また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1095813 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

新雪の大山三峰山から大山へ

日程 2017年03月29日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
入山;本厚木駅6:50発、上煤ヶ谷行き神奈中バスで煤ヶ谷下車。約30分、480円。
下山;大山ケーブル16:35発、伊勢原駅行き神奈中バスで終点まで。約25分、310円。



経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
55分
合計
8時間48分
S煤ヶ谷07:3410:53大山三峰山11:1011:29七沢山11:3112:34唐沢峠12:3813:01矢草ノ頭13:51不動尻分岐13:5214:14大山14:3014:4125丁目14:4214:5020丁目14:5114:5716丁目15:0415:33阿夫利神社下社15:3916:22大山ケーブルバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クサリ場やヤセ尾根の崩壊地があるので、注意が必要。
積雪は10〜40僂如特に唐沢峠から大山までは雪が深かった。
縦走したコースにトレースはあり、昭文社の地図の破線ヵ所も積雪上に明瞭なトレースがあった。
物見峠分岐から大山15丁目にの天狗の鼻突き岩まで軽アイゼンを使用した。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

バスの車窓から見た大山(左)と三峰山。二つの山の距離はかなり長く見える。
2017年03月29日 07:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの車窓から見た大山(左)と三峰山。二つの山の距離はかなり長く見える。
煤ヶ谷のバス停で下車。
2017年03月29日 07:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤ヶ谷のバス停で下車。
登山口には登山ポストとヤマヒル対策グッズが置いてあった。
2017年03月29日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には登山ポストとヤマヒル対策グッズが置いてあった。
自然林の明るい登山道を登る。
2017年03月29日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林の明るい登山道を登る。
1
物見峠への道と分かれ、三峰山へ直登ルートを取る。分岐点には注意喚起の標識がある。
2017年03月29日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見峠への道と分かれ、三峰山へ直登ルートを取る。分岐点には注意喚起の標識がある。
物見峠からの道と合流し尾根筋に出ると、雪道になった。
2017年03月29日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見峠からの道と合流し尾根筋に出ると、雪道になった。
1
三峰山とその奥に大山が見えた。
2017年03月29日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山とその奥に大山が見えた。
1
斜面の崩壊個所を慎重に進む。
2017年03月29日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の崩壊個所を慎重に進む。
1
幸いにも崩壊地は西に開け、丹沢の山々が見えた。
2017年03月29日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸いにも崩壊地は西に開け、丹沢の山々が見えた。
1
丹沢山(左)と丹沢三峰の西峰と中峰(右)。中央の奥には真っ白な蛭ヶ岳も見えた。
2017年03月29日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山(左)と丹沢三峰の西峰と中峰(右)。中央の奥には真っ白な蛭ヶ岳も見えた。
3
塔ノ岳は山頂は曇って霞んでいる。
2017年03月29日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳は山頂は曇って霞んでいる。
また崩落個所を通過する。
2017年03月29日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また崩落個所を通過する。
塔ノ岳(左)と丹沢山。
2017年03月29日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳(左)と丹沢山。
丹沢山(左)と蛭ヶ岳、丹沢三峰。
2017年03月29日 09:48撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山(左)と蛭ヶ岳、丹沢三峰。
三峰山・北峰を仰ぐ。
2017年03月29日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山・北峰を仰ぐ。
木の間から見上げる三峰山・中峰は大きく聳え立っている。
2017年03月29日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から見上げる三峰山・中峰は大きく聳え立っている。
1
クサリやハシゴの登りが続き、気が抜けない。
2017年03月29日 10:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリやハシゴの登りが続き、気が抜けない。
1
三角点のある三峰山(南峰)の山頂は狭く、展望がない。
2017年03月29日 10:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある三峰山(南峰)の山頂は狭く、展望がない。
2
南峰から七沢山へ下る。
2017年03月29日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から七沢山へ下る。
1
広い尾根道を唐沢峠へと進む。昭文社の地図では破線のコースで、迷いやすい箇所だ。
2017年03月29日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根道を唐沢峠へと進む。昭文社の地図では破線のコースで、迷いやすい箇所だ。
1
不動尻からの道と合流。新旧ふたつの道標があった。歩いてきた三峰山への案内はなかった。
2017年03月29日 12:28撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻からの道と合流。新旧ふたつの道標があった。歩いてきた三峰山への案内はなかった。
唐沢峠からはるか遠くの大山を見る。
2017年03月29日 12:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠からはるか遠くの大山を見る。
唐沢峠付近から三峰山を振り返って見る。
2017年03月29日 12:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠付近から三峰山を振り返って見る。
1
まだ大山は高くて遠い。
2017年03月29日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ大山は高くて遠い。
大山を目指しひたすら歩く。
2017年03月29日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山を目指しひたすら歩く。
歩いてきた三峰山からの尾根を眺める。
2017年03月29日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた三峰山からの尾根を眺める。
2
三峰山と七沢山(右)。四ッ峰のようにも見える。
2017年03月29日 13:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山と七沢山(右)。四ッ峰のようにも見える。
2
日向薬師、展望台からの道と合流すると踏み跡は多くなる。
2017年03月29日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向薬師、展望台からの道と合流すると踏み跡は多くなる。
1
アンテナ群が見える大山の山頂。すこし霞んでいるようだ。
2017年03月29日 14:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナ群が見える大山の山頂。すこし霞んでいるようだ。
山頂は雪景色。曇りで展望はない。
2017年03月29日 14:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は雪景色。曇りで展望はない。
阿夫利神社へ向かって表参道を下山。
2017年03月29日 14:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利神社へ向かって表参道を下山。
天狗が鼻を突いて開けた穴という鼻突き岩。ここでアイゼンを外した。
2017年03月29日 15:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗が鼻を突いて開けた穴という鼻突き岩。ここでアイゼンを外した。
大山阿夫利神社の下社。見上げると山頂付近には青空が広がっていた。
2017年03月29日 15:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山阿夫利神社の下社。見上げると山頂付近には青空が広がっていた。
躊躇せず男坂を下山。
2017年03月29日 15:45撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
躊躇せず男坂を下山。
仲見世を通り、バス停へ向かう。
2017年03月29日 16:13撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲見世を通り、バス停へ向かう。
仲見世の裏では河津桜が咲き、雪の世界から戻ってきた実感がした。
2017年03月29日 16:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲見世の裏では河津桜が咲き、雪の世界から戻ってきた実感がした。
2
トイレの洗い場で靴を洗い、伊勢原行きのバスに乗車。
2017年03月29日 16:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの洗い場で靴を洗い、伊勢原行きのバスに乗車。
撮影機材:

感想/記録
by ayanao

1月に丹沢の仏果山に登った時に、大山の手前に聳える大山三峰山が印象に残り、三峰山から大山へ縦走した。
ちょうど2日前に降った新雪で雪山気分を味わうことができた。
ガイドブックに‘スリリングな山歩き’とあったので覚悟はしていたが、ヤセ尾根やハシゴ、クサリ場などに雪が積もり、緊張する稜線歩きだった。
訪問者数:329人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ