また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > tsukadonさんのHP > 日記
2020年05月23日 11:57断捨離もまた楽し全体に公開

TokyoWalker とか Hanako とか

【連載・断捨離余話 その 

日常の買い出しと散歩以外では(ほぼ)出かけないと決めてそろそろ1ヶ月半。もともとヒマ人だったとは言え、ここ数年生活の軸となっていた(ほんまかいなw)山登りをしないとなると、否が応にもヒマ感が増幅した。

そこで一念発起して実行したのが「断捨離」。
今までも、ピンポイントの断捨離なら年に1回程度はしていた。しかし今回は過去に類を見ない大規模な『家じゅうケツの穴まで断捨離キャンペーン』だ。家のベランダにこの横断幕を掲げる時はちょっぴり恥ずかしかったが、そんなこと気にしない(←話の盛りすぎに注意)。

断キャンを始めたは良いとして、当初1週間もあれば余裕と思っていたのが、とんでもない話だった。やってもやっても終わらない。今も毎日勤しんでいるが、まだ半分ちょいぐらいかも。

なんせ、親が建てたこの家は築44年。そこに私自身は40年(神奈川時代が4年あり)ほど住んでいて、私の衣装やガラクタ、雑物だけでも無数にある。その上、他界した両親のそれらも半端ない量で遺っている(遺品整理完了しておらず)。嫁いだ姉と妹の雑物も未だに置いてあったりする(例えば女性用シェーバーとか笑)。昔の家なので収納も多めだし、庭には大きな物置もある...
最終的には4トントラック20台分ぐらいになるだろう(←盛りすぎに注意)。

断捨離を開始して間もない頃は、こりゃ無理だ諦めようと思ったことも。しかし、このタイミングでやらない限りまず一生やらないだろう。
そっか、これが既に「終活」なんだ、もうそういう年齢になったんだ、そうだよな、死んだときに親族が駆け付けたらガラクタハウスだった(あ、いわゆるゴミ屋敷ではないので念のため)...なんて事になったら恥ずかしいし、処分にも困るだろうし...。
そう思って頑張ることにした。

ところが如何せん、数日もしたら今度は持病の腰痛が悪化しだした。普段、つまようじより重い物は持たない私(←盛りすぎに注意)が推定15kgの壊れた皿洗い機を運んだりするわけだから当然か。お陰で「1日5時間」を目安にしていた作業時間も1時間半〜2時間が限度に...。

さてさて、ここでやっと本題を(笑)。
ガラクタの中に、TV通販で買った「腹筋・背筋トレーニングマシン」があった。伝票を見たら買ったのは15年ぐらい前で、何とこれが未開封で一度も使わないまま(汗)。
当時既に中年だったくせに腹筋を6パックにしようとでも思ったのか。よほどモテたかったらしい(笑)。てか、そもそも女性の前で裸になるチャンスなんてあったんかと、当時の俺に問いたい(笑)

雑誌関係も大量にあったが、その中でスキー、テニスの月刊誌が50冊ぐらいあった。当時相当ハマっていたので上達したかったのは当然として、その目的は...よほどモテたかったらしい(笑)。
他に目についたのはタウン情報誌の TokyoWalkerとHanako。両方で数十冊あった。勤めていた会社が都心にあったので、都内のお店の情報に詳しくなろうとしていたようだ。よほどモテたかったらしい(笑)。
女性向けのHanakoを読んでいたのは女性の好みを研究したかったからだと思われる。因みにこの2誌の号は1991年前後。ちょうど再婚に向けて「婚活」していた頃か、さもありなんではある。にしても、研究の成果でモテたという記憶が全くないんだけど、どうしちゃったの?(爆)

家じゅうの断捨離は、とりもなおさず数十年分の自分史、家族史を振り返る作業でもある。色んな懐かしい物を見つけては、じっと見入る、ペラペラめくってみる、懐かしさに涙する、そして捨てるかどうかしばし迷う... これの繰り返しだから、まー仕事が進まないったらありゃしない(笑)。

そんなこんなで、当分のあいだ私の職業は断捨離である。警察に職務質問され「貴様、仕事は?」と聞かれたら「だ、断捨離です」と答えるしかない(←今の警察はこんな言い方しないか 笑)。
断捨離が終わった頃、大手を振って山に行けるようになっていればいいなと思う。
〜つづく〜

【写真】
せめて写真で山の思ひ出を辿ろうシリーズ
・八甲田の高田大岳
・根石岳から見る天狗岳
・飯縄山から見る高妻山
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:193人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2015/12/21
投稿数: 1358
2020/5/23 13:20
 RE: TokyoWalker とか Hanako とか
こんにちは。
家族史を振り返り、、、涙する。。。
tsukadonさん、いい人ですね〜☆
私は短くもなくなってきた生涯で、引っ越しを10回以上しましたが、その度の断捨離で、数々の物を捨てました。(で、また増えるんだけど・・・)
その時は価値はないと思っても、もう買えない思い出のもの、もう会えない人を思い出すもの、を捨てたことは後悔が残っています
注意して現職を遂行してくださいね
登録日: 2013/10/18
投稿数: 2652
2020/5/23 18:29
 RE: TokyoWalker とか Hanako とか
mapleさん

ちょいゴブです。コメントありがとうございます。

>家族史を振り返り、、、涙する。。。
>tsukadonさん、いい人ですね〜☆

まぁ単なるロマンチスト、センチメンタリスト、ノスタルジストなだけですけどね

>私は短くもなくなってきた生涯で、引っ越しを10回以上

おー、私も引っ越し経験が多く、人生で15回ぐらいしてます。
そのたびに断捨離のようなことになるのでだんだん物が減っていきますが、確かにあとで考えたら「あれ捨てるんじゃなかった」という物が必ず出てきますね。
引っ越しする時点では「少しでも手軽に・身軽に」モードに頭がなっているから、思いっきりがいいんでしょうね。
もっとも今回の私の場合は逆で、長年引っ越しをしなさ過ぎた(30年以上)せいで、要らないものがあまりにたまり過ぎた状態です。

おっしゃるように、
>もう買えない思い出のもの、もう会えない人を思い出すもの
もありますから、そういうのは取っておきますが、基本「心を鬼に」が今回の合言葉です(笑)。そう心がけていたら、「もったいない」にも "時効" がある、ということに今回気が付きました。
後生大事にとっておいたものでも、今見ると「へえ、こんなもん取っておいたんだ、もう何の価値もないな」という物が殆どです。ガラクタが10個あったら、これからも取っておこうという物は1個あるかどうかです。

>注意して現職を遂行してくださいね

隊長! 了解しました


ページの先頭へ