また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1109788 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰山 春うらら 〜瑞牆山荘からピストン〜

日程 2017年04月20日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
瑞牆山荘から100メートル程のところに100台ほど停められる無料駐車場あり。
平日朝8時に到着した時点では、5台程しか停まってませんでした。
■道路状況
瑞牆山荘までの林道は、いっさい積雪がありませんでした。
■お手洗い
瑞牆山荘、富士見平にあります。100円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
1時間33分
合計
6時間38分
S県営無料駐車場08:3309:04富士見平小屋09:34鷹見岩分岐09:45大日小屋10:11大日岩10:1710:52砂払の頭10:5311:03千代の吹上11:08金峰山小屋分岐11:1111:31五丈石12:3812:57金峰山小屋分岐13:0013:08千代の吹上13:15砂払の頭13:1813:47大日岩13:4814:06大日小屋14:1514:23鷹見岩分岐14:49富士見平小屋15:11県営無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■瑞牆山荘〜富士見平
夏道です。氷も雪もありませんし、ぐちゃぐちゃにもなっていないので、歩きやすいです。落ち葉の層が厚いところだけ、注意が必要でした。危険個所はありません。
■富士見平〜大日小屋
ちらほら雪と氷が出てきますが、注意して進めば、アイゼンやチェーンスパイクの装着不要です。
■大日小屋〜砂払いの頭
積雪量も増えますし、氷の箇所もありアイゼン必須でした。気を付けて歩けば危険個所はありません。
■砂払いの頭〜山頂
岩場ではアイゼンが邪魔で外しました。雪はあったり無かったり。

全体を通して危険個所はありませんでした。
雪が溶け始めて、アイスバーンのところもありましたが、とてもよいコース状況だったと思います。
その他周辺情報■温泉
増富の湯にて入浴。
http://masutominoyu.com/
温度が様々な温泉が用意されていて楽しかったです。
〒408-0102 山梨県北杜市須玉町比志6438
Tel.0551-20-6500
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス ストック カメラ

写真

出発前。瑞牆山荘の駐車場での出来事。失くしたと思って諦めていたSUNTOの時計(頂き物)が、1年の時を経て、助手席の下から出てきました!ここにあったとは!!流石に電池きれてましたが、奇跡です!嬉しいすぎる!
2017年04月20日 08:32撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前。瑞牆山荘の駐車場での出来事。失くしたと思って諦めていたSUNTOの時計(頂き物)が、1年の時を経て、助手席の下から出てきました!ここにあったとは!!流石に電池きれてましたが、奇跡です!嬉しいすぎる!
3
ふむふむ。
2017年04月20日 08:41撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ。
さぁ、登山開始!私が本日最後の登山客かと思われます。
2017年04月20日 08:47撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、登山開始!私が本日最後の登山客かと思われます。
林道にたどり着くとすぐまた登山道があります。ここまで15分くらい。
2017年04月20日 08:53撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にたどり着くとすぐまた登山道があります。ここまで15分くらい。
少し霜はあります。
2017年04月20日 08:58撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し霜はあります。
でも登山道の雪はほぼ溶けてます。富士見平までは、雪(氷)がほぼありませんでした。
ん〜木漏れ日が気持ちいい♫
2017年04月20日 09:29撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも登山道の雪はほぼ溶けてます。富士見平までは、雪(氷)がほぼありませんでした。
ん〜木漏れ日が気持ちいい♫
1
富士見平を過ぎるとようやくちょろちょろ雪が残っています。でも所々なので、アイゼンなしで進みます。
2017年04月20日 09:31撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平を過ぎるとようやくちょろちょろ雪が残っています。でも所々なので、アイゼンなしで進みます。
1
天気がいいからか気分がよく、苦なく登れます。
2017年04月20日 09:39撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいからか気分がよく、苦なく登れます。
1
雪があったりなかったり。
2017年04月20日 09:54撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪があったりなかったり。
新緑を楽しむにはまだ早いようです。
空が綺麗(´∀`)
2017年04月20日 09:59撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑を楽しむにはまだ早いようです。
空が綺麗(´∀`)
大日小屋を過ぎて数十メートルの所でアイゼン装着。今回は軽アイゼン(6本爪)です。
2017年04月20日 10:01撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋を過ぎて数十メートルの所でアイゼン装着。今回は軽アイゼン(6本爪)です。
雪ならいいのに、けっこうアイスバーンになっているところも。アイゼンが力を発揮してくれます。踏む時の音がなんとも心地いい♫
2017年04月20日 10:08撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪ならいいのに、けっこうアイスバーンになっているところも。アイゼンが力を発揮してくれます。踏む時の音がなんとも心地いい♫
大日岩!時間があったら登りたいな。
2017年04月20日 10:15撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩!時間があったら登りたいな。
稜線にたどり着く少し前から、南アルプスが顔を出してくれました。雪化粧して、かっこよさを増しています。
2017年04月20日 10:16撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にたどり着く少し前から、南アルプスが顔を出してくれました。雪化粧して、かっこよさを増しています。
2
大日岩を見上げると、飛行機雲が。素敵♬
2017年04月20日 10:21撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩を見上げると、飛行機雲が。素敵♬
1
山頂までま1時間50分!
2017年04月20日 10:25撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までま1時間50分!
マイナスイオンいっぱい!
2017年04月20日 10:26撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナスイオンいっぱい!
砂払いの頭に到着。
2017年04月20日 11:01撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払いの頭に到着。
1
いよいよ稜線歩き♫
2017年04月20日 11:02撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ稜線歩き♫
だいぶ雪が溶けて、春山になりつつあります。
2017年04月20日 11:03撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ雪が溶けて、春山になりつつあります。
わぉ!素敵(*゜∀゜*)
五丈岩が見えてる!!!
2017年04月20日 11:05撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わぉ!素敵(*゜∀゜*)
五丈岩が見えてる!!!
1
少しずつ近づいていきます。
2017年04月20日 11:09撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ近づいていきます。
2
振り返ると八ヶ岳!
2017年04月20日 11:10撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると八ヶ岳!
3
南アルプスも!
2017年04月20日 11:10撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも!
天気がよくて眩しいです。
雪はほどよく歩きやすい❄️
2017年04月20日 11:17撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がよくて眩しいです。
雪はほどよく歩きやすい❄️
もうすぐ!
2017年04月20日 11:34撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ!
2
着いたー!
2017年04月20日 11:38撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー!
1
金峰山登頂!
瑞牆山荘からちょうど3時間です。
2017年04月20日 11:39撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山登頂!
瑞牆山荘からちょうど3時間です。
3
どどーん。五丈岩!
前回は疲れてトライできなかったけど、今回はクライミングに挑戦!30分もかけたのに、上まで登れなかった…私の手足の短さと力の無さでは無理!落ちそうで怖かったです。
2017年04月20日 11:39撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どどーん。五丈岩!
前回は疲れてトライできなかったけど、今回はクライミングに挑戦!30分もかけたのに、上まで登れなかった…私の手足の短さと力の無さでは無理!落ちそうで怖かったです。
1
前回食べ損ねたカップヌードルをいただきました。美味!
2017年04月20日 11:53撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回食べ損ねたカップヌードルをいただきました。美味!
ここに書いてある山、ぜーんぶバッチリ見えました!好天に感謝です!
2017年04月20日 12:23撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに書いてある山、ぜーんぶバッチリ見えました!好天に感謝です!
山頂滞在1時間。
ずーっと貸切でした。
2017年04月20日 12:24撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂滞在1時間。
ずーっと貸切でした。
五丈岩(の中段くらい)から。
2017年04月20日 12:36撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩(の中段くらい)から。
1
五丈岩にはこんな隙間も見えました。落ちたら終わりです((((;゜Д゜)))))))
2017年04月20日 12:36撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩にはこんな隙間も見えました。落ちたら終わりです((((;゜Д゜)))))))
1
下山開始!
来た道を引き返します。
2017年04月20日 13:05撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始!
来た道を引き返します。
黙々とくだります。
2017年04月20日 13:24撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々とくだります。
美しい 自然が心を 豊かにする

たしかに。
2017年04月20日 13:42撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい 自然が心を 豊かにする

たしかに。
大日岩に到着!
登るか悩んで、登らずにスルーしました。
2017年04月20日 13:50撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩に到着!
登るか悩んで、登らずにスルーしました。
行きに撮り忘れたので。こんな鎖場もありました。
アイゼン着けてたので登りにくい。
2017年04月20日 13:57撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きに撮り忘れたので。こんな鎖場もありました。
アイゼン着けてたので登りにくい。
迫力ありますねー
2017年04月20日 13:59撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力ありますねー
緑と雪のコントラスト。
2017年04月20日 14:10撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑と雪のコントラスト。
大日小屋!寄ってません!
2017年04月20日 14:22撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋!寄ってません!
富士見平小屋。営業中ですが、小屋の方が下山中で閉まっていました。残念。
2017年04月20日 14:56撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。営業中ですが、小屋の方が下山中で閉まっていました。残念。
富士見平小屋より下は全然雪がありません。
2017年04月20日 14:59撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋より下は全然雪がありません。
赤い石が積まれてました。
可愛かったのでパシャり。
2017年04月20日 15:11撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い石が積まれてました。
可愛かったのでパシャり。
下山!
すでにガラガラ!

お疲れ様でした。
2017年04月20日 15:17撮影 by E-P1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山!
すでにガラガラ!

お疲れ様でした。

感想/記録




先月、武尊山に挑んだものの、
吹雪で撤退を余儀なくされたことが悔しくて、
早くまた山に行きたい!と思っていたのに、
なかなか天気のいいフリーの休みがなく、
ぜーんぜん山に行けてませんでしたが、
ようやく!久々に登山できました。

本当はアルプスに行きたかったけど、
技術面、スペック面、経験値が足りず、
色々悩んだ末、金峰山にしました。

金峰山は数年前に今回と同じルートを登っており、
気軽に素敵な稜線歩きや景色を楽しめた思い出の山です。

今回もまた、とてもよい山行となりました。

当日朝は8時に瑞牆山荘の無料駐車場に到着。
平日だし、遅めの到着だったので、
数台の車がありましたが、すでに皆さん出発されてました。

山行には関係ありませんが、ここで奇跡が。

昨年夏に失くしたと思って諦めていたSUNTOの時計が、
助手席の下からでてきたんです!
頂き物だったので、失くしたことをとても悔やんでいましたが、
まさか、ずっと車内にあったとは…!
流石に電池きれてましたが、とてと嬉しかったです。

山行スタート。

4月も後半になり、大分雪も溶けて、
大日小屋まではノーアイゼンで進みます。
綺麗に溶けてくれたからか、時間が経っているからか、
登山道はぐちゃぐちゃになっているわけではなく、
とっても歩きやすかったです。

大日小屋を過ぎるとようやく雪が増え、アイゼンを装着。
雪だったり、溶けてアイスバーンになっていたりするので、注意して進みました。

自分の息遣いと、足音と、鳥のさえずり。
他に音はなく、とても癒されました。

稜線にでてからはとくに最高で、
遠くに見えている五丈岩を目指して進みます。
岩場が続いた箇所では一度アイゼンを外しました。

山頂には誰もおらず、1時間ずーっと貸切状態!
贅沢すぎますね。

せっかくなので、五丈岩のクライミングに挑戦。
30分もトライしましたが、上まで登ることが出来ませんでした。
登りたかったけど、私は背が小さいので、
思うように手が届かず…
しかも鎖とかロープがあるわけではないので、
頼るのは自分の力のみ。
結構、怖かったです。

山頂を存分に楽しんでから下山。

無事に山行を終えることが出来ました。

程よい距離。
程よい雪。
程よい勾配。

そして、

最高の稜線歩き。
最高の景色。
バリエーションに富んだ登山道。

とてもよい思い出となりました。

さぁ、次はどこに登ろうかな♫
訪問者数:1185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ