また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1078095 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雪の御在所岳でヒップソリ遊び

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイライン冬季ゲート前の路肩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中道
8合目の鎖のトラバースから富士見岩までカチカチに凍っていた
裏道
雪の下に水が流れている個所では、所々雪が緩く穴が開いている
コース取りはくれぐれも慎重に。
沢の雪の上を歩いたトレースがあるが、正規の裏道のトラバースを進む方が安全
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

冬季ゲート前には車は少ない
2017年03月05日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季ゲート前には車は少ない
中道登山口手前から、御在所岳や6番鉄塔、
動き出したロープウェイを仰ぎ見る
2017年03月05日 08:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道登山口手前から、御在所岳や6番鉄塔、
動き出したロープウェイを仰ぎ見る
1
地蔵岩、その先に四日市の町、伊勢湾を眺める
2017年03月05日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岩、その先に四日市の町、伊勢湾を眺める
2
国見尾根の天狗岩を眺めつつ、
奥に見える鈴鹿の山は雪が多いと実感する
2017年03月05日 10:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見尾根の天狗岩を眺めつつ、
奥に見える鈴鹿の山は雪が多いと実感する
1
緊張した8合目の鎖のトラバースを振り返る
2017年03月05日 10:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張した8合目の鎖のトラバースを振り返る
富士見岩から、ロープウェイ、大黒岩、
鈴鹿の鋭鋒鎌ヶ岳のスリーショット
2017年03月05日 11:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見岩から、ロープウェイ、大黒岩、
鈴鹿の鋭鋒鎌ヶ岳のスリーショット
3
山上公園の展望台から、釈迦ヶ岳、竜ヶ岳、藤原岳を望む
今日は御嶽や伊吹山は確認できず
2017年03月05日 11:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上公園の展望台から、釈迦ヶ岳、竜ヶ岳、藤原岳を望む
今日は御嶽や伊吹山は確認できず
3
ピッケルで指しながら、
一等三角点で記念撮影
この後、背中に見えているヒップソリが大活躍
2017年03月05日 12:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルで指しながら、
一等三角点で記念撮影
この後、背中に見えているヒップソリが大活躍
3
ちびっこに混ざって、
ヒップソリ遊びではしゃぐオヂサン…
2017年03月05日 12:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちびっこに混ざって、
ヒップソリ遊びではしゃぐオヂサン…
1
裏道は雪解け水が流れ、穴ボコ多数。
コース取りは慎重に。
2017年03月05日 13:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏道は雪解け水が流れ、穴ボコ多数。
コース取りは慎重に。
他の登山者とともに、
藤内壁の存在感に圧倒される
この冬場もトレース多数
2017年03月05日 14:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の登山者とともに、
藤内壁の存在感に圧倒される
この冬場もトレース多数
下山後、赤福ぜんざいとお抹茶でほっこり♪
2017年03月05日 16:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、赤福ぜんざいとお抹茶でほっこり♪
1

感想/記録

Mさんが転勤で東京に行くことになり、
雪山に行きたいという希望で、御在所に向かう予定だったのだが・・・
風邪をひき、木金と寝込んでいた私。
なんとか快復し、病み上がりながらお山の誘惑を拒み切れず、
行く気だけは満々だったのに、まさかの寝坊。
出発が1時間遅れになる痛恨のミス。
予定では登り中道、下り裏道のルートだったので、
鈴鹿スカイライン旧料金所に駐車するつもりでしたが、
止められないと判断し、冬季ゲート前の路肩に駐車。
8時の時点で5、6台。
意外に暖かく、防寒着を軽くして出発。
40分歩いて中道登山口。
駐車場は満車でした。本谷を遡行するパーティもいました。
中道は樹林帯では雪があるが、岩場や風の通る所では雪が少ないという状況が何度も続き、アイゼンの着脱に悩まされた。
キレットは雪も着氷もなし。
その先から圧雪されて滑りやすくなる。
8合目のトラバースからカチカチに凍っていて、ピッケルやストックで体制を保持しないと滑りそう。
富士見岩、ロープウェイ山上駅、アゼリア前を通って、
いつもの一等三角点前で記念撮影。
積雪のため、三角点近くまで寄れました。
東屋で大休憩の後、ヒップソリで遊び、童心に帰る。
下山は、第1ケルンから裏道へ。
国見峠までほぼ滑っている感じ。
しかしこの先、雪の下を水が流れる個所では多数の穴。
危うげなスノーブリッジもあったので、大きく迂回してやり過ごしたりした。
沢に下りていくトレースもあったが、雪解けが不安なので、
正規の裏道のトラバースを行く方が安心。
ただ、何度もひざあたりまで踏み抜き、悪戦苦闘しながらなんとか無事に下山完了。
その後、御在所SAで、「赤福ぜんざい」とお抹茶でほっこりしました。

Mさん、伊吹山や白山、恵那山、木曽駒ヶ岳、燕岳、蝶ヶ岳、鎌ヶ岳、藤原岳、入道ヶ岳、猿投山など、近場の低山から百名山まで、
いろいろな山にご一緒させていただき、ありがとうございました。
今度は関東の山で会いましょう。
訪問者数:422人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ