また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068909 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳(三ツ口谷から長石尾根へ、久々に緊張した)

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所中道手前の駐車場(除雪により20台程度駐車可能)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
13分
合計
4時間26分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)07:0407:07中道登山口07:23武平峠・三ッ口谷・表道分岐07:2607:54大滝迂回路分岐08:0108:40三ツ口谷長石尾根分岐09:00三ツ口谷稜線合流点09:45鎌ヶ岳09:4810:18長石尾根三ツ口谷下降点10:39弥一ヶ岳11:25長石谷登山口11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三ツ口:積雪多し、トレース薄い。大滝迂回路は一部痩せ尾根注意。上部はガレ場あり。鎌ヶ岳への迂回ルートはよくわからず直登、滑落注意。
長石尾根:尾根道らしいアップダウンあり。雪の多いところでは踏み抜き、急斜面ありでとっても疲れる道だった
その他周辺情報片岡温泉600円
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ラーメン

写真

朝焼けの中、駐車場に到着。除雪はされているが除雪の雪で止めるところは限られる
2017年02月19日 06:50撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの中、駐車場に到着。除雪はされているが除雪の雪で止めるところは限られる
1
路面も凍ったところがあり慎重に歩く
2017年02月19日 07:09撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面も凍ったところがあり慎重に歩く
三ツ口谷出合
2017年02月19日 07:27撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ口谷出合
いくつかトレースがある
2017年02月19日 07:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかトレースがある
堰堤を越える
2017年02月19日 07:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を越える
雪洞?とてもしっかりしている
2017年02月19日 07:41撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞?とてもしっかりしている
1
谷筋を進む
2017年02月19日 07:41撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋を進む
やがて大滝迂回路分岐。
2017年02月19日 07:54撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて大滝迂回路分岐。
迂回路。トレースが薄い
2017年02月19日 07:54撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路。トレースが薄い
ワカンを着けよう
2017年02月19日 08:01撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを着けよう
迂回のため尾根へ。ここから痩せ尾根沿いにちょっと緊張
2017年02月19日 08:05撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回のため尾根へ。ここから痩せ尾根沿いにちょっと緊張
尾根からトラバース気味に谷へ。ほっとする
2017年02月19日 08:16撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根からトラバース気味に谷へ。ほっとする
雪に覆われた谷を進む
2017年02月19日 08:22撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に覆われた谷を進む
あっちへ渡る
2017年02月19日 08:27撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちへ渡る
滝が現れ、巻く
2017年02月19日 08:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が現れ、巻く
2年ぶりの分岐。今回はノートレースの三ツ口谷を登り詰めることにした
2017年02月19日 08:39撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年ぶりの分岐。今回はノートレースの三ツ口谷を登り詰めることにした
もうすぐ稜線か。明るくなってきた
2017年02月19日 08:41撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線か。明るくなってきた
するとズボッと踏み抜く
2017年02月19日 08:50撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとズボッと踏み抜く
小さいけれど雪崩も。
2017年02月19日 08:53撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいけれど雪崩も。
1
開けてきた。
2017年02月19日 08:53撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けてきた。
何度も通っている稜線が。白い
2017年02月19日 08:57撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も通っている稜線が。白い
1
ガレ場も難儀。ちょっと緊張◆あと少し
2017年02月19日 08:58撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場も難儀。ちょっと緊張◆あと少し
1
御在所岳が立派
2017年02月19日 09:05撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳が立派
ワカンを着けたまま登るも緊張
2017年02月19日 09:05撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを着けたまま登るも緊張
山頂への巻道がわからず、ワカンでは無理だったのでチェーンアイゼンを装着。でも大丈夫かな?
2017年02月19日 09:24撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への巻道がわからず、ワカンでは無理だったのでチェーンアイゼンを装着。でも大丈夫かな?
頂上直下の雪壁で緊張
2017年02月19日 09:33撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の雪壁で緊張
1
ここを降りないといけないのかな?帰りはどうしようか?
2017年02月19日 09:38撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りないといけないのかな?帰りはどうしようか?
2
山頂になんとか到着
2017年02月19日 09:40撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂になんとか到着
3
雪の量がハンパない
2017年02月19日 09:41撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の量がハンパない
記念に1枚。目が閉じているけど・・・
2017年02月19日 09:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に1枚。目が閉じているけど・・・
2
鎌尾根から入道。この道本当に大変
2017年02月19日 09:44撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根から入道。この道本当に大変
2
あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしてなんか落ち着かない
2017年02月19日 09:45撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしてなんか落ち着かない
長石尾根で降りることにした
2017年02月19日 09:51撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石尾根で降りることにした
1
振り返って鎌ヶ岳山頂と雪庇の張り出し
2017年02月19日 09:53撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って鎌ヶ岳山頂と雪庇の張り出し
結構な急斜面だった。クライムダウン、緊張
2017年02月19日 10:10撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急斜面だった。クライムダウン、緊張
ようやく三ツ口降り口。そのまま長石尾根へ
2017年02月19日 10:18撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく三ツ口降り口。そのまま長石尾根へ
寒々とした御在所岳
2017年02月19日 10:39撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒々とした御在所岳
アップダウンあり、激坂あり、踏み抜きありとかなり難儀だった
2017年02月19日 11:15撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンあり、激坂あり、踏み抜きありとかなり難儀だった
川を渡ってすぐに駐車場下の道路へ
2017年02月19日 11:23撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡ってすぐに駐車場下の道路へ
なんとか無事駐車場に着いた
2017年02月19日 11:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか無事駐車場に着いた

感想/記録

久々に緊張した山行だった。竜ヶ岳か迷ったが、ヤマレコを見るとどうも先日の雨で麓の雪が消えているような感じだったので、2年ぶりの三ツ口谷から鎌をめざすことにした。
前日のものと思われる2つの足跡頼りに進む。雪は深いが朝方であることと少し締まっていたので大滝迂回路分岐まではツボ足で行った。そこかわワカンを着けた。今日はスノーシューでなくワカンで正解だった。
三ツ口谷上部はトレースがなかったが雪は上部までつながっており問題なかった。
問題は鎌ヶ岳の山頂直下。巻道があるはずなのによくわからない。結果チェーンアイゼンを着けて登った。山頂は風はあまりなく、しばらくすると5名ほどの団体が現れた。どこから登ってきたのだろうか?
予定より時間をオーバーしていたため長石尾根へ。この道は初めてでしかも積雪多く、当然アップダウンもあり難儀した。
悪戦苦闘の末なんとか下山できたが今日は本当に久々に緊張した。
でもなんとか鎌にも登頂でき、三ツ口谷も完登できたので満足。
訪問者数:430人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/7/8
投稿数: 0
2017/2/20 7:00
 トレース
はじめまして。鎌ヶ岳〜長石尾根のトレースを利用していただきました。ルートロスすることなく大変助かりました。ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ