また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1054095 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

武奈ヶ岳、コヤマノ岳 雪たっぶりの春山の雰囲気

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
□往路:JR堅田駅下車 8:50発江若バス細川行きではなく臨時便に乗車、坊村下車
□復路:JR比良駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
1時間1分
合計
6時間50分
S坊村09:4010:34急登前の平地10:4211:45御殿山11:5512:48武奈ヶ岳13:1013:36コヤマノ岳13:4314:35金糞峠14:4515:31大山口15:3515:51イン谷口16:30比良駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
□全体的にトレースがはっきりしており、トレース上はたくさんの方に踏まれ、雪が適度にしまっていました。
□コヤマノ岳〜奥の深谷源流部、金糞峠〜青ガレ付近は、たまにヒザぐらいまで雪面を踏み抜く場面があります。(ワカン等を使用しなかったため)
その他周辺情報JR比良駅前「一休」
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

坊村。雪が多い。
2017年01月28日 09:29撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊村。雪が多い。
寒くなく、かつ御殿山まではひたすら登りのため、アウターを脱いでも結構汗をかく。が、前を向くと気持ちのよい樹林帯です。
2017年01月28日 10:52撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒くなく、かつ御殿山まではひたすら登りのため、アウターを脱いでも結構汗をかく。が、前を向くと気持ちのよい樹林帯です。
3
青空にひとすじの飛行機雲
2017年01月28日 11:30撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空にひとすじの飛行機雲
5
雪の白と空の青のコントラストが気持ちいいい。この辺りからコヤマノ岳付近の霧氷は絶対見られないと確信しました。
2017年01月28日 11:30撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の白と空の青のコントラストが気持ちいいい。この辺りからコヤマノ岳付近の霧氷は絶対見られないと確信しました。
4
京都北山付近を遠望、見渡す限り雪山でした。
2017年01月28日 11:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都北山付近を遠望、見渡す限り雪山でした。
3
しっかりトレースがあります。先行されている多くの方に感謝!
2017年01月28日 11:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりトレースがあります。先行されている多くの方に感謝!
2
蓬莱山方面(御殿山より)
2017年01月28日 11:47撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山方面(御殿山より)
2
こんな青空が広がった冬の西南稜は久しぶり
2017年01月28日 11:58撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな青空が広がった冬の西南稜は久しぶり
7
コヤマノ岳方面。霧氷はないが、葉を落した樹林と雪がマッチしていい景色!
2017年01月28日 11:58撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳方面。霧氷はないが、葉を落した樹林と雪がマッチしていい景色!
3
西南稜。たくさんの人が歩いています。
2017年01月28日 12:15撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南稜。たくさんの人が歩いています。
10
右側には堂満岳が頭をのぞかせています。
2017年01月28日 12:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側には堂満岳が頭をのぞかせています。
3
西南稜から少し振り返って蓬莱山
2017年01月28日 12:35撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南稜から少し振り返って蓬莱山
3
真っ白な蓬莱山。琵琶湖バレイも雪たっぶりで、たくさんのスキーヤーやボーダーで賑わっているはず!
2017年01月28日 12:35撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な蓬莱山。琵琶湖バレイも雪たっぶりで、たくさんのスキーヤーやボーダーで賑わっているはず!
4
振り返って
2017年01月28日 12:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
2
武奈ヶ岳。たくさんの人だ。
2017年01月28日 12:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳。たくさんの人だ。
4
釈迦岳方面
2017年01月28日 12:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳方面
2
もうすぐ武奈ヶ岳
2017年01月28日 12:47撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ武奈ヶ岳
5
武奈ヶ岳。風もなく寒くなく、かつ抜群の好展望なので、ここで昼食休憩です。
2017年01月28日 12:49撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳。風もなく寒くなく、かつ抜群の好展望なので、ここで昼食休憩です。
9
琵琶湖と対岸もはっきり見えました。
2017年01月28日 12:57撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖と対岸もはっきり見えました。
3
コヤマノ岳への緩やかな上りのブナ林。
2017年01月28日 13:25撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳への緩やかな上りのブナ林。
1
霧氷はないが、美しい樹林帯とバックの青空と静けさがいい。
2017年01月28日 13:25撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷はないが、美しい樹林帯とバックの青空と静けさがいい。
2
コヤマノ岳付近から釈迦岳方面
2017年01月28日 13:38撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳付近から釈迦岳方面
2
写真ではわかりませんが、遠くに伊吹山が見えました。
2017年01月28日 13:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりませんが、遠くに伊吹山が見えました。
3
奥の深谷の源流部に到着。金糞峠までもうすぐ。
2017年01月28日 14:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の深谷の源流部に到着。金糞峠までもうすぐ。
金糞峠より
2017年01月28日 14:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠より
2
比良駅へ向かう途中、振り返って堂満岳が美しい。
2017年01月28日 16:21撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良駅へ向かう途中、振り返って堂満岳が美しい。
4
雪をまとった屏風のような比良山系
2017年01月28日 16:22撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとった屏風のような比良山系
2
撮影機材:

感想/記録
by 39ISA

 天気予報は快晴。1週間前に比べると気温もそんなに低くなく、来週はもっと暖かくなりそうなので、武奈ヶ岳とコヤマノ岳へ行ってみた。

 人気の山だけあって、トレースもはっきりしており、多くの先行された方に踏まれ、トレース上の雪面は概ねいいコンディション。トレースをはずれてスノーシューやワカンで楽しむ人、山スキーをしている人などそれぞれ楽しそうに過ごされていた。自分は最後までアイゼンを装着しなかったが、状況に応じてアイゼンやワカン等を使い分けた方がラクできっと楽しいはずだと少し反省する。

 雪はたっぷりあるものの寒くなく、アウターを脱いでも汗をかく、まるで春の雪山山行のような一日。当然、美しい霧氷とは対面できなかったが、爽快な西南稜歩きを楽しめ、また、コヤマノ分岐からコヤマノ岳までは、武奈ヶ岳の賑わいから一転、雪面を踏む自分の足音だけの静けさで、美しいブナの樹林帯と青空と相まっていい雰囲気を味わえた。
 
 汗をたくさんかいたこともあり、下山途中から比良駅前の「一休」でのおでんとビールが頭に浮かび、急ぐ。店が閉まらないうちになんとか到着した。

 雪山と青空と景色を楽しめた山行だった。
訪問者数:525人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ