ヤマレコ

記録ID: 1004755 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山8の字周遊

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 西からの風冷たい
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武甲山登山口、一の鳥居駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤の実線がほとんどで、案内道明瞭です。
ところどころ落ち葉で道が埋まっていますが、立ち止まって冷静に見渡せば道はわかります。
大日堂から大持山までのVRは取りつきが分かっていればなんのことはありませんが、ここ行くのか!という民家の間を通るので事前に要チェックを。
尾根道にのってしまえば、テープもあり道は整っていますが、大持山まではずっと急な登りが続きます。
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

写真

日の出前の武甲山。
2016年11月12日 05:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前の武甲山。
一の鳥居からのスタートは実は初めてなわけで。
いざ!
2016年11月12日 06:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居からのスタートは実は初めてなわけで。
いざ!
1
前日雨が降ったので不動滝の勢いはよい。
2016年11月12日 06:28撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日雨が降ったので不動滝の勢いはよい。
やらない善意よりやる偽善ということで、1リットルだけ。
2016年11月12日 06:29撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やらない善意よりやる偽善ということで、1リットルだけ。
3
早朝の登山道はさわやかです。
2016年11月12日 06:45撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の登山道はさわやかです。
大杉ぃ。
2016年11月12日 06:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉ぃ。
2
頂上直前、こんなところまで鹿が。
三頭の群れでした。
2016年11月12日 07:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直前、こんなところまで鹿が。
三頭の群れでした。
1
Mission Complete.
2016年11月12日 07:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mission Complete.
2
ほどなく頂上。
2016年11月12日 07:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく頂上。
1
早起きのご褒美は絶景ということで。
ただし、寒い!
2016年11月12日 07:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早起きのご褒美は絶景ということで。
ただし、寒い!
4
秩父は雲海の下。
2016年11月12日 07:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父は雲海の下。
6
美の山。
2016年11月12日 07:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美の山。
5
目指すは子持山。
2016年11月12日 07:26撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは子持山。
通過。
2016年11月12日 07:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通過。
幻想的な
2016年11月12日 07:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な
1
こんなん
2016年11月12日 07:35撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなん
5
振り返って武甲山。
きっちり紅葉しています。
2016年11月12日 07:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って武甲山。
きっちり紅葉しています。
4
子持山に到着。
冷たい風がこたえます。
2016年11月12日 07:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山に到着。
冷たい風がこたえます。
1
両神山。
2016年11月12日 08:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山。
3
山深し。
2016年11月12日 08:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山深し。
3
紅葉と両神山。
2016年11月12日 08:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と両神山。
5
大持山。
後ほどここにまた来るはず。
2016年11月12日 08:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山。
後ほどここにまた来るはず。
1
ボーナスタイム。
2016年11月12日 08:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーナスタイム。
1
大持の肩より。
2016年11月12日 08:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持の肩より。
1
そして、そして。
2016年11月12日 08:29撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、そして。
1
みんな大好きウノタワです。
2016年11月12日 08:29撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんな大好きウノタワです。
6
鳥首峠通過。
さて、ここからが、アップダウンがいっぱいなのですよ。
2016年11月12日 08:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠通過。
さて、ここからが、アップダウンがいっぱいなのですよ。
景色は最高なのです。
蕎麦粒山と仙元尾根。
あそこを下ります。
2016年11月12日 08:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色は最高なのです。
蕎麦粒山と仙元尾根。
あそこを下ります。
4
振り返って、大持、小持。
2016年11月12日 09:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、大持、小持。
両神山。
2016年11月12日 09:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山。
左の蕎麦粒山から右は天目山。
天目山からもVRで下れる尾根があるようです。
2016年11月12日 09:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の蕎麦粒山から右は天目山。
天目山からもVRで下れる尾根があるようです。
ヘロヘロで有間山。
2016年11月12日 09:31撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘロヘロで有間山。
1
まだ先は長いです。
2016年11月12日 09:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先は長いです。
有間峠からは、名栗湖がばっちり見えます。
2016年11月12日 10:09撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間峠からは、名栗湖がばっちり見えます。
1
大持山から左の伸びる尾根を登る予定です。
2016年11月12日 10:28撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山から左の伸びる尾根を登る予定です。
2
日向沢ノ峰(うら)からは、残念、Mt.Fujiは今日は無し。
2016年11月12日 10:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向沢ノ峰(うら)からは、残念、Mt.Fujiは今日は無し。
蕎麦粒山へ!
2016年11月12日 10:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山へ!
蕎麦粒山直前の名物、急降下&急上昇。
2016年11月12日 10:56撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山直前の名物、急降下&急上昇。
4
仙元尾根へは、ここを一度登ります。
2016年11月12日 11:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元尾根へは、ここを一度登ります。
祠の裏からいざ!
2016年11月12日 11:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の裏からいざ!
仙元尾根からは、歩いてきた有間峠方面。
2016年11月12日 11:29撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元尾根からは、歩いてきた有間峠方面。
数年前にくらべたら、各段に歩きやすくなっています。
2016年11月12日 11:43撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数年前にくらべたら、各段に歩きやすくなっています。
紅葉と、Blue Sky♪
2016年11月12日 11:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と、Blue Sky♪
マニア向け。
2016年11月12日 11:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マニア向け。
1
ボーナスタイム。
2016年11月12日 12:07撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーナスタイム。
大日堂までようやっと下ってこれました。
2016年11月12日 12:22撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日堂までようやっと下ってこれました。
1
さて、ここからVRなのですが、取りつきが分かりません。
こんなんとかありますが、肝心の取りつきはどこでしょう?
2016年11月12日 12:25撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここからVRなのですが、取りつきが分かりません。
こんなんとかありますが、肝心の取りつきはどこでしょう?
公民館の裏あたりを探ると
2016年11月12日 12:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公民館の裏あたりを探ると
お!テープと踏み跡がありますよ。
2016年11月12日 12:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お!テープと踏み跡がありますよ。
2
ピンクテープもあります。
2016年11月12日 12:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープもあります。
歩きやすい道、間違いない!
2016年11月12日 12:40撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道、間違いない!
って、ここでようやくGPSで確認すると。
どっひゃー! 隣の尾根登ってますよ!
うぐぐ、谷を渡って正しい尾根まで取りつくか、一瞬まよいましたがここは勇気ある撤退。
迷ったら、元に戻るの基本を実施。
2016年11月12日 12:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
って、ここでようやくGPSで確認すると。
どっひゃー! 隣の尾根登ってますよ!
うぐぐ、谷を渡って正しい尾根まで取りつくか、一瞬まよいましたがここは勇気ある撤退。
迷ったら、元に戻るの基本を実施。
3
こんなにテープがあったら、行きたくなっちゃいますよね。
でも違うのです。
2016年11月12日 12:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにテープがあったら、行きたくなっちゃいますよね。
でも違うのです。
正しくは、ここを右に。
2016年11月12日 12:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正しくは、ここを右に。
民家の間の細い道を登るとありました。
東京電力の巡視路です。
ここが正解でした。
2016年11月12日 12:52撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の間の細い道を登るとありました。
東京電力の巡視路です。
ここが正解でした。
1
テープもあるし、しっかりした道です。
GPSもちゃんと確認済み。
2016年11月12日 12:54撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープもあるし、しっかりした道です。
GPSもちゃんと確認済み。
3
快適。
ただし・・・、ずっと急登です。
あくまでも、大持山への最短コースとなる尾根道。
急上昇がずっと続きます。
2016年11月12日 13:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適。
ただし・・・、ずっと急登です。
あくまでも、大持山への最短コースとなる尾根道。
急上昇がずっと続きます。
1
鉄塔を2つほど通過。
2016年11月12日 13:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を2つほど通過。
鳥首峠あたりでしょうか、たまに景色開けますが、基本樹林帯なのでひたすらもくもくと急登をこなすだけの時間が続きます。
2016年11月12日 13:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠あたりでしょうか、たまに景色開けますが、基本樹林帯なのでひたすらもくもくと急登をこなすだけの時間が続きます。
2
基本尾根を外さず登ればほぼ間違いなし。
道はよいのですけど、角度がきつすぎ。
そして長い。
2016年11月12日 13:43撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本尾根を外さず登ればほぼ間違いなし。
道はよいのですけど、角度がきつすぎ。
そして長い。
ようやっと、こうやっとで、大持山に戻ってきました。
いやぁ、きつかったッス。
2016年11月12日 14:02撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやっと、こうやっとで、大持山に戻ってきました。
いやぁ、きつかったッス。
2
またまた、ボーナスタイム。
2016年11月12日 14:10撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた、ボーナスタイム。
1
妻坂峠からもうちょっとで一の鳥居。
2016年11月12日 14:26撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠からもうちょっとで一の鳥居。
栄光のゴール!
ふぃー、やっぱり武甲山周辺はアップダウンが厳しいっす。
2016年11月12日 14:48撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栄光のゴール!
ふぃー、やっぱり武甲山周辺はアップダウンが厳しいっす。
3

感想/記録

武甲山は何度か登っていますが、一の鳥居からスタートは初めてのこと。
以前気になった、大日堂から大持山への直登VRを制覇すべくいざ!
ウノタワまでは、余力もありなかなか余裕でしたが、ここから、日向沢ノ峰までが、アップダウンの多いこと多いこと。
毎度のことながら、ヘロヘロになります。
そして、仙元尾根を下りきってからの、VRは取りつきが分からず30分くらい違う尾根にのぼったら、ウロウロしたり。
いざ取りついてみたら、道は明瞭でGoodなのですが、大持山までずーっと急な登りが続きます。
後半にこの尾根はなかなか厳しいコースとなりました。
大日堂からスタートの周遊の方がよいかも。
訪問者数:449人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雲海 急登 GPS 紅葉 直登 撤退 タワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ