また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1088258 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳縦走(蓼科山>北横岳)

日程 2017年03月18日(土) 〜 2017年03月19日(日)
メンバー
天候 晴れ>くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
茅野駅からバスで石臼台別荘地、そこから徒歩で蓼科登山口へ。帰りは北八ヶ岳ロープウェイ>バスで茅野駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間8分
休憩
30分
合計
4時間38分
Sスタート地点11:1111:39竜源橋11:48女の神展望台11:56女ノ神茶屋・蓼科山登山口12:0112:01すずらん峠園地駐車場12:15女ノ神茶屋・蓼科山登山口13:28標高2110m標識13:42幸徳平15:02蓼科山15:06蓼科神社奥宮15:3115:32蓼科山15:49蓼科山荘
2日目
山行
4時間11分
休憩
15分
合計
4時間26分
蓼科山荘07:1707:17将軍平08:08天祥寺原・将軍平分岐08:0908:23天祥寺原08:50亀甲池08:5311:02北横岳11:1011:12北横岳(南峰)11:1311:19北横岳ヒュッテ11:23三ツ岳分岐11:36坪庭11:3811:43北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅11:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
11:09 スタート(0.00km) 11:09 - その他(3.63km) 12:19 - ゴール(7.33km) 15:49
コース状況/
危険箇所等
蓼科登山口はしっかり踏み固められています。蓼科山から蓼科山荘まではトレースはあれど雪は柔らかいです。天祥寺原ではトレースを見失わないように(将軍平から進んで竜原橋方面か、大河原峠・北八ヶ岳方面か)尚、大河原峠から天祥寺原方面へのトレースはありませんでした。(今日すれ違った団体方がラッセルされた可能性はあります)

亀甲池から北横岳までの急坂はかなり踏み抜きやすいです。かなりの急坂なのでワカンやスノーシューでは登りづらいと思います。(私はストックで登りました)
その他周辺情報茅野駅の立ち食いそば、とってもおいしいのでぜひ!
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ

写真

電車移動の私は茅野駅から北八ヶ岳ロープウェイ行バスの石臼台別荘地駅で下車し、ビーナスラインを歩いて女神茶屋の蓼科山登山口へ
2017年03月18日 11:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車移動の私は茅野駅から北八ヶ岳ロープウェイ行バスの石臼台別荘地駅で下車し、ビーナスラインを歩いて女神茶屋の蓼科山登山口へ
途中、竜原橋の登山口を発見
明日、北横岳へのトレースがなければここから下山する予定
2017年03月18日 11:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、竜原橋の登山口を発見
明日、北横岳へのトレースがなければここから下山する予定
ビーナスラインを歩いている途中、北横岳がきれいに見えました
2017年03月18日 11:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビーナスラインを歩いている途中、北横岳がきれいに見えました
蓼科山登山口から参道へ
雪はしっかり踏み固められています
2017年03月18日 12:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山登山口から参道へ
雪はしっかり踏み固められています
ひたすら登りが続きます
ようやく蓼科山が見えてきました
2017年03月18日 13:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登りが続きます
ようやく蓼科山が見えてきました
この風景、八ヶ岳連峰を横串に見れるのはこの山の素晴らしいところだと思います
2017年03月18日 13:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この風景、八ヶ岳連峰を横串に見れるのはこの山の素晴らしいところだと思います
1
途中、食事休憩。ランチパックがパンパンになってます笑
2017年03月18日 13:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、食事休憩。ランチパックがパンパンになってます笑
ときどき樹木のない山肌が見えたところがあります
この白いところが蓼科山の見た目を美しく飾っています
2017年03月18日 14:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき樹木のない山肌が見えたところがあります
この白いところが蓼科山の見た目を美しく飾っています
けっこう急な坂道
山頂までずっと登りっぱなしです
2017年03月18日 14:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう急な坂道
山頂までずっと登りっぱなしです
登ってきた山道
写真の中心くらいに登山口にある女神茶屋(赤い屋根)が見えます
2017年03月18日 14:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた山道
写真の中心くらいに登山口にある女神茶屋(赤い屋根)が見えます
森林限界を超えると岩肌となり、山頂までもう少しです
2017年03月18日 14:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えると岩肌となり、山頂までもう少しです
蓼科山山頂は平地で、真ん中に社があります
2017年03月18日 15:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂は平地で、真ん中に社があります
2
八ヶ岳連峰を一望!この風景大好きですほんと^^
2017年03月18日 15:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰を一望!この風景大好きですほんと^^
大河原峠、双子池
冬場ここを通る人はほとんどいないそうです
2017年03月18日 15:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠、双子池
冬場ここを通る人はほとんどいないそうです
1
山頂deコーヒータイム
2017年03月18日 15:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂deコーヒータイム
3
蓼科山頂から蓼科山荘を見下ろします
けっこう急な坂道、雪はふかふかです
2017年03月18日 15:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂から蓼科山荘を見下ろします
けっこう急な坂道、雪はふかふかです
蓼科山荘は半分、雪に埋もれていました
2017年03月18日 15:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘は半分、雪に埋もれていました
1
山荘の中はまきストーブでホカホカです^^
2017年03月19日 06:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の中はまきストーブでホカホカです^^
2
朝の北横岳、曇ってて日の出は見えませんでしたが朝のすがすがしい空気のなか神々しい姿がとっても美しかったです
2017年03月19日 05:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の北横岳、曇ってて日の出は見えませんでしたが朝のすがすがしい空気のなか神々しい姿がとっても美しかったです
2
蓼科山荘から天祥寺原への道
トレースはありましたがときどき吹き溜まりにはまります
2017年03月19日 07:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘から天祥寺原への道
トレースはありましたがときどき吹き溜まりにはまります
林道を抜けて広場へ
北横岳山頂は曇っています
2017年03月19日 07:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を抜けて広場へ
北横岳山頂は曇っています
年末年始に北八ヶ岳ロープウェイから硫黄岳まで縦走したので、今回の蓼科−北横岳を縦走できれば冬の北側制覇なんですが…トレースあるかな、なんとか達成したいところ。。
2017年03月19日 07:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末年始に北八ヶ岳ロープウェイから硫黄岳まで縦走したので、今回の蓼科−北横岳を縦走できれば冬の北側制覇なんですが…トレースあるかな、なんとか達成したいところ。。
日が出てきました
トレースもあるようなので、いい兆しです
2017年03月19日 08:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が出てきました
トレースもあるようなので、いい兆しです
1
マーキングはまばらなので、トレースがなければ道に迷いそうです。。
2017年03月19日 08:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングはまばらなので、トレースがなければ道に迷いそうです。。
綺麗な山道、北横岳の北側にこんな素敵な風景が広がっています
2017年03月19日 08:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な山道、北横岳の北側にこんな素敵な風景が広がっています
振り返ると蓼科山が美しくそびえています
本当に素敵な山でした
2017年03月19日 08:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると蓼科山が美しくそびえています
本当に素敵な山でした
1
亀甲池を過ぎていよいよこの登山の最大難所、北八ヶ岳への急坂
2017年03月19日 08:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池を過ぎていよいよこの登山の最大難所、北八ヶ岳への急坂
登れど登れど急坂が続きます
ところどころ吹き溜まりに足を取られながらひたすら登り続けます
2017年03月19日 09:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登れど登れど急坂が続きます
ところどころ吹き溜まりに足を取られながらひたすら登り続けます
まだまだ急坂。。。
でも確実に登っています
2017年03月19日 09:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ急坂。。。
でも確実に登っています
本日のコーヒータイム
山頂までの標高あと150mほどです
2017年03月19日 10:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のコーヒータイム
山頂までの標高あと150mほどです
1
北横岳山頂に到着!蓼科山が美しく見えます!
山頂はとてもにぎわっているので、ピッケルをしまってロープウェイ乗り場へ進みます
2017年03月19日 11:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳山頂に到着!蓼科山が美しく見えます!
山頂はとてもにぎわっているので、ピッケルをしまってロープウェイ乗り場へ進みます
3
八ヶ岳連峰は少し曇り始めました
幻想的で美しい山々です
2017年03月19日 11:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰は少し曇り始めました
幻想的で美しい山々です
2
北横岳ヒュッテに到着
まだまだ先に進みます
2017年03月19日 11:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテに到着
まだまだ先に進みます
きれいな山道です
たしかに人気がでますね^^
2017年03月19日 11:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな山道です
たしかに人気がでますね^^
1
ロープウェイ乗り場までまもなく
最後に北横岳を眺めながら無事ゴールです^^
2017年03月19日 11:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場までまもなく
最後に北横岳を眺めながら無事ゴールです^^
1
撮影機材:

感想/記録

年末年始に八ヶ岳へ行って以来、この冬は仕事が忙しくて山に行けませんでした。ようやく仕事がひと段落したので連休をいただき冬の中央アルプスと北八ヶ岳へ行くことにしました。これはその北八ヶ岳編です。

(3月18日)中央アルプスから北八ヶ岳へ
失敗でした。駒ヶ根に泊まるんじゃなかった。。。
17日、中央アルプスに登った後、安いからとそのまま駒ヶ根温泉ホテルに泊まったのですが、北八ヶ岳にはどうしても午前中に登り始めたかったものの、駅までのバスを待っていると間に合わないので、ホテルから駅まで徒歩で5kmほど徒歩で移動することに。8時前初の岡谷行き電車に乗り、乗り継いで茅野駅へ。すでに多くの方が北八ヶ岳ロープウェイ行きのバスを待っていました。

私が目指すのは女乃神(読みはめがみ?)茶屋の蓼科登山口。しかし冬場はバスが走っていないので、石臼台別荘地駅で降りて、約45分ほどの徒歩で向かいます。

登山口に着くと、駐車場にはマイカー登山者方の車でいっぱいです。冬も人気ですね、蓼科山。アイゼンとストックを装備して登山開始です。すでに降りてきた登山者方が(今から登るの?)という雰囲気で見てきます。ふふふ、今日は蓼科山荘が臨時営業しているのだよヤマト諸君!…など心の奥底で思いながら蓼科山へつづく登坂を進みます。

途中、木の切れ目から八ヶ岳の山々を横串にして見ることができました。個人的には、この風景こそが八ヶ岳最北に位置する蓼科山最大の魅力ではないかと思いました。

ひたすら急こう配を登ります。しかし前日に経験した千畳敷の足場に比べると、硬く踏み固められた山道は苦に感じませんでした。やがて森林限界を超えると岩肌が露呈し、山頂まじかとなります。

15時ごろ、山頂に着くと誰もおりませんので、360度一望できる山頂を独り占め^^
…冷えるとわかっていながらコーヒータイム。ウイスキーを入れていただきます。

蓼科山荘はすぐそこ。山頂から将軍平への道を一気に下ります。
山荘に入るとウェルカムメッセージカードもご用意くださり、温かく迎えてくださいました。私含め6名ほどのお客さま。夕食時はサービスでワインと日本酒をご用意くださり、酔いしれてそのまま床につきました。

(3月19日)北横岳へ
早朝、少しガスったので日の出を見ることはできませんでした。朝食をいただき7時頃、北横岳を目指します。コースは天祥寺原を越えていくコースです。この時期あまり北横岳と蓼科山間は登山者が少ないのでトレースはないかもしれないと、もしそのようなら竜原橋の方へ抜けようと思っていましたが、ちゃんとトレースもあったので、そのまま北横岳を目指します。

亀甲池で北横岳から降りてきた団体様とすれ違いました。その方々は大河原峠経由で蓼科山を目指すそうで、天祥寺原から大河原峠までのトレースはなかった事をお伝えすると、ラッセルしていくとおっしゃっていました。

人の心配をしている余裕はなく、私もこれから北横岳への急こう配へ。
トレースはあるものの踏み固まっているわけではなく、ときどき吹き溜めに足を取られます。装備は迷ったのですが、アイゼンとストックで登りました。

標高あと100mほどのところで本日のコーヒータイム。静かな林に一人、木漏れ日と木の切れ間から見える大河原峠を見ながら、寒さも含め自然を大満喫できました^^

ピッケルの方が登りやすいかな?と思ってストックから持ち替えたのですが、急こう配はすぐに終わってしまい、そのままストックで歩けばよかったと後悔。へたりながらノロノロ登っていくとようやく北横岳の山頂に到着。今回の登山旅すべてを振り返りながら、無事ここへ到着できた自分を誇らしげに感じることができました。

山頂はロープウェイから登られた登山者方でにぎわっておりました。標識は写真待ち。私はピッケルを片付け、達成感のハイテンションに任せて足早にロープウェイ乗り場へ向かいました。

駅に着くと、これまでの気力が一気にクールダウン。なし終えたんだという満足感をかみしめながら帰り支度し、ロープウェイで下山して帰路へ。

この冬旅は私にとって大きな自信になりました。また普段の生活から離れることでとってもリフレッシュしたので、週明けからまた仕事に打ち込めそうです。

そしてまた、お金と時間ができれば山路へ行こうと思います。
訪問者数:838人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/8
投稿数: 17
2017/3/27 23:39
 蓼科山〜北横岳間はトレースがあったのですね
はじめまして。

3/20に北横岳から蓼科山まで往復しようと考えていたのですが、前日に縞枯山荘の主人に相談したところ、北横岳から先はトレースがないのでやめときなとのアドバイスを頂き、三ツ岳〜雨池山〜雨池縦走にルート変更しました。

写真を見る限り、トレースは明確にあったようで、北横岳から蓼科山へも行けたように思えます。

ストックやワカンがなくても、行けるレベルでしょうか?

今後の参考のために、お聞かせ頂けると助かります。

Masagoto103

途中ワカンがないと、ラッセルになりますか?
状態歩けないぐらいでしたでしょうか?
登録日: 2015/8/31
投稿数: 13
2017/3/28 18:46
 無題
masagotoさん

コメントありがとうございます。
初心者意見ですが、よろしければご参考ください。

その日のコンディションですが、

北横岳〉天祥寺原〉将軍平ルートはトレースがあり、それを辿って縦走できました。

ワカンは使いませんでしたがストックは使いました。蓼科山荘から天祥寺原へ抜ける森林帯はほぼ獣道、天祥寺原から北横岳への急勾配では吹き溜まりにハマって抜け出すのに役立ちました。


しかしながら、ロープウェー〉北横岳間に比べ登山者はほぼおらず、すれ違ったのは二組だけでした。

日によってはトレースがなかったり、或いはワカンも必要になるかも知れませんので、安全装備をオススメいたします。

どうぞ、安全な山登りを。
登録日: 2013/6/8
投稿数: 17
2017/3/28 20:42
 Re: ありがとうございました!
shaun 2981さん

早速の情報、ありがとうございました‼

人が少ないこと、トレースに期待出来ないこと、充分な計画と装備も必要ですね。
機会があれば、春山か夏山で経験を積んでから、来年の残雪期でトライしたいと思います。

貴重な情報ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ