また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1053948 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

一昨年のリベンジで快晴の伊吹山へ(上平寺ルート〜上野ルート)

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高橋さん宅の駐車場(第2)に停めました。駐車場代は500円。
下山後に冷たいお茶とエンゼルパイをいただきました。
トイレ、靴洗い場も完備されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
1時間45分
合計
8時間25分
S駐車場07:3008:12伊吹神社入口08:2408:28京極氏屋形・庭園跡08:2908:32伊吹神社08:3809:48上平寺城跡10:35弥高尾根・上平寺尾根 分岐点10:4712:15昼食タイム12:3813:43日本武尊像(伊吹山)14:0314:08山頂周回道分岐・合流点14:1114:31伊吹山六合目避難小屋14:3214:37伊吹山五合目14:4514:49伊吹山四合目14:5114:57伊吹山三合目15:18伊吹山一合目(伊吹高原荘)15:3315:50伊吹山上野登山口15:5215:55駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部分かりずらい箇所がありましたが、先行者のトレースに助けられました。
その他周辺情報下山後のお風呂は、「いぶき薬草湯」へ。
入浴料は600円ですが、JAFの会員証の提示で550円になります。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

高橋さん第2駐車場から出てきて山頂方面を、しかし、こちらへは行きません
2017年01月28日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高橋さん第2駐車場から出てきて山頂方面を、しかし、こちらへは行きません
8
上平寺に向かう車道から伊吹山、右の尾根が本日登るルート
2017年01月28日 07:49撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺に向かう車道から伊吹山、右の尾根が本日登るルート
21
延々と車道歩きですが、歩道がないので大型トラックが通る度にヒヤッと
2017年01月28日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と車道歩きですが、歩道がないので大型トラックが通る度にヒヤッと
7
ここを左へ
2017年01月28日 08:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左へ
6
本当はここに停めたかったのですが・・・
2017年01月28日 08:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はここに停めたかったのですが・・・
8
伊吹神社入口、この女性と男性(ず〜っとツボ足)のカップルに追いつけず
2017年01月28日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹神社入口、この女性と男性(ず〜っとツボ足)のカップルに追いつけず
10
ここを左へ
2017年01月28日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左へ
4
登山口はその左に
2017年01月28日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はその左に
6
この木の先には
2017年01月28日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の先には
4
ちょっと注意ポイント
2017年01月28日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと注意ポイント
7
どんどんと引き離されます
2017年01月28日 08:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどんと引き離されます
5
思っていた以上に雪がタップリ
2017年01月28日 09:19撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていた以上に雪がタップリ
9
何となくいい感じ
2017年01月28日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となくいい感じ
5
赤テープがありました
2017年01月28日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープがありました
4
すみません、ず〜っとトレース泥棒させていただきました
2017年01月28日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すみません、ず〜っとトレース泥棒させていただきました
9
ここで長めの休憩を入れます
2017年01月28日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで長めの休憩を入れます
3
この辺りは歩きやすかったです
2017年01月28日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは歩きやすかったです
4
お〜!山頂が
2017年01月28日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜!山頂が
22
先行者の方より体重が重い分、よく踏み抜きます
2017年01月28日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者の方より体重が重い分、よく踏み抜きます
10
あの尾根を直登していくんですね
2017年01月28日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの尾根を直登していくんですね
22
この先は雪庇に注意
2017年01月28日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は雪庇に注意
9
振り返って
2017年01月28日 11:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
16
伊吹山スカイラインが見えてます
2017年01月28日 11:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山スカイラインが見えてます
8
この辺りもテープが多数
2017年01月28日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りもテープが多数
5
先行者ははるか先に
2017年01月28日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者ははるか先に
7
ここも雪庇注意
2017年01月28日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪庇注意
10
その先に山頂方面
2017年01月28日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に山頂方面
5
ワカンを履いての急登続きでヘロヘロ状態
2017年01月28日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを履いての急登続きでヘロヘロ状態
21
三合目辺りが見えてます
2017年01月28日 12:12撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目辺りが見えてます
7
歩いてきた尾根を振り返って
2017年01月28日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根を振り返って
9
先行者をズーム
2017年01月28日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者をズーム
9
シャリバテのため、途中で食事をとりました
2017年01月28日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャリバテのため、途中で食事をとりました
25
この林間を抜けると
2017年01月28日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この林間を抜けると
5
後はあの先を目指して
2017年01月28日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はあの先を目指して
13
お〜、琵琶湖が(カメラにゴミが)
2017年01月28日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、琵琶湖が(カメラにゴミが)
13
きつい・・・
2017年01月28日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい・・・
7
先行者の方が下ってきました
2017年01月28日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者の方が下ってきました
8
アッと言う間に下って行かれました
2017年01月28日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アッと言う間に下って行かれました
16
ここを越えると
2017年01月28日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを越えると
6
プチシュカブラ
2017年01月28日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチシュカブラ
18
もう少しで山頂だ!!
2017年01月28日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂だ!!
11
モンスター成長中
2017年01月28日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター成長中
27
山頂に到着しました。長かった〜
2017年01月28日 13:45撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました。長かった〜
36
乗鞍と北アルプス
2017年01月28日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍と北アルプス
21
ん〜、いい眺め
2017年01月28日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん〜、いい眺め
21
これまたすごい!
2017年01月28日 13:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまたすごい!
19
さて、下山しますか(下りはアイゼンを装着)
2017年01月28日 14:00撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山しますか(下りはアイゼンを装着)
9
・・・人多すぎ
中には、アイゼンワークもままならぬ方もいらっしゃいました
2017年01月28日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・人多すぎ
中には、アイゼンワークもままならぬ方もいらっしゃいました
16
振り返って
2017年01月28日 14:25撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
7
六合目避難小屋
2017年01月28日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋
6
三合目方面
2017年01月28日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目方面
3
霊仙が正面に
2017年01月28日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙が正面に
4
三合目からの好きな景色
2017年01月28日 15:00撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目からの好きな景色
14
琵琶湖が光り輝いています
2017年01月28日 15:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が光り輝いています
12
かなり下ってきました
2017年01月28日 15:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下ってきました
3
シリセードされている方もいましたが、あっという間に追いついてしまいました
2017年01月28日 15:13撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シリセードされている方もいましたが、あっという間に追いついてしまいました
5
一合目でアイゼンを外し
2017年01月28日 15:33撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目でアイゼンを外し
3
その先は、案の定の泥だらけ
2017年01月28日 15:34撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は、案の定の泥だらけ
4
もう、汚れなんかどうでも良くなってきました
2017年01月28日 15:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、汚れなんかどうでも良くなってきました
7
登山口に到着
2017年01月28日 15:50撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着
4
高橋さん宅でお茶とお菓子をいただき、帰途につきました
2017年01月28日 15:56撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高橋さん宅でお茶とお菓子をいただき、帰途につきました
20

感想/記録
by kame

 以前から歩きたかった上平寺から弥高尾根で山頂へ直登するルート、無雪期は
笹の藪漕ぎが大変だということで、積雪期のこの時期の晴天の日を狙って歩いて
きました。

 上平寺集会所の駐車場に車を停めてピストンの計画でしたが、その駐車場の除雪が
余りされてない上に地元の方の車(窓の凍結状態から判断すると)がど真ん中に駐車
していて、停めるにしても迷惑をかけそうだったのでここに停めるのは諦め、近くに
路駐も考えたがいい場所が見つからず、どうせなら周回してやろうということで上野
登山口に向かい、ここに車を駐車して、上平寺登山口に向かいます。
 舗装路歩きですでにバテ気味な状態で上平寺登山口に到着すると、カップルの方が
まさに登りだすところでした。少し休憩を入れ、後を追うように歩き出します。神社
の鳥居前でワカンを装着中の女性に追いつくものの、ツボ足の男性の方が常に先行
される。途中で少しの間だけトップで歩くが、埋まる量も増えてきたので、ワカンを
装着するため離脱。この後、ソロの後続者の方にも抜かれ、以降は皆さんのトレース
をありがたく使わせていただく。弥高ルートからの合流点辺りから足が上がらない
うえに、時々足が攣りそうになる。水分は定期的に摂ってはいたものの、シャリバテ
気味。少し早いが途中の樹間で昼食を食べ、糖分も補給して山頂を目指す。予定して
いた時間より40分強遅れて山頂に到着。山頂では、360°の大展望が待ていました。
時間も予定よりかなり遅れていたので、景色鑑賞もほどほどに、ワカンからアイゼン
に履き替え、下山を開始する。開始して間もなく、急斜面にビビったのか、女性が
腰を落として滑り出し、下を歩いている人に衝突する場面を目にする。どう見ても
滑落停止の仕方を知らないようでしたが、毎年のようにこのような出来事を耳にする
のは残念なことだ。
 予定よりも若干遅れて一合目に到着し、ここでアイゼンを外して登山口へ。予想
通り、ここから登山口までは雪が融けて泥だらけ。最初は泥がはねないように気を
使いながら歩いていたが、途中からは泥はねをあまり気にすることなく登山口へ。
下山後は、高橋さん宅で冷たいお茶とお菓子をいただき帰途につきました。

 ヘロヘロになりながらも、一昨年の吹雪の途中敗退のリベンジを、気力と先行者の
方々のトレースに助けられて達成することができました。
久しぶりのシャリバテは、大反省です。
 トレースを付けてくださった皆さん、ありがとうございました。
訪問者数:878人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/11
投稿数: 2528
2017/1/30 9:12
 すごい!行きたい!
おはようございますkameさん
弥高尾根ですか!
一度歩いてみたいんですが、藪がかっているそうなので、歩くならこんな積雪時期がBESTですね。でも体力無いし途中でUターンする羽目になりそうです。
この日の伊吹山はこれ以上無いと言っていいほど素晴らしいお天気で、レコの絶景写真に唸ってばかりです。他の方のレコも拝見しましたが、うらやましい限りですね。

それにしても休日の上野ルートはすごい人人人! いろんなレベルの人が歩くので、うっかりしていると危ないですね、そう言う自分もピッケル持ってなくて使ったこともありません。手に入れたら技術指導お願いしたいです。
登録日: 2011/5/5
投稿数: 2339
2017/1/30 10:00
 伊吹山は考え付かなかった!
kameさん、おはようございます。
弥高尾根、激闘お疲れ様でした。
どこか雪山に行きたいな〜なんて考えていましたが伊吹山は考え付きませんでした それにしてもkameさんがシャリバテするなんて。。。
私もteppanさん同様、途中で撤退かな
登録日: 2013/5/27
投稿数: 4582
2017/1/30 11:07
 上平寺
こんにちは。
伊吹は人が多くて、あまり行く気がおきないのですが、
こちらのルートは静かでいいコースですね
私は無雪期に行って、ヒルにやられ藪に阻まれ5合目から一般ルートに合流してしまいました
やっぱり行くなら積雪期だとは思いますが、kameさんでもシャリバテするくらいですから、かなり厳しそうです
と言って、上野からは人が多そうだし、自分も他人に迷惑かけそうだし、私にとっては冬の伊吹はハードルが高いです
teppanさん達と一緒に、是非kameさんの冬山 講座を開講してもらえると嬉しいな
登録日: 2012/6/8
投稿数: 1776
2017/1/30 14:48
 別世界・・・
 雪の中、お疲れ様でした すごいね、なんちゅうか、体力&技術&装備でしょうか、それと”三河ブラック”効きましたね〜
登録日: 2011/10/24
投稿数: 2450
2017/1/30 20:16
 このコース 聞いたことはあります
 面白そうなコースですね。聞いたことはありましたが、雪だから歩きやすいのでしょうか?写真を見るだけでも少し不安になってしまいます。歩きなれてたらものすごく面白いでしょう。景色も最高。琵琶湖湖岸がこれだけはっきり見えることはまれでしょう。それにしても普通のコースの人の多さには驚きです。スキーができなくなっても今は登山者でにぎわっていることがよくわかりました。
 さすがに人気の伊吹ですね。
 お疲れ様でした。
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 20:26
 teppanさん、こんばんは
 このルート、藪漕ぎ専門大好きな方々にとっては面白いルートでしょうが、
あまり好きでない(特に笹薮はダニがいる確率が高いので )私としては、
ヒルもいないこの時期にここを歩くしかないんですよね。

 やっぱり、トレースがないとかなりきついと思いますので、ここから登るので
あれば、人数を集めて攻め込むのがいいと思いますよ

 ピッケル&アイゼンワーク、人に教えるほどの技量はありませんが、
多少のことならお教えできると思いますので、またご連絡下さい
登録日: 2011/1/29
投稿数: 1868
2017/1/30 21:33
 冬の伊吹山
kameさん、こんばんは。

雪のない伊吹山しか知りませんが、冬の伊吹は雪山その
ものですね。
1500mにも満たない山が、2500m級の雪山に見えます。
この時期の伊吹山、これだけの晴天は珍しいのでしょうね

往路の弥高尾根いいですね。
これぞ雪山と思える写真の数々、雪山賛歌の世界ですね
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 21:48
 daishohさん、こんばんは
 雪の近場でパッと浮かぶ山というと、伊吹山or鈴鹿山系or中央南部
でしたが、一昨年のリベンジということに加え、その中でも、この弥高尾根は、
自分にとっては積雪期限定のルートとして考えていましたので、迷わず伊吹山に
決定しました

 シャリバテは、行動食として途中で購入した食べ物類すべてを車の中に
置き忘れてしまい、以前から購入済みだったカップ麺だけは前日にザックに
入れてありましたので、飴以外の食べ物と言えばこれだけ。その結果がこれです。
何か、情けなくって
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 21:54
 totokさん、こんばんは
 totokさん同様、私も上野ルートのピストンならば、
伊吹山には登らないと思います。あの行列を横目で見ながら、
静かに登れる弥高尾根はいいところでしたよ。
 実際に歩いてみて、距離が長く、トレースがない場合の
ルーファイは大変かもしれませんが、表道の直登ルートよりは
傾斜も緩く、歩きやすいと思いました。

 シャリバテは、ただ単に食べ物をザックに入れ忘れた、
トホホな結果です
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 22:02
 itooさん、こんばんは
 今回歩いたルートだけでなく、基本的に雪山を歩く場合は、
itooさんが言われる通りの三拍子が揃ていなくても登れちゃう場合もありますが、
基本的には揃った状態で登るのが一般的だと思います。

 『三河ブラック』のおかげで、シャリバテも何とか治まってくれましたので、
無事登頂することができました
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 22:06
 sireotokoさん、こんばんは
 このコース、夏場は笹薮の尾根を直登する上にヒル天国ですので、
私にとっては積雪期限定のルートですね
ルートも何とかわかりましたので、変な忘れ物さえなければ、
次は問題なく歩けると思いますよ

 表道、横から見ているだけでも、歩く気にはなりませんでした
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/30 22:13
 redsさん、こんばんは
 先週からの雪が、この伊吹山から鈴鹿山系にかけてかなり積もった
との情報は得ていましたし、今でこそ積雪量が少なくなりましたが、
私がスキーを始めた頃の関ヶ原と言えば、日本海側から流れてきた
雪雲がここで雪を降らすため積雪量が普通に3mを越える場所でした。
未だに、ここの積雪の影響で新幹線は遅れますからね

 低山終わりには雪がタップリとあって、アクセスも楽ですので、
関西だけでなく中部圏からも行きやすい山として人気があるのでしょうね。
それにしても、GWの涸沢に向かう人の倍はいると思いますよ
登録日: 2014/2/15
投稿数: 1732
2017/1/31 7:39
 なんとニアミス
kameさんおはようございます
金勝アルプス以来です
なんと伊吹山頂ですれ違っていたのですね
土曜日はいい天気ですごい賑わいでしたね
お互いステキな伊吹ブルーを味わえてよかったですね
ではまたどこかでお会いしましょう
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/31 7:49
 ueharuさん、おはようございます
 ueharuさんたちのグループの皆さんは、山頂でかなり長い間
過ごされていたようですね。そのどこかですれ違っていたかもしれませんね。
この時期ですと、ビーニーにサングラスは必須アイテムとなりますので、
その姿ですと、なかなかわかりませんよね。

 この日の伊吹山山頂は、昼を過ぎてから雲も取れ、眺めも最高でしたね
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています
登録日: 2013/6/15
投稿数: 443
2017/1/31 18:09
 どうでした・・・?
お疲れ様でした!
やはり人が少ない分、歩き難いルートのようですね~
また機会を見つけて行ってみたい所です。

二年前の時とは打って変わっての天候。快晴でウラヤマです!!
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/1/31 21:38
 gomatさん、こんばんは
新雪の時ですと、ルーファイが難しくなる箇所もありますが、
後は雪の深さとの勝負でしょうね

この日は、雪が降ってから数日が経っていましたので、
そこそこ雪がしまっていると思ってワカンを持って行ったのが
これが、そもそもの間違えでした。計画通りにスノーシューを
持って行ってたら、もう少し楽だったと思います。トレースが
あってもあれだけ踏み抜いてばかりいたら、体力の消耗も半端
ではないですね。それと、行動食を入れ忘れたことも反省点です。

今でしたら、シッカリとしたトレースが残っていると思いますよ
このルートでしたら、お付き合いしますよ
登録日: 2014/7/17
投稿数: 2509
2017/1/31 23:52
 中尾根
kameさん こんにちは〜

私も藪埋まる積雪期に是非中尾根に行ってみたいとずっと思ってるんですが。。。
kameさんでそんなにキツイって・・・!?
でも朝ご飯たーっぷり食べてたら多分モリモリ行かれたんではないでしょうか?w

私だったら6時スタートじゃないと登頂できないかもしれない
でもkameさんのトレースがある今がチャンスな気がしてジレンマです
登録日: 2008/10/4
投稿数: 2366
2017/2/1 19:23
 blackさん、こんばんは
え〜? 薮の女王様が何をおっしゃるのですか?
blackさんでしたら、無雪期でも問題ないのでは?
でも、このルートでしたら、やっぱり積雪期に歩くのがいいですよね

前を歩く方々がせっかく作っていただいたトレースですが、体重の重い私が
いっそう深くし、それで体力を思っていた以上に使ってしまったのと、
歩いている間に消耗したカロリーの補給ができなかったのが、バテた原因
の多くを占めていたと思います。

いやいや、金勝アルプスの歩きや、レコをみている限り、十分に歩けると
思いますよ 踏み跡が残っている可能性が高い、今がチャンスでは
ないでしょうか?
ガンバ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ