ヤマレコ

記録ID: 1050577 全員に公開 ハイキング奥武蔵

うどんへの道 正丸・伊豆ヶ岳・子の権現・浅見茶屋

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 風は冷たいものの微風
アクセス
利用交通機関
電車
西部秩父線 正丸駅スタート
浅見茶屋で満腹後は西武秩父線 吾野駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
35分
合計
3時間50分
S正丸駅07:1307:33伊豆ヶ岳登山口08:11五輪山08:28伊豆ヶ岳08:3008:44古御岳08:4509:08高畑山09:1009:26中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)09:2709:43天目指峠09:4910:20子ノ権現10:4311:03浅見茶屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートログはヤマレコMAPで取得しています。
その他周辺情報浅見茶屋が今回のお目当て
詳細は下記ページのご参照を
http://asamichaya.jp/
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウターシェル上着(レインウェア)(1) 地図(山と高原地図)(1) 地図(国土地理院1/25000)(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) サングラス(1) スマートフォン(1) スマートフォン予備電池(1) ガラケー(1) デジカメ(1) マルチプライヤー(1) ノート(1) ペン(1) 健康保険証(1) 免許証(1) 現金(1) クレジットカード(1) キャッシュカード(1) キャップ(1) ビーニー(1) フリースグローブ(1) 滑り止め付速乾軍手(1) 救急セット(1) 時計(1) 水(1) カロリーメイト(1)

写真

西武秩父線 正丸駅 向かって右の建物がトイレです。
正丸峠を経由しない場合、子の権現までトイレは無いので済ませておきましょう。
2017年01月22日 07:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武秩父線 正丸駅 向かって右の建物がトイレです。
正丸峠を経由しない場合、子の権現までトイレは無いので済ませておきましょう。
駅に登山ポストがあります。
用紙はあるものの筆記具は見当たらず。
スマホでの届け出の案内も。
2017年01月22日 07:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅に登山ポストがあります。
用紙はあるものの筆記具は見当たらず。
スマホでの届け出の案内も。
標札に従って階段を下り、右に曲がって線路を潜ります。
しばらくは舗装路。
2017年01月22日 07:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標札に従って階段を下り、右に曲がって線路を潜ります。
しばらくは舗装路。
安産地蔵の説明。
2017年01月22日 07:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安産地蔵の説明。
安産地蔵。
2017年01月22日 07:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安産地蔵。
1
ほどなく正丸峠方面と伊豆ヶ岳への道の分岐に。
右の正丸峠経由でも尾根伝いに伊豆ヶ岳に行けますが、正丸峠は心霊スポットのイメージが強いので左へ。
2017年01月22日 07:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく正丸峠方面と伊豆ヶ岳への道の分岐に。
右の正丸峠経由でも尾根伝いに伊豆ヶ岳に行けますが、正丸峠は心霊スポットのイメージが強いので左へ。
ようやく未舗装の山道の始まり。うどんへの道。
2017年01月22日 07:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく未舗装の山道の始まり。うどんへの道。
そこそこ変化に富んでいます。
2017年01月22日 07:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこ変化に富んでいます。
天気は上々。
2017年01月22日 07:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は上々。
歩きやすい尾根道。
2017年01月22日 07:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい尾根道。
視界が開けます。堂平山方面かな?
2017年01月22日 08:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けます。堂平山方面かな?
3
気持ち良く高度を上げて行きます。
2017年01月22日 08:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良く高度を上げて行きます。
2
伊豆ヶ岳北側斜面に残雪。先々週の雪でしょうか。
2017年01月22日 08:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳北側斜面に残雪。先々週の雪でしょうか。
1
五輪山も腐った後凍った雪が。
2017年01月22日 08:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪山も腐った後凍った雪が。
伊豆ヶ岳への男坂、女坂の分岐。
2017年01月22日 08:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳への男坂、女坂の分岐。
男坂は落石で通行を控えるようにとのこと。
2017年01月22日 08:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂は落石で通行を控えるようにとのこと。
伊豆ヶ岳の岩質の説明。
チャートって名前を聞いたのは高校以来のような。。
2017年01月22日 08:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の岩質の説明。
チャートって名前を聞いたのは高校以来のような。。
女坂には固まった残雪が残っています。
2017年01月22日 08:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女坂には固まった残雪が残っています。
で、女坂は崩落で通行止め。。
2017年01月22日 08:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、女坂は崩落で通行止め。。
真ん中の道を進みます。
俗称、オカマ坂とかw 分かりやすいネーミング。
2017年01月22日 08:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の道を進みます。
俗称、オカマ坂とかw 分かりやすいネーミング。
1
オカマ坂は雪と言うか凍ってます。安全をみてここで軽アイゼンを装着。
2017年01月22日 08:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカマ坂は雪と言うか凍ってます。安全をみてここで軽アイゼンを装着。
1
男坂の上側の分岐。
2017年01月22日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂の上側の分岐。
残雪。
2017年01月22日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪。
ほどなく伊豆ヶ岳です。開けて明るい場所です。
2017年01月22日 08:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく伊豆ヶ岳です。開けて明るい場所です。
1
伊豆ヶ岳の名前の由来。
2017年01月22日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の名前の由来。
伊豆ヶ岳。
2017年01月22日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳。
2
三角点があります。
2017年01月22日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点があります。
でもその少し上にもう一つ標柱。
2017年01月22日 08:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもその少し上にもう一つ標柱。
さて、まだ休憩をするほどではないので進みます。
再び杉林へ。早々に軽アイゼンは外します。
2017年01月22日 08:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、まだ休憩をするほどではないので進みます。
再び杉林へ。早々に軽アイゼンは外します。
西吾野駅へのショートカット分岐。
2017年01月22日 08:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西吾野駅へのショートカット分岐。
大したことは無いもののアップダウンはあり、たまにこんな階段も。
2017年01月22日 08:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大したことは無いもののアップダウンはあり、たまにこんな階段も。
好天の下、太陽に向かって登って行くと。
2017年01月22日 08:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好天の下、太陽に向かって登って行くと。
古御岳。
2017年01月22日 08:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳。
1
東屋があります。
2017年01月22日 08:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋があります。
西側に視界が開け石灰の採石場が見えます。武甲山を思い出す。
2017年01月22日 08:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側に視界が開け石灰の採石場が見えます。武甲山を思い出す。
こんな案内が定期的に設定されています。
関東ふれあいの道は全体的に手入れが行き届いている印象。
2017年01月22日 08:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな案内が定期的に設定されています。
関東ふれあいの道は全体的に手入れが行き届いている印象。
歩きやすい道です。
2017年01月22日 09:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道です。
伊豆ヶ岳を振り返る。そこそこ端正な形をしています。
2017年01月22日 09:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳を振り返る。そこそこ端正な形をしています。
高畑山。
2017年01月22日 09:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑山。
The Road to The UDON.
2017年01月22日 09:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The Road to The UDON.
1
唐突に東電の送電塔と木々が伐採された広場。
でも電線は架線されていません。
2017年01月22日 09:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐突に東電の送電塔と木々が伐採された広場。
でも電線は架線されていません。
1
東京方面。。かな?
2017年01月22日 09:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京方面。。かな?
ほどなく分岐が。
2017年01月22日 09:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく分岐が。
手書きの案内。せっかくなので右へ。
2017年01月22日 09:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きの案内。せっかくなので右へ。
3
確かに三角点はあります。が、視界は開けていない。
測量の際は周囲の木々を伐採したのでしょうね。
2017年01月22日 09:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに三角点はあります。が、視界は開けていない。
測量の際は周囲の木々を伐採したのでしょうね。
趣と歴史を感じるうどんへの道。
2017年01月22日 09:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣と歴史を感じるうどんへの道。
天目指峠の伝説。龍神とウナギ。
2017年01月22日 09:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠の伝説。龍神とウナギ。
と言うことはこの祠は竜神様かな?
2017年01月22日 09:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言うことはこの祠は竜神様かな?
天目指峠では舗装路に出てしまします。
2017年01月22日 09:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠では舗装路に出てしまします。
昭和25年に峠に道を通した記念プレート。
2017年01月22日 09:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和25年に峠に道を通した記念プレート。
東屋があります。
2017年01月22日 09:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋があります。
バイクラックもあります。今度自転車で来てみよう。
2017年01月22日 09:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイクラックもあります。今度自転車で来てみよう。
関東ふれあいの道の案内板。
2017年01月22日 09:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道の案内板。
天目指峠の名前の由来。
2017年01月22日 09:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠の名前の由来。
さて再び山道を進みます。
2017年01月22日 09:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて再び山道を進みます。
アップダウンが続くので飽きません。
2017年01月22日 10:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンが続くので飽きません。
西川材の説明。
2017年01月22日 10:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西川材の説明。
しばらくすると祠が。これは振り返ったところ。
2017年01月22日 10:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると祠が。これは振り返ったところ。
その下に鳥居が。
愛宕さんでしたか。私が愛宕さんで思い出すのは京都の愛宕神社。
2017年01月22日 10:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その下に鳥居が。
愛宕さんでしたか。私が愛宕さんで思い出すのは京都の愛宕神社。
東京方面の視界が開けると。
2017年01月22日 10:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京方面の視界が開けると。
裏口から子の権現に。
2017年01月22日 10:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏口から子の権現に。
茅葺屋根に唐破風と特徴のある建物。これは本殿ではありませんが、この建物が一番印象的。
2017年01月22日 10:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅葺屋根に唐破風と特徴のある建物。これは本殿ではありませんが、この建物が一番印象的。
よく写真で見る巨大わらじと下駄。
2017年01月22日 10:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく写真で見る巨大わらじと下駄。
1
せっかくなのでお参りを。
ロウソクと線香も上げます。
2017年01月22日 10:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなのでお参りを。
ロウソクと線香も上げます。
横から奥の院に上がると鐘が撞けます。
2017年01月22日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から奥の院に上がると鐘が撞けます。
奥の院。
2017年01月22日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院。
ここからはスカイツリーまで望めるそうですが、今日はやや霞んでいる模様。もっともスカイツリーが望めてもさほど嬉しくはありませんけれど。
2017年01月22日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはスカイツリーまで望めるそうですが、今日はやや霞んでいる模様。もっともスカイツリーが望めてもさほど嬉しくはありませんけれど。
子の権現の説明。
2017年01月22日 10:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子の権現の説明。
正門をくぐって振り返る。
2017年01月22日 10:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正門をくぐって振り返る。
この看板は至る所に。
元々仏教寺院は檀家なんてどこも無かったでしょう。
檀家制度は徳川が民衆と寺を効率的に統制するために作った制度ですし。
2017年01月22日 10:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板は至る所に。
元々仏教寺院は檀家なんてどこも無かったでしょう。
檀家制度は徳川が民衆と寺を効率的に統制するために作った制度ですし。
1
門前には小さな茶店もあります。しかし、目的地は近いのでスルー。
2017年01月22日 10:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門前には小さな茶店もあります。しかし、目的地は近いのでスルー。
再び子の権現の説明。
2017年01月22日 10:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び子の権現の説明。
少し下ると目立つ案内が。。本日の目的地ですので当然向かいます。ここまでが今日の寄り道。
2017年01月22日 10:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると目立つ案内が。。本日の目的地ですので当然向かいます。ここまでが今日の寄り道。
電線があってもはや山道感の無いつづら折れを下降。
名栗側から自転車で子の権現に上がってきた場合、浅見茶屋への舗装路が無いのでこの区間を担いで降りるしかないか。。などと考えながら。
2017年01月22日 10:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電線があってもはや山道感の無いつづら折れを下降。
名栗側から自転車で子の権現に上がってきた場合、浅見茶屋への舗装路が無いのでこの区間を担いで降りるしかないか。。などと考えながら。
降魔橋を越えるともう舗装路になってしまいます。
2017年01月22日 11:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降魔橋を越えるともう舗装路になってしまいます。
そして本日の目的地である浅見茶屋。11AMオープンですのでちょうど良い時刻です。
ログはここで止めました。あとは車道ですしね。
2017年01月22日 11:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして本日の目的地である浅見茶屋。11AMオープンですのでちょうど良い時刻です。
ログはここで止めました。あとは車道ですしね。
4
ほうほう。
2017年01月22日 11:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほうほう。
メニューは比較的豊富。いずれも魅力的。
2017年01月22日 11:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メニューは比較的豊富。いずれも魅力的。
しかしせっかくなので冬期限定。
2017年01月22日 11:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしせっかくなので冬期限定。
1
鍋焼きうどん!大盛りです。
2017年01月22日 11:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋焼きうどん!大盛りです。
10
具だくさんです。麺も手打ちを売り物にするだけあってコシがあり適度なモチモチ感。ダシも美味しいです。
2017年01月22日 11:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
具だくさんです。麺も手打ちを売り物にするだけあってコシがあり適度なモチモチ感。ダシも美味しいです。
5
完食。
2017年01月22日 11:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完食。
2
デザートにところてんを注文。やはりところてんは黒蜜が良い。
理想的には吉野葛を使った葛切りが食べたかったけれど、これはこれで美味でした。
2017年01月22日 11:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デザートにところてんを注文。やはりところてんは黒蜜が良い。
理想的には吉野葛を使った葛切りが食べたかったけれど、これはこれで美味でした。
4
大満足で浅見茶屋を後にします。
2017年01月22日 12:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大満足で浅見茶屋を後にします。
1
遠景。また来ます。次回は自転車でかもしれませんけれど。
2017年01月22日 12:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠景。また来ます。次回は自転車でかもしれませんけれど。
2
そうそう、中断していた無雪期登山靴の慣らしですが、100%ではないものの大分馴染んだように思います。
このルートにこの靴はオーバースペックでしたが。
2017年01月22日 13:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうそう、中断していた無雪期登山靴の慣らしですが、100%ではないものの大分馴染んだように思います。
このルートにこの靴はオーバースペックでしたが。
2

感想/記録

この週末、当初は谷川岳西黒尾根か八ヶ岳権現、ギボシを歩くことを考えていたのですが、西高東低の冬型気圧配置が強まり、ヤマテンの予報でも芳しく無かったので断念。
代わりに以前より訪れてみたかった浅見茶屋のうどんを食べに行こうと思い立ちました。自転車で自宅から自走して訪れることも考えましたが、この周辺の奥武蔵の山は歩いたことが無く、また、無雪期登山靴の慣らしも中断したままだったので、食前の軽い運動がてら今回のルートを歩いてみることとしました。
岩と雪の絶景がやはり一番とは言え、このような里山も自分は好きなのだなと再確認。故郷京都の周辺の山々も思い出しました。さしずめ、雲母坂から延暦寺に上がり、そのまま回峯道を大原三千院に抜ける道のイメージかな?

近日中に雪山のリベンジは果たしたいと思いますが、ほっこり穏やかな散策を楽しめ、何より浅見茶屋の美味しいうどんを堪能できた良い週末でした。
訪問者数:496人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ