また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073992 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

青空のちプチホワイトアウトの西穂独標

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
 ryu0214(CL)
 gezanka(SL)
, その他メンバー3人
天候丸山までは快晴、その後はガス
西穂山荘からは、風強かったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
駐車場は、新穂高登山指導センターの向かいにあるところ
この日は無料でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
1時間20分
合計
7時間0分
S西穂高口駅09:3010:40西穂山荘09:3011:30丸山11:4012:20西穂独標12:4013:10丸山13:40西穂山荘14:3015:20西穂高口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイから見た焼岳
真っ白でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイから見た焼岳
真っ白でした
3
山頂駅からの西穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅からの西穂
2
雪が時折落ちてきました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が時折落ちてきました〜
1
おそろいのピッケル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそろいのピッケル
1
奥穂、見えました!
今年は行くね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂、見えました!
今年は行くね
4
いい感じだよね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じだよね〜
このあと荒れるとは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと荒れるとは
4
でもみんな元気でした〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもみんな元気でした〜
1

感想/記録

 2/26の日曜日、山仲間と西穂独標に行ってきました。
 
 千葉から車で5時間半、途中で休憩するものの山に向かう分には、モチベーションも違うので、そんなにしんどくない。
 朝の5時には新穂高の駐車場について少し仮眠です。

 始発のケーブルカーにのるぞ!と気合を入れて7時に並びに行くと、あっけなく一番乗り。
開門は8:40やし、もうちょっと遅くてもよかったみたい…
 おかげで、ロープウェイの一番前に陣取ることができたけどね〜

 朝は、大粒の雪が深々と降る感じだったけど、7時前にはやんで、青空が広がる感じ。
 ロープウェイに乗るころには、スパンと青空!
 めっちゃきれいです。

 もう、もう、ワクワクが抑えきれませ〜ん。
 走り出したのを抑えつつ、展望台によって、パチリパチリと記念撮影
 で、準備して出発〜まずは、西穂山荘をめざします!

 朝まで雪が降っていたので、表面は真っ白のモフモフ状態。
 空は青空、風はほぼ無し、木々はキラキラしてて、歓声と感嘆が続出する世界でした。

 ところどころに出てくる急登もステキ(^^)
 のぼりきったら最高の景色やねんもん。

と、わいわいしているうちに西穂山荘到着。

 ここで、アイゼン装着、ピッケルとヘルメットもかぶって、いざ出発です。
 稜線に出ると、風は吹いてました。

 吹き上げられた雪交じりで時折痛い。
 景色は最高だけど、冬山感も半端ない。みんなで励ましあいながら登ります。
 ま、よろめくような風ではなかったです。

 丸山までは大快晴だったんですが、このあと独標に向かう途中でガスが出てきてしまいました。
 とりあえず、行けるところまでということでということで、一歩一歩進みます。

 独標の取付きまで来て、一息入れて上ります。
 ただ、ここで、降りてくる人とのすれ違いが発生。

 立往生しているところに登って行ったので、にっちもさっちもいかない状態。
なんとか、入れ違ってのぼったものの、危険な状態でした。
 じっさい、足を滑らせて斜面を転がり落ちる人(何とか止まりケガもなかったみたい)もいて、難しさも実感。
 冬の独標登頂の喜びももちろんあったけど、いろいろ考えさせられました。

 このあと、俺達も慎重に独標をおりて、帰路につきましたが、ガスが濃くなってきて、雪も降ってきたので、トレースも消えてしまって、尾根も見通しが悪くなりました。
 冷静に、声を掛け合いながら、尾根を外さないように歩き、登山道を外さずに歩けました。
 もっとガスが濃くて、一人だったら怖かったと思います。

 西穂山荘についたときはホッとしたよ〜
 山菜うどんがめっちゃうまかった。
 しみました。

 このあと、山頂駅までは安心の道だったので、またワイワイ楽しく歩けました。
 
 今回は、色々と学びもあったし、青空もガスも経験できて、無事降りてこれて、いい山行になりました。

 やま最高!!!!
訪問者数:342人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ