また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1051371 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

入笠山〜雪山とスキーを楽しむ

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り(北杜市は晴れでしたが、隣の富士見町は曇りで残念)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
富士パノラマリゾートの駐車場
ゴンドラリフトは割引クーポンあり。
http://www.fujimipanorama.com/snow/special_ticket.gif
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間27分
休憩
7分
合計
1時間34分
S富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅08:4909:00入笠湿原09:04山彦荘09:0509:12マナスル山荘09:1309:44入笠山09:4910:04マナスル山荘10:09山彦荘10:13入笠湿原10:22アカノラ山10:23富士パノラマリゾートゴンドラ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
踏み固められており、持参した軽アイゼンは使わずじまい。もっとも、下りでは3度ほど滑って尻もちつきましたが・・・・。
その他周辺情報つたの湯:さらっとしたいい湯でした。露天風呂はこの時期としては少々ぬるめ。
http://www.tsutakijuku.jp/access/index.html
営業時間 AM10:00〜PM10:00 PM9:30受付終了 火曜定休・祝日の場合は翌日
入浴料金 大人(中学生以上):600円
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

ゲレンデ奥のゴンドラ山麓駅へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ奥のゴンドラ山麓駅へ。
2
ゴンドラ山頂駅前の入口。直進(登山道)しても左折(林道)しても、いずれでも入笠湿原へ行けるが、左折すると、軽く登り返すことになる。行きは直進した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅前の入口。直進(登山道)しても左折(林道)しても、いずれでも入笠湿原へ行けるが、左折すると、軽く登り返すことになる。行きは直進した。
2
林道を横断して入笠湿原へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断して入笠湿原へ。
2
入笠湿原を横断する。正面に山彦荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原を横断する。正面に山彦荘。
2
(振り返って)左側より進んできましたが、山頂駅の入口を左折して林道を進んだ場合、右ピークから下って来ることになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)左側より進んできましたが、山頂駅の入口を左折して林道を進んだ場合、右ピークから下って来ることになります。
2
山彦荘へ短く登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘へ短く登り返す。
2
(振り返って)電波塔が立っている所が、アカノラ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)電波塔が立っている所が、アカノラ山。
2
山彦荘の隣にトイレありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘の隣にトイレありました。
2
左側に登山道。林道をそのまま進んでも、先で合流する。帰りは林道をヒップソリ&歩きで下しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に登山道。林道をそのまま進んでも、先で合流する。帰りは林道をヒップソリ&歩きで下しました。
2
登山道と林道の合流地点。林道を進むとマナスル山荘経由で入笠山。雪の斜面を黄矢印方向に横切れば登山道へショートカットできる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道と林道の合流地点。林道を進むとマナスル山荘経由で入笠山。雪の斜面を黄矢印方向に横切れば登山道へショートカットできる。
2
マナスル山荘。左に登山道入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘。左に登山道入口。
2
雪原をショートカットするとこの先で合流できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原をショートカットするとこの先で合流できる。
2
(振り返って)雪原とアカノラ山電波塔。帰りは雪原をヒップソリで下りショートカットしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)雪原とアカノラ山電波塔。帰りは雪原をヒップソリで下りショートカットしました。
2
岩場コースと岩場迂回コースの分岐点。岩場コースを進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場コースと岩場迂回コースの分岐点。岩場コースを進みました。
2
雪が岩の間を埋めており、普通の道状態です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が岩の間を埋めており、普通の道状態です。
2
雪山らしくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山らしくなってきた。
2
(振り返って)ピークがアカノラ山です。八ヶ岳が見えるはずですが、ガスの中です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)ピークがアカノラ山です。八ヶ岳が見えるはずですが、ガスの中です。
2
一時間足らずで着きました。天候が悪化していなければ、誰でも容易に雪山を楽しめそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間足らずで着きました。天候が悪化していなければ、誰でも容易に雪山を楽しめそうです。
6
鳳凰山方向。晴れていれば、富士山、鳳凰山、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳の頭がみえるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山方向。晴れていれば、富士山、鳳凰山、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳の頭がみえるはず。
4
左のガスで覆われているのが八ヶ岳、右の山影は、金峰山と茅ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のガスで覆われているのが八ヶ岳、右の山影は、金峰山と茅ヶ岳。
4
入笠湿原に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原に戻りました。
2
アカノラ山経由で帰るべく、登り返します。来た道を戻った方が登り返しは少なくてすみますが、もう少しヒップソリを楽しめるのではないかと、こっちのルートを選択しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカノラ山経由で帰るべく、登り返します。来た道を戻った方が登り返しは少なくてすみますが、もう少しヒップソリを楽しめるのではないかと、こっちのルートを選択しました。
3
(振り返って)入笠湿原。左の木々越しに見えるピークが入笠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)入笠湿原。左の木々越しに見えるピークが入笠山。
2
間も無く林道に合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間も無く林道に合流する。
2
(振り返って)林道への合流点を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)林道への合流点を振り返る。
2
アノカラ山の電波塔横を通過して左に回り込めば、山頂駅です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アノカラ山の電波塔横を通過して左に回り込めば、山頂駅です。
2
山頂駅前の入口に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅前の入口に戻りました。
2
(振り返って)入笠山湿原の斜面を登り返しましたが、ヒップソリできたのは、この斜面だけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)入笠山湿原の斜面を登り返しましたが、ヒップソリできたのは、この斜面だけでした。
2
山頂駅からみる八ヶ岳(っていうけど、見えてませんが)ですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅からみる八ヶ岳(っていうけど、見えてませんが)ですが、
2
ロープウェイ山麓駅に降り立つと、こっちの方面は晴れていました。(まだピークはガスに包まれていますが)八ヶ岳。その右奥に、金峰山と茅ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山麓駅に降り立つと、こっちの方面は晴れていました。(まだピークはガスに包まれていますが)八ヶ岳。その右奥に、金峰山と茅ヶ岳。
2
(拡大)茅ヶ岳・金が岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)茅ヶ岳・金が岳
2

感想/記録

松本方面も晴れてくれるのではとの淡い期待をもって、雪山ハイクとスキーの両方を楽しもうと欲張りましたが、天気は期待通りにはならず。山頂のからの展望は駄目でしたが、スキーは足が痛くなるほど楽しみました。
訪問者数:303人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ