また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1057212 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20170201-風吹岩-金鳥山-梅開花

日程 2017年02月01日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間1分
休憩
10分
合計
2時間11分
S岡本八幡神社15:2215:32保久良神社15:50金鳥山16:06本庄山16:16風吹岩16:38旧第二電電金鳥ステーション跡16:4716:49金鳥山南尾根下り口17:05植林事業斜面17:15松尾谷西尾根下り口17:1617:19八幡谷東鉄塔巡視道17:33岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
梅の開花と、金鳥山に新しい札が設置されたと聞いて、仕事が空いた午後に、散歩してきました。
GPS のログがうまくとれなかったので、手書きし、写真を配置しました。
コース状況/
危険箇所等
金鳥山南尾根の下、植林事業斜面は、人の出入りがなくなっているようで、雑草、イバラが伸び放題になっていました。
植林事業斜面の下段の上の南端、松尾谷西尾根への下り口あたりは、木が伐採されて開けていましたが、松尾谷西尾根へ下りるところは、倒木と雑草の繁茂で、通過が困難でした。
保久良梅林から植林事業斜面へ登って、松尾谷西尾根への下り口に通じる丸太道は、繁茂に埋もれていました。
植林事業斜面の下段の西端と八幡谷東鉄塔巡視道との間も繁茂が進み、通過する気になりませんでした。
昨年、2016 年 3 月 12 日のときとくらべ、だいぶ荒れていました。
20160312_松尾谷西尾根マイナールート
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-826377.html
その他周辺情報保久良神社、岡本八幡の天上川公園では、梅が咲き始めていました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 非常食 飲料 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ライト

写真

岡本八幡神社、保久良神社では梅が咲き始めていました。保久良神社の紅梅です。
2017年02月01日 15:32撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡本八幡神社、保久良神社では梅が咲き始めていました。保久良神社の紅梅です。
3
保久良神社の白梅。
2017年02月01日 15:32撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良神社の白梅。
3
金鳥山展望休憩所前の広場です。左手に入ると展望休憩所、右手にはベンチがあります。左前方の斜面は、昨年夏以降、伐採が進んでいます。写真奥への登山道と並行して、この左手の斜面に側道があります。行きの登りは登山道を上り、帰りは側道を下りました。
2017年02月01日 15:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山展望休憩所前の広場です。左手に入ると展望休憩所、右手にはベンチがあります。左前方の斜面は、昨年夏以降、伐採が進んでいます。写真奥への登山道と並行して、この左手の斜面に側道があります。行きの登りは登山道を上り、帰りは側道を下りました。
1
左手は金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション跡の南側の休憩所への入口です。帰りに寄ります。
2017年02月01日 15:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション跡の南側の休憩所への入口です。帰りに寄ります。
金鳥山風吹岩ルートの尾根ルートの方の旧鉄塔(火の見櫓、私が鉄塔 10 番目と呼んでいる)に、この本山村誌の誤りをそのまま伝える紙片が残っていました。
この紙片は、数年以上前のいくつもの記録に登場していて、ここを通るたびに出現したり、姿を消していたり、道端に落ちていたりします。
旗振山と書かれていますが、旗振山ではなく昔の旗振り場はここの南、2 - 3 分下った登山道の東側に張り出したところが相当します。
これは、岡本梅林の山火事対策のために建てられた昔の火の見櫓ということです。
2017年02月01日 15:57撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山風吹岩ルートの尾根ルートの方の旧鉄塔(火の見櫓、私が鉄塔 10 番目と呼んでいる)に、この本山村誌の誤りをそのまま伝える紙片が残っていました。
この紙片は、数年以上前のいくつもの記録に登場していて、ここを通るたびに出現したり、姿を消していたり、道端に落ちていたりします。
旗振山と書かれていますが、旗振山ではなく昔の旗振り場はここの南、2 - 3 分下った登山道の東側に張り出したところが相当します。
これは、岡本梅林の山火事対策のために建てられた昔の火の見櫓ということです。
2
左手から谷筋が合流したところから少し登って左カーブする右手に、東へやや張り出した高みがあり、木々に覆われています。
2016 年 9 月 13 日の拙日記で記録しています日の出を見る展望所があった場所は、このあたりではないかと推測します。
https://www.yamareco.com/modules/diary/121565-detail-127851
2008 年 1 月 14 日に記録された方。
http://www.suwa-koubou.jp/hiking/20080114/20080114.html
入ってみましたが、木々以外、何もありません。権現谷の向こう側の鉄塔が見える角度からもこのあたりだと思われるのですが、もう少し南の道端だったのかもしれません。また探索しましょう。
2017年02月01日 16:00撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手から谷筋が合流したところから少し登って左カーブする右手に、東へやや張り出した高みがあり、木々に覆われています。
2016 年 9 月 13 日の拙日記で記録しています日の出を見る展望所があった場所は、このあたりではないかと推測します。
https://www.yamareco.com/modules/diary/121565-detail-127851
2008 年 1 月 14 日に記録された方。
http://www.suwa-koubou.jp/hiking/20080114/20080114.html
入ってみましたが、木々以外、何もありません。権現谷の向こう側の鉄塔が見える角度からもこのあたりだと思われるのですが、もう少し南の道端だったのかもしれません。また探索しましょう。
1
本庄山三等三角点。折れたプラスチック製の標識が、先日並べたところとは違うところに並べられていました。多分、また散らかっていて、誰かが並べてくれたのでしょう。
2017年02月01日 16:06撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本庄山三等三角点。折れたプラスチック製の標識が、先日並べたところとは違うところに並べられていました。多分、また散らかっていて、誰かが並べてくれたのでしょう。
風吹岩から眺める大阪湾。
2017年02月01日 16:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹岩から眺める大阪湾。
2
帰りの下山は、本庄山南尾根の鉄塔 8 番目、9 番目を通って、金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション(電波塔)跡の北東あたりへ戻ってきました。
写真右手の電柱の向こう側から写真奥の岩のあたりまでの右手に、3 箇所ほど、踏み跡があり、旧第二電電金鳥ステーション跡に入ることができます。
2017年02月01日 16:38撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの下山は、本庄山南尾根の鉄塔 8 番目、9 番目を通って、金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション(電波塔)跡の北東あたりへ戻ってきました。
写真右手の電柱の向こう側から写真奥の岩のあたりまでの右手に、3 箇所ほど、踏み跡があり、旧第二電電金鳥ステーション跡に入ることができます。
旧第二電電金鳥ステーション跡の北東の角あたりにあった私製の金鳥山の標識板。
ただし、ここは、国土地理院地図の金鳥山 338m の場所からは、北東に約 30m ほど離れた位置になります。
2017年02月01日 16:39撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧第二電電金鳥ステーション跡の北東の角あたりにあった私製の金鳥山の標識板。
ただし、ここは、国土地理院地図の金鳥山 338m の場所からは、北東に約 30m ほど離れた位置になります。
2
丁寧な作り。
金鳥山は、その頂の場所が不明な山です。地形としては、山の中腹の張り出したところになります。そこに草が伸び、里から見上げて、金鳥が羽を広げたように見えたからといういわれもあるそうです。
Mt.ROKKO Peak selection 金鳥山
http://www.geocities.jp/yamaaruki17/peak/peakkincho.html
以前から、金鳥山の私製標識は、ここの南の休憩広場の南、ないしは、南西の木に付けられていたことはあるようです。山頂が不明とはいえ、多分、ここではないのですが。
2017年02月01日 16:39撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧な作り。
金鳥山は、その頂の場所が不明な山です。地形としては、山の中腹の張り出したところになります。そこに草が伸び、里から見上げて、金鳥が羽を広げたように見えたからといういわれもあるそうです。
Mt.ROKKO Peak selection 金鳥山
http://www.geocities.jp/yamaaruki17/peak/peakkincho.html
以前から、金鳥山の私製標識は、ここの南の休憩広場の南、ないしは、南西の木に付けられていたことはあるようです。山頂が不明とはいえ、多分、ここではないのですが。
旧第二電電金鳥ステーション跡の南の広場の西、岡本八幡金鳥山ルートの下り口を下りかけてすぐ右手に、3 つほどの岩が目に入ります。このあたりが、国土地理院地図の金鳥山 338m のポイントになるようです。過去にもそういう報告がありました。
今は販売されていない古い缶ビールの缶が落ちていました。昔はこのあたりで休憩できていたのでしょう。
2017年02月01日 16:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧第二電電金鳥ステーション跡の南の広場の西、岡本八幡金鳥山ルートの下り口を下りかけてすぐ右手に、3 つほどの岩が目に入ります。このあたりが、国土地理院地図の金鳥山 338m のポイントになるようです。過去にもそういう報告がありました。
今は販売されていない古い缶ビールの缶が落ちていました。昔はこのあたりで休憩できていたのでしょう。
旧第二電電金鳥ステーション跡の南の広場から西を見ています。写真中央の草が刈られた奥に一つ前の写真の岩があります。
写真奥左手寄りが、岡本八幡金鳥山ルートの下り口です。
2017年02月01日 16:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧第二電電金鳥ステーション跡の南の広場から西を見ています。写真中央の草が刈られた奥に一つ前の写真の岩があります。
写真奥左手寄りが、岡本八幡金鳥山ルートの下り口です。
もう一回、旧第二電電金鳥ステーション跡に入ってみますと、南西の端あたりに、もう一つ私製の金鳥山の標識板がありました。
2017年02月01日 16:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回、旧第二電電金鳥ステーション跡に入ってみますと、南西の端あたりに、もう一つ私製の金鳥山の標識板がありました。
1
また休憩広場に出てきて、ここから左手、南へ側道を下ります。
2017年02月01日 16:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また休憩広場に出てきて、ここから左手、南へ側道を下ります。
側道の南端の分岐。左に行けば、金鳥山風吹岩ルートの登山道です。右手、金鳥山南尾根を下ることにします。
2017年02月01日 16:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
側道の南端の分岐。左に行けば、金鳥山風吹岩ルートの登山道です。右手、金鳥山南尾根を下ることにします。
金鳥山南尾根の下り口。
2017年02月01日 16:49撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山南尾根の下り口。
金鳥山南尾根は、昨年、ルートが開拓された後の繁茂は少なく、数日以内と思われる足跡もあり、通行があるようです(2 - 3 日前に降雨)。
下りきって、植林事業斜面に出てきました。
2017年02月01日 17:05撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山南尾根は、昨年、ルートが開拓された後の繁茂は少なく、数日以内と思われる足跡もあり、通行があるようです(2 - 3 日前に降雨)。
下りきって、植林事業斜面に出てきました。
植林事業斜面の三級基準点。雑草、落ち葉と泥に埋もれていました。少し掃除しました。
2017年02月01日 17:07撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面の三級基準点。雑草、落ち葉と泥に埋もれていました。少し掃除しました。
1
植林事業斜面の上 2/3 の段と下 1/3 の段の境目あたりから南西を見ています。雑草やイバラがあちこちに伸びています。足跡、踏み跡は、わずかにあります。比較的新しい、昨年春にはなかったテープマーキングもあり、人の出入りは、少ないながらもあるようです。
2017年02月01日 17:10撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面の上 2/3 の段と下 1/3 の段の境目あたりから南西を見ています。雑草やイバラがあちこちに伸びています。足跡、踏み跡は、わずかにあります。比較的新しい、昨年春にはなかったテープマーキングもあり、人の出入りは、少ないながらもあるようです。
植林事業斜面の上 2/3 の段と下 1/3 の段の境目の南の端、松尾谷西尾根に下りるところ。木は伐採されていましたが、その下は雑草と倒木で覆われ、昨年春から様相が変わっていました。
2017年02月01日 17:15撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面の上 2/3 の段と下 1/3 の段の境目の南の端、松尾谷西尾根に下りるところ。木は伐採されていましたが、その下は雑草と倒木で覆われ、昨年春から様相が変わっていました。
松尾谷西尾根へ下りようとして、左は松尾谷の崖、右のヤブをかき分け、西進します。松尾谷西尾根の下りは、基本、西進です。
2017年02月01日 17:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾谷西尾根へ下りようとして、左は松尾谷の崖、右のヤブをかき分け、西進します。松尾谷西尾根の下りは、基本、西進です。
八幡谷東鉄塔巡視道の北進の左カーブ 4 番目に出てきました。目の前のヌタ場の跡が目印です。
2017年02月01日 17:19撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡谷東鉄塔巡視道の北進の左カーブ 4 番目に出てきました。目の前のヌタ場の跡が目印です。
日栄橋の上、八幡谷金鳥山ルートの登り口、コンクリートたたきの前に下りてきました。工事標識の看板が並んでいました。
2017年02月01日 17:26撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日栄橋の上、八幡谷金鳥山ルートの登り口、コンクリートたたきの前に下りてきました。工事標識の看板が並んでいました。
迂回路図。工事現場の上にあったものより、ややわかりやすい。
20170125-横池北黒五谷方面探訪
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1052473.html
2017年02月01日 17:26撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路図。工事現場の上にあったものより、ややわかりやすい。
20170125-横池北黒五谷方面探訪
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1052473.html
工事用ロープウエイ(索道)の基地は、八幡谷の西、宗教施設の方にあるようです。
2017年02月01日 17:26撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事用ロープウエイ(索道)の基地は、八幡谷の西、宗教施設の方にあるようです。
撮影機材:
訪問者数:277人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 倒木 ヌタ場 クリ 簡易標識
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ