また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

パスハンティング(ぱすはんてぃんぐ) / 自転車パスハン

最終更新:2018-05-04 21:22 - Honoca
基本情報
パスハンティングとは、自転車ツーリングの一形態。広義に自転車での峠越えを指す。
パスとはPass 又はPath であり、小道、小路、経路、峠などを意味している。 山がちな国土を持つ日本では、ある程度以上の距離を移動する場合はほぼ必ず峠越えは発生するが、「パスハンティング」(pass―峠 hunting―漁る)ではその名のとおり、一般の車両が通行しない、林道、旧道、古道、廃道などを対象とする。 こうした道は一般への露出が少なく情報が乏しいため、攻略には冒険、探検的な要素が強くなり、経験を積んだ愛好家ほど、人跡まばらな知られざる道、忘れられた道を追い求める傾向がある。これらの道は管理が行き届いていない場合が多く、倒木や降雨による洗堀、土石の崩落、植物の繁茂などによって荒廃していることが普通である。このため、パスハンターは荒地を走破するのに適した装備、形態をめられる。

車種:パスハンター
パスハンターは日本独自の自転車の形態であり、急峻な日本の峠道を踏破するサイクリングの一形態であるパスハンティングのために特化した車種である。
本格的なパスハンティングの愛好家は絶対数が多くなく、大量生産を可能にするだけの需要がないため、パスハンターはオーダーメイドの一品製作か、既存車種の改造に頼ることになる。

「パスハンティング」 に関連する記録(最新3件)

京都・北摂
  14    18  2 
2017年05月28日(日帰り)
ページの先頭へ