ヤマレコ

記録ID: 1049669 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

扇山〜百蔵山(扇山へは一部バリエーションルートで)

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
<行き>
JR中央本線 鳥沢駅下車(※)
時刻表:http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list1076.html

<帰り>
JR中央本線 猿橋駅乗車
時刻表:http://www.jreast-timetable.jp/timetable/list0757.html

※扇山へは、四方津駅から登るコースもあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間24分
合計
7時間9分
S鳥沢駅07:4110:00大久保山10:05大久保のコル10:13扇山10:3110:37大久保のコル10:46大久保山10:5111:12カンバノ頭11:22長尾峰(長尾山)11:27宮谷分岐11:36コタラ山12:02百蔵山12:5413:49百蔵山登山口バス停14:19猿橋14:2814:50猿橋駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
扇山への尾根は5〜10Cmくらいの積雪がありましたが、よく締っており、アイゼンがなくても問題なかったです。
大久保山からの百蔵山への下りはかなり急で積雪もあるため、アイゼンを付けた方がよいと思います。(自分はアイゼンなしで下りましたが。)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ 調理器具 ライター コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

鳥沢駅に到着。とても綺麗な駅舎です。
(2016年3月に改築されたようです。)
無人駅で、トイレはありません。
この時間、ここから扇山に登るのは自分一人のようでした。
2017年01月21日 07:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥沢駅に到着。とても綺麗な駅舎です。
(2016年3月に改築されたようです。)
無人駅で、トイレはありません。
この時間、ここから扇山に登るのは自分一人のようでした。
駅を出て正面にある鳥沢駅周辺案内板。
2017年01月21日 07:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅を出て正面にある鳥沢駅周辺案内板。
今日もいい天気。
冬は天気が安定しているのがいいですね。
正面にこれから登る扇山が見えます。
2017年01月21日 07:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もいい天気。
冬は天気が安定しているのがいいですね。
正面にこれから登る扇山が見えます。
扇山への案内板が短い間隔であるので、安心です。
2017年01月21日 07:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山への案内板が短い間隔であるので、安心です。
住宅地の中を進みます。
2017年01月21日 07:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地の中を進みます。
道路のカーブミラーの下に設置された道標。
2017年01月21日 07:50撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路のカーブミラーの下に設置された道標。
中央自動車道の高架下を通ります。
2017年01月21日 07:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央自動車道の高架下を通ります。
道標ありすぎ。(うれしいけど。)
2017年01月21日 07:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標ありすぎ。(うれしいけど。)
こんな凝ったものも。
2017年01月21日 07:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな凝ったものも。
中央自動車道越しに、扇山とは逆方面の山々。
2017年01月21日 07:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央自動車道越しに、扇山とは逆方面の山々。
右に百蔵山が見えます。
2017年01月21日 07:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に百蔵山が見えます。
この分岐は右へ。
2017年01月21日 08:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐は右へ。
山の由来どおり、扇を広げたように幅広く見えますね。
2017年01月21日 08:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の由来どおり、扇を広げたように幅広く見えますね。
コンクリートの細い車道を進みます。
2017年01月21日 08:01撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリートの細い車道を進みます。
一旦、砂利道になります。
2017年01月21日 08:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、砂利道になります。
中央左に見えるちょっと尖がった山は、滝子山かな?
2017年01月21日 08:10撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左に見えるちょっと尖がった山は、滝子山かな?
百蔵山もよく見えました。
(隣の山なので、当たり前か。)
2017年01月21日 08:10撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百蔵山もよく見えました。
(隣の山なので、当たり前か。)
富士山は薄く雲に包まれていました。
2017年01月21日 08:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は薄く雲に包まれていました。
車道の開けた場所から。
三ツ峠山がはっきりと見えました。
山頂の電波塔でわかりやすいですね。
2017年01月21日 08:15撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道の開けた場所から。
三ツ峠山がはっきりと見えました。
山頂の電波塔でわかりやすいですね。
滝子山(たぶん・・・。)のアップ。
2017年01月21日 08:15撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝子山(たぶん・・・。)のアップ。
この辺りの道路は路面凍結していました。
滑りやすいので注意してと。
2017年01月21日 08:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの道路は路面凍結していました。
滑りやすいので注意してと。
空は真っ青で最高!
2017年01月21日 08:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は真っ青で最高!
ここを右に入ります。
2017年01月21日 08:22撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右に入ります。
空気も澄んでいて、気持ちいいです。
2017年01月21日 08:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気も澄んでいて、気持ちいいです。
左に入ります。
左に行かず、そのまま車道を進んでもOKみたいですね。
2017年01月21日 08:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に入ります。
左に行かず、そのまま車道を進んでもOKみたいですね。
落ち葉に薄く雪がかかっています。
2017年01月21日 08:33撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉に薄く雪がかかっています。
落ち葉でふかふかの道です。
2017年01月21日 08:34撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉でふかふかの道です。
ここで車道に合流します。
2017年01月21日 08:37撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで車道に合流します。
このまま車道を歩いて梨ノ木平に向かってもよかったのですが、せっかくなのでここを取り付きとして、バリエーションルートに挑戦してみることにしました、
2017年01月21日 08:40撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま車道を歩いて梨ノ木平に向かってもよかったのですが、せっかくなのでここを取り付きとして、バリエーションルートに挑戦してみることにしました、
荒れていますが、一応道のような窪みが。
2017年01月21日 08:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れていますが、一応道のような窪みが。
少し登ると、広い道に出ました。
登山道に合流したのかな?
2017年01月21日 08:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると、広い道に出ました。
登山道に合流したのかな?
少し進むと分岐がありました。
ひとまず右には行かず、まっすぐ進んでみることに。
2017年01月21日 08:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと分岐がありました。
ひとまず右には行かず、まっすぐ進んでみることに。
崩れそう・・・。
2017年01月21日 08:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れそう・・・。
先に進むと打ち捨てられた車がありました。
脇を抜けると道が途切れ、斜面になっていました。
進めなさそうなので、引き返します。
2017年01月21日 08:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと打ち捨てられた車がありました。
脇を抜けると道が途切れ、斜面になっていました。
進めなさそうなので、引き返します。
先ほどの分岐地点まで戻ってきました。
2017年01月21日 08:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐地点まで戻ってきました。
今度は分岐を右に進んでみます。
しばらく行くと道が途切れ、そこからが大変でした・・・。
2017年01月21日 08:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は分岐を右に進んでみます。
しばらく行くと道が途切れ、そこからが大変でした・・・。
ここからは急坂を直登しました。
2017年01月21日 09:31撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは急坂を直登しました。
1
何とか尾根に出ました。
2017年01月21日 09:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか尾根に出ました。
1
扇山方面に向かいます。
2017年01月21日 09:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山方面に向かいます。
トレースがあったので、使わせていただきました。
2017年01月21日 10:02撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがあったので、使わせていただきました。
しばらく尾根伝いに進み、大久保山に到着。
標高1,109m。
2017年01月21日 10:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく尾根伝いに進み、大久保山に到着。
標高1,109m。
大久保山山頂全景。
あまり広くなく、展望もありません。
2017年01月21日 10:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保山山頂全景。
あまり広くなく、展望もありません。
小休止して扇山に向かいます。
2017年01月21日 10:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止して扇山に向かいます。
梨ノ木平から登ってくると、この分岐に到達するようですね。
2017年01月21日 10:09撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梨ノ木平から登ってくると、この分岐に到達するようですね。
ここを下ると梨ノ木平を経て、鳥沢駅。
2017年01月21日 10:10撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下ると梨ノ木平を経て、鳥沢駅。
結構雪がありますね。
2017年01月21日 10:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構雪がありますね。
多数のトレースがあり、よく締った雪だったので、アイゼンは使いませんでした。
2017年01月21日 10:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多数のトレースがあり、よく締った雪だったので、アイゼンは使いませんでした。
お、山頂が見えた!
誰もいないかな?
2017年01月21日 10:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、山頂が見えた!
誰もいないかな?
扇山の山頂に到着。
この時間は誰もいませんでした。
2017年01月21日 10:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山の山頂に到着。
この時間は誰もいませんでした。
今まで登った山梨百名山の標柱はみんな新しかった気がしますが、ここの標柱はまだ古いままみたいですね。
2017年01月21日 10:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まで登った山梨百名山の標柱はみんな新しかった気がしますが、ここの標柱はまだ古いままみたいですね。
富士山を包んでいた雲が晴れていました。
いつもどおり、美しい富士山です。
2017年01月21日 10:18撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を包んでいた雲が晴れていました。
いつもどおり、美しい富士山です。
1
今日も綺麗な富士山が見られて大満足。
2017年01月21日 10:18撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も綺麗な富士山が見られて大満足。
引きで。
2017年01月21日 10:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引きで。
秀麗富嶽十二景の案内板・・・ですが、落書き(正確には削り書き)だらけ。
心無い人がいるものです。
2017年01月21日 10:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の案内板・・・ですが、落書き(正確には削り書き)だらけ。
心無い人がいるものです。
扇山 標高1,138m。
秀麗富嶽十二景 六番です。
右下にQRコードでご褒美画像が見られるみたいです。
ちょっと面白い試みですよね。
2017年01月21日 10:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山 標高1,138m。
秀麗富嶽十二景 六番です。
右下にQRコードでご褒美画像が見られるみたいです。
ちょっと面白い試みですよね。
QRコードでアクセスした扇山のご褒美画像です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
QRコードでアクセスした扇山のご褒美画像です。
毎度の富士山ドアップ。
2017年01月21日 10:19撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎度の富士山ドアップ。
年季が入った道標。
百蔵山へは、ここから1時間50分か。
2017年01月21日 10:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年季が入った道標。
百蔵山へは、ここから1時間50分か。
もちろんですとも!
2017年01月21日 10:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろんですとも!
富士山方面と逆側は、木々に阻まれて展望はよくありません。
2017年01月21日 10:21撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山方面と逆側は、木々に阻まれて展望はよくありません。
ゴルフ場。
2017年01月21日 10:21撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場。
相模湖をアップで。
2017年01月21日 10:21撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖をアップで。
気温は3°C弱。
陽が当たっていて、風もないので、思ったより寒くありません。
2017年01月21日 10:29撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は3°C弱。
陽が当たっていて、風もないので、思ったより寒くありません。
1
木の間から、相模湖方面をパチリ。
2017年01月21日 10:33撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から、相模湖方面をパチリ。
大久保山まで戻ってきました。
百蔵山へはここを進みます。
2017年01月21日 10:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保山まで戻ってきました。
百蔵山へはここを進みます。
三角点に1円玉が3枚。
2017年01月21日 10:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点に1円玉が3枚。
しばらく下ってから振り返って。
結構な急坂で積雪があります。
この時は凍結はしていませんでしたので、アイゼンを付けなくても何とかなりましたが、凍っていたらアイゼンは必須だと思います。
2017年01月21日 11:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下ってから振り返って。
結構な急坂で積雪があります。
この時は凍結はしていませんでしたので、アイゼンを付けなくても何とかなりましたが、凍っていたらアイゼンは必須だと思います。
ひとしきり下ると、このような雪原に出ました。
2017年01月21日 11:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとしきり下ると、このような雪原に出ました。
先に見えるあのピークは、これから向かう百蔵山かな?
2017年01月21日 11:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に見えるあのピークは、これから向かう百蔵山かな?
ここは右へ。
2017年01月21日 11:22撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右へ。
壊れた道標。
元々の文字が消えて、マジックで書かれています。
2017年01月21日 11:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壊れた道標。
元々の文字が消えて、マジックで書かれています。
杉の木に巻かれたこの白い帯は何だろう?
伐採しないで残す木の印?
2017年01月21日 11:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の木に巻かれたこの白い帯は何だろう?
伐採しないで残す木の印?
急斜面に伸びる細道を進みます。
2017年01月21日 11:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面に伸びる細道を進みます。
文字が消えてしまった道標。
2017年01月21日 11:40撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文字が消えてしまった道標。
この辺りは痩せていて積雪もあるので、慎重に歩きます。
2017年01月21日 11:41撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは痩せていて積雪もあるので、慎重に歩きます。
扇山方面。
2017年01月21日 11:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山方面。
ここから百蔵山への急登がスタート。
2017年01月21日 11:50撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから百蔵山への急登がスタート。
さっきまでいた扇山が見えます。
2017年01月21日 11:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまでいた扇山が見えます。
こっち側の山々はほとんど積雪がありませんね。
2017年01月21日 11:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち側の山々はほとんど積雪がありませんね。
分岐点に到着。
帰りはここから猿橋駅に下ります。
2017年01月21日 12:02撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に到着。
帰りはここから猿橋駅に下ります。
山頂まではあとわずか。
2017年01月21日 12:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではあとわずか。
山頂が見えました。
2017年01月21日 12:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
百蔵山山頂に到着。
こっちの道標は新しいですね。
山頂は、家族で来ている方が斜面の芝生で食事中でした。
2017年01月21日 12:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百蔵山山頂に到着。
こっちの道標は新しいですね。
山頂は、家族で来ている方が斜面の芝生で食事中でした。
扇山 標高1,003m。
秀麗富嶽十二景 七番です。
2017年01月21日 12:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇山 標高1,003m。
秀麗富嶽十二景 七番です。
秀麗富嶽十二景の案内板。
扇山より程度は軽いですが、削られてしまってます。
まったく、誰だこんなことした奴は。
2017年01月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の案内板。
扇山より程度は軽いですが、削られてしまってます。
まったく、誰だこんなことした奴は。
明治維新百年際記念の石碑がありました。
2017年01月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治維新百年際記念の石碑がありました。
この道標も文字が消えかかってしまってます。
2017年01月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標も文字が消えかかってしまってます。
テーブルはこれ一つしかありません。
端に座って食事の準備をしていると、団体さんが到着し、相席で食事をすることに。
2017年01月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルはこれ一つしかありません。
端に座って食事の準備をしていると、団体さんが到着し、相席で食事をすることに。
到着した時点では、富士山は再び雲に隠れてしまっていました。
2017年01月21日 12:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着した時点では、富士山は再び雲に隠れてしまっていました。
遠くに連なる山々には、もれなく雪が積もっているみたいですね。
2017年01月21日 12:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに連なる山々には、もれなく雪が積もっているみたいですね。
ここでも気温は変わらず、3°C弱。
風はなく、快適です。
2017年01月21日 12:32撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも気温は変わらず、3°C弱。
風はなく、快適です。
食事を終える頃には、雲が晴れてきてました。
2017年01月21日 12:41撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事を終える頃には、雲が晴れてきてました。
山頂が見えました。
2017年01月21日 12:45撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
中央の他より少し高くなっているのは何山だろう?
2017年01月21日 12:46撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の他より少し高くなっているのは何山だろう?
ん?
よく見ると小屋のようなものが見える気がする。
2017年01月21日 12:46撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?
よく見ると小屋のようなものが見える気がする。
パノラマで。
この時間はどうしても逆光になってしまいます。
2017年01月21日 12:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマで。
この時間はどうしても逆光になってしまいます。
百蔵山のご褒美画像QRコード。
2017年01月21日 13:01撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百蔵山のご褒美画像QRコード。
QRコードでアクセスした、百蔵山のご褒美画像です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
QRコードでアクセスした、百蔵山のご褒美画像です。
ゆっくり堪能したし、そろそろ下ります。
先ほどの分岐まで戻り、猿橋駅方面へ。
2017年01月21日 13:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり堪能したし、そろそろ下ります。
先ほどの分岐まで戻り、猿橋駅方面へ。
結構急で、ロープが設置されていました。
2017年01月21日 13:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急で、ロープが設置されていました。
落ち場したの石や木の根に注意して下ります。
2017年01月21日 13:09撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち場したの石や木の根に注意して下ります。
下ってきた道を振り返って。
2017年01月21日 13:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた道を振り返って。
!?
そんなところにどうやって引っかかったの?
2017年01月21日 13:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
!?
そんなところにどうやって引っかかったの?
辛うじて、「下和田・猿橋駅」と読めます。
2017年01月21日 13:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛うじて、「下和田・猿橋駅」と読めます。
枯れ葉が厚く積もっています。
2017年01月21日 13:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ葉が厚く積もっています。
だんだんと石が多くなり、注意しながら進みます。
2017年01月21日 13:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと石が多くなり、注意しながら進みます。
車道に出ました。
2017年01月21日 13:33撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出ました。
なるほど。
今回は東ルートで下りてきたのですね。
2017年01月21日 13:33撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど。
今回は東ルートで下りてきたのですね。
百蔵浄水場。
2017年01月21日 13:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百蔵浄水場。
百蔵浄水場の後ろに、今下ってきた百蔵山が見えます。
2017年01月21日 13:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百蔵浄水場の後ろに、今下ってきた百蔵山が見えます。
富士山はまた顔を見せてくれました。
2017年01月21日 13:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はまた顔を見せてくれました。
しばらく下りると、公衆トイレがありました。
2017年01月21日 13:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下りると、公衆トイレがありました。
この辺りでは有名(?)な、ハッピードリンクショップ。
2017年01月21日 13:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでは有名(?)な、ハッピードリンクショップ。
大通りに合流しました。
2017年01月21日 13:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大通りに合流しました。
またハッピードリンクショップがありました。
2017年01月21日 14:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またハッピードリンクショップがありました。
せっかくなので、猿橋を見にいくことにしました。
2017年01月21日 14:09撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、猿橋を見にいくことにしました。
200m先みたいです。
2017年01月21日 14:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200m先みたいです。
甲斐の猿橋に到着。
「岩国の錦帯橋」、「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋の一つで、広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」など描かれているそうです。
2017年01月21日 14:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐の猿橋に到着。
「岩国の錦帯橋」、「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋の一つで、広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」など描かれているそうです。
猿橋の中間地点から下をパチリ
下を流れるのは桂川です。
2017年01月21日 14:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋の中間地点から下をパチリ
下を流れるのは桂川です。
猿橋の中間地点から下をパチリ
2017年01月21日 14:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋の中間地点から下をパチリ
猿橋の中間地点から下をパチリ
2017年01月21日 14:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋の中間地点から下をパチリ
猿橋の中間地点から下をパチリ
2017年01月21日 14:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋の中間地点から下をパチリ
1
対岸から。
2017年01月21日 14:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸から。
この構造は橋脚を全く使わない特殊なもので、鋭くそびえたつ両岸から四層に重ねられた「刎木(はねぎ)」とよばれる支え木をせり出し、橋を支えているとのこと。(Wikiより)
2017年01月21日 14:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この構造は橋脚を全く使わない特殊なもので、鋭くそびえたつ両岸から四層に重ねられた「刎木(はねぎ)」とよばれる支え木をせり出し、橋を支えているとのこと。(Wikiより)
なるほど、奇橋と呼ばれるに相応しい構造をしていますね。
2017年01月21日 14:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど、奇橋と呼ばれるに相応しい構造をしていますね。
猿橋近くには、綺麗なトイレがありました。
2017年01月21日 14:30撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋近くには、綺麗なトイレがありました。
猿橋駅に着きました。
駅舎の屋根は、先ほど見た猿橋を模しているのだそう。
2017年01月21日 14:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋駅に着きました。
駅舎の屋根は、先ほど見た猿橋を模しているのだそう。
駅舎の階段を上がると、秀麗富嶽十二景の案内がありました。
2017年01月21日 14:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅舎の階段を上がると、秀麗富嶽十二景の案内がありました。
一番山頂、雁ヶ腹摺山(1,874m)と姥子山(1,503m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番山頂、雁ヶ腹摺山(1,874m)と姥子山(1,503m)。
二番山頂、牛奥ノ雁ケ腹摺山(1,995m)と、この案内には記載がありませんが、小金沢山(2,014m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二番山頂、牛奥ノ雁ケ腹摺山(1,995m)と、この案内には記載がありませんが、小金沢山(2,014m)。
三番山頂、大蔵高丸(1,781m)とハマイバ(1,752m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三番山頂、大蔵高丸(1,781m)とハマイバ(1,752m)。
四番山頂、滝子山(1,590m)と笹子雁ヶ腹摺山(1,357m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四番山頂、滝子山(1,590m)と笹子雁ヶ腹摺山(1,357m)。
五番山頂、奈良倉山(1,348.9メートル)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五番山頂、奈良倉山(1,348.9メートル)。
六番山頂、今日登った扇山(1,137.8m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六番山頂、今日登った扇山(1,137.8m)。
七番山頂、今日登った百蔵山(1,003.4m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七番山頂、今日登った百蔵山(1,003.4m)。
八番山頂、岩殿山(634m)と、この案内には記載がありませんが、お伊勢山(丘陵地・約550m)。
2017年01月21日 14:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八番山頂、岩殿山(634m)と、この案内には記載がありませんが、お伊勢山(丘陵地・約550m)。
九番山頂、高畑山(981.9m)と、この案内には記載がありませんが、倉岳山(990.1m)。
2017年01月21日 14:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九番山頂、高畑山(981.9m)と、この案内には記載がありませんが、倉岳山(990.1m)。
十番山頂、九鬼山(970m)。
2017年01月21日 14:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十番山頂、九鬼山(970m)。
十一番山頂、高川山(975.7m)。
2017年01月21日 14:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十一番山頂、高川山(975.7m)。
十二番山頂、本社ケ丸(1,630.8m)と八山(1,593m)
2017年01月21日 14:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二番山頂、本社ケ丸(1,630.8m)と八山(1,593m)
猿橋駅のホームからは、百蔵山(左)と扇山(右)が見えました。
2017年01月21日 15:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿橋駅のホームからは、百蔵山(左)と扇山(右)が見えました。

感想/記録

今週末も天気が良さそうなので、公共交通機関利用で駅から登山口まで徒歩圏内の山を探したところ、
山梨県大月市が定めた「秀麗富嶽十二景」なるものがあり、駅からのアクセスが良い山が多いとのこと。

そこで、今回はその中でも人気のある、扇山と百蔵山に登ってみることにしました。

JR中央本線の鳥沢駅に着いたのは8時前。
下車したのは数人。登山者ぽい恰好の人もいた気がしますが、扇山方面に向かうのは自分一人でした。
今日も静かな山行が楽しめそうです。(しめしめ・・・。)

扇山へは、しばらく住宅地の中を進みます。
住宅地内ですが、100mもない間隔で道標が点在するため、迷うことなく歩けました。
それら道標にも様々なパターンがあり、楽しませてくれます。

一旦車道から山道に入りますが、すぐに車道と合流します。
そのまま車道を行けば、梨ノ木平に至り、そこから扇山山頂を目指すところですが、途中に
上へと向かう道を見つけて冒険心に火が付いてしまい、バリエーションルートに挑戦してみることにしました。
(本当はこのような計画変更はよろしくないのですが・・・。)

少し登ると、登山道と思われる広めの道に出たので、先に進むと分岐があり、ひとまず道なりに進むと行き止まりに。
仕方なく分岐まで戻り、今度は上に向かう道を進んでみます。

少し登ると道は途切れ、以降は道らしい道はなく、登れそうなルートを探しながら進むことになりました。
厄介だったのが、途中に茨のような棘がびっしりついた草が生えている箇所があり、うっかり踏み込もうものなら
ザックやアウターやズボンなど、あらゆるところに引っかかり、外すのに苦労しました。

そんなこんなで何とか尾根に出ました。
扇山山頂は結構先のようです。
尾根は所々土が見えているものの、結構な積雪がありました。
ただ、トレースがあったのでありがたく使わせてもらいました。

20分程で大久保山山頂に到着。
標柱はなく(元々はあったのかもしれませんが)、木に簡素な札が括りつけられているだけでちょっと寂しい感じでした。

少し休んで、扇山に向かいました。
10分くらいで扇山山頂に到着。誰もいなかったので、山頂を独占できました。
いろいろと写真を撮っていると、男性が一人到着。
自分は百蔵山へ向かうため、男性に挨拶して山頂を後にしました。

大久保山山頂まで戻り、百蔵山方面に進むと、すぐに急な下りが始まります。
300mくらいを下ったでしょうか、やっと百蔵への登りが始まり、急斜面の細道、痩せ尾根、岩場を経て1時間半ほどで百蔵山山頂に到着しました。

1つしかないテーブルで食事の準備をしていると、団体さんがやってきて全ての席が埋まってしまいました。
相席で食事をして(団体さん内で盛り上がっていたので、敢えて話すことはせず、富士山を眺めながら静かに食べました。)、少し休んだ後、猿橋駅へ向かって下山を開始しました。

しばらくは急な下りで、ロープが設置されていました。(自分は使いませんでしたが。)
積雪はほとんどなく、ふかふかの落ち葉を踏みしめてどんどん下りました。
30分ほどで車道に出ました。

そのまま猿橋駅に向かってもよかったのですが、せっかくなので日本三大奇橋の一つだという甲斐の猿橋を見に行きました。

着いてみると、なるほど確かに面白い構造をしています。
独特な構造になったのは、ここは渓谷で下の川からの高さが31mもあるため、橋脚を立てられなかったからだそうです。

猿橋駅に着き、階段を登ると、通路の両側の壁に秀麗富嶽十二景の写真付きの案内板がありました。
全て駅から登山口まで行けるみたいなので、しばらくは秀麗富嶽十二景の山々を登ってみようかな。

今回はバリエーションルートで登ったりして疲れましたが、中々楽しめたと思います。
訪問者数:544人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ