また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103640 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳西黒尾根/ラクダまで

日程 2017年04月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR上越線水上駅まで、青春18切符を使った各駅停車で約4時間、そこからバスで土合橋バス停手前まで1人乗車。事前に申告すれば土合山の家の入口に停まってくれる。ただし運賃は土合橋までの670円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
1時間38分
合計
6時間46分
S土合駅05:4106:00登山指導センター06:14アイゼン装着06:3207:251050m付近07:3308:431500m独標手前08:5509:25ラクダの背(ラクダのコブ)09:30ラクダのコル09:55休憩10:1010:50休憩11:0011:30登山センター12:0512:27土合駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
こるの上部岩場で先行パーティがザイル操作。ザイル所持なく、同行者の体調不安もあり、下山することとした。西黒尾根はずいぶん昔に来ているが、この時期は侮れないので、無理は止めた。
コース状況/
危険箇所等
急登です。登山指導センターからの残雪1.5メートル以上で車道、夏道は埋まってます。直接西黒尾根の送電線まで、ダイレクトに辿っていきますが、相当急です。すぐにアイゼンが必要です。ラクダの背の鎖場の鎖は氷の下です。
その他周辺情報休日なら、水上周辺を回るバスで日帰り温泉に行くことができますが、運行してませんでした。車があれば、温泉地なので、入れるところあります。おすすめは湯テルメ谷川です。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ヘルメット

写真

土合山の家の食堂前廊下。古いが快適な宿でした。コスパも高いですよ。
2017年04月10日 05:27撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合山の家の食堂前廊下。古いが快適な宿でした。コスパも高いですよ。
宿の前から、清水峠が見える。
2017年04月10日 05:35撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の前から、清水峠が見える。
土合山の家、玄関前。すぐに土合駅の線路が見えます。以前駅から直接宿に行けると聞いたような気がするが、通路はありません。良い子は線路を横切ってはいけません。
2017年04月10日 05:35撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合山の家、玄関前。すぐに土合駅の線路が見えます。以前駅から直接宿に行けると聞いたような気がするが、通路はありません。良い子は線路を横切ってはいけません。
宿の前からは谷川岳も見えます。
2017年04月10日 05:35撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の前からは谷川岳も見えます。
谷川岳ロープウェイのベース。
2017年04月10日 05:56撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳ロープウェイのベース。
登山指導センターの裏手からすぐに尾根まで直登します。
2017年04月10日 06:09撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導センターの裏手からすぐに尾根まで直登します。
やっぱアイゼン必要そうということで、アイゼン装着。
2017年04月10日 06:27撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱアイゼン必要そうということで、アイゼン装着。
尾根に取りつき、快適?にアイゼンをきかせて登りと行きたいが、急登だ。
2017年04月10日 06:58撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取りつき、快適?にアイゼンをきかせて登りと行きたいが、急登だ。
木の間越しに谷の向こうの白毛門、笠ヶ岳が見える。
2017年04月10日 07:07撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間越しに谷の向こうの白毛門、笠ヶ岳が見える。
雪がまあ少なくとも2メートル以上は積もってます。
2017年04月10日 07:43撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がまあ少なくとも2メートル以上は積もってます。
白毛門、笠、朝日。
2017年04月10日 08:18撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門、笠、朝日。
尾根は延々と続く。
2017年04月10日 08:23撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は延々と続く。
尾瀬、会津の山。会津駒、燧、至仏の百名山3つ。武尊も谷川もそうだ。
2017年04月10日 08:41撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬、会津の山。会津駒、燧、至仏の百名山3つ。武尊も谷川もそうだ。
1
燧を望遠で。
2017年04月10日 08:42撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧を望遠で。
1
至仏を望遠で、もしや尾瀬笠が岳じゃないだろうな。自信なくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏を望遠で、もしや尾瀬笠が岳じゃないだろうな。自信なくなってきた。
キツツキの跡。朝方こんこん鳴ってたな。よっぽど食い物があったのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツツキの跡。朝方こんこん鳴ってたな。よっぽど食い物があったのかな。
1
先行のパーティ。高齢の人たちだったが、足はしっかりしてました。ラクダのコル手前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行のパーティ。高齢の人たちだったが、足はしっかりしてました。ラクダのコル手前。
1
コルへ下りちょっとした上り下りの連続。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルへ下りちょっとした上り下りの連続。
谷川岳本峰の双耳峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳本峰の双耳峰。
ラクダのコル周辺、足元不安定。この先鎖は氷の下。ルートは岩、氷、雪のミックスで不安定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダのコル周辺、足元不安定。この先鎖は氷の下。ルートは岩、氷、雪のミックスで不安定。
8時20分ごろマチガ沢の方から雪崩の長い豪音が聞こえたが、その偵察に来てるのか? 群馬県警のヘリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時20分ごろマチガ沢の方から雪崩の長い豪音が聞こえたが、その偵察に来てるのか? 群馬県警のヘリ。
下山時の朝日岳、笠ヶ岳、白毛門山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時の朝日岳、笠ヶ岳、白毛門山。
上越国境の山。ジャンクションピークから巻機山まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越国境の山。ジャンクションピークから巻機山まで。
ロープウェイのベースが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイのベースが見える。
土合駅、土合山の家が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅、土合山の家が見える。
指導センター。下山届提出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導センター。下山届提出。
撮影機材:

感想/記録

西黒尾根を早朝に登っているときはアイゼンが快適であったが、下山の10時半過ぎは特に下部は腐った雪に埋まる状態で足を取られ大変だった。ただ、気を付ければ(木に)、尻セードの方が快適かも。
訪問者数:365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ