートルート DUO 4月中旬】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1805494.html
今シーズンのメイン、目標としていたオートルートへ
2泊3日の行程で2日目の天気が悪い、一番きつい箇所なので直前まで悩んだし
山行中も何度も歩みを止めるか葛藤した
2人でリスクを共有しながらそれを背負って進み続けることができた
これまで先輩さんと山行を重ね、色々なことを乗り越えてきた一つの結果だった
一人ではこの山行は実現しなかっただろう
西鎌尾根からの槍ヶ岳は心の底から感動的した
時に想像を超える素晴らしい体験を得られるのが登山の最高の楽しさだ
今までの苦労・努力が報われるというのは単純に嬉しい

【秋田駒ヶ岳縦走 SOLO 4月後半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1814906.html
オートルートの激しい体験を癒しに東北でノンビリ
暖かく風もなく、まったりゆっくり楽しめる遠足のような縦走だった
ゴールの乳頭温泉の昔ながらの雰囲気には驚いた、いいところだ

【北岳 SOLO 5月前半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1832787.html
近いにも関わらず山スキーにはアプローチが不利な南アルプスへ
特に今年は雪が少なく悩んだが北岳は十分すぎる雪の量だった
アプローチは夏道で大変だったが山頂からの滑りは爽快だった
高度感あり、急斜面ありだが残雪期の緩んだ雪で
バットレスeガリー中間部からはターンをつないで楽しめた
来シーズンはもっと南アルプスエリアに通いたい

【剱岳 SOLO 5月後半】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1866953.html
シーズンの締めくくりに剱岳へ
5月15日の条例解除後を狙ったが、クラックが大きくなり快適な時期は過ぎていた
可能な限りスキーを履いて登って帰りたいので長次郎谷往復の心づもりだったが
状態の良い雪と大脱走ルンゼの様子が確認でき、このチャンスは掴むべきと判断
北岳バットレスや蓮華岳の経験が生き、距離も短いので意外とあっという間に滑走できた
ただ、ルンゼにできた大きな溝や下部のクラックの通過は緊張した
やはりリスクの高いルートではソロは避けるべきだ
来シーズンは仲間ともう一度登りたい

---
今シーズンの山スキー山行日数は38日、
序盤の雪の少なさにヤキモキしたが週末は腹が多く、3月によく降ってくれて十分に楽しめた

多くの経験と成長、新たな発見ができたシーズンだった
来シーズンの目標も数々見つけられて今から待ち遠しい

終盤は勢いがつきすぎて色々と危なかった
仲間の先輩さんがいなかったらここまで頑張れなかったし、
もっと危険な目にあっていたかもしれない
一緒に山に行ってくれる先輩さんと紹介していただいたYSHRさんには感謝感謝です
また、山行記録に拍手とコメントをいただいた方々も感謝いたします
おかげさまで楽しく、モチベーション高く山登りができました

来シーズンもよろしくお願いしまーす 😁
訪問者数:73人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ